いまさら秋山ヌルヌル
ニューヨーク写真はネタがなくなったときに随時公開します。

さて、K-1ファンとしては例の「秋山ヌルヌル騒動」に触れないわけにはいかないのかな、と思います。遅まきながらですが。

正直、私はK-1主催の総合格闘技興行はそんなに熱心に見てません。
ダイナマイトもシュルトやマサトを中心に見てました。だから、この秋山VS桜庭にはあまり興味はありません。

試合前の私の印象では、桜庭はもう旬の過ぎた「終わった」選手なので、普通に戦ったら今が旬である秋山が勝つことは目に見えていたからです。

試合は私の予想通り、秋山が圧勝しました。しかし、桜庭は怒っています。「滑るよ」と。
ああ、確かにタックルに行ったときに確実につかめていなかった。終わった選手とはいえ、桜庭ほどの経験者がこれだけ怒るというのは、絶対に秋山は「何かしている」ことは不動だな、と思いました。
だから、意外なほどあっさりと秋山がクリームを使っていたことを認めたのは、ちょっと拍子抜けでしたね
クリームを塗ったことが故意とかそうでないとかはもうどうでもいいことです。実際に「塗っていた」事実だけで、失格というのは当然でしょう。問題は、それをカメラの前で堂々と塗っていたのに誰も注意しなかったということですね。

K-1は立ち技団体としては当然、14年の歴史をもっていますが、組み技のほうはまだまだ経験が浅いということがはっきりしたといえるでしょう。あのような不祥事をカメラの前で晒したとあっては、DJ OZUMAのアレ以上の失態です。

亀田といい、秋山といい、身から出たさびとはいえ、TBS格闘技は呪われているんじゃないでしょうかね

最大の責任はどこにあるのか、と言われれば、やっぱり主催者にあると思います。秋山個人はおそらくものすごく勝利や金銭に意地汚く、およそ武道の精神とはかけ離れた人間であることは間違えないでしょう。それでいて、試合後の清原へのコメントなど、自己PRも欠かさない、そつのない男です。「柔道最高」のワンフレーズもTVを意識した演出に違いありません。
すべては自分の功名心やギャラのため。秋山は武道家としての自分を高く売ることしか考えていないのです。
私ですらわかってしまうのですから、そんなこと主催者はとっくにわかっているはずです。「あいつは自分のためならなんでもやるヤツだ」と。それをわかっていながらしっかりと管理しなかったことに責任があるのです。

この事件によって、立ち技部門のK-1にも悪影響が出ることを避けてほしいと思います。場合によっては総合をやめてもいいと思ってます。
正直、HERO’Sはもういっぱいいっぱいじゃないですか? 須藤の引退、KIDの五輪挑戦、秋山のヌルヌル。今後のテーマが見えません。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-01-16 11:26 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧