K-1登場人物 ~バックボーン編3~
3回目となります今日は、
これまでにあげて来た7つのバックボーン以外のマイナーなものについてです。

得に書くこともないかもしれませんが。

テコンドー 代表選手:ピア・ゲネット パク・ヨンス 尾崎圭司など

テコンドーは韓国の格闘技と思われていて、実際韓国で発展しているのですが、そもそもは空手の一派です。今日、「テコンドー」という名前になって日本に入ってきたのは、いわば「逆輸入」となります。
ルールは、私も詳しく知らないのですが、ローキックが制限されているようです。オリンピック競技にもなってますね。

K-1ファンにとってのテコンドーの選手といえば、ピア・ゲネットですかねぇ(笑)。
ヘビー級のテコンドー王者で相当強いと言われていたカナダ人で、今度K-1に参戦するエヴェルトン・テイシェイラを細くしたような容姿をしていました。結果は出ませんでしたが(フグ、中迫と対戦し、2敗を喫する)。

散打 代表選手:張慶軍など

あまりなじみのない中国散打ですが、2004年のアジアグランプリで張慶軍が曙と1回戦で戦い、勝利を収めました。いきなり中国からやってきて、曙と試合をさせられたのは本人も驚きだったでしょうね。「なんでこいつ動かないねん」みたいな。

ルールとしては統一されきっていないのでよくわからないのですが、打撃に加えて投げがあり、イメージとしてはシュートボクシング(バックボーン編2を参照してください)に近いものがあるためか、シュートのリングにもたびたび呼ばれています。

なにしろ中国は広いので、ヘビー級の選手も探せばもっといるかもしれませんね。

プロレス 代表選手:中西学 ショーン・オヘアなど

プロレスラーは総合格闘技にはよく参加しますが、K-1にはほとんど参加しません。
覚えているのは、中西学がTOAというニュージーランド人にボコされたことと、イノキボンバイエというイベントでステファン・レコにハイキックでKOされていた日本人がいたことがあったかなぁ? という程度。最近では、ショーン・オヘアがハリッド・ディファウストや武蔵にKOされていたこともありますか。KOされているイメージしかないですね。
他には……思い出せないなぁ。

その他 代表選手:ボブ・サップ 立川隆史 アティラ・カラチなど

その他……。
アティラ・カラチは謎の「拳法」をバックボーンにしているとかで、其の詳細は不明。
ボブ・サップはアメフト。立川は野球。キム・ミンスは柔道。
まあ、いろいろいますね。

ボブ・サップが強かったころ、アメフト部にいた後輩が「アメフト最強~~!」と叫んでいたのを思い出します。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

今日はオランダでイッツショータイム→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-03-15 11:00 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧