世界最終予選への海外、そして国内の意見や感想 ~K-1 WGP~
ギタが頭角を現したK-1WGP「世界最終予選」。
放送終了後の海外掲示板K-1Fansの書き込みのうちのいくつかをピックアップして紹介します。
ルーマニアの英雄に対する賛辞と、アーツvs西島戦の感想など、いろいろな意見がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ベストな、素晴らしいトーナメントだった!
ダニエル・ギタにはコングラッチュレーションだね。ついに、そのポテンシャルを発揮できた。ギタのローキックは残酷なもので、対戦相手の反応はとても痛そうだった。
ラシェンコについては残念だった。
できるなら、Final16のワイルドカード(推薦枠)に入れてもらえないだろうか。彼はハートが強いし、両親を失って一人で弟の為に頑張っているというヒストリーも感傷的だよ。
京太郎は本当に素早く正確だけど、クリンチ&アウェイのスタイルは気に障るよ。
西島はすごいタフだ。でも、人間サンドバッグになってしまったし、彼は何もダメージを与えられなかった。禿げた子供を大人が痛めつけているようなおかしな戦いだったね。(所在地不明)

興行を振り返ると、全体的に見てとてもよかったと思う。多くのKOがあったし、新しい選手を観ることができて楽しかった。ただ、新しい選手はダニエル・ギタ以外それほど印象に残らなかったけどね。ギタのローキックはとても痛そうに見えたよ。
マヌーフとギタは開幕戦で戦うに適当な選手だと僕は思うね。もし、グランプリファイナルまで二人のうちどちらか、または両方とも出場できれば素晴らしい。
でもね、僕にとっての今夜のハイライトは、興行前にトム・ハーリックに会えたことなんだ。これまでの僕の人生で、それほど伝説的な人物に会ったことはないのだけど、キックボクシングの父に会えてとても光栄だった。(話の内容からすると日本在住?)

何人かのルーキーはK-1のレベルに達していないんじゃないかと思うよ。ギタとラマザノフはトップスキルを見せたと思うけどね(ラマザンはマヌーフにやられたけど、対戦相手を考えればそれほど恥ずべきことでもない)。他の連中はだらけた試合だったよ。(ポルトガル)

本当にリコ・ヴァーホーベンには失望させられたよ。まったく…彼はクリエイティブな動きがなく、とてものろのろしているように見えた…断じて彼はアーツではない!!
ラマザン・ラマザノフはカラエフのファイティングスタイルに近いんじゃないかな…彼はポテンシャルがある。マジだよ。
ダニエル・ギタには一番驚いた。こんなに凄いとは思わなかったんだ。彼はボクシングが上手いし、キックはとてつもない威力だ。しかも、ディフェンスもできる。準決勝くらいまで行くと思うよ。サキやエロール・ジマーマンでも止められない。(所在地不明)

推薦枠が誰になるのか楽しみだね。予想は、マヌーフ、スポーン、そしてズラフリオフかな。(カナダ)
アーツはそんなに凄く見えたかな? 西島が何もできなかったのは、不思議なことではないし、まぁいい練習相手だったんじゃないか。(所在地不明)

西島はベストなK-1ファイターにはなれないと思うけど、とてもよいボクサーで、この試合に心から勝ちたいんだという気持ちは伝わったよ。アーツはグレイトだ。肉体的にも精神的にも素晴らしかった。コンビネーション、ゲームプラン、手数、そしてスタミナ、ディフェンス、スピードを見せ付けた。掛け値なしに、我々アーツファンは今回のパフォーマンスを観てハッピーになれたね。(所在地不明)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前々回のエントリー、
魔裟斗が興奮「強い! ダニエル・ギタはバダ・ハリとやっても・・・・・・」~K-1 WGP in Tokyo~
にコメントを頂いておりましたので、このエントリーでいくつかピックアップして返します。
上記の海外ファンのコメントに対して、「国内の声」ということでお送りします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>私のMVPは西島でした。(あの気迫は素晴らしい…)

何か狂気を感じますね。西島の雰囲気には。もう少し若ければ、もっと適応できたかもしれません。

>今大会最大の問題はやはりリザーブファイトですね。仮にも本戦に出場する可能性があるわけですから、もう少しレベルの高い選手を選んで欲しいです。

凄く同感! とはいえ、リザーブファイトにまでハイレベルを求めるのは、世界予選レベルでは難しいかもしれません。

>ラシェンコは2大会準優勝ですけど推薦決定でしょうかね・・・?

投票次第ではないかと。

>毎回そうなんですがマヌーフの試合は呼吸をするのを忘れてしまうんです。それくらい緊張感がありますし目が離せません。アーツは…1Rで仕留めてほしかった…。というかなんでアーツがK-1初参戦の人と試合しなくてはならないんでしょうか。

マヌーフはいつか1ラウンド終了のゴングを忘れてしまうのではないでしょうか。
アーツは、今回はまぁ調整試合でしょう。

>ギタは強すぎて物足りなさを感じましたが、逆に言えばまだまだ底が見えない感じで、彼を知らなかった人にも強さは十分伝わったと思います。あの貫禄は今年の注目の選手としていい売出しになりそうです。なんとかベスト8に残ってもらいたい。

誰と当たってもいい試合をすると思いますが、中堅レベルを当てて計りたいところですよね。

>ギタ強すぎましたね。あのローキックには惚れ惚れしましたw開幕戦常連選手との試合が楽しみです。

痛そうですよね。

>決勝のギタのガード→ローのコンボ連発を見て「お前はレミーか」

魔裟斗がレミー・ボンヤスキーにそっくりだと言ってましたが。

>これをきに、かかとおとしさんが西島さんに対してちょっと失礼すぎるのでは?と思うネーミングなどを控えてほしいなぁって僕は思ってます(笑)

またWGPに出ることがあれば考えます!

>ギタ優勝予想、さすがです。ぶっちぎりでしたね~
あれで、まだ全てを出してないんですか?楽しみです。

わずか5分で7つのダウンを奪って優勝ですよ! こんなことはいままでなかったと思います。

>僕も京太郎がMVPだと思います。パンチの鋭さが日本人にしては非凡ですね。彼ならボクシングが甘く、アゴの弱いバンナあたりには勝てるんじゃないでしょうか。

京太郎はパワーで圧すタイプには相性が良さそうだなぁと思いました。バンナもそうですが、例えばカラエフやエロジマンとならいい勝負になりそう。逆にテクニックタイプのレミー・ボンヤスキーには厳しいかも。

>会場から帰ってきました。かかとおとしさんの情報が物凄く参考になりました!!!今後の観戦でも参考にしたいのでよろしくお願いします!!!
全体的に糖分高めで面白い大会だったと思います。

選手情報についてはかかとおとし的な切り口で悪ノリ気味にやってますんで、もっと真面目にやれとおしかりをうけるかと思ってました(笑)。

>谷川EPの『K-1に参戦する資格がない選手もいた』という苦言はいかがなものでしょう?確かにジョンラブや悠羽輝、さらにはプリンスアリのような実力がない選手がいたのは事実ですが、だったら曙やボビー、立川や若翔洋はK-1に参戦する資格を有していたのでしょうか?
>「K-1」のブランド力を高めたいのなら、アジア大会なんて開く必要ありませんし、タイトル戦、そして「K-1 World Gp」だけ開いていれば十二分です。
また「K-1」を世界に広めたい、日本における「K-1」人口を増やしたいのなら今回の発言は不適切です。
>西島だってアーツ戦は頑張りましたがボクシングのキャリアを終え、総合に転向し6連敗ぐらいしてなおかつ格闘技を辞めてトラック運転手として働いていたのに辞めた2ヶ月後には準備もままならないのにデビュー戦でアーツと戦うとかめちゃくちゃですしK-1に出る資格なんてないですよ。今更、資格とか、ペトロシアンのスタイルに苦言を呈するとか理解できないですよ。

谷川EPの「何人かK-1に出場する資格のない選手がいた」発言についてですが、YOUTUBE見ると判るんですけど、「君はこのままではK-1に参加する資格がないよということを、選手にも伝えました」と、その後に言ってます。確かにレベルの低い選手はいましたが、それ以上に戦う姿勢や勝つんだという意思をもっと出して欲しいんじゃないかと解釈してます。それを選手に伝えたらしいです。

>今回のエントリーはまた一段とキレのある文章で
纏められてまして大変楽しく軽快に読ませて頂きました。

ありがとうございます。褒められると伸びる子です(笑)。

>京太郎は今回いい勝ちかたをして、そのまま本戦でもインパクトを残してくれるのを期待します。

ほんとに、がんばってほしいですよね~。谷川さん、彼を潰さないで~。

>会場に来てたアジア王者ジャティブのコメントが載ってました。見たらまぁぁそっけなさすぎるコメント。ポジティブもネガティブも何も無いジャティブの発言は厳重注意でも受けてしまうぐらいのものですよ、谷川P。

見た! 喋る気がないなら、記者会見に出るな! 

>推薦には、マヌーフ入れて是非ギタとの試合が見たい。マヌーフも、よかったよ。

マヌーフvsギタの幻の一戦を開幕戦で! それすごくいい!

>アーツの開幕戦出場が皆勤賞だとか公式には書いてましたが06年は出てないし。大のK-1ファンですが谷川氏やサイトのいい加減さには本当に腹立ちます。

暇があったら、FEGにメールして指摘すると、間違いを直してくれたりしますよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一つくらいは、「西島が蹴りを使えないのだから、アーツもパンチで勝負すべきだ」という意見が来るかな? と予想してましたが、ありませんでした。
シャットアウトするだけの迫力、説得力がアーツのこの試合にはあったんだと思います。
アーツはイージーに戦いを進めるためにローキックを連打したのではなく、西島という対戦相手を最大限のリスペクトを持って沈めるために、持てる武器のすべてを使ったのです。
それと、セコンドのハーリック会長が、そんな相手に合わせるようなヌルい試合を支持するはずがありませんからね。。。。

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを調べてみる
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-08-13 14:14 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧