K-1MAX、世界の16強はだれ?
イム・チビンの大逆転劇で幕を下ろしたK-1アジア予選。いやぁ、ようやく動画で確認しましたがイム・チビンには感動しました。小比類巻の優勝とは偉い違いだ。。。。
これで、全予選が終了しました。

もうすぐ公式でアップされると思いますが、決勝あと「半歩」で敗れたイ・スファンの試合後のインタビューは悲愴なものですね。

キック人生を賭けて臨んだ試合、これだけの劇的な敗戦で大学卒業後どうするのかわかりませんが、試合直後は「こんな気持ちは生まれて初めて」「無条件でリベンジする」と宣言。
韓国代表のイム・チビンにエールはありますかという記者の質問には、全く無言だったようです。
よほど悔しかったのでしょうね。

チビンはもう6ラウンド戦っており、スファンは2ラウンドで決勝に上がっていました。すべての戦況はスファンに有利で、しかもダウンを2回奪った上での失神KO負け……無理もありません。

準決勝のキム・セギ戦で、膝を連続で3発打ってしまったものの、審判が反則を取らなかったというケチがつきましたが、決勝戦の逆転勝利でこのマイナスイメージを帳消し。

イム・チビンのコメントをまとめると、
イ・スファンのリベンジ要求は、時が来れば応じる。世界大会では当然、優勝を狙うための練習のスケジュールを組む。トーナメントで一日3試合は地獄だが、MAX決勝戦は最大2試合だ
と、本気で優勝を狙う考えを明らかにしました。

イム・チビンは4度目のベスト16出場。今年こそ、突破なるでしょうか。

さて、これでK-1MAXファイナル16は、

<カード発表済>
ブアカーオ(タイ)
アルバート・クラウス(オランダ)
佐藤嘉洋(日本)
ジョルジオ・ペトロシャン(イタリア)
アンドレ・ジダ(ブラジル)
長島☆自演乙☆雄一郎(日本)
ドラゴ(アルメニア)
アルビアー・リマ(カーボベルデ)

<予選勝者>
リーロイ・ケスナー(オランダ)
イム・チビン(韓国)
小比類巻太信(日本)

<実績上位>
アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)
アンディ・サワー(オランダ)

以上13名はアクシデントでもない限り確定かと。
ということは、残り3名。

魔裟斗が出るのか出ないのかわかりませんが、
谷川氏のコメントなどなどから推測すると、、、、、

ジャヒド・オラド・アラフ(モロッコ) :谷川氏が候補として上げる
ムラット・ディレッキー(トルコ) :谷川氏が候補として上げる
魔裟斗(日本) :出場検討中
山本優弥(日本) :魔裟斗欠場時は出場か?
ザバール・アスカロフ(UAE) :谷川氏が候補として上げる
ニキー・”ザ・ナチュラル”・ホルツケン(オランダ) :谷川氏が候補として上げる
マーカス・エバーグ(スウェーデン) :昨年のK-1スウェーデン大会70キロ級トーナメント優勝
ユーリ・メス(オランダ) :昨年10月、小比類巻太信をKO。

のうちから3名かな?
難しいねえ。。。。

日本でのテレビ放送を考慮すると、魔裟斗は出場してほしいところでしょうが、無理やりモチベーションの低い状態では出ないでしょうし、現在のところはマラソン待ちの状態ですね。
今回MAXはカタールの有名テレビ局である「アルジャジーラ・スポーツ」などでも放送するので、中東の選手が必要になるかもしれません。そうなりますと、ザバール・アスカロフはかなり可能性が高いでしょう。
また、ドラゴを倒し「ショータイム」の70キロ王者になったディレッキーはぜひとも囲いたいところ。
イケメンで若くゴールデングローリーという後ろ盾があるホルツケン、日本代表決定Tで勇躍した山本、コヒをKOした「狂犬」メスも魅力的。

いや、難しいね

にほんブログ村 格闘技ブログへ

→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-21 18:07 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧