ダニエル・ギタ「K-1のボスが褒めてくれた」 & 東欧でK-1・16人制トーナメント
http://www.kombat.ro/k1/daniel-ghita-sunt-mandru-ca-am-rezistat-3-runde-cu-schilt.html

ダニエル・ギタがルーマニアのテレビ番組のインタビューに答えています。
試合後、ソウルからの生電話という形です。さすがは母国の英雄ですね!

この中でギタは

「自分はシュルトと戦った3ラウンドを誇りに思っています」

と述べ、

さらに

「K-1のボス(谷川氏か石井氏かは不明)は、私の試合、特に3ラウンドめの戦いについて褒めてくれました」

と、明かしました。

(ルーマニア語を自動翻訳で英語にしてから読んだので、正確なニュアンスかどうかは不明)

まぁ参考までに。


さて、
ダニエル・ギタと言えばルーマニアですが、

K-1 ColliZionシリーズという”K-1ジャパン”ならぬ”K-1東ヨーロッパ”のようなものがありまして、
10月24日にはそのルーマニアで「最終予選」が行われるようです。
ここで16人の選手を絞って、決勝への8人を決めるらしいです。
このトーナメントの王者は来年のK-1WGP2010開幕戦への出場権が与えられるという噂もあります。

もう1ヶ月を切っているのに、まだ会場がきまっていないのはアレなんですが、現在のところ予定されている選手が発表されています。

10月24日 K-1 ColliZion - Final elimination -  ルーマニア

カード:

マイティ・モー(米国) vs カタリン・モロサヌ(ルーマニア)

参加予定選手:

セルゲイ・ラシェンコ(ウクライナ)
ゼバッド・ポトラック(ボスニア)
アレクサンドラ・ラング(ルーマニア)
アレクセイ・イグナショフ(ベラルーシ)
ラウル・カティナス(ルーマニア)
バタービーン(米国)もしくはジャスティス・スミス(米国)
ロマン・クレイブル(チェコ)
シャミール・アバゾフ(ロシア)
武蔵(日本)・・・・未定




なんか引退したはずの武蔵がリストアップされてますが(笑)、
これはまぁ置いておくとしても、現在の東欧・中欧近辺では強いメンバーが揃うことになりそうです。
注目は現在ダニエル・ギタを除けば中欧最強とも言われるポトラック。
それから、チェコのロマン・クレイブルでしょうか。クレイブルは最近ギタ、イグナショフに勝っています。

K-1ファンにもおなじみで、最近韓国で試合をしたバタービーンや、世界最終予選2位のラシェンコらも楽しみですね。

すでに決まりかけているカードで、モーvsモロサヌというのは面白い。欧州と米国のハードパンチャー同士が、その雌雄を決します。ただ、最近モロサヌはローキックが上手くなっているので、戦略的に戦えばモロサヌ有利かな?



人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを調べてみる
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-10-01 12:22 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧