KO World Series どうなの?
まだかかとおとし的にはお伝えしていなかったKOワールドシリーズの初興行の結果から。

AUCKLAND 9 February 2008

ヘビー級トーナメント

●アンドリュー・ペック(NZ) vs スティパン・ラディッチ(クロアチア)○ 1RKO
●アレクセイ・イグナショフ(ベラルーシ) vs トニー・グレゴリー(フランス)○ 判定

●スティパン・ラディッチ(クロアチア) vs トニー・グレゴリー(フランス)○ 1RKO

クルーザー級トーナメント

○タイロン・スポーン(オランダ) vs チャド・ウォーカー(オーストラリア)● 1RKO
○ニコ・ソコリ(ギリシャ) vs ダニエル・ケアー(NZ)● 1RKO

○タイロン・スポーン(オランダ) vs ニコス・ソコリス(ギリシャ)● 1RKO

ミドル級トーナメント

○ヤニス・カカリコス(ギリシャ) vs ディミトリー・シミコフ(ロシア)● 判定
○ヨードセングライ・フェアテックス(タイ) vs シャノン・フォアマン(NZ)● 2RKO

○ヨードセングライ・フェアテックス(タイ) vs ディミトリ・シミコフ(ロシア)● 1RKO
*カカリコス負傷につき、シミコフが決勝に出場とか。

スーパーファイト

○ジェイソン・シェリ(オーストラリア) vs ハミッド・ボージャ(モロッコ)● 判定

○ジェイソン・サティー(NZ) vs リアミー・タトゥー(NZ)● 判定

以上11試合が行われ、以上の結果になりました。
ま、1週間前の結果なので、コアなみなさんはおそらくすでに知っているでしょうが。。。。

ヨードセングライ・フェアテックス、タイロン・スポーン、そしてトニー・グレゴリーの3名がチェコで行われるファイナルトーナメントに進出です。

K-1ファン注目の天才イグナショフは、トニー・グレゴリーにすばやく動かれて、かく乱された末に手も足もでず負けたということでした。
……うーん。復活は遠いですね

強さを見せ付けたのはクルーザー級のタイロン・スポーン
初戦の相手の顎を近距離から打ち抜き、マットに這い蹲らせると、決勝では試合開始直後にコーナーに追い詰め、レバーにフックを叩き込みあっとういう間のKO勝利。
圧倒的な強さでオセアニアのオーディエンスを盛り上げました。
相手のレベルに疑問符がつきますが、イグナショフよりもスター候補ですね。

次回は4月19日のマカオで行われる大会です。

ヘビー級ではパトリック・カルテロン(フランス)がそのベールを脱ぎます。ミドル級には、昨年ヴァージル・カラコダをKOして一躍その名をとどろかせた韓国のキム・セギがエントリーしているようです。そのほか、イグナショフが欧州の新鋭トマス・フロンとスーパーファイトで一騎打ち。
何が起こるかわからないKOワールドシリーズ。
マカオでは今年、K-1も開催予定(未定ですが)で、どうなることやら?

にほんブログ村 格闘技ブログへ

トマス・フロンに期待→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-02-15 10:51 | 立ち技全般

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧