K-1MAX・決勝戦は4人制トーナメント検討とか。
日本代表決定トーナメントの記者会見で、谷川Pが「決勝は3回にわけて、開幕戦、準々決勝、決勝(2試合)の3回にわけることを検討」しているとか。

気をつけてほしいのは、あくまで「検討」しているだけで、「決定」とは言っていないことです。
よくいるのが、「検討している」と言ったことをやらないと、「やると言ったじゃないか」とバッシングするバカなんですが、そういうのは相手にしないでくださいね。

私は常日頃より、「Kの歴史はカラテよりいずるものであり、1日複数の試合を別の対戦相手に勝利してこそ真の王者ではないか」という持論を持っているのは、過去の記事を見ていただいてもよくわかるのではないかと思います。

つまりいかにテレビ局の圧倒的な背景をもっていようとも(ボクシングの亀駄兄弟のように)、
一日3試合を中途半端な実力で勝ちあがることは不可能なのです。

かかとおとしをよくご覧になっておられるK-1ファンの方であれば、私が反対するかのように思われるかも知れません……。

が、ここで言いたいのは、少々別のことです。

この「検討」は、魔娑斗発言に配慮したものであるとか、怪我の選手に対する対策であるとか、そのように言われていますね。

私はそれもあると思いますが、別の見方をすれば、これはライトヘビー級(85キロ)、もしくはライト級(60キロ)創設の布石かと、一番に思いました。

この方式でやれば、
2時間のK-1のテレビ枠であれば、
決勝Tは3試合、準々決勝が4試合、開幕戦が8試合(推薦枠ありなら7試合)となります。

すなわち、
決勝Tや準々決勝は放送時間が余るんです。


ここに新階級のトーナメントと平行して開催すれば……。ということになりませんか?

仮にライトヘビー級やライト級のトーナメント……現実的には60キロのライト級のほうが可能性は高いと思いますが……入ってこれば、放送時間も埋まるし、念願の新階級が併設できると。

すでにFEGはHIROYAをプッシュするなど、60キロ級は視野に入っているでしょう

となれば、HIROYA主体への緩やかな移行を目指すために、このような動きをすることは決して不自然ではありません。
新階級が設立されれば、70キロ級の選手にとっては露出機会が減るわけですから、
歓迎すべき事態ではないことでしょう。
この日本代表決定Tは、そういう意味でも選手の奮起、そして一般層へのアピール度が問われる大会となるのです。私などは、「ダイナマイト」や「やれんのか!」なんぞつまらん興行をするくらいなら、MAX日本代表決定Tを1ヶ月繰り上げて大晦日にやればいいと思っています
そのほうが視聴率は取れると本気で思います。
サップVSボビーや、桜庭VSロートルを見せるくらいならね。

で、肝心の4人制決勝トーナメントですが、
以上のような意図がありそうな気がするため、やってみてほしいなぁと思います。

それで駄目なようなら、元の8人に戻せばいいだけの話なんで。
ただ、4人制で優勝した王者が、真のK-1王者として認められるかどうか
それは優勝者のその後の活躍にかかっていることでしょう。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

MAXで盛り上がりたい人は→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-12-28 00:23 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧