K-1WGP横浜大会を三つの観点から語る
さて、水曜日にMAX、木曜日に抽選会、日曜日にWGPと、立て続けに行われたK-1。
微妙な判定もなく、KO決着が続出し、良質な大会を提供してくれたと思います。

2006年から言い続けてきた「原点回帰」というよりも、「新しい時代のK-1」が始まった。そんな過渡期を今迎えているのではないかというのが、私の考えです。

というわけで、今回のエントリではWGP横浜大会をゆっくり考えてみました。
いくつかの観点を述べたいと思っています。

1 エヴェルトン・テイシェイラは、期待はずれだったのか?

ネット上でも実は最も議論を二分しているのが、このブラジルからやってきた極真カラテ世界王者の潜在能力でしょう。やはり、極真王者の触れ込みでやってきたからには、「フィリオのような選手」という暗示がかかってしまっています。観る側にとってみれば、「一撃伝説」の再来を期待しているのかもしれませんね。

私は、フラットな気持ち……つまり、先入観なしにテイシェイラを見たつもりなのですが、
これまで出場したK-1選手の中では、現在ボクシングに転向しているマット・スケルトン選手の体型に似ているなと感じました。
同じ黒人ということもあるのですが、ナチュラルなパワーが持つ肉体と圧力がそう思わせました。フィリオ、グラウベ、フグ、グレコのようなこれまでの極真出身K-1ファイターとは全くタイプが違う選手だと思います。

打たれ強さは凄いものがありますね。藤本のパンチを顔面に何度か直撃を食らいながら、まったく効いたそぶりがないことには驚きました。このへんもスケルトンっぽいんですよね

これからの戦い方としては多少の被弾を覚悟の上で、その圧力で相手をコーナーにつめていく戦術を選びそうです。

私は大いに将来性を感じたものですが、ファンの中には「期待外れ」との声があるのも事実であり、次の試合が注目されることでしょう。批判的な声を覆すインパクトを残して欲しいものです

2 シュルトに勝てる選手は本当にいないのか?

確かに、この日のシュルトは手がつけられない感じでした。
遠くからでも届くローキックとミドルキック。軽く打っているように見えても、実はレンガの落ちてくるような強烈な左ジャブ。2M以上、130キロ以上の巨体で、軽快に動き回る俊敏性。
一体どうすればいいのか。解説の魔裟斗すら「どうすればいいのかわからない」とお手上げの状態です。

私は、この日のシュルトを見て、やはりジェロムしかいないのではとの思いを強くしました。
やるなら、スーパーヘビーのタイトルを賭けたワンマッチがいいと思います。

怪我が本当に良くなっているならという条件付きなんですけどね。
その一日だけでもいいから、1999年のバンナが蘇らないかしら(妄想)。

早ければ福岡大会で実現するかもしれない、シュルトVSバンナ。
勝っても負けてもジェロムの男気が観られればいいかな(弱気)。

谷川EPは、シュルトの相手がいないからといって、DREAMなんぞに出してはいけないと思いますよ

シュルトがDREAMに行くのは、負けてからでいい。

3 日本の世代交代マッチの影響は?

ひょうひょうとしたいかにも「現代の若者」の代表である澤屋敷純一が、「おっさん」の武蔵に負けたことは、大変残念だったと重ねて申し上げます。
格闘技ファンの年齢層は20代後半~40代前半くらいが主流だと思います。

その世代のど真ん中である武蔵が、若い世代の突き上げに反発して、勝利を収めて「おっさんパワー」健在をアピールした。非常に喜ばしいことである。

とは、私は到底思えない。

それでは駄目なんですよ。もっと、若い世代がファンにならなくては、意味がありません。
プロ野球の巨人戦を見ている世代が、高齢者層ばかりになっているのと同じです。

若い世代の代表たる澤屋敷が「おっさん」をぶっ潰し、
山本KIDや須藤元気のようなある種のカリスマ的存在になってくれることを私は強く望んでいました。
終わったことをうだうだ言う気もないし、素直に武蔵のテクニックを賞賛しなくてはならないのですが、私の思いが打ち砕かれたため、大変ショックでした。

バダ・ハリがセフォーを倒したことで、同じ世代の澤屋敷へ期待も高まっていただけに、残念だったのです。




以上、私の感想は以上の三つが主なものとなりました。
世の中は常にうまくいかないし、結局谷川EPにとっては、ハントも澤屋敷も勝てず、テイシェイラが大きなインパクトを残せなかったということでトリプルパンチを食らったと思いますが、彼の思惑は外れるのが仕事なので、もう慣れっこかも知れません(笑)。
ま。勝負の世界だから、仕方ないか。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

オランダ大会はパンドラTVかYOUTUBEか……→人気ブログランキングで、1票

ところで、最近アクセス解析をすると、ime.nuドメイン。すなわち、2chから飛んでくる人がいるっぽいのですが、リンクでも貼られているんでしょうか。常時2chを見ない人なので、ちょっと怖いなぁ。と思いました。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-04-15 15:02 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧