MAX未放送試合感想 & K-1 WGP 世界最終予選は生中継アリ
フジテレビNEXTで、K-1WGP世界最終予選の模様が完全生中継されることが決定いたしました。

http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/909200004.html

私、実はこれ何度もワンツーネクストにメールを送って

「絶対放送してください!」

「コレだけが楽しみで生きてます。是非、お願いします!」

「・・・・放送しないと解約しますんでよろ」

と多少(?)大袈裟に陳情。その甲斐(?)あって、需要が認められたようです! いやぁよかったよかった。
コア海外キックファンの方、ダニエル・ギタが日本の生放送で観れますよ~。

みんなもどんどんフジやTBSにメールを送ろう!

「放送順が悪い」「あの試合をカットしやがって」と、ブログのコメント欄に書き込む勢いで、テレビ局に言いましょう! 彼らは視聴者(クレーマー)を恐れています。一度は絶対目を通します。ペトロシアンの試合をフルで観たいなら、KIDのダウンを2回も観たくないなら、愚痴る前に行動です。FEGではなく、放送局に言った方が1億倍効果はあると思います。もっと効果があるのは、会場に行くことですが。

その際はちゃんと対企業であることを意識して、ですます調を使い、「いつも楽しく拝見させていただいております。ところで・・・」と枕につけて、全うなメールを書きましょうね。ネットの掲示板で見られるような日本語では読んでもくれませんから。

そういえば、予想大会どうしようかなぁ。当日放送はCSだけだし、あまり知名度のない選手が多いし・・・。


ところで昨日、録画しておいたTBSチャンネルの「K-1MAXFinal8完全版」を観ました。
未放送試合オンリー観戦記です。「いまさら」感満載ですが、お付き合いくださいませ!

~~~~~~~~~~~~~
c0093563_1114640.jpg

K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament -FINAL8&FINAL- [DVD]
昨年の名勝負、佐藤vs魔裟斗
~~~~~~~~~~~~~

■K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8

<スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長1R>
●日菜太(日本/湘南格闘クラブ)
○ジャバル“チンギスハン”アスケロフ(UAE/WMC キャンプ ラマイ)


日菜太の連発ミドルキックが、チンギスハンの右腕を捕らえているんですが、相手は外国人特有の根性が凄いので、大降りのフックをぶんぶん振り回してくるんですよね。
でも、湘南ボーイは全然勢いでは負けていないし、欧州でも強い部類の選手であるチンギスハン相手にほとんど勝つところまで行っていたのは凄い。
負けたけど、これは経験の差と言ってもよく、本当にいい選手。4ラウンドまでミドルを蹴れるスタミナは素晴らしい。
チンギスハンは大振りのフックが当たらなければ負けてましたが、見た目の映えるこちらも良い選手ですねえ。1回戦でこの選手になにもさせなかったペトロシアンの強さも浮き彫りになりましたね。

<FINAL8 K-1ルール 3分3R・延長1R>
○ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア/サトリ・グラディエートリウム・ネメシス)
●アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)


誰だ、この試合をダイジェストにしたヤツは? 責任者出て来い!

と、まあこう言いたいわけですよ。私はWGPのホースト選手が大好きで、特にコンビネーションがフェイバリットでした。いまでも思い出に残る古い試合はホーストがらみが多いんですよね。例えば、99年のグランプリ準決勝のvsバンナ。97年の決勝戦、vsフグなどは華麗な全盛期のホーストを堪能できる試合です。

90年代後半のホーストの魅力は、いろいろあると思いますが、なんといってもスピードとコンビネーション。畳み掛けるようなワンツーからのロー、そしてフック。最後はハイで締める事もありましたねえ。

それを思い起こさせるんですよ。このジョルジオ・ペトロシアンという選手は。
まず攻撃が当たらない。受けた手数は必ず+アルファで打ち返す。ローキックが走る。いつの間にか相手が疲弊している。状況に応じて、スウェー、ダッキング、ガードを使い分ける。連打が上手い。

3R以降のクラウスは全く表情も優れず、当たらないフックとストレートを繰り返しました。
思わず2回見直しましたよ。この試合は。くぎづけですよ。

これ地上派で完全に放送したら、全国のテクニカルファイターファンの方々が泣いて喜ぶと思いますよ。「強すぎてつまらない」と言われるシュルトと違い、70キロだから体格に差がなく、単にテクニックが圧倒的な選手なんです。これだけ洗練された動きが出来る選手はいません。サワーが負けたのも納得できますよ?

大味な渡辺一久とかKIDの試合もまレベルが低いなりに、それはそれで面白いんですが、こういうハイスペックな試合をきちんと映しておかないと、やっぱりK-1は舐められますよ。

今年のFinal4では、ペトロシアンの優勝を祈願します。。。
まさか川尻戦を受けて、ペトロシアンは嫌だということをチャンピオンは言わないよね(笑)?

山本優弥は自演乙→コヒ→チビン→ドラゴと戦ってきているわけですが、次はペトロシアンですか。。。。
この一年であらゆるタイプのファイターと試合をすることになりますね。本当に経験という意味では貴重な一年になっています。

ちなみに、私の後ろでこの試合を眺めていた嫁は、
「渋すぎる」
とか、
「一見様お断りだね」
とか、
「一般層には受けない」
とか、
「カットされても仕方が無い」
とか、
「いっつも思うけど、ほんとにコツコツしたテクニック系の選手が好きだねえ」
とか、
口を挟むものだから。

「ええい、女子供に何がわかる? 男は黙ってペトロシアン」



とは、言いませんでした。

K-1が元で喧嘩になってはいけません。超絶テクニックでスルーですよ。
ベスト4では是非嫁を見返して欲しいものです。


<FINAL8(4) K-1ルール 3分3R・延長1R>
●ニキー“ザ・ナチュラル”ホルツケン(オランダ/ゴールデングローリージム)
○ブアカーオ・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムックジム)


ニキーは1Rこそ頑張っていたものの、徐々にブアカーオの攻撃を受けて弱っていきました。
この試合は地上波全面カットされましたが、淡々とした低調な試合でしたね。まぁ仕方ないかな。
タイでは27歳はムエタイ選手はキャリアの最晩年に当たるそうです。
ブアカーオは勝つには勝ったものの、出てきた時のキレキレの動きは鳴りを潜めてしまっています。タイ人枠交代が言われる昨今ですが、女性ファンが多いだけに変えずらいようです。

<リザーブファイト K-1ルール 3分3R・延長1R>
○佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)
●ユーリー・メス(オランダ/イッツショータイム)


正直なことを書いてしまっていいですか?

佐藤は自他共に認めるテクニック系の選手です。
もっとキックの奥深さをみんなに知ってもらいたいと言っています。

でもねえ。。。。

ペトロシアンの超絶テクニックを見た後だと。。。。。

つまり、世界の超一流のピアニストの演奏を聴いた後、
日本の一流ピアニストの演奏を聴くようなもので。。。。。


なんというか、確かに両方とも「上手い」というくくりにはあるんだけど、そのクオリティに圧倒的な差があるように感じました。会場のみなさんはどう感じたのかはわかりませんが、少なくとも画面を通した時には大きな差を感じずにはいられませんでした。

佐藤選手には復活してほしいのですが・・・。


<リザーブファイト K-1ルール 3分3R・延長1R>
○城戸康裕(日本/谷山ジム)
●リーロイ・ケスナー(オランダ/チーム アファファ)


これがうわさの「ローパンチ」か!
確かに相手の右腿を殴ってる!
果たしてこれは認められるのか、そうではないのか? FEGからの説明ってありましたっけ?



全体的な印象で言うと、
長いK-1の歴史の中で、日本人選手は盛り上げる試合を覚えてきたのかな~。と。
海外の選手よりも歓声が多いのは、日本人格闘ファンが縮小して、【日本ローカル化】してきたことだけではなく、日本人選手がより「日本の観客の趣向に合った戦い方」を目指していることも無関係ではないような気がします。


ま、いずれにしても今年はペトロシアンですよ。


人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを調べてみる
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-07-28 10:55 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧