【感想】K-1 WORLD MAX 2007 世界最終選抜
ドラゴ、クラウス、ドーソンなど、見たかった選手の試合が飛ばされました。

14試合はやっぱり多すぎるんじゃ……。
ヘビー級と違って地上波でしか見れないMAX。スカパーで生放送やってほしいですよ。

<第10試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○魔裟斗(日本/シルバーウルフ)
●オーレ・ローセン(デンマーク/Untamed)

予想通りの展開ですが、魔娑斗が優れた技術とバランスでローセンを圧倒
開幕戦にむけて、素晴らしい調整ができたと言えると思われます。

<第9試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシングオランダ)
●佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)

予想外れました。サワーの回転力とラッシュは凄い。あの佐藤を寄せ付けない、見事な勝利。膝蹴りも完璧に研究してきたし、これでは佐藤といえども……。

<第8試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○ドラゴ(アルメニア/ショータイム)
●山内裕太郎(日本/全日本キックボクシング連盟/AJジム)

3RKOでドラゴが勝利した模様(FEG公式より)。試合を見ていないのでなにもいえないですが、これで開幕戦は確定的。

<第7試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○ブアカーオ・ポー.ブラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
●アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チーム オロゴン)

ブアカーオが強いのはわかりきっていますが、アンディのキックボクシングは正直素人のものではないですね。もの凄い向上心と、練習量が伴って、ここまでの凄いファイターになっているとは。これはもう「ボビーの弟」ではないでしょう。「ナイジェリアの黒い閃光」とかどう?

<第6試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○ヴァージル・カラコダ(南アフリカ/ウォリアーズ ミックスマーシャルアーツ アカ
デミー)
●前田宏行(日本/BUKURO GYM)

ま、ボクサーはこんなもん

<第5試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
●アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)
○TATSUJI(日本/アイアンアックス)

放送なし。なんでTATSUJIが勝ってるの?(FEG公式より)

<第4試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○ダニエル・ドーソン(オーストラリア/シュートボクシング)
●ジョーダン・タイ(ニュージーランド/レイ・セフォーファイトアカデミー)

ドーソンが判定勝利だそうで。開幕戦確定でしょう。

<第3試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○マイク・ザンビディス(ギリシャ/メガ ジム)
●武田幸三(日本/治政館)

武田の男のオーラは凄かったです。だけど、ザンビディスの回転とコンディションのよさはそれを完全に上回っていましたね。武田はやっぱりパンチが見えていないのではないかと思います。

<第2試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
●ジャダンバ・ナラントンガラグ(モンゴル/プチテン ジム)
○ツグト“忍”アマラ(モンゴル/フリー)

ツグト・アマラがK-1初勝利。サワー、ブアカーオと試合をした経験でしょうか。TVなし。

<第1試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○イアン・シャファー(オーストラリア/ファイブリングス・オーストラリア)
●尾崎圭司(日本/チーム ドラゴン)

尾崎の試金石と私が位置づけていた試合ですが、残念ながら及びませんでした。シャファーのパワーを翻弄する回転を見せていかなくてはならなかったですね。尾崎の課題は距離感とローキック。もっと蹴りの距離を見つけて、遠距離射撃で戦わなくてはダメ。パンチの間合いでしたね、今回は。

<第0試合 K-1ルール/3分3R/60キロ契約>
○HIROYA(日本/フリー)
●西村憲孝(日本/KSS健生館)

HIROYAは、年齢こそ15歳ですが、今日の試合は素晴らしかったです。西村があまり強くないということはこの際置いておいて、ワンツーからロー、相手が怯んだらラッシュ。的確なまとめかたと当て感。素質は相当のものと思います。K-1がただの選手を15歳でリングにあげるわけはないと思っていましたが、よかったですね。期待しちゃいますよ。

全体的にKOが少なかったので派手さには欠けましたが、開幕戦にむけて駒が揃ってきた印象です。日本人代表は魔娑斗、佐藤、TATSUJIが確定でしょう。小比類巻が出るのか出ないのか……? アンディは微妙ですね。リザーブでどうでしょうか。

筆者推薦の開幕戦出場14名はこの選手たちだ!!(予想だけど)

<確定?>

佐藤 (日本代表T優勝)
デニス・シュニドミラー (欧州予選優勝)
D・ドーソン (オセアニア代表)
ツグト・忍・アマラ (モンゴル代表)
魔娑斗 (2003王者)
ブアカーオ (2TimesChampion)
A・サワー (2005王者)
ドラゴ (2006・3位)
TATSUJI (クラウスに勝利)
V・カラコダ (アフリカ大陸代表)
M・ザンビディス (武田に勝利)
名前忘れたけどK-1南朝鮮予選優勝者

<当落線上>

ディレッキー
A・クラウス
A・キシェンコ
A・オロゴン
小比類巻
I・シャファー

<可能性>
アメリカ大陸の選手がいないので、ブラジルかUSA国籍の選手がエントリーされる可能性大。


*4/5追記

谷川IPが、TATSUJIの開幕戦出場に消極的なコメントを出しました。
後は日本人枠との兼ね合いですが、出場確定ではないと訂正します。
また、開幕戦は14人ではなく、16人になる模様です。これも訂正します。

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-04-05 00:18 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧