K-1 WGP 横浜大会 ファーストインプレッション的感想
http://kakato24.exblog.jp/14091213/
予想大会結果

逆試合順に簡易感想

先に言っとくと、MVP京太郎と、グーカン・サキ。それから、バダ・ハリを来日させてくれた、彼の弁護士の3名です。

▼メインイベント(第7試合) 3分3R延長2R
○バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム/K-1 WORLD GP 2009準優勝)
VS
●アレクセイ・イグナショフ(ベラルーシ/フリー/K-1 WORLD GP 2003 in Paris優勝)


この対戦カードが決まった時、「イグナショフではバダ・ハリとの実力差がありすぎる」と思ったし、そのようにブログにも書きました。そして、その通りになったことはみなさんもご存じだと思います。

谷川Pも言ってましたが、「復活は遠いな」と。まさにその一言。

まず、イグナショフが失速した直接的原因となったのはアル中うんぬんじゃなくて「足が出なくなった」こと。もちろん、膝を手術したことと無関係ではないと思いますが、それももう5年も前の話ですからね。

2Rでダウンを奪われ、3RではもうKOするしか勝ち目がないし、打ち合いにいけばそれに応じる対戦相手だったにも関わらず、実に慎重なままカウンターを狙い続けていたイグナショフ。5年前のK-1、しかもワンマッチであれば許された戦い方も、現在の進化したK-1では受け入れられないものでしたね。

バダ・ハリにとっては、苦もない相手だったと思います。

やはりミスマッチメイクでは。


▼セミファイナル(第6試合) K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ 3分3R延長2R
○セーム・シュルト(オランダ/正道会館/王者)
VS
●エロール・ジマーマン(キュラソー島/ゴールデングローリージム/挑戦者)


シュルトの手数がとにかく落ちないのですが、さすがに3Rめは疲れていたように思います。
エロジマンは大振りになりすぎ、あれでは当たりません。身長差もありましたね。KOされなかったのはせめてもの救い。

シュルトはバンナと同じ年齢になのに、まったく衰えませんね。どういう体をしているんでしょう?

シュルトとワンマッチでなんとかなりそうなのは、バダ・ハリと、レミー(足が治ってれば)だけかな。


▼第5試合 K-1ヘビー級タイトルマッチ 100kg以下契約 3分3R延長2R
○京太郎(チームドラゴン/王者)
VS
●ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ/挑戦者)


この試合はまさに今大会のハイライトでしたね!

アーツの体はやっぱりすごく締まっていたけど、これが年齢なのでしょうか? 京太郎のパンチが見えてない……。ほとんどの顔面へのパンチとローキックを被弾し、THE END。去年のアリスター戦以上に何もできなかったピーターが象徴的でした。

勝った京太郎は、これでこれまで彼を馬鹿にしていた海外のスポーツ記者にも、一目置かれる存在になることでしょうね。It's Showtimeなどにもオファーが来るかもよ。

アーツは、それでも最後に前に倒れるあたりが非常に印象に残りました。
前のめりに倒れる。それが彼の人生哲学である気がします。

魔裟斗のように、自己演出をしてカッコよく去るのもよいですが、
やはり自分はアーツの生き様が好きだ。


追記:ピーター・アーツは左ひじの怪我をしており、ハーリック会長は試合をキャンセルするように言ったが、アーツはそれを拒否したとのこと。


▼第4試合 3分3R延長2R
○アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリージム)
VS
●ジャバット・ポトラック(ボスニア・ヘルツェゴビナ/チーム ポトラック/K-1ファイティングネットワーク・プラハ大会2007優勝)


予想通り、鍵は膝でしたね。
ポトラックは持ち味を出す前に、「筋肉山脈」のパワーを受けました。ただ、見た目ほどの差はなかったように感じます。
もう少し、粘ってほしかったよ。

あ、あとアリスターの反則は取らないのかね?

審判は木偶の坊だね☆


▼第3試合 3分3R延長2R
○ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)
VS
●タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C./WFCAクルーザー級2008世界王者)


まさかのバンナ。と、言っては失礼かもしれませんが、1Rのバンナは全盛期をほうふつとさせるものがありました。あの左がスポーンにHITしたときには、さすがの私も感動しました。

しかし、2R以降失速し、3Rには完全にスポーンペース。スポーンは1Rさえ持ちこたえていれば圧勝だったのにね。

スポーンの執拗に左腕を狙うミドルキックには、やはりホーストの影を感じました。ただ、決定的にそれで追い詰めようという殺気がなかった。

どんなことをしても勝つ。この勝利への執念がスポーンにもっとあれば、結果はひっくりかえっていたことでしょう。スポーンは美しく勝とうとしすぎているのでは。師匠ホーストのように、いかなる状況でも冷静に相手の弱点を狙い続ける執念が欲しい!


▼第2試合 3分3R延長2R
○グーカン・サキ(トルコ/チーム・レベル/K-1 WORLD GP 2008第3位)
VS
●シング“心”ジャディブ(インド/パワーオブドリーム/K-1 WORLD GP 2009 ASIA GP優勝)


かなりいい試合、こういうの好き。サキがかなり鋭くて、全盛期のステファン・レコを思わせるスピードがありましたね。調子悪いのかなと思ったけど、全然そんなことなくて、巨漢のジャディブを相手に、素晴らしい切れ味で気持ちが切れませんでしたね。
私の中では、俄然サキvs京太郎。このヘビー級タイトルマッチが観たい!!

ジャディブも成長していると思います。足立区のインド人というキャラがいい(笑)


▼第1試合 3分3R延長2R
○セルゲイ・ラシェンコ(ウクライナ/キャプテン/K-1 WGP 2009 FINAL16 QUALFYING GP準優勝)
VS
●佐藤 匠(極真会館/極真第36回全日本選手権ベスト16)


地上波カット。鳩はまだ遠いのかな。



<総評>

結果的には、全試合赤コーナーの勝利。ファンの期待した大波乱、KOショーとはいきませんでしたね。
ワンマッチだと、KOが減ることは目に見えていたので、驚きはありません。

最近いませんが、「K-1はトーナメントを廃止しろ」という本末転倒なご意見も昔よくありましたが、ワンマッチだとこういう展開が多くなるでしょう。

それはともかく、メインイベント。
バダ・ハリvsイグナショフ。イグファンの方には申し訳ないけど、この結果は正直見えてた

イグナショフの最近4戦の成績は、1勝3敗。しかも、その1勝はMMAファイターを相手にあげたものですから、復活などしていないことは最初から知ってました。マッチメイクのミスだと思います。今のイグに、メインイベントは辛い。

シュルトは相変わらず強いので、何も言うことなし。でも、ジマーマンは盛り上げようと、そして勝とうと本当に頑張っていたので、彼の存在が救いです。

京太郎はもう見事。アーツは減量が効いていたような気がします。できることなら、また105キロくらいまで戻してほしい。このまま終わる男ではない。

ただ、去年のインタビューでハーリック会長が最近のアーツは後輩のパンチを受けてしまっている、本当はもう引退すべきと言ってます。

バンナは見事でしたね。スポーンはオランダでは本当に有名な選手で、実力もありますが、運がないですね。
最後はもっとダウンを獲りに行って欲しかった。


全体的に、実にレベルの高い引き締まった試合が多く、さすがはWGPという格の高さを感じる一方、今のK-1のトレンドについていけてないイグナショフをメインイベントにしてしまった谷川氏のミステイクには、苦言を申しておきたいところです。

次の5月、ルーマニア大会ではいよいよWGPにむけての予選が始まります。それまでにはPPV見れるようにしとかないとっ(汗


にしても、シカティックの髪が真っ白に。。。。


とまあ、そんな感じで、また明日以降今大会についていろいろ書いていきます。
東欧予選もね。
視聴率大好きな格闘ブロガーあたりが今頃”毒舌”を吐きまくっているころでしょうが、そういった毒舌を気取ったブロガーほど感想の内容がありきたりだったりするので、そうならないように自分も注意しよっと。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-04-04 00:17 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧