もし延長戦で決まらなかったら。
なにげに数日前「極真魂」を見ていたら、
なにやら大会のようすを放送していました。

延長戦で判定が決まらなかった際、体重の軽いほうが勝つという無差別級のルールを採用していました。

「おおおおお、これだ!」

私はひらめきました。

K-1でもヘビー級の試合、延長戦で判定が定まらなかったとき、差がなかった場合には体重の軽いほうを勝者とするのはどうでしょうか?

体重が軽いのに、重い選手と同等に戦えたということは、同体重・体格であれば勝っていたという定義をすれば、十分に成り立つのではないかと思います。

これにより、大きな選手が自分のリーチを利用して判定で勝ちを拾おうとしても、「引き分けなら負け」というプレッシャーから前に出ざるを得ない。試合はアグレッシブになり、K-1が面白くなるという算段です。
さらに、これにより、軽い選手が無理して体重を上げまくる必要もなくなるわけです。

考えれば、考えるほど素晴らしいアイディアに思えてきました。

どうすかね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-11-18 19:11 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧