RISE61、日菜太が年内初戦を制するも、あくまで目指すはMAXの頂
1月24日 RISE61 新宿FACE 

○日菜太 vs オ・デュソク● 判定
○清水賢吾 vs 福田雄平● 1RKO
○裕樹 vs 大石駿介● 延長判定    他


日菜太が全ラウンドでデュソクをリードし、30-27(×3)で圧勝。
しかし、本人はKOをお披露目したかったと不満そう。
オ・デュソクとの力関係を考えると、確かにノックダウンしてもいいのに? と思う部分もあるかもしれませんが、本番は3月のMAXなのだから試運転でよいのでは。特に、3月はトーナメントですから、判定で泥臭く勝つことも大事でしょう。

内容はさておき、試合後のコメントが頼もしいですよね。

 「自分は今日で24戦ですけど、世界のトップは60戦、70戦やっていると思いますし」(日菜太)

そうなんですよ。

実際、MAX王者ジョルジオ・ペトロシアンはそのくらいやってますし、アンディ・サワーは27歳で144戦している。自分の立ち位置の認識をメタ視点で出来ているのはいいことなんじゃないかと。

 「ペトロシアンやキシェンコとか、同年代が世界のトップを走っている。早く彼らに追いつきたいですね。自分は今年24歳ですが、若手だとは全然思っていませんから」(日菜太)

とのこと。

追いつけるかなぁ。

ペトロシアンやキシェンコに追いつくということは、現時点での佐藤や魔裟斗以上の力がないと・・・・という部分がありますからね。
つまり、歴代のMAX日本人最強でないとなりません。
彼が今後HAYATOやTATUSJIのような「常連さん」レベルでキャリアを積んでいくのか、トップファイターを狙える存在として常に世界の上位に食らいついていけるのか、今年が分水嶺ですよね。

24歳。この年齢よりも前に、クラウス、ブアカーオ、サワー、ペトロシアンは王者になってましたし、魔裟斗が優勝したのもそのころです。ミドル級のキックボクサーとしては、能力のピークを迎えるひとつの年齢でもあります。

せっかくK-1はIt's Showtimeと提携したのですから、MAXのオフシーズンにはオランダやチェコなどで試合を組んでもらい、欧州の骨っぽいメンバーと試合をしてみるのもよいのではないでしょうか。


人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-01-25 07:34 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧