東欧のK-1 Collizion決勝戦の結果! なんとキシェンコが……。
とりあえず土曜日に行われたK-1 Collizion の結果をどうぞ。
試合も観ました。

イグナショフとかケマイヨが出場予定だったんですけど、蓋をあけてみたらいませんでした。
向こうの興行は結構そんなものです。

以下、結果です。オープニングファイトとかMMAの試合は割愛します。

12月12日 K-1 Collizion 決勝戦 ~Heaven or Hell Prag 2009~  チェコ・プラハ

<ヘビー級ファイナルトーナメント>

準々決勝

○「ザ・ビッグベア」コーネリア“COCO”ルス(ルーマニア) vs 「獰猛」カース・ウェッセルス(オランダ)● 3R TKO
●「ルーマニア第4の男」ミハイタ・ゴレスク(ルーマニア) vs 「Collizionの申し子」ムラデン・ブレストバッチ(クロアチア)○ 2R TKO
●「殴れロシアンビート」シャミール・アバゾフ(ロシア) vs 「チェコの曲者」ロマン・クレイブル(チェコ)○ 判定
○「アフリカの砂嵐」モウニール・ゼクニニ(モロッコ) vs 「ドラキュラの息子」セバスチャン・チオバヌ(ルーマニア)● 判定


ゴールデングローリールーマニア支部のルスが、パワフルなファイトでウェッセルスを完全KO。そのほか、優勝候補のブレストバッチが完勝。世界最終予選で来日したチオバヌは僅差の判定(2-1)で敗れる。

準決勝

●「ザ・ビッグベア」コーネリア“COCO”ルス(ルーマニア) vs「Collizionの申し子」ムラデン・ブレストバッチ(クロアチア)○ 1RTKO (ローキックによる怪我)
●「アフリカの砂嵐」モウニール・ゼクニニ(モロッコ) vs 「チェコの曲者」ロマン・クレイブル(チェコ)○ 判定


ブレストバッチはローキックでルスの足を破壊し、消耗があまりないまま決勝戦へ
クレイブルは2試合連続判定。体力では、ブレストバッチ有利か。

決勝戦
○「チェコの曲者」ロマン・クレイブル(チェコ) vs 「Collizionの申し子」ムラデン・ブレストバッチ(クロアチア)●
延長判定


試合巧者のロマン・クレイブルがローキックを上手く使ってブレストバッチの輝きを消します。「族父母兄愛」という謎のタトゥーが背中に書かれているブレストバッチは苦しくなってのクリンチが多くなり、最後は互いにスタミナを消費する消耗戦になってきました。

延長戦に突入すると、膠着。お互いに手数は出すものの、攻めあぐねた状態が続き、真正面から無策に突っ込むブレストバッチが徐々にクレイブルのテクニックに押されていきます。結果は、判定でクレイブル優勝
地元チェコでの決勝戦、「曲者」ぶりを発揮しました。ジャビット・バイラミのような嫌らしい強さ(相手の輝きを消す強さ)があります。

うーん。ケマイヨやカティナスが居れば、もっと豪華なトーナメントになったんだろうけどなぁ。クレイブルかぁ。

<スーパーファイト>

○アルバート・クラウス(オランダ) vs ヤン・マズル(スロヴァキア)● 2RKO 

クラウスは気負いもなく、いつものようにパンチを中心で攻めて行きます。1Rにダウンを奪うと、2Rは完全に「必殺」モード。腰が引けてしまって心が折れているマズルに、容赦なくパンチを浴びせます。テンカオやバックスピンキックを飛び出し、最後はコーナーに追い詰めてフックの連打。
マズルはズルズルとリングにうずくまりました。ここで主審が試合を止めます。クラウスがチェコのオーディエンスの祝福を受けました。

○アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ) vs ウルジミール・モラフチク(スロヴァキア)● 2RKO

序盤、モラフチクはローキックで、キシェンコはボディブローで攻めますが、なんと大方の予想を裏切ってモラフチクが健闘。ガンガン前に出て、キシェンコにプレッシャーをかけていきます。近接戦を挑む命知らずのモラフチクに当初戸惑うキシェンコ。しかし、徐々に距離が離れてきて、キシェンコも落ちついて戦えるペースに。しかし、このモラフチクという選手、かなりできる。1Rはむしろモラフチクペースでしょうか?

2Rもガンガン攻めるモラフチク。キシェンコは苦しそうです。相手のプレッシャーをなんとかいなしますが、押されてしまう……。2R中盤、モラフチクのローキックで、ウクライナの貴公子がスリップ。足に来ているようです。
逆転を目指し、打ち合いに活路を見出すキシェンコですが、モラフチクも負けてはいない! このままモラフチクペースで2Rも終了かと思いきや! なんと、コーナーに追い詰められたキシェンコが起死回生の右ハイキック!! これがモラフチクの後頭部を直撃し、前のめりにマットに崩れ落ちました。 美しすぎるダウン! モラフチクはなんとか立ち上がるも、上下左右に身体が揺れて真っ直ぐ立てない状態です。
ここで審判が試合を止め、MAXのプリンスが大逆転勝利!

キシェンコが苦しみながらも底力を見せました。それにしても、キレと強さと恐れ知らずなハートを感じたスロヴァキアの新鋭・モラフチクのポテンシャルはかなり高そうです。是非、谷川EPにご覧になっていただきたい試合でした。ホルツケンとかシャヒッドあたりより、全然強いかもしれませんよ。


Collizionというのは、激突、とか対戦とか、そういう意味です→人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する


↑キシェンコ危機一髪! のモラフチク戦動画↑
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-12-14 11:34 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧