K-1ハンガリーGP・前日記者会見を和訳してみた ~前編~
K-1 Europe GP '08: Big Bouts in Budapest

プレスカンファレンスを和訳してみました。結構意訳もありますが、読みやすさを優先しています。筆者はモンティさんという人。

それではどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2008年2月8日、ブダペスト……昨年K-1は韓国での大成功を受けて、西方に向かって拡大した。今ではオランダでの開催、そして初めて中央ヨーロッパでの開催を持ってきた。明日、K-1欧州GP開幕戦がブタペストスポーツアリーナで行われる。

K-1は1993年に始まった。(ニュージーランドは離脱し、オランダは残った)最初の王者はクロアチア出身のブランコ・シカティックだ。今年のK-1王者もまた中央ヨーロッパからもたらされるチャンスはあるだろうか?

*かかと解説:シカティックの出身国クロアチアを、筆者は中央ヨーロッパの国としているためこのような表現になったと思われます。

ハンガリーGPのプロモーターであるイゴール・ジュスコ氏は慎重かつ楽観的だ。
「こんなときが来るなんて思わなかったよ。今は質問の時間だね。ファイターの発掘、そして大きな演出……。私は遅かれ早かれ……いや、たぶん遅いよりは早い……私たちは中欧から新しい王者を生み出すことになると考えている

「オランダにはキックボクシングとムエタイの長い歴史があり、クラブ、ジム、戦いの場が無数にあり、そのためK-1において優位を保っている。しかし、私はオランダの新世代ファイターたちにその優位性はないと思っている。時代は変わったのだ。中欧は、非常に安定した良い状態で、オランダよりこのスポーツに取り組むのが遅かったが、素晴らしい努力を経て、私はもうオランダに追いついたと思っているね」

「私は、観客がこの大会でK-1観戦を学ぶだろうと考えている。このシンプルなルールは面白いことを生み出すんだ。なぜなら、まったく出自も技術も背景も違う選手がお互いに競い合うんだからね。中欧の観衆は、大手テレビ局の報道をによって、確実にK-1の見方を学んでいくだろう。テレビ局の数、そしてここに来る人の判断を得て、観衆は急速に成長するんだ

明日の試合には、6試合の予選が含まれている。(中欧、そして東欧からの実力者もいる)全試合、K-1ルールで行われる。ブダペストのホテルスタディオンで選手に会った。

選手個別インタビュー ミランダVSサメドフ

ミランダ「サメドフは経験のある、偉大なファイターだ。しかし、私はハードなトレーニングを積んだ。不屈で、美しい戦いをする。今回、スピード、スタミナを完全な状態にもっていくことに集中した。なぜなら、完璧な者が勝つと信じるからだ。私は武蔵を見て、私の身長や体重でも彼のように戦えると思った。明日は、常にアグレッシブに動き回りたいね」

サメドフ「ミランダは強いが、私はさらに強く、さらに速く、さらに賢い! 私はアムステルダムでの決勝に進出するために、できる限りのことをした。なぜなら、私の終着は最後の8人に残り、セーム・シュルトをぶっ殺すことだらさ!!」

デニスVSモロサヌ

デニス「(長いので要約)私は今オランダでトレーニングをしているが、試合はトルコでやっている。トルコ人は格闘技が好きで、キックボクシングをテレビで見ることができる。トルコ人は私を誇りに思っているんだ。彼らは、私が好きだし、私は彼らが好きだ! 私はトルコ人のファンに誇りをもたらしたい。ナイスなルックス、ナイスなトーク、そしてナイスなファイトでね。日本人(FEG?)にもよいファイターだと認識してもらいたいしね。信用できるトルコ人選手がここにいるってことを見せたい」

モロサヌ「僕は6年間ラグビーの経験があるが、格闘技は3年しかやってない。まだビギナーさ。でもね、僕の肝臓への左ボディで対戦相手はすべてノックアウトしてやるんだ。ルーマニアには多くのスタイルのジムがあって、空手たK-1が好きなんだ。個人的には、僕はボブ・サップが好きなんだ。世界で好きなファイターは彼だけだね! 彼はテクニックはないけど、強かった。たぶん、僕みたいに?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長いので、ここで区切ります。後半もお楽しみに。
ハンガリーのプロモーターがオランダを意識していることが印象的ですね。
選手については、サメドフの「シュルトをぶっ殺す!」という発言が大好き(笑)。そこまで言うなら今年の欧州予選、余裕で勝てよな!

モロサヌは法学部の3年生で、サップが大好きなんだって。。。
やっぱり欧州は人間が面白い!!!!!
アメリカ人のようなお行儀のいい発言をしないですからね~。

後半←こちらクリックで続きが読めます。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

モロサヌ面白い・・・・→人気ブログランキングで、1票

K-1 Europe GP '08: Big Bouts in Budapest
by Monty DiPietro

BUDAPEST, February 8, 2008 -- Last year, K-1 expanded westward from Japan and met with great success in Korea. Now, K-1 heads eastward from Holland, bringing a World Grand Prix event to Central Europe for the first time. Tomorrow's K-1 Europe GP '08 Final Elimination at the Budapest Sports Arena will qualify fighters for the European final, set for April in Amsterdam.

Since K-1's inception in 1993, apart from a solitary trip New Zealand, the WGP Championship has remained in Europe, usually Holland. The first-ever K-1 champion, Branco Citatic, hailed from Croatia. Is there any chance this year's K-1 Champion could also come from Central Europe?

WGP '08 Final Elimination promoter Igor Jushko is cautiously optimistic: "I'm not sure about this very year, it's a question of time, but with the development of fighters and larger productions we are seeing, I think sooner or later -- maybe sooner than later -- we will have a new champion coming Central Europe."

"Holland has a long tradition of kickboxing and muay thai, clubs and gyms and competitions are numerous, and they have dominated K-1 for years. But I think the new generation of Dutch fighters are not as competitive, something has changed. Central Europeans on the other hand are very well-positioned, they discovered the sport later than Holland, and have been working very hard trying to catch up, which I think they've accomplished."

"I also think that the audience here is learning to appreciate K-1, the simple rules make things interesting because different fighters from different backgrounds can bring different skills, with their advantages and disadvantages, to the ring to compete against one another. Central European audiences are certainly getting an education with every new K-1 competition that comes here, and the widespread live television coverage also helps. Judging by the numbers of fans coming to these events in the television numbers, the audience is growing very quickly."

Tomorrow's card includes six elimination matches, with substantial representation from Central and Eastern Europe. All bouts will be conducted under K-1 Rules (3min. x 3R Ex.1R). On the eve of the events, the fighters met the media today at the Hotel Stadion in central Budapest.


In the first matchup it will be last year's WGP Las Vegas finalist Zabit Samedov of Belarus taking on Brazilian muay thai fighter Vitor Miranda.

Miranda: "Samedov is a great fighter, very experienced, but I trained hard and I will do a tough and beautiful fight. My focus is to be complete, both faster and with better stamina, because I believe to win you have to be complete. I grew up watching Musashi and from my size and stature I think I can fight like him. Tomorrow I want to move forward all the time aggressively."

Samedov: "Miranda is strong, but I will be stronger and faster. And I will be more cuter! I am doing everything I can to win tomorrow and get to the final Amsterdam, because it is my goal for this year is to make it to the final eight and kill (Defending K-1 Champion) Semmy Schilt!"

The next fight will feature boxer Erhan Deniz of Turkey and Rumanian Catalin Morosanu, who, somewhat surprisingly, is a third-year law student.

Deniz: "Two years ago, I went to Holland and trained at Meijiro for a week, I would say definitely the training is better in Holland, there are better fighters and they train only for K-1. Now I'm spending most of my time in Holland training, but I will always fight for Turkey. Turks like fighting, you can see kickboxing on television, and the Turks are proud of me -- they like me and I like them! I want to make them proud, I want to look nice, talk nice, and fight nice. I think Japanese fans know what it means to be a good fighter, I want to show them a good Turkish fighter that they will have confidence in."

Morosanu: "I have six years experience playing rugby, and now for three years I've been fighting. So I suppose I am still a beginner, but I hope to hit hard enough to KO all my opponents with my left uppercut o the liver. In Rumania there are many gyms, all sorts of styles, we like karate, and we love K-1. Personally, I always very much liked Bob Sapp, I think I'm the only fighter in the world who likes him! He didn't have much technique but he had strength, maybe that's something like me?"

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-02-09 19:33 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧