今のK-1は準々決勝が一番濃い?
今回のMAXでも、昨年末のワールドグランプリファイナルでも感じたんですが……
K-1選手のトーナメントにおける意識として、「優勝しよう」というよりも「1回勝とう」という選手が多くなってきたと思います。古くはジェロム・レ・バンナなどがそういう選手の代表でしたが、最近では全選手1試合目でインパクトを残そうとする傾向がどんどん強くなり、トーナメントで優勝を狙うプランで戦える選手が減っています

日本代表となった城戸選手が「尾崎戦しか考えてなかった」と言っているように、
あのトーナメントで真剣に優勝を狙って戦っていたのはアンディ・オロゴンだけだったような気がします。

今のヘビー級で優勝を狙ってGPに出場しているのは、おそらくセーム・シュルト、あるいはピーター・アーツ、レミー・ボンヤスキーくらいでしょう。
ジェロムは1試合燃焼型。ホンマンは「ベスト4が目標」と公言し、バダ・ハリも「試合が面白くなればいい」みたいなことを言ってますからね。

その功罪として、単純に準々決勝は面白いのですが、準決勝は大味になるか、さっぱりした判定の試合が多くなってきているような気がします。

去年のMAX決勝戦のような全試合100%面白いっていう奇跡的な興行もありますが、
どうも最近準々決勝が濃すぎて、決勝までそのテンションが持続しないトーナメントになっていないかと危惧しています。

優勝することの意義が薄らいでいるのか、それとも1回戦に全力投入しないとどうにもならないほどKのレベルが上がっているのかは定かではありませんが……。

そういう意味で、トーナメントを3回に分散した今年のMAXは面白い実験になるかと思います。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

ブアカーオも韓国MAX出場!→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-02-05 10:23 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧