K-1 MAX Finalの一夜明け雑感 & 未放送試合感想
*末尾に未放送試合感想追記*

予想大会の結果ですが、集計結果をアップしています。
正式な順位、そして決勝大会16人は明日発表したいと思いますが、みなさん、もしよろしければご自分のポイントをご確認いただけますでしょうか。

K-1 MAX Finalの感想 その2 ~一夜明け篇~

毎回K-1の感想を書くときには、当日と、翌日の2回に分けているんですが、これは理由があって、当日ヴァージョンはもう、見たまんまを書くようにしてます。ファーストインプレッション、第1印象ですね。パっと心に思ったことです。
で、翌日は冷静になって、ちょっと引いた視点で書きます。

と、いうことで今回のエントリーは冷静ヴァージョンです。

えーっと、結局テレビ放送されていない試合が観れないので、TBSさんの編集でカットされた試合、ラウンドを観ていないという片手落ちな状況ですが、なるべく情報を集めてはいます。

書きたい順にばーっと書いてきます。

1)ペトロシアンvs山本優弥 ペトロシアンvsサワー

ペトロシアンのテクニック・・・ディフェンス面ばかりがいままで強調されていたんですが、もう一度を確認するとスピードとパワーもあるのね。

山本優弥が吹っ飛んでいったシーンも、並みのパワーではできないことですし、当たりが強いですよ。

サワー戦のボディへの膝でダウンを獲ったシーン、テレビではよくわかりませんでした。あのサワーがあんなふうに苦痛に顔を歪めて倒れるなんて、信じられない。

それから、佐藤嘉洋が良くテンカオを使いますよね。でも、ペトロシアンはまるで軽くジャブを放つかのように膝を出してました。
私はムエタイ経験者ではないのでわかりませんが、膝ってあんなに易々と出せるものなのでしょうか?

まーとにかく凄いのなんのって(笑)。


2)魔裟斗vsペトロシアン

魔裟斗も、あの試合を見せ付けられて、
「じゃあ、サワーで」
とは言えないよなぁ。

スターの宿命というか、エースだった意地みたいなものもあるし。

魔裟斗は本気で、昨日の決勝戦まではサワーと戦うつもりだったんだろうと思うし、
谷川氏もそのつもりだったのでしょう。

谷川氏はペトロシアンが優勝したことで、引退試合の相手の決定を延期しようかと魔裟斗に持ちかけたみたいですけど、魔裟斗が「アイツでいい」と。

かっこいいじゃないですか。
そういうところは、とても好きだし、そういう性格だからこそ、いままでエースでいられたんでしょうね。
目の前で、仇敵サワーに勝たれて、そして自身がボロボロになって掴んだMAX王者の座を、無傷で手にしてしまった新世代の王者に、最後のMAXの砦としてレッスンしてやろうじゃないの、という魔裟斗の気持ち。

2009年の王者と魔裟斗が戦うことで、
「魔裟斗が勝ったら、来年のMAXに繋がらない」
なんて心配する声が多いですよね。

でも、今この試合の意味は違うような気がする。

ペトロシアンという正体不明の外敵相手に、ライバルたちが敗れて、そしてMAX最後の大ボスとして引退を賭けてエースが挑む。

またしても魔裟斗はMAXを背負うような試合になるんだな、と。

しかも、今回の相手は7月の川尻とは比べ物にならないほど強い。

ああ、それにしても4月の引退発表時に、彼の引退試合がペトロシアンになるなんて、一体誰が想像しただろうか・・・・・。

と、思ったらペトロシアン、拳に骨折の疑いありですか。
どうなるんだろ。


3)2つの判定

ブアカーオvsサワー、HIROYAvs日下部の試合について、一部不平の声も上がっているようですが、
私はまー妥当だと思うんですけどね。

前者は2-1でかなり難しい判定でしたが、ブアカーオは有効打を全く入れてなかったし、サワーも決めてはなかったけど、最後までアグレッシブに攻めた姿勢が評価された形だと思います。もちろん、ブアカーオを支持しているジャッジもいるし、これをもって「主催者はサワーを勝たせようとしている」と受け取るのは、ちょっとヒネくれていると思いますぜ。

後者も、3RでHIROYAが押していたし、1R&2Rは日下部が取ったとまでは言えないと思う。逆にこの内容で、日下部が勝っても不平はかなり出たでしょうね。いずれにしても、日下部君はまだ来年もあるし、頑張れ! と、言いたいです。

4)クラウス×武田幸三

ペトロシアンがらみ以外では、反響が大きいのがこの試合。というか、この試合の角田レフェリー(笑)。まぁ、他のブログさんでも散々言われてますから、いまさらかかとおとしが追随して書くことでもないんですけど、一応私見を述べますか。

目に見える部分では角田さんはもちろんおかしかったのですけど、それと同様に、大きな問題があったと思うんですよ。

そもそも。

そもそも、クラウスと武田が戦うこと自体、おかしなマッチメイクだったのでは??

それほど指摘している人が多くないので、あえて書きますが。。。。。

昨年末の川尻戦を観た人であれば、
誰もが武田幸三の戦闘能力がもうK-1に出場するそれではないことに、気がついているのではないかと思うわけです。

全く回避行動が取れていなかったじゃないですか。

川尻よりも数段攻撃レベルの強い、クラウスが相手って、マッチメイクの段階でどうかしていたとしか思えないですよ。
「武田選手が選んだ」って谷川さんは言ってますけど、武田の性格上提示された中で最も強い相手を選ぶのは予想できたのでは・・・?

その辺の経緯は、とりあえずわからないので置いとくとしても、
川尻戦以上の残酷な負け方をさせてしまうのがいいのかどうか。今のチカラの差、子供でもわかります。
できれば、もう少し近いレベルの相手を用意して、なるべくいい試合をさせてあげたほうがよっぽど良かったと私は思うわけです。お客さんもそういう試合を観たかったと思いますし。お客さんはKOが観たい。それは事実だけど、一方的な撲殺ショーを観るためにお金を払っているわけじゃないんです。

武田選手もどう逆立ちしたって勝てない相手、しかも危険な殺傷能力を持つ相手をあえて選んでしまって・・・・。最後に王者とやりたい。その気持ちは彼らしいのですが、やっぱりどう考えても現時点でのチカラの差はあるわけで、こういうとアレですが、この選択はある種の自己陶酔的な自己満足ではなかったのかな・・・・。

で、最後に角田レフェリー。

私はレフェリングにはあまり不平を書きません。選手同様、レフェリーも人間ですから。ローブローの判定や、ダウンかスリップかの判定。そういった瞬間的な判断の正否にひとつひとつ目くじら立てても、キリがないからです。
しかし、今回はそういう問題じゃない。疑わしいミステイクじゃない。明確な故意。

1分1秒でも長く、武田選手をリングに立たせておきたかったのか、それとも自分の判断で敗北を彼に宣告することをためらったのか。ダウンを取らない、選手の安全を守らない。

まぁ、理由はどうでもいいです。角田さんと武田幸三の間のことに、私は一つも興味はないです。
でも、「選手を守る」って。
いっつも口を酸っぱくして、言ってるのはご本人だったはずでは? 今回のレフェリングと、その言葉とも一致しない。

テレビで見る限り、選手としての職責を全うするためだけに両手を上げて、両足を地面についていた。そんな意識レベルだったと思います。

レフェリーが試合を裁かなかった結果、何が残ったか。

タオルを投げない陣営、勝ち目のない相手に喧嘩を売って、目も見えないのに朦朧として立っているだけの選手、相手の尋常でない様子に止めを刺すことをためらっているようにすら見える対戦相手。
結局、試合を止めたの選手でもレフェリーでもセコンドでもなく、ドクター……。

そんな光景が「漢劇場」であるはずがない。
自己満足と責任回避が裸足で駆け回っている。

せめてローで倒して終わらせようとした、
アルバート・クラウスの優しさだけがあの空間で「漢」を感じさせました。


5)来年の日本代表は?

小比類巻太信がドラゴに惨敗したことで、また日本代表決定Tからやり直せという声も上がるでしょうね。
コヒと、城戸、それから・・・日菜太。このあたりが本命サイドでしょう。
自演乙は戦線から後退。
増量して渡辺一久とか参戦したりして。

あと、60キロはKrushで盛り上がっているので、K-1ではやらないかもですね。


*追記*

未放送試合の感想


動画で観ることができたので、感想を書きます。

<小比類巻太信vsドラゴ>

ドラゴのパワーが完全に小比類巻太信を押しつぶした感じ。
コヒは劣勢になるとどうしても踏ん張れない。

ドラゴ、全然弱くない。どうやって山本優弥はコイツに勝ったんだっけ(笑)。

<日菜太vsザンビディス>

現地組のご報告では、しょっぱい試合だったという話だったのですが、
そんなこと全然なかったですよ。

日菜太、アスケロフ戦よりも3倍蹴って、3倍強かった。

まぁ、ローブローがあるまいとなかろうと、日菜太圧勝でしたね。
スピードもあって、凄く面白い目が放せない試合でした!

いやーテレビで放送してほしかったなぁ。
みんな日菜太を見直すよ。

<キシェンコvsサラフズン>

サラフズン、強い!
コンビネーションとか、普通に上手い!

おいおいおい、イラン人でこんなのいるのかよ。日本代表決定Tに入ってもいい勝負しちゃうよ。

谷川さんの連れてくるアジア人、シュー・イエンといい、サラフズンといい、チョン・ジェヒといい、
かませ犬と思わせて全然強いじゃん。やるなー。

最後はキシェンコにボコボコにされたけど、
よかったと思いますよ。

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-10-27 14:44 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧