一夜にしてスター
カルバンも欠場ということで、大晦日興行は本当に切ないことになってきていますが、
この状態でPヲタが終結セヨ……じゃない集結シテルさいたまSAはともかく、ダイナマイトは大阪ドームにいってアレを見ようなんて酔狂な年越しを過ごす人なんているんでしょうか?

大阪ドームどころか、有明程度で十分じゃないですかね~?

土曜日は、M-1グランプリ(グローバルではない)を見まして、
まあ8組(人)集めて一夜でスターを生み出そうという部分ではK-1と全くおんなじコンセプトでわね。
コンテンツとしてはプライド、UFCなどよりもK-1に近い考え方で作られたものだと思います。というか、K-1GPのコンセプトを単に漫才に置き換えただけとも言えますな。
毎年メンバーが入れ替わるため、マンネリ化に陥ることなく運営できているのはよいところですね。しかし、決勝の8名を選出するときにどのような事務所がらみ、テレビ局がらみの思惑が交錯しているのかは、想像に堅くありません(笑)。

それでもなんとなしに面白くみてしまうのは、芸人のみなさんがきちんとネタをその日に合わせて作ってきてるというがあるでしょうが、システムが面白い点と、1年に1回ということで、緊張感があるという点でしょうね。
この日勝ったらスターになれるけど、1年に1回しかチャンスがないっていう緊迫感っていうんですか。
以前のK-1はそうだったんですよ。決勝トーナメントで活躍した選手が、一気にスターダムにのし上がった時代がね。レイ・セフォー、ミルコ・クロコップのような中堅どころが、トーナメントで活躍したことによって、一気にのし上がっていきました。

最近ではね、やっぱりお抱えの選手かわいさか、ちょっと甘やかしている部分もあるんじゃないかなぁと。あえて、苦言を呈したい。

例えば、バダ・ハリやカラエフ、武蔵などは、何度もチャンスを与えられている反面、強くてもお呼びがかからない選手も数多いわけです。そのことに関して、よく世界のムエタイ、キックボクシングを知っている人は不平を持ちますが、見た目的なことを考えれば、ある程度知名度や「華」の部分で仕方ないと私は考えていました。
しかし、今年のM-1を見ると、ちょっとここは考えを変えていく必要もあるだろうと考えました。

ここはね、やっぱりここは心を鬼にして、人気選手でも地区予選に出していくことを考えないといけません。セフォーなんかはその筆頭です。出たくないなら、引退するかKOワールドシリーズにでも行けばいいですよ。

今年のベスト8は開幕戦に残してもいいんで、開幕戦で負けた選手は地区予選からやり直しましょうよ。
で、特に20代限定トーナメントなんぞ開き、若手の育成にも力を尽くしませんか。
20代トーナメントは面白いですよ。きっと。
ベスト8以外の選手で20代……カラエフ、ポール、澤屋敷、強太郎、フロン、ズィマーマン、サメドフ、ピチュクノフ……
ちょっと考えただけでもこれだけいるわけです。
打倒シュルトをなし得るため2M級選手(ブレギー、ウスティノフなど)も確保しておいてほしいですが(笑)。
バンナ後、アーツ後をとにかく考えなくてはならない。彼らは確かに強いしカッコイイですが、彼らを倒してこそ、次の世代が輝けるわけです。あの一夜でスターが生まれるK-1をもう一度作り上げなくてはなりません。そのためにも地区予選をより激しい競い合いの場としていかなくてはならないでしょう。
容易なことではないですが、いつも同じ選手が出ているといわれてはなかなかコンテンツとしては難しいのです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

GPが終わると来年まで充電です……→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-12-25 11:17 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧