かかと週一日記 3月第2週
<おすすめ漫画。>

へうげもの。

へうげもの(1) (モーニング KC)←ここで買える。

戦国時代の茶人、千利休が弟子「古田織部」を主人公にした出世物語。
お茶の世界から戦国時代を俯瞰した新しい解釈のストーリーと、散りばめられている極上の笑いは感心しますね。
近年は、いわゆる大英傑のサイドで活躍する味わい深い人物を追う小説や漫画が人気ですが、この漫画もそういう側面を持っています。情報量が多く、一冊読むのにかなりの時間がかかりますが、消して勿体無い時は過ごさせません。すでに有名な漫画ですので、紹介するのもいまさらなんですけど、まだの方は是非読まれたし。

千利休の道の極めぶりや、織田信長のはじけっぷり、明智光秀の新たな解釈など、戦国好きにはたまらない内容かと。恥ずかしながら、私この漫画を読むまで古田織部という人物を存じあげていませんでした(汗)。


えっと、それから秀作「げんしけん」でゼロ年代のヲタの姿を克明に描いた木尾士目の新作もどうぞ。

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)

この「ぢごぷり」は若いお母さんとその妹が、乳児を1から育てるという筋。
可愛さを強調せず、乳児を育てるのがいかに大変かという壮絶な現実を、可愛らしい絵で表現することによって、その悲惨さをさらに浮き彫りにしています。
さすがは木尾士目先生。
可愛らしい絵なのに、赤ちゃんだけはリアルに醜悪に描くあたり、粗悪模造な萌え漫画あたりへのアンチテーゼかと思わせます。彼の髄から滲み出る反骨精神をひしひしと感じる次第です。

さて、なぜに赤ちゃんを姉妹だけで育てているかは、これから徐々に明らかになるのではないでしょうか。。。



<民主党政権支持率続落>

ひさびさに政治関連話題。

鳩山内閣の支持率が下がっているとの話ですが、相変わらず鳩山さんは勘違いをしている。
国民の気持ちをいかに掴むかと言うことを、理解していないようです。

彼は「マニフェストを実行することが国民との約束」であり、それを実行することで支持されると考えているように思えますが、それは違うと私は考えます。

マニフェストの内容は、確かに実行しなくてはならないことですが、それ以上に必要なのは、
「なぜこのマニフェストを実行する必要があるのか」
と、
「このマニフェストを実行すると、どうなるのか」
という2点をもって、未来はこうなると語らなくてはならないのですよね。

ただマニフェストを水戸黄門的に掲げて、「書いてあるからやる」では、小学生が「先生がそうしろって言ったんだもん!」というのと同じでしょうに。

近年の総理でそのあたりのビジョンを示したのは、小泉純一郎氏と安倍晋三氏だけであったように思えます。

その後の福田はただの中継ぎ。麻生は選挙対策用リリーフとしての役目しか果たさず、KOされた先発・安倍の敗戦処理を行ったようなものです。(実際には3人とも打ち込まれて大差でゲームセットしたわけですが)

なぜ、高速道路無料化はできなかったのか。
なぜ、暫定税率は廃止できなかったのか。
なぜ、子ども手当は必要なのか。
なぜ、米軍基地の移転計画を白紙に戻したのか。

まずはこれらを、説明してくれ。

マスコミが散々に叩く鳩山さんの「贈与」なんてどうでもいいことです。
そんなことを説明している暇があったら、政策を説明してくれ、と。


<遅れる日本>

世界のニュースを見ていると、なぜか日本が後進国であるような錯覚を覚えます。
未だ世界第2~3位の経済力を持っているハズなのですが。。。。

いま、世界のトレンドは国家が企業と手を組んで、自国の利益となるビジネスを行っていますよね。

中国、韓国などは顕著ですし、アメリカなどはGMの大株主になった途端に、TOYOTA叩きで利益を上げています(苦笑)。政府が産業を後押しすることが普通なんですね。
2010年代の国家は、元首を社長とした国家という名の企業を運営しているようなものです。今後、この流れは加速するでしょう。政治と経済はすでに一体化して、国家はどんどん企業化していくでしょう。

日本はなかなかそうはいっていないようです。
相変わらず役人はふんぞり返って、優秀なサラリーマン戦士たちが稼いでくる外貨を巻き上げて左団扇です。

右とか左とか、保守だ革新だという論争はすでに古く、思想信条ではなく、国家元首は「企業の社長」という割り切った感覚で選ばなくてはならないと私は思います。

いかにして国を繁栄させるか、その手腕とビジョンを持っている人を国の代表者にしたいのですよ。

残念ながら「民衆から巻き上げた金をどこに重点的に配るか」という仕事しかしてこなかった老人議員にはすべてご退場願いたいものです。


<矮小化されている批判>

今の民主党批判は非常にせせこましいというか、大局的ではないところに問題があると思うのです。

小沢の疑惑だの、総理の”子ども手当”だの、外国人参政権どうしただの、そういう局地的な問題ばかりを取り上げているのではないか……と。

先日の「たかじんのそこまで言って委員会」で、勝谷誠彦氏が子ども手当への批判を口にしていましたが、その論拠は「外国人の子供にも配るつもりだから」だそうで。そんなことは運用面の問題であって、子ども手当の是非とは一切関係ないだろう?

なんでも矮小化して、批判のための批判をするコメンテーターさんたちはどうなんですかね??

矮小化しての批判のための批判は、ニコニコ動画や2chにはびこる右傾化したネットユーザーの専売特許ではないようですね……。


<政権は左傾、でネットは右傾化?>

ネットの右傾化といえば、
自民党が徴兵制を示唆するようなことを言い始めたとか。
で、結構これに賛成するネットユーザーが多かったとか。

冗談きついな。。。。。
自衛隊には任意で入隊できるのだから、義務化してどういう効果があるのか、聞いてみたい。


<求、ビジネスマン>

今の民主党政権は過渡期のものなので、
私はどうなっていくのか、とりあえず少し様子を見てるわけですけど、
鳩山さんとその取り巻きはどう見ても商売人ではない。

「よっ社長!」と、国民が言えるような、21世紀型の国際競争に勝てる、ビジネスマンとして優秀な政治家が早く現われてくれることを願っております。


人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-03-09 11:25 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧