【感想】SB ~無双~ 其の四 シュートボクシングVSキックボクシング
シュートボクシング ~無双~ 其の四 シュートボクシングVSキックボクシング

を、スカパーでTV観戦。
主な試合だけをとりあえずチェックです。

第6試合 SBvs.キックボクシング対抗戦 60kg契約 3分3R・無制限延長R

[SB日本スーパーフェザー級王者]
○及川 知浩(及川道場) VS
[2007年北斗旗全日本体力別選手権軽量級王者]
●末広 智明
(大道塾吉祥寺支部)

3R判定 3-0

大道塾の末広が予想以上の大健闘。判定で及川に軍配が上がるも、なんとシュートの会場なのにブーイングが。身内判定はシュートボクシングでもよくあることですが、格闘技を愛する後楽園のファンは納得してないぞ!?

第8試合 SBvs.キックボクシング対抗戦 70kg契約 3分3R・無制限延長R
[SB日本スーパーフェザー級王者]
●大野 崇 VS
(Unit-K)
[UFK世界スーパーウェルター級チャンピオン]
○HAYATO
(FUTURE_TRIBE)

3R 1分03秒
TKO

かつてK-1MAXで活躍していたものの、いつの間にか出場しなくなった大ベテランの大野。そして、もうすぐ三十路だが相変わらずのベビーフェイスなHAYATOとの一戦。
1R、HAYATOは立ち上がりから積極的に攻める。大野は投げを多用して、シュートに不慣れなHAYATOを崩しにかかるが、ラウンド終了間際、HAAYATOがパンチでダウンを奪います。
2Rは完全にHAYATOが主導権を握り、圧力で大野を圧倒。面白いようにパンチが入り、二度のダウンを奪う。
3R。仕上げに入ったHAYATOはフックとストレートで大野の顔面を真っ赤にしていき、最終的にアッパーでKO。
現在進行形でK-1に挑戦する男が、大ベテランを斬って捨てた試合という印象でした。
大野は初期のMAXで頑張った選手でしたが、残酷なまでの力の差を見せ付けられましたね。
HAYATOは女性ファンの大声援を受け、相変わらずの人気ぶりでした。


第9試合 SBvs.キックボクシング対抗戦 70kg契約 3分3R・無制限延長R
[SB日本ウェルター級チャンピオン]
○宍戸 大樹 VS
(シーザージム)
[K-1MAX2007日本代表トーナメント準優勝]
●TATSUJI
(アイアン・アックス)

3R判定 3-0
(29-27、29-28、30-28)

今年の2月、MAX日本代表決定Tに出場した同士の対決。
来年の日本代表を占う重要な一戦でしょう。

1Rは圧倒的なパワーと圧力でTATSUJIが攻め立てるも、宍戸はしっかりとガードし防御。
2R、攻めるTATSUJIに宍戸はカウンターで対抗。一発当てて逆転のダウンを奪う。
3R、敵地でダウンを取りたいTATSUJI。しかし、宍戸も負けていられず、決め手のないまま判定へ。判定は宍戸に。

TATSUJIはパンチを良く当てるも、相変わらず相手に効いている様子がないですね。
手数は多いのですが、渾身の一撃がなく、決して打たれ強くない宍戸から一度もダウンを取れなかったのは痛いです。まだまだ世界へ挑戦するには、いろいろと足りないTATSUJIでした。

次回のGROUND ZEROという両国国技館でのシュートボクシングイベントが行われることは既報のとおりですが、宍戸の対戦相手は今年シュートのエース緒方がKOで敗れたビッグベン・ケーサージムだそうです。大丈夫か、宍戸……。

この大会をチラチラ見ていた妻が終了後に一言。

「宍戸が勝ったのはじめて見た」

すいません。MAXの印象が強すぎて。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

シュートも熱いぜ→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-10-09 23:26 | 立ち技全般

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧