TBSチャンネルで観戦。負けて泣くのは努力した証だねぇ。 ~K-1甲子園 Final16~
K-1甲子園Final16感想

TBSチャンネルで見ました。
最初の数十分を見逃しましたが。。。。

印象に残ったのは、平塚大士選手。

去年、藤鬥嘩裟を判定で下した「ワンダーボーイ」でしたが、
単なるフロックではなく、物凄く強い選手であることがわかりました。
非常にアグレッシブで、あれだけガンガン行くならKO負けをもらうことがあっても仕方ないな・・・と思います。
もって生まれたものか、何か惹きつける試合をする人物だと思います。
こういうのってなんなんでしょうね。
技術的に大差なくても、全然応援する気にならない選手もいれば、ひとつの動作に魅入ってしまう選手もいる。
この正体、理屈では説明できないんですよ。

平塚くんにはそれがあると思うし、来年あと1年、3年生になった彼を見たいなぁと思わせるものがありました。惜しかったですね。試合はおしてたと思うんですが。

素人が言うのもなんですが、スター性すら感じますし、
もしプロになるようなことがあれば、楽しみが増えるなぁ。

それから、噂の野杁正明選手は確かに凄いね(笑)。
落ち着いているし、まだこれで1年生だと言うのだから。。。。
こんな凄いのが日本にはいるんだなぁぁぁぁぁ。
やっぱりK-1甲子園って、大成功なんじゃないだろうか・・・。

HIROYA選手ら昨年活躍した選手は薄氷の勝利。日下部選手と対戦した佐々木涼助君は凄く惜しかったぁ~。
HIROYAをあと一歩まで追い詰めた西川康平君が3ラウンドでバタバタしたのは本当に残念。
あれで印象点に差がついた感じです。
一部では試合も見ていない方々がHIROYAは負けていたなどと言ってますが。。。。
ま、誰もが納得できるような勝ち方を求められるのもプロなんだろうと思います。

で、全体的な印象なんですけど、
時間が限られているからか、ほとんどの選手が死ぬほどアグレッシブ
だから、KOが多く出たし、それはそれで判定でしこりが残らなくていいと思うのだけど、どの試合も似たような内容になってしまうなぁと感じる部分がありますね。

最初からガンガン行って、ゴングが鳴るまで打ち合う。

確かにそれはさわやかなんですけど、プロの強い選手はゆっくり行くところ、ガンガン行くところ、攻め時、守る時に緩急がついている。やっぱり経験の少なさが一本調子な試合内容に出ているんじゃないかと思いました。
勝った選手は経験が一枚上手なんでしょうね。

でも、こうした大会でいろんなことを学べるんだろうと思いますし、これから先、末永くこの舞台を続けていってくれれば、打倒オランダが出来るかもしれません。数年後、彼らが大きくなり、K-1や空手、キックボクシング、ムエタイなど、それぞれの舞台で活躍するのでしょうか? 「ああ、そういえば、甲子園に出た選手だ」と発見できる喜びを楽しみにしたいですね~。

今後も安全面はしっかり配慮して、良いイベントの継続をお願いします。
HIROYAがいなくても、野杁君ら同レベル以上の選手がいますし、来年もやってほしい。

▼メインイベント(第22試合) K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○HIROYA(主催者推薦/2008年優勝/セントジョーンズインターナショナルハイスクール/2年)
判定3-0 30-29、30-29、30-29
●西川康平(関東地区Bブロック準優勝/都立松が谷高等学校/3年)

▼セミファイナル(第21試合) K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○嶋田翔太(主催者推薦/私立西武台高校/3年)
判定2-1
●大和大地(主催者推薦/愛知県立小牧高等学校)

▼第20試合 K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○日下部竜也(主催者推薦/愛知県立豊田高校/2年)
TKO 3R1分28秒 ※レフェリーストップ
●佐々木涼助(関東地区Aブロック準優勝/サレジオ工業高等専門学校/2年)

▼第19試合 K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○野杁正明(=のいり・まさあき/主催者推薦/至学館高等学校/1年)
TKO 3R1分59秒 ※レフェリーストップ
●村越 凌(関東地区Bブロック3位/神奈川県立平塚農業高校/3年)

▼第17試合 スーパーファイト K-1 YOUTHルール 3分3R
○才賀紀左衛門(大誠塾)
判定3-0 ※29-26、29-27、29-27
●小林幸太(藤)

▼第16試合 スーパーファイト K-1 YOUTHルール 3分3R
○卜部弘嵩(西山道場)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-28
●坪井悠介(斬刃拳)

▼第15試合 スーパーファイト K-1 YOUTHルール 3分3R
○卜部功也(西山道場)
判定3-0 ※30-29、29-28、30-28
●谷山俊樹(谷山)

▼第14試合 K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○藤鬥嘩裟(関東地区Aブロック優勝/勇志国際高等学校/2年)
TKO 3R1分22秒 ※2ノックダウン
●増子航平(東北・北海道地区優勝/仙台商業高等学校/3年)

▼第13試合 K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○宮元啓介(関東地区Bブロック優勝/東野高等学校/2年)
TKO 1R1分38秒 ※レフェリーストップ
●平塚大士(中部地区3位/愛知県立安城農林高校/2年)

▼第12試合 K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○秋元晧貴(中部地区優勝/愛知県立三好高等学校/2年)
判定3-0 ※3者とも30-26
●山口裕人(関西・中国・四国地区優勝/大阪府立平野高等学校/2年)

▼第11試合 K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○石田勝希(主催者推薦/初芝立命高等学校/2年)
TKO 2R30秒 ※ドクターストップ
●園田顕悟(九州・沖縄地区優勝/宮崎県立門川高校/3年)

▼第10試合 K-1甲子園 62kg級FINAL16 K-1甲子園ルール 2分3R
○上田慎之介(主催者推薦/墨田工業高等学校/2年)
判定3-0 ※30-29、29-28、30-29
●伊澤波人(主催者推薦/厚木清南高等学校/2年)

▼第18試合 K-1甲子園 70kg級日本一決定トーナメント決勝戦 2分1R
○松倉信太郎(慶応義塾高等学校/3年)
TKO 延長46秒 ※ドクターストップ
●斉藤光希(静岡県立浜北西高等学校/3年)


後楽園ホールを超満員にしたKrush。

「超満員」って素晴らしいように思えますが、実はこれ失敗なんですよね。
なぜかというと、主催者が「箱の大きさ」と「観客来場数」の差を大きく見誤ったということに他ならないからです。
つまり、もっと大きな箱にしていれば、もっと多くの利益が上がったのにね。ということです。9割くらいの入りが一番成功だというような話を聞いたことがあります。利益率的には。人から聞いた話なので、違っていたらすみません。

それはともかく、試合内容はまだ映像を見ていません。
全日本キックがあんなことになったので、頑張って欲しいところです。

とりあえず、ライト級GPは山本元気と石川直生が決勝トーナメント進出!

ベスト4が激しく楽しみです! 映像を見ることができたら、感想を書きたいですね。

Krush実行委員会
「Krushライト級グランプリ2009~開幕戦Round.2~」
2009年8月14日(金)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第9試合) Krushライト級グランプリ2009準々決勝 K-1ルール 3分3R延長1R
○山本元気(DTS/全日本スーパーフェザー級1位)
判定3-0 ※三者とも30-29
●前田尚紀(藤原/全日本フェザー級1位)
※山本が準決勝に進出

▼第8試合 Krushライト級グランプリ2009準々決勝 K-1ルール 3分3R延長1R
○石川直生(青春塾/全日本スーパーフェザー級王者)
KO 1R3分00秒 ※右ハイキック
●水落洋祐(はまっこムエタイ/全日本フェザー級4位)
※石川が準決勝に進出


人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを調べてみる
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-08-18 11:08 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧