武蔵はファンやテレビ局の支持を得られるの? ~K-1 WGP Final16~
武蔵引退発表についての記事↓
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20090826-00000018-spnavi-fight.html

おおざっぱに要約すると、
武蔵は引退にあたって「最後にグランプリに出たいんですよ」という意向を表明したとのこと。
これに対して、谷川EPは「ファン投票では10位くらいなのでどうかな?」というちょっとドライな感じ。

ここで明らかなのは、谷川EPと武蔵との関係はあまりよくないらしいということ。
これまで、武蔵は自身のマッチメイクに不満を漏らすことが多かった。
たとえば2008年の澤屋敷戦や、前田慶次郎(現京太郎)戦では「なんでいまさら日本人?」というコメントを出してました。

谷川EPはすでに武蔵を「次世代選手のステップ」に使おうとしていたことは明白ですからね。本人としては、外国人選手と互角に試合をすることを目指してきたのに、日本人の、しかも経験のない若手とばかり試合をさせられることへの苛立ちを常に表明していました。
しかしながら、結局は空手家らしい「押忍」の精神で受け入れてきたわけです。

「押忍」の精神は「言いたいことはあるけど、ぐっとここは我慢」ということなので、結局「結論先送り」なんですよね。だから、どこかで我慢できなくなって爆発してしまう。空手家たちが喧嘩別れして分裂を繰り返すのは、つまり「押忍」のやりすぎが身体に毒だからですな。

で、ついに武蔵も「押忍」で溜め込んだ苛立ちにさよならしようと思ったということなんでしょう。

そうした軋轢のようなものを感じる昨日の一幕だったと思います。

谷川氏の「ファン投票の結果を重視する」との発言は、多分「ファン投票の結果が武蔵を推してない」ということがやはり念頭にあったと思います。今回は、日本語サイトからしか受け付けていないはずなのに、外国からの投票が昨年以上にあるっぽいですし、その場合武蔵に投票する割合は下がるでしょうからね。

武蔵って思えば結構かわいそうなファイターで、日本で試合をしても韓国で試合をしてもアウェー感がある稀有な選手。でも、実績だけはあるから、試合には出てくる。
お茶の間のみなさんはともかく、K-1ファンで武蔵の試合が猛烈に見たくて見たくて仕方がないという方はほとんどいないのではないでしょうか。

それは主催者もわかっていることだと思います。

~~~~~~~~~~~~~
それからの武蔵 DVD-BOX
~~~~~~~~~~~~~

ただ、伝家の宝刀「引退」という最後の刃を抜いた場合、ちょっと話が変わってきます。やはり、引退試合ということになれば衆目を集めるからです。少しでも話題を提供しなくてはならないのが、FEGのみならずイベントを企画する者の宿命。で、あるからこそ、今年1試合もしていない武蔵がWGPの開幕戦に出場するためには「引退」する必要があったのです

やはり、そこでも問われるのは「日本のテレビ局が番組として主催するK-1」と、「世界130カ国で放送するコンテンツとしてのK-1」という二つの顔を持つことの難しさでしょうか。

ターゲットが二つあるということは、難しいのです。同じFEGでも、DREAMのような、主に日本国内でプロモーションが重要ということが決まっているイベントでは、こういう苦悩は起こりません。武蔵は出します。絶対に出ます

しかし、K-1、しかもワールドグランプリの開幕戦となると、すんなりはいかない。
提携している海外の団体、ジムなどが多く、そこに所属する選手はコツコツ実績を残して、そして予選にエントリーされ、苛刻なワンデイトーナメントを制してようやく開幕戦の切符を手にする。
もちろん、MMAやボクシングから来た選手が突然開幕戦にエントリーされることがありますが、彼らだって競技は違えど、実績を積み上げた選手であることに違いはありません。(最近はK-1戦績が全くない選手がエントリーされることはほとんどありませんが。ボタが最後かな?)

そうした中で、この武蔵の開幕戦出場が認められるのか。しかも、自国語でしか投票できない仕組みになっているファン投票ですら上位に名を連ねることができない状態で、です。
さらに、日本代表はもう「京太郎」という立派な選手がいる。マヌーフ、グーカン・サキに勝ち、ヤン・ソウクップもKOで沈めている立派な代表選手が。
今回は開催国韓国の選手ですらエントリーできないような混み合った状況だというのに、はたして、もう一人の日本人、2008年と2009年を通じて1勝(vs澤屋敷)しかしていないロートル選手が出場しちゃっていいのか?
そして、そのロートルのために、開幕戦に出場することを目標に練習してきた若い選手の枠が一つなくなってもいいのか?

大晦日のダイナマイトのように、選手の競技力(competitiveness?)を重視しない作りのイベントであれば興味の沸かない問題なのですが、K-1ワールドグランプリのFinal16であることの一点がこれを難しくしている。90年代の、どっかの馬の骨が大挙出場していた時代と、2000年代の体系化されてレベルの上がった現代の開幕戦はやはり違うのですからねぇ。

ただ、あまり誤解してはいけないな、と思うのは
「日本のテレビ局が番組として主催するK-1」と、「世界130カ国で放送するコンテンツとしてのK-1」のどちらを選ぶか? という問題ではないということ。これは相反するものではなく、両立すべきテーマであるということです。どうにも格闘技ファンは二者択一というか、あっちが○ならこっちは×的な「正義か悪か」な思考をしている人が多いように思うので、これはそういう問題ではないという話だということは、まず表明したいので、あまりその辺は感情的にならないようにお願いします。

今回の「武蔵直訴」がどのような決着を迎えるのかは知りませんが、このような難しい問題をどうやってFEGが着地させるのか、という点に興味があります。(フジテレビは出場させたいでしょうから、彼らの意見には興味がありません)

と、以上が・・・・私の「考えた上での意見」になります。意見というか、状況分析ですかね。











ちなみに、初めてこの武蔵の直訴についての記事をスポナビさんで読んだときの「条件反射的意見」は





「は? 寝言は寝て言え」

でした。


……Is he a sleep-talker?




人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを調べてみる
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-08-27 07:53 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧