日菜太とキシェンコの距離を測れば世界との距離が見える
いよいよ明後日に迫った大一番。アルトゥール・キシェンコvs日菜太の一戦。
日本のK-1ファン、キックファンの注目を集めることでしょう。

同じ年齢の彼らですが、K-1での実績を考えると圧倒的にキシェンコが上。
日菜太にとっては「胸を借りる」一戦となることでしょう。

魔裟斗とともに時代を作ったアンディ・サワーは目の怪我でシャバリ戦以降、半年休養中。
”P4P”ペトロシアンは拳の怪我の治療中。
ブアカーオも早期引退が主流のムエタイファイターとしては年齢的に現役生活は晩年となっており、若いキシェンコはこれからの中量級を背負うファイターであると言えるのです。

単に2008年のK-1MAXで準優勝(ホームディシジョンがなければ内容的には優勝していたと思われる)しただけではなく、今年に入ってオランダのIt's Showtime王者ムラット・ディレッキーを判定で下しており、世界最強のキックボクサーの一角を占める選手なのです。

この試合を分かりやすく考えるなら、
「日菜太と世界の距離」を図る試合であると言えるでしょう。

日菜太と世界の距離がわかれば、日本と世界の距離がわかるというものです。

現在の日菜太の立ち位置を考えてみるといいと思います。
彼は今年の日本代表決定Tで山本優弥に勝利しています(その試合で力を使い果たして中島にKOされてしまいましたが、ノーカウントでしょう)。また、昨年の日本代表決定Tでは城戸康裕にも勝手いるのです。
イレギュラーな存在である長島を除けば、佐藤嘉洋と同クラス……もしくはその次という存在だと言えます。

ほぼ日本のトップクラス。これが現在の日菜太の実力的評価なのです。

キシェンコは先ほど申し上げた通りの選手で、
ヨーロッパのトップクラスの選手にも勝てるファイターです。
アンディ・サワーとは2戦して1勝1敗。魔裟斗には2敗ですが、2008年はほぼ勝っていた内容です。佐藤嘉洋にも勝っています。ブアカーオやペトロシアンとは未対戦です。

日菜太とキシェンコの距離は、そのまま日本と世界の距離であると私は思っているのです。もし、日菜太がキシェンコに善戦できるようなら、日本のレベルは上がっていると言うことができるわけです。まさか日菜太が勝つようなことがあれば、彼は佐藤をすっ飛ばして日本最強を名乗ってもいいでしょう。一気に世界のキックボクシング関係者やK-1関係者から注目される存在になるのです。It's Showtimeからも招待が来るかも知れませんね。

日菜太にとってこれ以上の大一番はありません。アップセットを起こして、世界を驚かせてもらいたいと思います。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-07-30 22:38 | 立ち技全般

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧