It's Showtime Jスポーツプラスで魔裟斗の解説付き観戦
It's Showtime J-SPORTS PLUS観戦記

ついに自宅でIt's Showtime観戦。(ディレイだけど)
いい時代だぜ。放送された試合の感想を書きます。
やっぱり、動画サイトの荒い映像よりいいわ~。断然。

予想大会の集計は、次のエントリーで発表します!

5月29日 It's Showtime オランダ・アムステルダム

<65キロ級タイトルマッチ>
○オロノ・ウォーベップン(タイ) vs アティ・ゴール(オランダ)● 5R判定


とにかく、くそ真面目なムエタイはつまらない。オランダの客も完全に集中力が切れて、お客さんもなにか会場内の別の事件で盛り上がっていたとか。
オロノはいくら強くても、これじゃダメ。クリンチ、組み付きのオンパレード。確かに上手いが……。K-1に慣れたオランダの客の気は引けない。審判はもっと組み付きを注意して、イエローカードくらい出したほうがよいでしょう。
ゴールはいいところなく敗れるも、違う選手との試合が観たい。

<70キロ級ワンマッチ>
●ムラット・ディレッキー(トルコ) vs アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)○ 3R判定


It's Showtime王者ディレッキーと、K-1の貴公子キシェンコの一戦。主催者サイモン・ルッツはディレッキーを高く評価しており、トップレベルの選手と豪語していますが、その通り。インファイトでガンガン突っ込んでくるディレッキーのファイトスタイルはまさにK-1的です。キシェンコはミドルキックやフックで応戦。やや距離はキシェンコが遠いので、ディレッキーはそれを潰す作戦でしょうか。
しかし、キシェンコのハイキックや得意のボディブローが徐々にディレッキーを捉え、最後は判定をモノにしました。
客も盛り上がった名勝負だったと思います。解説の魔裟斗氏も納得の試合だった様子。

<70キロ級ワンマッチ>
○シャバル”チンギスハン”アスケロフ(UAE) vs ウィリアム・ディエンダー(オランダ)● 延長4R判定


昨年ペトロシアンのデビュー戦の相手を務めたアスケロフですが、その後は日菜太に判定勝利を納めるなど、弱くはない選手。魔裟斗氏いわく「アスケロフはファイトスタイルがサム・グレコのようだ」などと発言。言われてみれば、似ている。

ディエンダーはIt's Showtimeの常連選手で、トップクラスのファイターですが、この日はアスケロフの剛腕を前にダメージを受け続け、最後はなんとかKOされずに残った……。という印象です。アスケロフ、強くなってますね。

<70キロ級ワンマッチ>
●ドラゴ(アルメニア) vs リーロイ・ケスナー(オランダ)○ 3R判定


最近調子が悪いドラゴと、アーツの弟子ケスナーの一戦。ケスナーはまだ21歳。これから伸びる余地がありそうです。
試合展開はドラゴが前に出て、ケスナーが下がりながら反撃を与える形。
微妙な判定ながら、ケスナーがドラゴを越えました。

<70キロ級ワンマッチ>
●佐藤嘉洋(日本) vs パジョンスック(タイ)○ 3R判定


やはりムエタイはつまらない。
アマボク経験もありK-1出場を熱望しているパジョンスックですが、この試合は……。
とにかくすぐ組み付く。投げる。クリンチに行く。
ヒットして組み付き、ヒットして組み付き。ひたすらこれ。
K-1慣れしすぎた佐藤嘉洋が戸惑っているようでした。大きな見せ場もなく、勝利を喜ぶパジョンスック。オロノーもそうですが、こんな選手を日本に連れてきてほしくはないです。
審判はもう少し注意すべきでしょう。
終始相手ペースで、為す術がなかった佐藤嘉洋にも反省点はあるのでしょうが……。

<70キロ級ワンマッチ>
○シャヒッド(モロッコ) vs モハメド・カマル(モロッコ)● 判定


見せ場の多かった試合。パンチャー同士の殴り合いは、レベルはどうあれ面白い! という見本。
カマルはすでにMAXのFINAL16が決まっている選手で、小さい身体で心の強いいい選手だな~と思いました。シャヒッドも、パンチャー相手だと輝きますね。

<70キロ級ワンマッチ>
●コスモ・アレクサンドラ(ブラジル) vs ニキー”ザ・ナチュラル”ホルツケン”(オランダ)○ 3R判定


77キロ級It's Showtime王者が、あえて70㌔に落として試合をしました。が、やはり減量のダメージか、ホルツケン相手に劣勢。ホルツケンは強く、アグレッシブになってきており、魔裟斗氏をして「引退してよかった」と冗談が出るほど。

<ヘビー級ワンマッチ>
●ダニエル・ギタ(ルーマニア) vs アーシュイン・バルラック(スリナム)○ 3R判定


チームパーフェクトの曲者にして、”現役弁護士ファイター”バルラックがなんとダニエル・ギタを下すというアップセット。序盤こそギタが有利にローを活用して試合を進めましたが、足を引きずりながらのバルラックの反撃が凄まじい。バルラックはテクニックこそムチャクチャであまりないものの、根性と打たれ強さで前に前に出る、オランダ人らしいファイトスタイル。変わったファイトスタイルで前に出続けるスタイルといえば、現役選手の中では自演乙に似ています。
ギタはこういった曲者との戦い方に戸惑ったようです。一皮むければトップファイターと同等のポテンシャルを秘めるだけに、試練の敗戦となったことでしょう。怪我明けでしたしね……。無理しなかった印象もあります。

<ヘビー級ワンマッチ>
○グーカン・サキ(トルコ) vs メルヴィン・マヌーフ(オランダ)● 2RTKO


サキのローキック、そしてパンチのスピードは異常。この大会で他のミドル級のファイターよりも速い。
調子がいいらしく、地元の英雄マヌーフを全く寄せ付けませんでした。
マヌーフはハイキックをガードの上から受けて吹っ飛んでしまったあたり、やはり適正階級である80~90㌔で戦ったほうがいいでしょう。

<ヘビー級タイトルマッチ>
●バダ・ハリ(モロッコ) vs ヘスディ・カラケス(エジプト)○ 2R失格


予想大会には「失格」という項目はありませんでしたが、
判定までいかなかったので「KO」と同等に扱います。ご了承ください。

試合展開は、バダ・ハリらしい緊張感みなぎる試合。2月のボウジディ戦では全くと言っていいほどオーラを出していませんでしたが、この日は違いました。シェイプアップされた身体と、迫力ある攻撃。調子の良さを感じます。対してカラケスはヒゲを蓄えたニュースタイルでの登場。
2Mの体格に、伸ばしたあごひげ。絶対に気質の世界の住民ではないことは明白です。

バダ・ハリの圧力に屈せず、カラケスも打ち返す。幾度となく繰り返されるヘビー級なのにスピードあるパンチ
の応酬は、見ごたえ充分。バダ・ハリも見事ながら、それに対して真正面から打ち合いを返すカラケスと、チャクリキの「魂」もまた見事。おお、これぞ伝統のヘビー級。アムステルダム2万人の観衆が観たかったのは、これでしょう!

1Rはややバダ・ハリ優勢。熱狂。大歓声。

2Rもやはり打ち合い。バダ・ハリが前に出る。カラケスも引かない。しかし、ややバダ・ハリ優勢のままです。そんな中、事件が。バランスを崩してスリップしたカラケスに、バダ・ハリがローキック。これがカラケスの顎にヒットし、カラケスが倒れます。

2008年の悪夢再び。レミー・ボンヤスキーを嫌でも思い出させる事件が発生しました。
会場が騒然となる中、カラケスの回復が待たれますが、試合続行不能と判断されます。

なぜかバダ・ハリの盟友マヌーフがリングに上がってオランダ語で謝罪。そして、なぜかマヌーフがカラケスの手を上げ、勝ち名乗りを行いました。つまり、バダ・ハリは失格になったのです。

場内が騒然となるなか、バダ・ハリに対して容赦ないブーイングが。そして、彼へのあてつけのように、カラケスに大歓声が送られました。

何かが起こるアムステルダム。

思えば、サップが前代未聞のドタキャンで解説席のアーツが試合に登場したり、ハリがシュルトをKOしたり、なにかと事件が起こるアムステルダム。実に「アムステルダムらしい」ズンドコ劇場でIt's Showtimeは幕を閉じました。

魔裟斗氏が、「カラケスが倒れたとき、すぐに間に入らなかった審判が悪い」と一蹴。
バダ・ハリはまたしても失格。It's Showtimeのヘビー級タイトルも、カラケスに移動してしまいました。

その他の試合。

○ムラッド・ボウジディ(オランダ) vs アンダーソン”ブラドック”シウバ(ブラジル)● 判定
○リコ・ヴァーホーベン(オランダ) vs ジャバッド・ポトラック(ボスニア)● 判定 他数試合



ところで、It's Showtimeは前日の記者会見で70㌔とヘビー級のトーナメントを開催することを発表。K-1の猿真似をしつづけるという強い意志表示を示しました。果たしてこの構想はどうなることか。
ルッツがK-1に対して抱く憧憬とライバル心。それがストレートな形で構想として出てきたんだなと思います。


http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-05-31 11:35 | 立ち技全般

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧