K-1登場人物 ~プロモーター編~
PADDLEさんが、前回のエントリーで「選手わからないなぁ」ということだったのですが、
まあ、あんなマニアックな面子のマニアックな試合をいちいち論評していたら、どんどんとマニアックなお客様専用になってしまう可能性が高いですよね。(いや、すでに……)

K-1ファン初心者(PADDKEさんは初心者ではありませんが)でもためになることを書きたいと思っていますので、
ちょっと方向修正をしていかなくてはならない次第です。

そこで、現在のK-1系プロモーターたちをまとめてみます。
普段あまり知る機会もないと思うので、さらっと。


谷川貞治……FEGの代表取締役にして、K-1のイベントプロデューサー。2003年から、K-1の指揮を執っている。視聴率主義と揶揄されながらも、天然か計算かわからないキャラで「黒魔術」ぶりを発揮。サバサバしているのか、ひどく温厚な性格なのかはわからないが、一度出て行ったレコ、ミルコ、ハントらをK-1に呼び戻す。元極真空手のアンディ・フグ氏をいまでも最大にリスペクトしており、その流れか、現在も極真出身選手が大好き
とても理屈っぽい考え方をする人物のようで、自分のことすら突き放して他人事のように語るのが特徴。本来は単なる格闘技オタクで、収監中の石井館長復帰までの繋ぎであることを自覚して行動しているように思えるのは私だけでしょうか。
2008年は、旧PRIDE運営陣の吸収、ミルコ&ハントの呼び戻し、そして現役極真王者エヴェルトン・テイシェイラ参戦など、グッドジョブを繰り返し格闘プロモーターとしての手腕を振るっている。

チョン・ヨンス……昨年打ち立てられたFEGの現地法人FEGKOREA代表。「数年で日本に追いつく」と豪語している。チェ・ヨンスという選手がK-1にはいるものの、別人

サイモン・ルッツ……欧州の格闘興行イッツショータイムのプロモーター。髭のすてきなおじさま。自らマイクをとって、リング上でコールしたりする。バダ・ハリを引き連れて、何者かに脅しをかけに行ったところをつかまったとかいう話もある謎の人物。2006年アムステルダム大会のサップ逃走劇で自分のイベントを潰されたときは「二度とオランダに来るな!」と声明を出す。ゴールデングローリー(シュルトなどのいるジム)代表のブーン氏ともいざこざあり。
まあいろいろあるけど、欧州でのK-1プロモートのドンと言える存在。

イゴール・ジュスコ……地元のファイターであるアティラ・カラチを中心に、K-1ハンガリーを盛り上げる新鋭プロモーター。今年、K-1ファイティングネットワークからワールドグランプリにハンガリー大会を昇格させることに成功。今後に注目。

ディクソン・マクアイバー……元レイ・セフォーのマネージャーにして、元K-1オセアニアのプロモーター。2006年のオークランド大会でフジテレビ&FEGと支払いをめぐり喧嘩の末決裂。以降オセアニア地区でのK-1WGP開催はない。今年から「KOワールドシリーズ」というK-1そっくりの大会を開催しているが、レイ・セフォーの口座のお金を勝手に使い込んでいた過去がある。プロモーターとしての資質はあるのかも知れないが、マネジメントしていた選手から金を騙し取るなど、言語道断だと思う。

Kasra Ashami……K-1スカンジナビアのプロモーター。ユルゲン・クルトの禁止薬物事件のときに「もっと厳しくします」と発言。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

十分マニアックな内容になってしまったような気がするのは気のせいに違いない→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-03-12 15:13 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧