石井館長の狙う「K-1版ワールドカップ構想」
ヒョードルが敗戦ですってね。
「人類最強の無敵の男」なんてのはただの幻想に過ぎないということでしょうか。
いえ、MMAはスポーツですから、勝って負けてはあたりまえ。

<W杯マッサイチュ>

せっかくワールドカップのシーズンなので、ワールドカップに絡めたK-1の話を。

http://www.zakzak.co.jp/life/zakgak/news/20100616/zgk1006161603000-n2.htm

K-1の元代表である石井館長(すでに肩書きは違うが、あえてこう呼びたい。私にとって彼はずっと『館長』)がコラムの中でこんなことを書いています。

 実は、K-1が目指しているのは、格闘技界のW杯なのです。国際K-1連盟を設立し、ヘビー級からフライ級まで5-7階級に分け、各国の代表選手を選抜する。
 代表選手は母国の誇りを賭けて、国民の声援を力に闘う。考えるだけで興奮します。第一回の参加国は世界から32カ国となるでしょう。K-1の場合4年に1度では短すぎる気がしますので、個人戦のK-1GPと国別対抗戦のK-1W杯と隔年で、2年ごとの開催を目指します。


これが今月の6月16日の話ですから、極最近。
館長出所後のパーティで「FIKA構想」について述べていたあの計画はまだまだ生きていたのです。
いや、むしろこれからと言ってもいいでしょう。

もちろん明日あさっての話ではありませんが、
遠い道のりが予測されます。

<国別対抗戦は難しい>

例えば団体対抗戦……昨年末のSRCvsDREAMなどが思い起こされますが、これは簡単です。管理している興行会社同士の利害が一致すればいいわけですからね。
しかし、国別対抗戦となると各プロモーターやマネージャーが複雑に絡んでくることは間違いありません。
SRCvsDREAMを行うだけで調整にヒーヒー言ってるレベルでは難しいでしょう。

他にも懸念があります。
日本であれば二重国籍の問題は(ほぼ)ありませんので、国籍的な問題が表面化することはありません。

しかし、オランダで練習しているファイターたちを考えると話はややこしそうです。
移民多いオランダでは、二重国籍が多い。
ドラゴはアルメニアなのかオランダなのか、サキはトルコなのかオランダなのか。バダ・ハリはモロッコなのかオランダなのか。
フットボールではそれなりに規定があるようですが、個人競技であるK-1ではどうやってこれを処理していくのでしょうか。

そして、代表を「選ぶ」作業を誰が行うのか? FEGのような興行会社が各国の代表選考まで行うのは問題があるでしょう。
やはり各国それぞれに「●●国K-1協会」が必要となり、代表選考会などを開く必要がありそうです。

協会を各国に設立し、様々な規定をクリアにし、それから審判なども資格制にして、
スポンサーを集め、テレビ局を決め、会場を取り、その他様々な課題を突破して初めて開催できるでしょう。
相当ハードルの高い作業です。

開催するにしても、システムはどうするのか。
32カ国でトーナメント制にするとしても、
各階級の個人戦トーナメントを行うのか、それともチーム対チームの総当り戦で一年くらいかけてチーム別トーナメントにするのか。

どういう構想が館長にはあるのでしょうか?

<階級>

階級はこんな感じでしょうか。

無差別級
100キロ(ヘビー級)
90キロ(ライトヘビー級)
80キロ(ウェルター級)
70キロ(ミドル級)
60キロ(ライト級)


めんどくさいんでこんなざっくりしたわけ方でいいと思います。
50キロ台はいらないし、63キロとか主催者都合な階級はいらないです。

このくらいのわかりやすさがK-1には必要ですよね。

「こんなものできるわけねーだろ」と一蹴するのも自由。
しかし、大きな夢を見るのもまた自由……そんな気がいたします。
夢を見るのは無料ですからね。

この難しい工程をクリアし、もしこんな夢構想が実現したとすれば、
この上なくワクワクすることは事実です。
(スポンサーやテレビ局の強力なプッシュが必要ですね)

<こんな感じ>

では、仮に館長の夢が実現したとすれば、いつかこんな記事が掲載されるかもしれません。

-------

日本代表がアムステルダムで初練習

 K-1のワールドカップオランダ大会の1回戦、トルコ戦に臨むK-1日本代表は27日、試合の行われるアムステルダム入りし、初練習を行った。
 ランニング、ストレッチ、ミット打ちを行った後は非公開とし、戦術練習やスパーリングを行った。注目されるのは100キロ以下級の京太郎対グーカン・サキだが、60キロ級代表の才賀は「トルコのサキ? クリリンに似ているだけやん。かめはめ波打てるわけでもないやろ」と、チームメイトの対戦相手をこき下ろした。

【関連記事】

スタミナで勝つ! 延長ラウンドまで見越す佐藤嘉洋監督
佐藤JAPANいざ決戦の地へ
優勝候補オランダ代表は余裕のコメント
ボンヤスキー監督のスリナム代表がダークホース


[ デイリィスポーツ 20××年6月28日]


http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-06-28 14:47 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧