K-1 MAX アジア予選出場選考会開催 ~韓国~
久々に韓国の情報です。


FEG KOREAは、5日 2009 K-1 MAX ASIA TORNAMET(3月21日・ソウル) に出場する選手を選考するため、なんと50人の応募者の中から書類選考で16人を選びワンデイトーナメントで8人ずつ争わせ、2人の出場者を決める模様です。

つまり、アジアグランプリのトーナメント出場8名中2名を決める選考会を行う。そういうことなのです。

発表された16人のうち、特筆すべき選手は2人。

まずは、2年前あの「南アフリカの親子鷹」ヴァージル・カラコダをKOで下して台番狂わせを演じたキム・セギです。去年リベンジされてしまいましたが、オーストラリアから試合のお声がかかるなど、カラコダを倒した功績は大きいようです。

もうひとりは、昨年のK-1アジア予選で準決勝まで進んだものの、怪我をしてイム・チビンに敗れたオ・デュソクです。
実はこの男、昨年イム・チビンに敗れた後で、ボクシングに挑戦し、国内のウェルター級タイトルを奪取してしまったという異色の男。
日本で言えば、TATSUJIやHAYATOがボクシングの国内タイトルに挑戦したようなものでしょうか。

そのほかにも、キックボクシングの国内タイトル保持者を集め、またルンピニースタジアムでランキング8位の選手にKO勝利した選手もいるそうです。

3月に行われるアジア予選では、今回の16名のなかから勝ち残った2名に加えて、昨年のアジア王者イム・チビン、日本代表決定Tのスーパーファイトに出場するイ・スファン。昨年アジアGP準優勝「韓国のミスター・パーフェクト」ことK.MAXの韓国勢3人。そして日本やタイなどその他のアジア地区から3名選出し、8人によるワンデイトーナメントによって、今年のアジア王者が決定します。

そして、アジア王者はそのまま4月のK-1MAX Final16出場権が与えられるという流れです。

昨年のイム・チビンは城戸に敗れ、一昨年のイ・スファンはキシェンコに敗れと、韓国勢はFinal16の壁を突破できない現状が続いております。

今回、FEG KOREAは新選手発掘に力を入れているというメッセージは伝わってきました。元来、格闘技の下地はあるはずの韓国ですから、いつ何時強豪が出現してもおかしくないと思っています。日本では日菜太と自演乙選手が出てきましたが、お隣でも未知の選手発掘の努力が始められています。

2月14日、バレンタインデーの決戦がちょっと楽しみです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

アジア王者はだれだ?→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-02-07 16:41 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧