K-1 WORLD YOUTHはさわやかに格闘技のイメージをぶっ壊せ
大晦日のK-1甲子園と、日本代表決定トーナメント時のオープニングファイトで行われた「オランダVS日本」。そして4月にはあの藤鬥嘩裟VSHIROYAというカードが行われるK-1ワールドユース。

何試合か見ますと、やっぱり体も60キロ級で小さいし、ちょっと大人の試合に混ぜるのは、無理があるような気がしますね~。やっぱり、大人とは分けてあげないと、迫力の面では劣るのでかわいそうですよね。

WORLD YOUTHは独立した試合をやってほしいってことです。

もちろん、普通にやっても成立しないので、
いわゆる「ロボコン」や「高校生クイズ」のような企画にするべきかと思います。

47都道府県で分けるのは難しいでしょうから、
例えば北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄
の8地区で十代のファイターを一般公募するなり、空手道場の少年部にお願いするなり、高校のボクシング部にオファーをかけるなりしてチームを作り、5対5の対抗戦によるトーナメントをやっていく。

このようにすれば、ノンフィクションとしての面白さも出てくるし、普通にテレビ番組として成立するのでは?
あえてHIROYAくんにこだわらなくても、年1回くらいでこれをやっていけば、そのうち定着していくような気がします。

「アメリカ横断ウルトラクイズ」が個人戦だったのに、「高校生クイズ」は団体戦ですよね。
こんな感じでMAXやWGPとは違って、誰か1人ナンバーワンを決めるというよりは、個人競技+チームスポーツとしての面白さを追求していったほうがいいでしょう。1人強くても、ダメっていうかね。大人と混ぜて試合をさせるよりも、スター選手が出やすくなることだと思います。
c0093563_19395284.jpg

           ↑今年も高校生クイズ募集中



もちろん、格闘技のスポーツ化、健全化へのイメージ向上にもつながります。
副産物として、日本全国から、亀田兄弟よりも面白いキャラが出てくるかもしれないですし。


最近思うのは、近年の格闘イベントは、例えば演出上の選手紹介VTRなども、フジテレビがK-1やPRIDEで制作していたタイプに近いものばかりです。
カッコイイのもありますが、同じような作り方ばかりだし、「格闘技番組・格闘技イベントはこうあるもの」というイメージが完全に固まってしまっています。

その格闘技イベントのイメージをWORLD YOUTHがさわやかにぶっ壊せる可能性があると思います。
大晦日のK-1甲子園でTBSが提示した「タッチ」風の紹介VTRの作り方は、一つの見せ方の可能性を提示しました。しかし、KIDや魔娑斗の試合と並べると、やはりそこだけが異質な空間になってしまっていたのが「惜しい!」と感じさせました。

常に格闘技の先陣に立って新しい風を吹かせてきたK-1なら、WORLD YOUTHという無限の潜在力を秘めた企画を導いて昇華させることができると思います。

結論として、WORLD YOUTHは
選手個人に立脚した興行ではなく、「甲子園的」システムやプロセスを楽しめるイベントになればなぁ~と、勝手に考えています。

さて、FEGは何を画策しているんでしょうか。私の予測する方向とは全く違うものになっているかもしれませんが、とにかく今頃知恵をぎゅーっと絞っているんでしょうねぇ。。。。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

内藤VSポンサレックが19時から? TBSチャンネルのMAX日本代表決定T完全版と時間が被ってるから見れないじゃん→人気ブログランキングで、1票

Jリーグ、名古屋、ホームで京都サンガと引き分け。玉田イラネ。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-03-08 18:07 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧