MAX開幕戦カード発表。ついにムラット・ディレッキー登場! 
出ましたね。カード。

K-1 WORLD MAX開幕戦のことです。

かかとおとし的感想をひとつ。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
魔裟斗(日本/シルバーウルフ)
VS
ヴァージル・カラコダ(南アフリカ/ウォーリアーズ・ミックスマーシャルアーツ・アカデミー)


魔娑斗は開幕戦無敗。これまではイム・チビン、JZカルバンと、あまり実績のなかった選手との対戦が目立ちましたが、今回は重量級(決して体重の意味ではない)大物。ヴァージル・カラコダです。
魔娑斗は国連における常任理事国みたいなものなので(強い拒否権を持っているという意味)、本人が勝てると思ってる感じなんでしょうね。
直近のカラコダはアジア大会でキム・セギ相手に微妙な試合をしており、
魔娑斗としては必勝だからこそ受けたに違いありません。
カラコダはこれで4人の世界王者すべてと戦うことになりましたが、いまだ未勝利。
MAXを背負う魔娑斗はともかくとして、カラコダにとっては格闘家人生最大の試合になりそうです。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
ブアカーオ・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムック)
VS
アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)


結構K-1好きな方からすれば「クラウス降し?」と捕らえられそうなカード。
でも、私の見方は違います。
「これって、ブアカーオに勝てそうな奴当てたってこと?」
って考えてしまいました。
崖っぷちになったときのクラウスは、火事場のクソ力が凄いんですよ。
いやー、どっちを応援するか迷いますね。

一つ判ることは、この二人には魔娑斗のような「拒否権」はないってことでしょう。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシング・オランダ)
VS
マイク・ザンビディス(ギリシャ/Zambidis Club)


昨年度王者、サワーの相手はザンボさんでしたか。
この二人、MAXでは意外にも初対決のようで。。。。
ザンボにとっても生き残りをかけた試合になりそうです。
しかし、ザンボがサワーを倒すイメージが浮かばない……。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
佐藤嘉洋(日本/名古屋JKファクトリー)
VS
ムラット・ディレッキー(トルコ/ユニバーサル)


神(谷川EP?)はかくも佐藤に試練を与えるのか。
以前のエントリーで、最もベスト16の可能性がある選手としたディレッキーが、ついにトーナメント参戦です。K-1ファンとしては、「ついに来たか!」って感じですね。
当然、勝負論的に言っても最注目カードであることに疑いの余地は一切ありません。
いきなり佐藤にぶつけるということは、FEG側はもしかするとディレッキーを過小評価しているのでしょうか。佐藤の勝利は、私は相当難しいと踏んでいます。
ディレッキーが万全ならね。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
ドラゴ(アルメニア/ショータイム)
VS
GORI(USA/PUREBRED大阪)


GORIって、あのオープニングファイトとかに出てたGORI?
ていうか、いつの間にアメリカ国籍に? なぜ?
代打出場? それともなにか別のあれ?
つーか、75キロの選手じゃないの?

……全くわからない……

ま、いいか。ドラゴ好きだし。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテンオデッサ)
VS
ジョーダン・タイ(ニュージーランド/レイ・セフォーファイトアカデミー)


レイ・セフォーの推薦かな?
とりあえず、GORIはアメリカ枠、タイがオセアニア枠で収まったようです。
ドーソンにまた断られたのかな。
まーいまさらジョン・ウェインもないでしょうし、実力的にタイが著しく劣るということもないですから、いいんじゃないですかね。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
ロザリオ・ブレスティ(イタリア/チームアーツ)
VS
ワレン・スティーブルマンズ(南アフリカ/ボス)


うわー。ロザリオ・プレスティって、去年の世界最終選抜でドラゴと戦う予定だった「未知強」”ドン・シシリアン”プレスティじゃないですかぁ?

c0093563_15343010.jpg

プレスティ↑

調べるとサロ・プレスティという名前で試合をしているのがわかりますが、
アーツイチオシの選手みたいですね。
でもなぁ、チームアーツはムラット・ボウジディがK-1ルールでキム・ミンスに負けたりしてるからイマイチ信用がおけない(笑)。

対戦相手のワレン・スティーブルマンズはMAXオランダトーナメントを制した実力者。
いずれにしても、全く予想できないし、新鮮なメンバーによるファイトはいいですね。

▼World Championship Tournament FINAL16 K-1ルール3分3R延長1R
イム・チビン(韓国/KHAN)
VS
城戸康裕(日本/谷山)


アジア予選と日本予選を制した二人の「アジア王者決定戦」。
MAキックの城戸としては、ベスト8挑戦の大チャンスでしょう。
チビンはもともと下の階級で戦っている選手ですし、実力的にはイ・スファンより下。昨年はアルトゥール・キシェンコに蹴り負けています。

あれ? そういえば、城戸ってクラウスとやるんじゃなかったっけ

▼オープニングファイト K-1ルール3分3R延長1R
山本優弥(日本/全日本キックボクシング連盟/青春塾)
VS
マルフィオ“ザ・ウォーリャータイガー”カノレッティ(ブラジル/シッチマスターロニー)


久しぶりだなぁ。カノレッティ

▼K-1 WORLD YOUTH特別試合 60Kg契約 3分3R(延長戦なし)
HIROYA(フリー/2007年K-1甲子園 U-18日本一決定トーナメント準優勝) VS
藤鬥嘩裟(藤/J-NETWORKフライ級王者)


60キロ契約なんですよね。藤はちょっと目が危ないので、期待してます(笑)。



スティーブルマンズがボスジム(=元ホーストのジム)、
プレスティがチームアーツ、
ジョーダン・タイがセフォーファイトアカデミー。
ヘビー級の王者たちがその種子をMAXに撒くときが来たのでしょうか!?

そして、GORIがアメリカってのはとっても反則(笑)な気がしますが、
一応世界5大陸から一人以上の選手が出場しており、ワールドワイドなイメージを作り出すことに執念を感じます。
K-1は世界を意識しているということが感じられる選手選びではないでしょうか。
まだまだペトロシャンとか、ヨードセングライとか、見たい選手はいましたが、とりあえず今年はディレッキーで盛り上がることにします。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

札幌でやってくれよ→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-02-27 16:01 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧