2010年K-1ベストノックアウトランキング TOP15
もうすっかり年の瀬ですね。
K-1王者アリスターは対戦相手が決まっていないのにDREAMタイトルマッチという悪い冗談のような話になっています(苦笑)。あはは。笹原さん「M-1」でも通用しますよ、その笑い。(大方アリスターに「ベルト賭けてくれなきゃでないよ!」って言われたんだと思うけど)

さて、今日は……
かかとおとし、K-1 2010のベストノックアウトランキングを発表します。
独断と偏見です。ベストバウトではありません。あくまでKOにこだわりました。
5位以上にはyoutubeの埋め込みコードを張っております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

15位 大和哲也(日本)vs祐樹(日本)K-1 MAX -63 JAPAN TOURNAMENT
鮮やかである。ローキックを連打してくる祐樹と3R戦っていたら優勝は厳しかっただろう。しかし、大和は落ち着き払ってパンチの連打をまとめ祐樹をマットに沈めた。失神KO。早いラウンドで試合を決める力がある選手はトーナメントで非常に強い。それを再度証明したのが大和の豪拳だった。

14位 長島☆自演乙☆雄一郎(日本)vs名城裕司(日本)K-1 MAX -70 JAPAN TOURNAMENT
瞬殺。しかし、この瞬殺劇に至る過程には自演の自演があった。プレインタビューでも「名城さんなら真っ向打ち合える」「視聴者に届く打ち合いをしたい」と短期決戦を誘い込んだ。この目論見は成功し、直線的に突っ込んでくる名城をカウンターで沈める。1回戦で力を使い果たしたくなかった自演乙の完璧な自演劇だ。

13位 シング”心”ジャディブ(インド)vsセルゲイ・ハリトーノフ(ロシア) K-1 WGP FINAL
足立区のインド人は強かった。パンチ力で勝るハリトーノフに押されながらも、破壊力満点の膝蹴りで死神落下傘を”心”からへし折った。アジアの可能性を存分に感じさせる見事なKO劇で来年以降の活躍を期待させる。アジアGPがもし開催されていれば、圧倒的な力で優勝していただろう。

12位 上松大輔(日本)vsチョン・ジェヒ(韓国)K-1 MAX -63 JAPAN TOURNAMENT 1st
興行を救ったKOだった。判定、延長のオンパレードだった-63旗揚げ興行のラスト。魔裟斗の後継者の一人であり63のエース候補と言われた上松が日本人キラーのジェヒを豪快なパンチでマットに転がしたのである。このKOがなければ締まらない大会となるところだったがなんとか帳尻を合わせた。そういう意味でも、ベストなノックアウトのランキングにふさわしい。

11位 中島弘貴(日本)vs日菜太(日本)K-1 MAX -70 JAPAN TOURNAMENT
1回戦で力を使い果たしていた日菜太に勝ち目はなかったかもしれない。しかし、それを差し引いても衝撃的なノックアウトだった。下馬評では優勝候補にも挙げられていた湘南の太陽の一瞬の隙を見逃さず、圧倒的なパンチ力をもって一撃で勝負を決めたのだ。ヴァンダレイ・シウバに憧れた無敗の若者は理想に一歩近づいた。

10位 アリスター・オーフレイム(オランダ)vsベン・エドワーズ(オーストラリア)K-1 WGP FINAL16
メインイベントに抜擢されたアリスター・オーフレイムがご期待通りに対戦相手をマットに沈めた試合。オセアニア大会をKOに次ぐKOでぶっちぎったエドワーズをさらにぶっちぎる圧倒的なパワー。まさに破壊の権化。ボブ・サップの再来である。フジテレビゲスト女性陣の「なにこれ〜〜〜」という叫びはそのままお茶の間の感想であったことだろう。この試合の印象が強かったか、決勝戦に向けてフジテレビはアリスターを猛プッシュ。笑っていいともにまで出演させた。フジテレビには格闘技への気持ちがまだ残っている。

9位 アリスター・オーフレイム(オランダ)vsピーター・アーツ(オランダ) K-1 WGP FINAL
シュルト戦で全力を出し尽くしたピーター・アーツを余力残しのアリスターが暴風雨のようなパワーでなぎ払った。
だが、一方的に殴られただけのこの試合ですら主役はアーツであったように思えるのが不思議だ。父として、男として、キックボクサーとして、K-1ファイターとして、そして伝説的なスポーツ選手として、肉体も魂もすべてをリングに捧げ尽くして倒れたその雄姿を拝んで誰が「敗者」と思うだろうか。漢の生き方と死に方を教えてくれたような気すらしてくる。そんな、別の意味でのランクイン。

8位 グーカン・サキ(トルコ)vsフレディ・ケマイヨ(フランス)K-1 WGP FINAL16
MAXはスピードでヘビー級に勝る。などと言う者がいたら、そいつはグーカン・サキを見たことがないに違いない。100キロの身体で誰よりも速く動き、多彩なパンチのコンビネーションと強烈なローキックで相手に地獄を見せるのである。東欧州予選王者のケマイヨがなにもできずマットに両手をついた。華麗すぎる。速すぎる。混迷の2009年を乗り越えて逞しくなったトルコの稲妻が新しいK−1のスタンダードになる。

7位 ベン・エドワーズ(オーストラリア)vsポール・スロウィンスキー(オーストラリア)K-1 WGP Oceania
幼き頃「デブ」と呼ばれた少年がパンチ一つで成り上がっていく。そんなベタなストーリーを地で行くのがこのエドワーズだ。オセアニアトーナメントを全試合1ラウンドでKO勝利。決勝のスロウィンスキー戦はK-1での経験に勝る相手を問題にせずパワーでぶちのめした。まるでブルドーザーのようだ。やはりこういう選手も出てこないと、K-1は面白くない。オランダキックだけではダメなのだ。オージーパワーを堪能できるKO劇。

6位 ピーター・アーツ(オランダ)vsマイティ・モー(アメリカ) K-1 WGP FINAL
40歳同士の対決だったが、内容はピーター・アーツの圧勝だった。1度目のダウンはハイキックで奪った。2度目のフィニッシュもワンツーからのハイキック。モーが倒れるのを確認し、くるりと後ろを振り向く姿にあのジャン・クロードをKOした伝説の試合でのピーターが重った。あれから15年経った。例え誰もが無理だと思っていても、本人だけは4度優勝を本気で信じている。

5位 久保優太(日本)vs松本芳道(日本)K-1 MAX -63 JAPAN TOURNAMENT
「妖刀」とでも表現できるだろうか。見えない位置から顎を刈り取るハイキックである。太刀の残光が網膜に焼きつくようだ。
アーツ、ホースト、レミー、ミルコなど歴代の名選手は見事にハイキックを操った。どうしてもパンチに技術が偏るK-1において、このようなKOを見せることができる存在は異質であり貴重である。ましてや63キロ級であればなおさらだ。若いが試合に華があり、格闘技の凄みを表現できる久保優太には期待したい。芸術を感じられる選手は大事にしてほしい。負けた松本もすべてを捨ててK-1に賭けた想いは見事だった。彼もまた素晴らしい選手だと思う。


4位 ダニエル・ギタ(ルーマニア)vsエロール・ジマーマン(キュラソー)K-1 WGP FINAL16
久保優太が「妖刀」ならば、ギタのそれは「名刀」の切れ味である。足を刈り下へ注意を逸らして左右から繰り出す鉈の一撃を見舞う。一瞬でも相手が隙やダメージを見せたときには、決して逃さず一瞬で仕留める。立ったまま失神している相手に容赦なく叩き込む左右の連打。まさに必殺の仕事人。K-1の恐ろしさを魅せつけた。下馬評ではジマーマン有利の声もあったが、終わってみればルーマニアの侍が完勝だった。圧倒的にかっこいいのである。こういう選手をみんな待っていたのだ。


3位 京太郎(日本)vsピーター・アーツ(オランダ)K-1 WGP Yokohama
「リングに上がればノーリスペクト」とは、アリスター・オーフレイムの言葉であるが京太郎がこの日実践したレジェンド狩りはまさにそれを体現した。減量による体調不良と肘の痛みで御世辞にも万全とはいえなかったアーツだが、きっちりとレジェンドをKOで沈めてみせた京太郎のプロ魂は見事である。準備がよりできていた者が勝つのがスポーツである。綺麗なカウンターが決まり、前のめりに倒れるアーツ。武蔵を過去のものに消し去った瞬間だった。今年前半のハイライトだったと言える美しいKO劇である。


2位 長島☆自演乙☆雄一郎(日本)vs中島弘貴(日本)K-1 MAX -70 JAPAN TOURNAMENT
ノックアウトシーンだけでなく、試合全体が非常に素晴らしかった。お互いの気持ちが全面に出て決して引かなかった。自演乙はこのトーナメントで結果が出なければおそらくMAXの現場からフェードアウトしていったことだろう。崖っぷちの状況を自分の力で打開した自演乙は本当に強い漢である。その気持ちに応えたK-1の神様から授かった右ストレートであった。妙にゆっくりと倒れた中島も100%の力を出し切っていた。思えば2010年のテーマは「気持ち」だった。気持ちを全面に出した自演乙と中島の火の出るような殴り合いに始まり、ピーター・アーツの男気で幕を閉じた。


1位 ドラゴ(アルメニア)vsイ・スファン(韓国)K-1 MAX FINAL16
この日のドラゴは鬼神かなにかに見えた。自分の持ち場であるショータイムで「お仕事」的な試合をチンタラやっている「ゲーゴ・ドラゴ」とは全く別人である。「ゲーゴ」が取れると別人になるのだろうか。この日はスファンに距離を取られてミドル・ローキックを被弾するが、気にすることなく前進、前進、前進。まるで砲火の降り注ぐ死の戦場を進軍する命知らずの鬼軍曹である。本物の戦火を生き延びてきた自慢の豪腕で一発スファンからダウンを奪うと、3Rには不恰好ながらも全身全霊、全体重を預けた強力なハイキックで韓国人ナンバーワンの意識を完全に飛ばした。スゴイを通り越して「唖然」とするしかない倒れ方である。この漢、Showtimeでは無名選手相手に3連敗だが、昨年は佐藤嘉洋から、今年は強豪パヨンスックからも勝利を奪っており、ここ一番での強さは類を観ない。物差しでは推し量れない漢なのだ。「必ず勝たなくてはならない舞台」では絶対に死なないアルメニアの難民ファイターは戦場での生き残り方を知っている。FINAL16でぶつければペトロシアンにも勝てるのではないか



以上が私のベストKOランキングです。
みなさんのベストはどのKOだったかな?



http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2010-12-22 18:19 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧