ベスト8ファイターの直接対決戦績! ~K-1 MAX Final 8~
スポナビ格闘技のトラックバックサービスが故三沢氏の記事で埋め尽くされている中、ひたすらマイペースでやっていきます。

MAX Final8まであと1ヶ月を切りました。

某スーパーファイトのような不純物ではなく、正統派のK-1を体現してくれるであろう全8選手のプロフィールをチェックし、丸裸にしていきたいと思います。K-1公式よりも濃いものになるといいなぁ。コアなファンにとっては確認の意味になるでしょうし、ライトファンには新しい予備知識になることを期待しています。

さて、その前フリとしまして、まずはFinal8出場選手がこれまで直接戦った戦績を調べました。

それが以下の表です。

c0093563_10141910.jpg


~~~~~~~~~~
K-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント& World Championship Tournament -FINAL16- [DVD]
~~~~~~~~~~

まず、山本優弥はこの7人の「誰とも」戦ったことがありません。
ずっと日本国内でしか戦ってこなかったので当たり前ですが、この経験の少なさは8人の中でも群を抜いています。
日本トップクラスと呼ばれる選手でも、日本国内では外国人といえばタイ人としか試合できません。ブルボーやロバーツなどの変り種もいますが、基本的に日本のキックボクシング団体はギャラや「つて」の関係でタイ以外からあまり選手を呼びませんからねぇ。

それ以外の7選手は誰かと対戦経験があります。
最も経験が多いのはブアカーオとサワーです。

サワーはブアカーオ、クラウスと1勝1敗。
ドラゴ、ホルツケンには勝っており、キシェンコ、ペトロシアンには敗れています。
ただ、負けた試合は必ず大接戦で、判定結果が議論を呼んだものばかり。

ブアカーオは負け越している相手がいません。
実績という面ではブアカーオは一枚上です。

後は表を見てわかるとおりですが、未対戦の組み合わせがとても多いのです。
山本は言うに及ばず、常連のドラゴですら、7名中2名。キシェンコはサワーとしか対戦経験がありません。
特に主催者によって比較的優遇されてきたキシェンコは、王者クラスとの対戦は避けられてきました。
いよいよ、今年真価を発揮することになるかもしれません。

この表からいえることは、絶対的に抜けている選手がいない。ということです。仮に昨年の王者魔裟斗が入っていたとしても、サワーには2戦とも完敗。ブアカーオとは1勝1敗の五分。スケジュールや対戦相手などを優遇されてきたことを考慮すれば、この二人より格の面では一枚落ちるでしょう。

このトーナメントのテーマは、歴代王者を超える者が現われるか否かだと思っています。
ブアカーオ、サワー、クラウスが優勝するのか。
もしくは、新王者が誕生するのか。

せっかく調べたこの表からは何も浮かび上がってきませんでした(笑)。未対戦が多すぎて。

今週末~来週あたりから8名のファイターを一人ひとり研究していきたいと思います。

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを調べてみる
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-06-17 10:50 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧