It's Showtime、ジャッジの採点規準変更を表明。「より魅力的に!」
相変わらずヒマがねえ。というか、寝る時間削って仕事とか作業とか趣味とかすんのは次の日に影響あってイヤ。でもブログは書く。



http://d.hatena.ne.jp/memo8/20091124/p1

ジャッジメントの話。

K-1のイベントプロデューサー谷川氏が雑誌の取材で「クラウスvs武田」裁定についてコメントしているそうです。
(こちらのリンクは引用されていたブログ様のものです)

谷川氏によれば、簡単に言えば
角田さんが批判されてるけど、この(実力差が明白すぎる)試合を組んだ主催側が一番叩かれるべき
という感じです。つまり叩くなら、俺を叩けってこと(笑)。

ブログを使ってある種言い訳がましいコメントを出しては消し、出しては消し・・・を繰り返していた角田氏よりももしかしたら男らしく感じるのは、筆者の気のせいでしょうか・・・・・・

手前味噌的な引用ですが私は、

http://kakato24.exblog.jp/12757260/

の記事で
「そもそも、クラウスと武田が戦うこと自体、おかしなマッチメイクだったのでは??
 それほど指摘している人が多くないので、あえて書きますが。。。。。」
と、試合の次の日に書きました。

つまり、私が批判していたご当人の谷川氏が、実は何も言うまでもなく、同じ感想のようで、安心しました。今後のマッチメイクに期待します。
いい加減、浪花節もほどほどにしておきましょうということですね。
ファンが望むのは、安い三文の浪花節ではなく、血沸き肉踊る試合のはずですから。


ま、そんなことはどうでもいいのですが、
本題はこっからです。かかとおとし的に重要な話題です。

これもやはり、ジャッジメントの話題です。

えー、先日バルネフェルトで「It's Showtime」が行われましたが、
その記者会見で代表のサイモン・ルッツ氏が非常に重要な発言を行っていたようですので、お伝えします。

ルッツ氏によると、簡単に言えば、

It's Showtimeは判定の基準を変更する。

ということです。

どのように変更されるかということについて、詳しいルールの文言はわかりませんが、ルッツ氏の発表をそのまま書くと、

「判定の場合、審判はより魅力的で、より精神力を示してくれたファイターを支持するようになる」

とのこと。

そして

この判定は接戦に適用されるが、目の前の選手を攻撃するという明確な目標があるスポーツであることに違いはない。このアイディアは、選手に影響を与え、スローな試合を減らすだろう

とのこと。

K-1では最重要判定基準としてダウンを除けば「ダメージ→クリーンヒットの数→攻撃性」の順で重視していますが、It's Showtimeでは接戦になった場合「魅力的なファイトスタイル」で「精神力」を見せたファイターを支持すると明言しました。

なにをもって魅力的とするか、精神力とのするのかは全くジャッジ個々に委ねられると思いますが、サイモン・ルッツ氏は以前より「攻撃的なファイターが好きだ」と発言しており、この意向にそった判定がなされるのではないかと想像します。つまり、K-1ではあまり重要視されていない「攻撃性」がIt's Showtimeではより重く見られるということです。
具体的には、手数や、攻撃の多様性、例えば、バックスピンキックや飛び膝蹴りなど「観衆によりわかりやすい」試合をするファイターが判定でも有利になるということです

また、動画サイトなどでIt's Showtimeの試合を観ると、「明らかに流している選手」が多いこともまた事実です。テクニックがある選手は、堅実にポイントを稼いで判定で勝ちを拾える。だから、そうしてしまうのです。こうした技術は選手にとっては省エネで楽になるとしても、良い試合を客に見せてそれを選手に配分している主催者にとっては全く良いことはないんです。

この変更、果たして試合内容にどんな影響があるのかはよくわかりませんが、拡大を続けるIt's Showtimeはここにきて、単なるマニアのものでは駄目だという極自然の判断をしたものと考えられます。

もしかしたら、KOが続出した10月のMAXを観て影響を受けたのかも、と。谷川氏が「つまらんつまらん。これじゃ駄目だよ~」とはっぱをかけたペトロシアンの破壊的な豹変振りを見て、主催者が方向性を選手に提示することの意義を見出してしまった可能性すらあります(笑)。

この変化に対し、欧州のK-1ファンは幾分か否定的な反応を見せていますが、
いずれにしても「様子を見よう」という空気です。

アトラクティブでスピリット溢れる競技として生まれ変わりを目指すIt's Showtime。
この流れはK-1の求める選手像とも合致しているため、私は結構肯定的に見ています。
判定基準が変ったからといって、みんながレミー・ボンヤスキーのように空を飛べるわけでもないし、バダ・ハリのように一撃必殺できるわけでもないしね

ただ、ちょっと「踏み込みすぎ」な気がするのは私だけでしょうか?

ゴイケンモトム。



人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-11-24 10:00 | 立ち技全般

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧