It's Showtimeの歴史 〜2〜 覚醒編
It's showtimeの歴史

2005年から年間に複数回開催していくようになるIt's showtime。
K-1ブームの波を受けてさらに試合数を増やし、新しいファイターをリングに上げていきます。
2005年のアムステルダム大会ではついにK-1ルールを導入。K-1デビュー前のバダ・ハリをメインイベンターとしてリングに立たせました。結果は敗戦でしたがプロモーターがいかにバダ・ハリに期待をしていたかがわかるというものです。この大会ではエロール・ジマーマンとグーカン・サキが揃ってShowtime初参戦を果たしています。

2005年6月12日 It's Showtime Boxing & MMA Event 2005 Amsterdam

<K-1ルール>
◯ステファン”ブリッツ”レコ(ドイツ)vsバダ・ハリ(モロッコ)● 1RKO
◯ユーリ・メス(オランダ)vsライアン・シムソン(スリナム)● 判定
◯ドラゴ(アルメニア)vsムラット・ディレッキー(トルコ)● 判定
◯グーカン・サキ(トルコ)vsヴィタリ・オフラメンコ(ベラルーシ)● 4RKO
◯エロール・ジマーマン(キュラソー島)vsムトゥル・カルブルト(トルコ)● 2RKO

<MMAルール>
◯ギルバート・アイブル(オランダ)vsヴァレンタイン・オーフレイム●(オランダ) 2Rサブミッション
◯メルヴィン・マヌーフ(オランダ)vsボブ・シュライバー(オランダ)● 判定
◯ヨルダン・ラデフ(ブルガリア)vsジョルジュ・サンチアゴ(ブラジル)● 判定


K-1で高まる中量級ブームを受けて、
2005年〜2006年にかけて75キロ級のトーナメントを開催します。

2005年10月2日 It's Showtime 75MAX Trophy-Tilburg, 1st Round

<ムエタイルール75キロトーナメント>
1回戦&2回戦が開催され、Aブロックからユーリ・メス(オランダ)が、Bブロックからはエミル・ゾリャ(クロアチア)が勝ち抜き。決勝進出。

2005年10月30日 It's Showtime 75MAX Trophy, 1st Round - Alkmaar

<ムエタイルール75キロトーナメント>
1回戦&2回戦が開催され、Aブロックからナイム・エトゥハリ(モロッコ)が、Bブロックからはイリ・ザク(チェコ)が勝ち抜き。決勝進出。

2005年12月8日 It's Showtime 75MAX Trophy, 1st Round - Prague

<ムエタイルール75キロトーナメント>
1回戦&2回戦が開催され、Aブロックからアンドレ・フトニク(チェコ)が、Bブロックからはシャヒン・ヤクート(トルコ)が勝ち抜き。決勝進出。

<K-1ルール>
◯ゼバッド・ポトラック(ボスニア)vsユルゲン・クルト(スウェーデン)● 判定

2005年2月18日 It's Showtime 75MAX Trophy, 1st Round - Belgium

<ムエタイルール75キロトーナメント>
1回戦&2回戦が開催され、Aブロックからアルビアール・リマ(カーボベルデ)が、Bブロックからはデミトリー・シャクタ(ベラルーシ)が勝ち抜き。決勝進出


It's showtimeにとって、2006年5月13日は第2の創立記念日だったかもしれません。アムステルダム大会をK-1主導で開催することになったのです。2005年まではMMAルールと混合で行っていましたが今回は第1試合を除きすべてK-1ルールで興行を行いました。この大会はフジテレビで日本全国に放送され、K-1にとってもオランダではじめて行うアリーナクラスの大会になりました。この日を境に徐々に徐々に、It's showtimeは力をつけていくのです

2006年5月13日 K-1 World Grand Prix 2006 in Amsterdam

<K-1 WGP 欧州GP>
◯アレクセイ・イグナショフ(ベラルーシ)vsピーター・ボンドラチェック(チェコ)● 2RKO
◯メルヴィン・マヌーフ(オランダ)vs富平辰文(日本)● 1RKO
◯ビヨン・ブレギー(スイス)vsフレディ・ケマイヨ(フランス)● 3RKO
◯ナオフォール・アイアンレッグ(フランス)vsアティラ・カラチ(ハンガリー)● 1RKO
■準決勝
●アレクセイ・イグナショフ(ベラルーシ)vsグーカン・サキ(トルコ)◯ 判定
*マヌーフ負傷でサキがリザーバーとして出場。
◯ビヨン・ブレギー(スイス)vsナオフォール・アイアンレッグ(フランス)● 2RKO
■決勝
◯ビヨン・ブレギー(スイス)vsグーカン・サキ(トルコ)● 1RKO



●ピーター・アーツ(オランダ)vsアーネスト・ホースト(オランダ)◯ 判定
●ロイド・ヴァン・ダム(オランダ)vsセーム・シュルト(オランダ)◯ 判定
●ドラゴ(アルメニア)vsレイ・スターリン(オランダ)◯ 判定
●ラモン・デッカー(オランダ)vsユーリ・メス(オランダ)◯ 判定


2006年9月23日 It's Showtime 75MAX Trophy Final 2006

<K-1ルール75キロトーナメント決勝トーナメント>
◯シャヒン・ヤクート(トルコ)vsイリ・ザク(チェコ)● 判定
●ナイム・エトゥハリ(モロッコ)vsアルビアール・リマ(カーボベルデ)◯ 判定
◯ユーリ・メス(オランダ) vsエミル・ゾリャ(クロアチア)● 判定
●デミトリー・シャクタ(ベラルーシ)vsアンドレ・フトニク(チェコ)◯ 判定

■準決勝
◯シャヒン・ヤクート(トルコ)vsアルビアール・リマ(カーボベルデ)● 判定
●ユーリ・メス(オランダ) vsアンドレ・フトニク(チェコ)◯ 判定

■決勝戦
◯シャヒン・ヤクート(トルコ)vsアンドレ・フトニク(チェコ)● 判定
*ヤクートが優勝。


2006年12月2日 It's Showtime 2006 Alkmaar

<K-1ルール>
◯ドラゴ(アルメニア)vsベヤン・アメディ(アフガニスタン)● 1RKO

<MMAルール>
◯チアゴ・タバレス(ブラジル)vsマーク・ダンカン(オランダ)● 1Rサブミッション


2006年頃から、小さな興行のメインはドラゴが張るようになっています。
またMMAルールの試合はかなり姿を消していき、キックボクシングの興行としての性格を色濃くしています。その理由として、欧州ではMMAの放送が禁止されている国が多いことも挙げられるでしょう。最近は解禁されつつあるようですが。

ちなみに75キロ級のトーナメント。予選はムエタイでしたが、決勝トーナメントはK-1ルールになっていました。これも時代の流れでしょう。

次回に続きます。


http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-01-14 15:29 | 立ち技全般

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧