タイロン・スポーン、K-1Finalを狙うと公言。 ~オランダより
欧州より。

来年K-1参戦がほぼ内定している、タイロン・スポーンのインタビューです。

最近、谷川EPがインタビューなどでことあるごとに、この若きスリナム人の名前を挙げているのはご存知でしょうか?
12月のFINALのパンフレットにも、タイロン・スポーンの名前が出てきていました。まさしく、K-1にとってバダ・ハリに続く第2の原石という期待感があるのでしょう。

11月、強豪ザビット・サメドフに判定勝利し、来年は「トルコの稲妻」グーカン・サキとの試合が決まっています。
欧州クルーザー級では敵なしの23歳が、徐々に体重を上げていよいよヘビー級本格参戦のようです。

現在は93キロ前後とのことですが、かのアーネスト・ホーストも若い頃はクルーザー級だったことを考えると、年齢的には十分な数字に思えます。これからもっと増やしていくことでしょうし。

オランダのキックボクサー・スポーンは日本を目指し、日本の柔道家はアメリカを目指す。
キックと総合の中心地点がいまどこにあるのか。
それがはっきりとした今日この頃です。

--------------------------------------

タイロン・スポーンは次回のK-1 Finalに照準を定めた。

タイロン・スポーンは、ザビット・サメドフ戦で格の違いを見せ、2009年のK-1 Finalに立つ運命にあると感じている。
「リングの王様」スポーンは、実績のあるサメドフを相手に堂々たるパフォーマンスで「イッツショータイム」95キロ以下級のタイトルを手にしたのだ。
ヘビー級にアップして以来最大の勝利を挙げ、彼は来年日本で開催される年に一度の華やかな祭典へ乗り込むことを確信した。

「俺はK-1のトップでも通用すると思う。サメドフは去年のアムステルダムで準優勝しているし、多くのヘビー級ファイターにも勝っているからな」
と、スポーンは語った。
「それに、去年の決勝戦の判定はおかしい。勝ったのはジマーマンではなく、サメドフだったと、みんなそう思ってるぜ。だから、俺にとって今日の勝利は格別だ。来年は最後の8人に確実に残れるはずさ。きっちり体重を増やしてきているし、そして成し遂げるんだ」

(中略…バイク事故で怪我しちゃったとかいう話)

スポーンは1月24日、ベテランのサミール・ベナゾーズと戦うためにクリスマスでもトレーニングするだろう。
しかし、キックボクシングファンはK-1セミファイナリストであるグーカン・サキと5月で戦う試合を楽しみにしている。
最強の試練とも思えますが、スポーンにとってはこのチャレンジこそ、重量級における彼のインパクトを増すチャンスと狙っている。

もう待ちきれないよ
と、スポーン。
「俺は確実に勝つだろうし、そこまで強い相手とも思っていない。それだけ多くの戦いをしてきたし、これまでもっと厳しい試合は経験している。どんな状況だろうと、関係ない。マネージャーが試合を持ってくる。俺は誰とでも戦いたい。誰であろうと関係ないんだ

(後略・・・トレーナーの話)

http://www.fightnewz.net/id37.html


タイロン・スポーンvsザビット・サメドフ ラウンド5の攻防。
今年セフォーを判定で下したサメドフに何もさせない見事な試合運び。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

来年は3月の横浜アリーナで日本発上陸の予定とのこと。→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-12-20 14:07 | 立ち技全般

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧