ダイナマイトの感想
第1試合◎DREAMルール/1R・10分、2R・5分/無差別級
○ミノワマン(日本/フリー)
vs
●エロール・ジマーマン (スリナム/ゴールデン・グローリー)


ジマーマンは、寝てからの対処が初の実戦では無理でしょう。
なんでこんな結果の見えているカードを組んだのか理解に苦しむ。
お遊びのようなものですな。。。

第2試合◎K-1甲子園 準決勝戦:K-1甲子園ルール/3分3R/62.0kg以下
●日下部竜也(中部地区優勝/愛知県立豊田高校)
vs
○卜部功也 (関東地区優勝/千葉県立岬高校)

第3試合◎K-1甲子園 準決勝戦:K-1甲子園ルール/3分3R/62.0kg以下
○HIROYA(主催者推薦/セントジョーンズインターナショナルハイスクール)
vs
●嶋田翔太 ×(主催者推薦/私立西武台高校)

第7試合◎K-1甲子園 決勝戦:K-1甲子園ルール/3分3R延長2分1R/62.0kg以下
●卜部功也(関東地区優勝/千葉県立岬高校)
vs
○HIROYA (主催者推薦/セントジョーンズインターナショナルハイスクール)


解説の魔裟斗が驚いていたけど、非常にレベルが高いですね
試合自体はとても面白かったです。
ただ、どの選手もパンチに重きを置きすぎていたのが残念。
1R2分しかないと、一発の印象点を残すためにパンチでのクリーンヒットを狙う傾向が高まってしまいました。
ただ、参加選手は4人とも本当に気合が入っていて、「この大会に賭けるんだ!」という意気込みが伝わってきました。他のK-1選手はダイナマイトは小遣い稼ぎであって、目標ではないので、かったるい試合に終始しましたが、こういうヒリヒリする勝負論を見せてくれた高校生には、改めて賞賛を送りたいですね。

第4試合◎K-1ルール/3分3R延長1R/ミドル級71.0kg以下
●佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)
vs
○アルトゥール・キシェンコ (ウクライナ/キャプテンオデッサ)


判定でキシェンコが勝利するも、決定的な差がなかった試合。伊達に決勝まで進んだわけではない、死神の底力が光りました。
佐藤は攻めるスタイルを貫いたことで、またひとつ前に進んだと思います。
一見してビッグマッチですが、特にこの試合は勢力地図を変えるものではなく、そして大きなインパクトも残しませんでした。
それはなぜかといえば、いつも言ってますが、
ダイナマイトでガチガチのMAXの試合を行う必然性が感じられません。
こういう試合は格闘技の価値を理解するファンの中でやってほしいと思います。あの10月のMAXのような、そういう雰囲気の中で試合をしていれば、また違った試合内容になったかも知れません。

第8試合◎PRODUCED by DJ OZMA ~Featuring ゆでたまご~:
DREAMルール/1R・10分、2R・5分/ヘビー級93.1キロ以上契約
○ボブ・サップ(U.S.A./チーム・ビースト)
vs
●キン肉万太郎 (出身地・所属/不明)


なんだかよくわからんけど、ノルキヤに1分でぶっ倒されたサップにぶっ倒されるとは。中身の選手は相当弱いと思う。マスクがずれて負けたって……前代未聞じゃないか。

第9試合◎DREAMルール/1R・10分、2R・5分/ヘビー級93.1キロ以上契約
○セーム・シュルト(オランダ/正道会館)
vs
●マイティ・モー(U.S.A./フリー)


一瞬モーがいけるかと思いきや、シュルトの決め技の前に散る。
シュルトはDREAMに行くのか? K-1を続けるのか?
明らかに本人はK-1をやりたいみたいだけどね

第11試合◎K-1ルール/3分3R/ミドル級70.0kg以下
●武田幸三(日本/治政館)
vs
○川尻達也(日本/T-BLOOD)


なぜいまさら武田? と思ったが、案の定。
川尻はこの喜びを原稿用紙10枚に綴る予定とか。……そろそろ出版できるかも(笑)。

第12試合◎K-1ルール/3分3R延長1R/無差別級
●バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)
vs
○アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)


アリスターがさほど強いとは思わないし、例えば彼が対戦を要求するレミー・ボンヤスキーあたりには全く勝てないと思います。
バダ・ハリの敗因は明らかに油断。こんなことをしているようでは、未来永劫、王者になれない。
バダ・ハリは12月に3試合を戦っており、失格の無念を晴らしたかったのかも知れませんが、そもそも試合を行うことが自体が無謀です。かつて、WGP優勝直後にレミーがプレデターに苦戦するということがありましたが、そのくらいWGP決勝は過酷なのです。
肉体的、精神的にもバランスを欠き、かつ対戦相手のアリスターがK-1ルールの経験もある選手だったのはバダにとっての不運でした。冷静にカウンターを合わせられてしまった印象です。
アリスターはこれでWGP参戦への切符を手にしました。ミルコを事実上戦闘不能に追い込み、バダ・ハリに勝利したことで、レミーらとの試合に期待が持てます。ただ、今回はカウンターで勝機を見出しましたが、他の選手に同様の戦法が通用するかといわれれば別の問題です。
しかし、彼はK-1の名門ゴールデングローリーの選手であり、シュルトやジマーマン、サキ、レコらとスパーリングができるのだから、決して引けを取るとは思いません。
ギャラ支払い能力に問題があるDREAMよりも、K-1を主戦場にする可能性すらあると思います。

第13試合◎DREAMルール/1R・10分、2R・5分/ヘビー級93.1キロ以上
○ミルコ・クロコップ(クロアチア/クロコップ・スクワッド)
vs
●チェ・ホンマン(韓国/フリー)


数年前のミルコならハイキックでしとめようとしたでしょうけど、今回は本当に安全策。ホンマンは組み付いて倒しに行くべきでしたね。

第14試合◎K-1ルール/3分3R/無差別級
●武蔵(日本/正道会館)
vs
○ゲガール・ムサシ(オランダ/team Mousasi/Red Devil International)


武蔵はこれで現実を知り、引退の二文字を考えなくてはならないでしょう。今年、澤屋敷に勝てただけで、それ以外ではいいところがない。テイシェイラ戦でも、結局は手も足もでませんでしたしね。ケガール・ムサシは(ややこしいな)オランダ人らしいそつのない試合ぶり
アリスターといい、ケガールといい、オランダの総合格闘家はK-1に出場することをたびたび口にしますが、それはオランダでは総合格闘家が尊敬の対象ではないからです
K-1は知名度が高く、近年ではレミーやシュルト、アーツの名は広く知られています。シュルトが「欧州で、MMAは残酷なものだと思われており、テレビでは放送されない」と話しておりました。最近では解禁される国もありますが、まだまだアングラなものであることに変りはないのでしょう。
そういった状況が改善されない限り、オランダのMMAファイターはK-1で戦い続けることになるでしょうね。

第15試合◎DREAMルール/1R・10分、2R・5分
○メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショータイム)
vs
●マーク・ハント(ニュージーランド/オシアナスーパーファイタージム)


あっという間劇場。
なんだかよくわからなかった試合。対ストライカーだと、最強のMMAファイターなんじゃないだろうか。マヌーフは。きっとハントはお腹がすいていなかったんだろうな。うん。

第16試合◎DREAMルール/1R・10分、2R・5分/ライト級70.0kg以下
○青木真也(日本/パラエストラ東京)
vs
●エディ・アルバレス(U.S.A./エリートXC/ファイト・ファクトリー)


寝技の面白さが理解できないので、コメントができない。

第17試合◎DREAMルール/1R・10分、2R・5分/ミドル級84.0kg以下
○田村潔司(日本/U-FILE CAMP.com)
vs
●桜庭和志(日本/Laughter7)


2008年を締めくくる試合だったらしいけど、ただ長いだけで見せ場なし。プロのレベルじゃない。強かった桜庭がここまで力を落としているのは寂しい限りです

以上です。

当初面白くなさそうだから見ないと言っていたけど、意見を求められているので、見ました。

K-1甲子園は面白かった。新鮮で。
K-1ルールマッチでWGPに出場した選手はほんとに小遣い稼ぎ。オファーするほうもするほうだが、受けるほうも受けるほう。勝負論のない試合の羅列は、見る気をなくさせる。
あとお年寄り偏重はもう勘弁してください
桜庭、武蔵、武田、サップ・・・・・。
もういいよ。貴方たちは十分頑張ったのだから、もう休んでください。お願いします。
なにか、格闘技の主流、実力の世界から遠くかけ離れたところでやってるような、そんな大会。ま、毎年そんなんだけど(笑)。MMAファン集めて、アングラなところでやっててくれ。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

ことしもよろしく→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-01-05 20:16 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧