ジェロム・レ・バンナ、レジェンドの役割 ~K-1 WGP~
今日からK-1嵐のTWO DAYSをたっぷり追いましょう。日本で行われれば絶対両方行くのに。。。。
まずは10.2のWGPからです。

第1回目は事前に発表されたカードのひとつ、京太郎vsバンナについて考えてみます。

”K-1ジャパン3代目棟梁”京太郎
 vs
”無冠のレジェンド”ジェロム・レ・バンナ

90年代の日本ヘビー級最強が佐竹であったならば、
ゼロ年代の最強は武蔵でした。
10年代を牽引する男の名は、京太郎。本名、藤本京太郎。

第2代K-1ヘビー級王者です。

男が求めるのは名声。

有名になりたい」。若者らしい純粋かつ率直な気持ちを述べる人物です。

メルヴィン・マヌーフに一太刀浴びせ、グーカン・サキから金星を奪い、ピーター・アーツに天を仰がせた実績は立派なK-1ファイターの証明ですがこの男の知名度はいまひとつ上がりません。

いまや世間の関心は格闘技にないからです

あるのは、相撲取りの不祥事や亀田兄弟とその親父による狂言劇場。かろうじてモンゴル生まれの横綱が連勝記録を伸ばしている点が純粋なスポーツとしての興味に結びついていますが、かつての千代の富士が連勝を伸ばした頃と比べれば選手層の薄さを隠しきれません。

逆風。いかにも逆風です。

団体スポーツではナショナルチームを応援できる文化がありますが、
残念なことに個人スポーツは個人への興味がそのスポーツの興味と直結するため、一人のスター選手がいなくなれば途端に全体の露出が減るという避けられない運命があります。

浅田真央のいない女子フィギュア、石川遼のいないゴルフトーナメント。軽く倍以上、世間の注目は減ってしまう。そういった意味で、K-1が創世時代のスターの大半を失いながら約20年間地上波放送の枠を取っていること自体が凄いことなのです。

ですが、そんな事情は京太郎本人に関係あるはずもありません。彼はまだ二十代半ば。ヘビー級ファイターとしてはキャリアの最初期ともいえる状態です。

そして、K-1は、この鼻っ柱の強い日本人最強ファイターに出来る限りの対戦相手を用意する気になりました。彼がかつての佐竹、武蔵のようなお茶の間に知られる男になるために。

……ジェロム・レ・バンナ

現在のK-1ではピーター・アーツに続くレジェンドです。
かつてその剛腕でスリリングな名勝負を繰り広げたK-1随一のエンターテイナー。

あまりにも長くこのリングで戦い続けた気まぐれなフランス人

今の彼には「伸びてほしい選手を注目させるために用意される選手」という役割しか回ってきません。

今回もまた、同様の役割が当てられました。

K-1の為に。
K-1がジェロム・レ・バンナという男がいなくなってもなお、あり続けるために。

チェ・ホンマン、澤屋敷純一、エヴェルトン・テイシェイラ、タイロン・スポーン……数多くのK-1が将来を託した選手と拳を交えてきました。

今度は誰だ? お前さんは俺をマットに這わせることができるのか? やれるもんなら、やってみろよ。ただし、逃げ回るのはナシだ。

そんな気持ちかもしれません。

京太郎はいかにしてこのレジェンドと戦うのでしょうか。
ただ勝つだけではなく、内容が問われる一戦です。

それを対世間というステレオタイプなつまらない言葉で表してはいけない。
世間はヘビー級という神の階級に挑む日本人がどうやって世界と戦うかという答えを見せて欲しいのではないでしょうか。それが、先人武蔵と同じものであれば二番煎じとなり、誰も彼に注目することはなくなるのです。もちろん、敗北はさらにいけません。難しい一戦です。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-09-24 02:49 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧