K-1 MAX 2010 日本トーナメント 大展望
http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

【K-1 WORLD MAX 2010 -70KG Japan Tornament 展望】

よければ予想大会の参考にでもしてください。
http://kakato24.exblog.jp/14014259/予想大会リンク

-70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
「自称倍率1.2、必殺マシンガントーク」城戸康裕(谷山/2008日本トーナメント優勝)
VS
「イナズマ1ごう、博多の糖」龍二(リアルディール/第2代RISE-70kg級王者


城戸康裕有利動かず。
龍二はすでに三十路を過ぎ、以前HAYATOに敗れた2年前から上積みはさほどないかと。逆に城戸康裕は世界を経験して、よりモチベーションがアップしている印象を受けますよ。
現時点での、両者の力の差はかなりあると思ってます。

予想はKOで城戸でしょう。決まり手はハイキック。

-70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
「まさかの再生、チャンス到来」名城裕司(K NETWORK 国士会館)
VS
「コスプレ☆上京物語」長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX 2009ベスト16)


ブランクの長い名城と、連敗中の自演乙。予想しにくいぞ。

名城はパンチャーで、強い選手なのですが、それはOPファイトを戦っていた頃の話。
3年の空白期間でどうなっているのか、強くなっているのか弱くなっているのかがわからない。

自演乙もやはりパンチャー。シュー・イエン戦では練習の成果を見せる前に一発食らってしまったので、やはりこちらも現時点でどれだけ成長しているかわかりません。

個人的には自演乙を応援したい気持ちもありますが、名城が案外KOで勝っちゃうかもです

後で書きますが、自演乙君には、テレビを意識しないで、勝利に徹してほしい。

-70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
「和製○○シリーズ最新作はヴァンダレイ」中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/Krush 70kgトーナメント2009優勝)
VS
「レンタル終了間近」TATSUJI(アイアンアックス/RISE DoA TOURNAMENT’05優勝)


中島はまだトップクラスとやったことがないので、実力未知数。
しかし、TATSUJIを超えないと世界はないので、ここは期待込みで中島の判定勝利を予想。

TATSUJIは経験もあるし、KOまでは難しいかもね。

-70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
「絶対王者の拳を折った石頭」山本優弥(青春塾/K-1 WORLD MAX 2009第3位)
VS
「左にご注意、右折禁止のミドルキッカー」日菜太(湘南格闘クラブ/Toshin Family/初代RISE 70kg王者)


やー、難しいわ(笑)。
二人ともミドルレンジで戦うファイターという印象があります。

去年の段階では、山本はTATSUJI、自演乙、イム・チビン、ドラゴと錚々たるメンバーに勝っているし、日菜太も城戸康裕とマイク・ザンビディスに勝っている。アスケロフにも最後の油断さえなければ勝っていただろうし、二人とも世界レベルであることに間違いはないんですよね。

難しいというよりも、勿体無いなぁ。二人ともFinal16への資格は十分なのに。。。。。

予想は判定で山本優弥かな。パンチャー有利なK-1であれば。
それを覆す蹴りを日菜太に魅せてほしいというのが本音ですけどね。

【準決勝~決勝】

この適当かついい加減な展望によれば、
城戸vs名城 中島vs山本 になります。

こうなれば、城戸と、日菜太戦でボロボロになった山本を倒した中島が決勝。優勝は城戸となります。


スーパーファイト 3分3R延長1R
「愛を知るネット上手」佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/K-1 WORLD MAX 2006&2007日本トーナメント優勝)
VS
「名古屋の盟主は俺だ、最強インストラクター」ダニロ・ザノリニ(ブラジル/ブラジリアン・タイ)


佐藤は前々日インタビューで、ザノリニを「強い選手」と表現していましたが、なんといってもHEATのミドル級王者ですし、イージーな相手ではないという見方のようです。
もちろん、ペトロシアンほどではないですが。。。

魔裟斗もコヒも引退し、佐藤にかかる期待は非常に大きいところで、それはご本人も自覚している節はあります。
あえて3RでKOすると言っていることからも、派手な打ち合いではなく、確実に勝つという意欲が現れていると思います。

佐藤有利は動かないところですが、ザノリニの派手な足技も堪能したいですね。
判定で佐藤と予想。

スーパーファイト 63kg契約 3分3R延長1R
「お客様第一主義、暴走エンターテイナー」渡辺一久(フリー/プロボクシング第52代日本フェザー級王者)
VS
「Dの刺客、すべるタイヤキ君」DJ.taiki(Team Nakano/2002年全日本アマチュアシュートボクシング中量級優勝)


どっちでもいいかな。63キロの顔になりたいらしい渡辺一久のKO勝利を予想しときます。


<プレインタビュー雑感>


ウスファンさんから、自演乙のプレインタビューと佐藤のそれが対照的だったよというご報告を頂きましたので、YOUTUBEで確認してみました。

自演乙のインタビューまとめ

・コヒの欠場にはリアルにムカついている→「プロ失格だろ、出ろよ(笑)」
・名城はサウスポーでやりにくい。ナメてはいない。むしろ、混乱している。
・アホみたいな打ち合いはしないが、KOしてスタミナを温存しながら勝ち上がりたい。
・テレビ放送でキム・ヨナと被ってるから各選手がキャラクターを出していかないとダメ。
・チャンネルは変えさせない。格闘技に興味のない人間を引き込みたい。名城選手にもそれを求めたい。

佐藤嘉洋のインタビューまとめ

・これならペトロシアンに勝てるという作戦と体調にはなっていた。
・渡辺一久や自演乙よりも強い選手はたくさんいる。
・面白いことを言ったり、コスプレをして有名になれる「テレビ番組」なら出なくてもいい。
・MAXが打ち切りになっても、世界に出て強い奴と戦いに行きたい。
・5月のIt's ShowtimeにはK-1代表で出たい。
・テレビの人たちに左右されず、自分流で強さを目指す。


これをもって、いわゆる「テレビプロデューサー気取り」のファンあたりが佐藤嘉洋には自覚がない! なんて叫びだすかもしれませんが、それは二人の立場、力量などがあるので、並列にするわけにはいかないではと思います。

自演乙はおそらくK-1MAXという舞台がなければ、自分が戦える舞台そのものが無くなってしまうことを知っているから、そういう立場での発言ですよね。
佐藤はMAXがなくても、生活もできているし、MAXがなければ欧州にいってIt's Showtimeに出ればいい。タイ人とやってもいいし、力量があるから、そのあたりの幅がありますよ。

二人ともキックボクシング、K-1をメジャーにしていきたいという想いはむしろ全く同じだと思います。
単にやり方の違いですよ。そして、この両極端なスタンスは、両方K-1にとって必要なものであって、優劣をつけるような次元の話ではないのでしょう。

それに、番組が面白いとか、視聴率がどうとかって、それって選手の問題だけじゃなくて、
テレビ局の番組の作り方とか、競技のルール、主催者のマッチメイキングや広報活動に多分に左右されるわけで、
佐藤のスタンスはそれはそれで確かなものだと思うし、
自演乙のスタンスも彼の立場から考えれば、妥当なものだと思います。

ただ、自演乙は「勝っても負けても」なんて言わないで、あくまで勝つことを目指して欲しいと思います。


<亀田とセットはすでに失敗>


それよりも気になったのは、
自演乙も言ってましたが裏番組がキム・ヨナって話(笑)。

例年通り2月にやってればいいものを、わざわざ亀田とセットにしてしまったTBSとFEGの目論見はこれで露と消えたんじゃないですか。

亀田の視聴者層とK-1の視聴者層は格闘マニア以外はかぶらないので、
セットの効果は薄く、しかも裏番組にフィギュアスケートが来るということですから、
これはもう泣きっ面に蜂。

しかもこの2月→3月に移動したことで、タイミングがペトロシアンのケム戦後にずれました。
もし2月にやっていれば、佐藤戦は実現したでしょう。

このTBSのクソ編成は、MAXにとってメリットがひとつでもあるのでしょうか?

今回は仕方なく地上波を観るけれども、もしPPV放送があったならば絶対観ないと断言できますよね。

ほんと、どうしようもなくて、笑える。

これで数字が出なかったら、TBSのプロデューサーと谷川さんの責任問題に発展させないと。


人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-03-26 11:33 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧