欧州キック興業のドン! サイモン・ルッツの野望 ~ロングインタビュー~
飲み会が中止になったので、ゆっくりと更新(笑)。

第5回かかとおとし賞K-1予想GP、予想者募集中!
↑こちらをクリックで予想エントリーへ↑

えーっと、MAX直前で忙しいんですけど、今回は欧州キック興業ショータイムのオーナーへのインタビューの和訳です。

K-1の開拓した「欧州キックボクシング」という土壌をハイエナのようにあさる商売人、その名もサイモン・ルッツ(笑)。
欧州を舞台に、地域密着の興行を目指すサイモンの構想と、K-1との関係、その他毎年5月のアムステルダム大会についてまで、いろいろと訊いているようです。

あ、興味のない方は、MAXの予想大会をどうぞ!!!

~~~~~~~~~~~~~~~

It’s Showtime代表・サイモン・ルッツインタビュー

-It's Showtimeは10年を迎え、特に2009年は力強い年になりました。会社の進歩をどう感じていますか?

「私がIt's Showtimeを始めたのは1998年で、始めてイベントを開いたのが1999年だ。始めは相手にされていなかったが、今ではスポーツ&エンターテイメントとして確立している。今や、毎イベントでソールドアウトだよ。特にこの2年はオランダ、ベルギー、ハンガリー、イタリア、トルコ、ギリシャなどで成長著しい」

-未来、これから5年くらいで、It's Showtimeはどのようになりますか?

「状況は変化し続けるだろう。来年は9回のイベントを予定しているんだ。で、5年後には年間15回から20回のイベントを行えるようになりたいね。
我々のマネージメント業も成長しており、今は50選手と契約しているが、今後100人くらいになるだろう
とはいえ、本業はイベントの開催だよ。2011年には、新しい組織を立ち上げてご紹介することになるだろうが、今は秘密にしておく」

-あなたの観測として、米国のマーケットについてはどう考えていますか? K-1が最近人気を得てきています。It's Showtimeとしては、何かプランを持っていますか? バダ・ハリとマヌーフという人気のあるファイターもいますし、ポテンシャルを秘めているように思えます。

今はアメリカ進出のプランは持っていない。もちろん、アメリカは大きくて面白いマーケットであることは認めるが、今は欧州で忙しいんだ。欧州のマーケットのほうが現時点ではアメリカより大きい。現地にいて、我々と一緒に働けるパートナーが現われたとき、アメリカに行くこともあるだろう。我々にできる範囲のことをしていれば、間違いはない」

-英国についてはどうでしょうか? 5月、あなたは英国での興行の可能性を示唆しましたが。まだ、その可能性は持っていますか?

「英国側のパートナーとは、まだ話し合いを持っている段階だ。それが決まればいいのだが、急ぐ必要はないね」

-K-1との関係によって、大きな仕事を実現しているように思えます。共同開催、選手のシェア、そしてバダ・ハリvsセーム・シュルトのマッチメイクなどです。2010年のアムステルダムアリーナではまた共同開催を行うというのは、本当ですか?

「K-1との関係は実に良好だが、共同開催は行っていない。
2006~2008年、アムステルダムアリーナで共同開催を行ったが、2009年は単独で行った。2008年の開催以降、2009年のアムステルダムアリーナは共同開催ではないことをみんな知らないんだよ。
だけど、我々はビッグな選手のマネージメントを行っているんだよ。バダ・ハリ、メルヴィン・マヌーフ、ダニエル・ギタ、ビヨン・ブレギー、アティラ・カラチ、トマス・ハロン、リコ・ヴァーホーヴェン、ドラゴ、ディレッキー、ジョルジオ・ペトロシアン、パジョンスック、そして多くのファイターのね。
我々はまた、“名前の出せない”マネージメントグループとも緊密に動いているよ。彼らはスポーンのようないい選手を持っている。だから、我々は本当に独立しているんだ」

-It's Showtimeが大きくなり、そして選手たちがもっと忙しくなるとして、二つの興行会社が(It's ShowtimeとK-1)がお互い同盟ではなく、争い始めてしまうという危険はありませんか?

「すべては可能性の問題だが、我々の終着点はそのようなものではない。二つの大きなキックボクシング興行があっても十分なほど、世界は広いんだ

-あなたは“名前の出せない” マネージメントグループとも共に動き、その選手を起用するといいましたが、それはゴールデングローリーのことですよね? あなたは、今年グーカン・サキを引き抜こうとしたと記憶しておりますが、今、ゴールデングローリー、そしてバス・ブーンとの関係はいかがなのでしょうか?

誰がゴールデングローリーなんて言った!? 彼らはいい選手を持っているが、バス・ブーンについて言えば、私は真面目に取り合っていない。なぜなら、彼は歌を歌っている時でさえ嘘をついているような奴なんだから!」

-あなたは最近、アーネスト・ホーストvsバダ・ハリを計画して、不幸にも流れてしまいましたが、ホーストのコメント聞いていると、彼は「バダ・ハリとの試合をキャンセル」したのであって、まだ、It's Showtimeに出場する可能性はあるのではないかと思いますが?

「現時点では、It's Showtimeで他のファイターと戦ってもらうことは考えていない。ホースト氏がバダ・ハリとの試合をしない決断をしたことはとっても残念だ……非常にセンセーショナルな試合になるはずだったんだけどね。我々はホースト氏とはいい関係を築いているし、だから近い将来、試合をするためのいい契約ができるんじゃないかな

-バダ・ハリは2010年のアムステルダムアリーナに出場しますか?

「もちろんそうだ。バダ・ハリはアムステルダムが好きなんだよ。しかし、対戦相手は決まっていない。K-1WGPのファイナルが終わるまで待つつもりでいる」

-アムステルダムアリーナでのショーについてですが、すでに何試合か素晴らしいマッチメイクを発表していますね。どの試合に最も期待をかけていますか?

メルヴィン・マヌーフvsタイロン・スポーンだな。なにしろ、彼らは二人ともアムステルダム生まれなんだ。ヨーロッパのファンは待ち望んでいたカードだろう。
ブアカーオvsシャヒッド、キシェンコvsディレッキーもいいカードだ。アムステルダムでは自分でマッチメイキングをしているが、これは私の仕事の中でも最高のものだね」

-最近、あなたがマネージャーをしているファイター、ダニエル・ギタとジョルジオ・ペトロシアンがK-1で印象的な試合をしています。次は誰が、彼らのようにブレイクしていくでしょうか?

「我々は、世界レベルで直ちに活躍できるファイターをたくさん抱えているんだ。
例えば、ムラッド・ボウジディ。彼は今年アムステルダムアリーナでジマーマンを倒している。シャヒッド(―70キロ)は、世界で最もエキサイティングな試合をするファイターさ。リコ・ヴァーホーヴェンは、まだ20歳であり、私は未来のスターだと思っている。それから、もうすぐ発表できるだろうが、我々は二人の新選手と今週新しく契約を持った。
もちろん、パジョンスックも忘れてはいけない。彼はキックをやめて3年になるが、いよいよ帰ってくることになった。新しいブアカーオになるだろうね」

-個人的に、誰の試合を観るのが好きですか?

「私は攻撃的な選手が好きだね。バダ・ハリ、メルヴィン・マヌーフ、ドラゴ、ユーリ・メス、シャヒッド、ウィリアム・ディエンダー、ムラッド・ディレッキーなどだね。だが、契約下の選手は全員好きなんだ」

-2010年はIt's Showtimeにどんな期待をすればよいですか?

「2010年は9回のイベントを予定している。毎大会にスペシャルファイトを用意したい。アムステルダムアリーナは5月29日で、これは最もスペシャルなイベントになるだろう。
それと、英語圏のファンにとってはいいニュースがある。ついに、ついに英語のウェブサイトが出来るんだ。わかってる。わかってる。全く遅すぎたよ。でも、いつまでもないよりいいだろ? はっはっは。チェックしてくれ」

http://www.fansofk1.com/article?aID=2626&Category=1より

~~~~~~~~~

いくつか重要なことを言っています。

まず、相変わらずゴールデングローリーとは関係が悪いということ。「かかとおとしの妄想だろ」と陰口を叩かれながら、ずっとこの関係悪化について日本でこのブログだけが唯一書いてきましたが、やはりまだ感情的なしこりが消えてはいないようです。
しばらくは、K-1が唯一GGとショータイムの選手が交わる場、ということになりますかね。

次に、2010年のアムステルダムは単独開催であるということ。

そして、アメリカ進出は傍観の構えであること。彼はハイエナなので、K-1がもしアメリカで売れてこれば、すぐに参入してくるでしょう。

ホーストにオファーしていたのも、認めています。センセーショナルなカードをくみたがっているようなので、バダ・ハリの相手はレミーか、アーツか、もしくはサップなんて線もあるでしょうね。

まぁ、そんな感じで、非常に興味深いインタビューでした。

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する

あと、しつこいようですが、
第5回かかとおとし賞K-1予想GP、予想者募集中!
↑こちらをクリックで予想エントリーへ↑
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-10-23 21:32 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧