【感想】K-1&It's showtime オランダ合同開催
結果をYAHOO動画解禁の5月1日まで知りたくない人は読まないでください。


K-1のほうは、スーパーファイト、トーナメントは試合予想かなり的中(1試合は外れる)。初めてじゃないだろうか(喜)。It's showtimeのほうは1試合だけ外しました。
ま、それはともかくとして、韓国のYOUTUBEみたいなサイトでK-1は全試合観戦しました。それを踏まえての感想です。結果を知る前に、順番に見たので、ほぼリアルタイムと同じ気持ちで観戦できました。

第1試合◎ヨーロッパGP決勝戦 リザーブファイト/K-1ルール/3分3R延長1R
× ジェームス・マックスウィーニー(U.K./チームマシーンロンドン)
vs ○ブライアン・ダウヴィス (オランダ/トップチームヴィヴァレック)
1R1分10秒、KO ※右フック。1R、マックスウィーニーは左ヒザ蹴り、パンチ連打によるダウン2あり


マックスウィーニーは微妙です。ノソノソしていて、実力的にはノブ・ハヤシレベルと思われます。ダウヴィスはオランダ人らしい堅実な試合を進め、得意と思われるパンチでKOを奪いました。圧勝ですね。

第2試合◎ヨーロッパGP決勝戦:1回戦/K-1ルール/3分3R延長1R
× ダグ・ヴィニー(ニュージーランド/レイ・セフォーファイトアカデミー)
vs ○ザビット・サメドフ(ベラルーシ/チヌックジム)
3R判定3-0 ※30-24、30-27、29-26。3R、ヴィニーは右フックによるダウン1あり


サメドフはやはり当てるのが上手い。K-1屈指じゃないでしょうか。けど、やっぱりまだ体重が軽いですね。何度もいいパンチが当たるんですが、KOを奪える威力がありません。
私はダグ・ヴィニーをほとんど評価していませんが、今日に関して言えばそこそこ及第点の動きでした。とはいえ、ちょっと単発すぎて、KOの予感がしませんでしたね。

第3試合◎ヨーロッパGP決勝戦1回戦/K-1ルール/3分3R延長1R
○ フレディ・ケマイヨ(フランス/ファウコンジム)
vs ×カタリン・モロサヌ(ルーマニア/ローカルコンバットチーム)
1R0分35秒、KO ※右ヒザ蹴り


モロサヌは試合開始直後、ガンガン拳を振り回すも、ケマイヨは一瞬の隙をついて膝蹴り。それが目の付近に直撃し、大流血を起こしたモロサヌはそのまま立ちあがることが叶いませんでした。
しかし、モロサヌのボディブローでケマイヨは負傷し、2回戦進出はリザーバーの手に……。
モロサヌはもう少し体重を増やせば面白い存在になりそうですね。

第4試合◎ヨーロッパGP決勝戦:1回戦/K-1ルール/3分3R延長1R
○ エロール・ジマーマン(オランダ/ゴールデン・グローリージム)vs
×アティラ・カラチ(ハンガリー/ハンガリアン トップチーム)
1R2分10秒、TKO ※右スネ出血のためドクターストップ


打ち合いが始まり、さあこれから! というときにカラチが負傷してドクターストップ。無念。

第5試合◎ヨーロッパGP決勝戦:1回戦/K-1ルール3分3R延長1R
○ ビヨン・ブレギー(スイス/マイクスジム)
vs ×ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ(南アフリカ/フリー)
1R1分10秒、KO ※右ストレート


予想通り、ノルキヤはゴング&ラッシュでブレギーを追い詰めるも、激しい打ち合いの後あっという間に逆襲を食らい、膝と右ストレートでダウン。そのまま起き上がらず。最初の30秒は優勢だったんですけどね。ノルキヤ。ブレギーはラッシュができるようになっていました。

第6試合◎スーパーファイト:K-1ルール /3分3R延長2R
○ タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.)
vs ×アゼム・マクスタイ(スイス/ウィング タイ ジム)
2R0分45秒、KO ※タオル投入。1R、マクスタイは左ヒザ蹴りによるダウン1あり


注目のスポーンデビュー戦。
打たれ強いマクスタイを完膚なきまでに叩きのめす勝利でした。
幻想の広がる、凄い逸材だと思いますし、トーナメントに出ていたメンバーに全く引けを取らない選手だと感じましたね。パンチに説得力があるし、まだ五分の力しか出ていない感じです。まずは顔見せという試合。次はもう少し戦える相手を用意すべきですね。

第7試合◎ヨーロッパGP決勝戦:準決勝/K-1ルール/3分3R延長1R
○ ザビット・サメドフ(ベラルーシ/チヌックジム)
vs ×ブライアン・ダウヴィス(オランダ/トップチームヴィヴァレック)
延長1R判定3-0(本戦1-1ドロー) ※本戦 28-29、29-29、29-30。延長R 10-9、10-9、10-9。


歯がゆい試合。無名のダウヴィスを相手に、苦戦を強いられるサメドフがもどかしい。
両者クリーンヒットが出ないものの、徐々にサメドフペースに落ち着いていきましたね。サメドフはコンビネーションよりも一発を狙いすぎる傾向があり、それは改善したほうがいいと思います
ダウヴィスはパンチが強いものの、試合内容に説得力がなく、せっかくのリザーバーの権利を「生かしてのし上ろう」という気概がなかった。20000人の観衆を前に、もっとファイティングスピリッツを見せないと、K-1では戦えないでしょう。

第8試合◎ヨーロッパGP決勝戦:準決勝/K-1ルール/3分3R延長1R
○ エロール・ジマーマン(オランダ/ゴールデン・グローリージム)
vs ×ビヨン・ブレギー(スイス/マイクスジム)
3R2分59秒、KO ※ブレギーは2R右フック、
3R右フックによるそれぞれダウン1あり。ジマーマンは3R、右ストレートによるダウン1あり。


試合が進むにつれて、どんどんヒートアップする熱戦になりました。
この日のベストバウトでしょう。

特に3Rになってから、優勢に進めるブレギーが豪快なフックでダウンを奪うと、もうそれからはブレギーが仕上げに入るペース。ところが追い込むブレギーは油断したか、一発ストレートをもらいでんぐり返しをしながらダウンしてしまいます。
去年のスロウィンスキー戦の悪夢が蘇る。
そして、その悪夢をトレースするかのように、攻勢に転じたジマーマンが猛攻。ブレギーはラッシュを受け防戦になるも、スタンディングでダウンを奪われ、2度のダウンによるKO負け。

観客は大盛り上がり。ジマーマンはガッツポーズ。ここに新しいスター候補生が輝きを放ちました。

第9試合◎スーパーファイト:K-1ルール/3分3R延長2R
○ レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム ボンヤスキー)
vs ×メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクス ジム)
3R2分32秒 KO ※レフェリーストップ。マヌーフは1Rにヒザ蹴り、右ハイキックによるダウン2、
2Rにヒザ蹴りによるダウン1、3Rに右ハイキックによるダウン1あり


マヌーフとレミーの因縁が選手紹介VTRとして紹介されました。
完全にマヌーフのための試合という印象でしたね。
マヌーフ、レミーともに入場から大歓声。特にマヌーフは、昨年このアムステルダムでカラエフをKOしてますから、その声援は凄いものがありました。
試合も物凄い熱気。
お互い千両役者ですよ。マヌーフが恐れを知らぬ特攻で、レミーを何度もコーナーに追い詰める。レミーはレミーで、得意の膝蹴りとハイキックで何度もマヌーフを地に這わせる。
大熱戦。大歓声。結局はレミーが貫禄を見せるんですけど、マヌーフがここまでやるとは思いませんでした。大健闘ですね。何度ダウンされても、そこから立ち上がってファイティングポーズを取る姿は、カッコイイという言葉しか思いつかない
歯が一本飛んだそうですが、5月のDREAMにも出るとか。。。。

トーナメントは緊張感があって、それはそれでよかったんですけど、このワンマッチはやっぱり他の試合とは違う、トップファイターのあるべき姿を見せてくれた気がします。
KO後のレミーはコーナーに登り何度も観衆に向かって右腕を突き上げます。
打倒シュルトを託したい男の一人です。

第10試合◎ヨーロッパGP決勝戦:決勝/K-1ルール/3分3R延長2R
エロール・ジマーマン
(オランダ/ゴールデン・グローリージム) vs ザビット・サメドフ ×
(ベラルーシ/チヌックジム)
3R判定2-0 ※29-28、29-29、29-28。サメドフは3Rにつかみで警告1あり


起こって欲しくないことがまた起こってしまったということでしょうか
はっきり申し上げれば、この試合が日本や韓国などで行われていれば、8割方サメドフの勝利でしょう。3Rにサメドフは何度もジマーマンの顔面にフックを叩き込んでおり、ジマーマンはダメージを受けているように感じました。サメドフは右足が全く前に出ていませんでしたが、それは1試合目か2試合目で痛めたものであり、ジマーマンの攻撃によるダメージではないと思います。

サメドフは正式に抗議するとコメントしましたが、これはかつてオランダで行われたレミーVSバンナの試合で、ジャッジはレミーを支持したものの、後に裁定が覆りバンナの勝利に変更されたことを意識していると思われます。

いずれにしても、ジマーマンがオランダ人で、サメドフがベラルーシ人ですよね。会場はオランダです。

それでも、この内容ではサメドフの勝利か、最低でも延長になるべきだったと強く感じます。

また、試合前にピーター・アーツがマイクアピールをしました。早口の英語でよく聞き取れなかったのですが、「9月に試合をする」ということと、「それはシュルトだ」みたいなことを言っていました。

それはシュルトと開幕戦でやりたいという意思表示でしょうか。本気なんでしょうか?

以下はIT'S SHOWTIMEの結果です。VTRは観ていませんので、結果のみの表示とさせていただきますが、スロウィンスキーがサキに1RKO負けというのは……ショックです

IT'S SHOWTIME第7試合◎K-1ルール/3分3R延長2R
○ ドラゴ(アルメニア/ショータイム)
vs×ウォーレン・スティーブルマンズ(南アフリカ/ボス ジム)
3R判定

IT'S SHOWTIME第6試合◎K-1ルール/3分3R延長2R
○ ブアカーオ・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
vs ×ファディル・シャバリ(モロッコ/チームビーストオブイースト)
3R判定2-1

IT'S SHOWTIME第5試合◎K-1ルール/3分3R延長2R
× ユーリー・メス(オランダ/マイクス・ジム)
vs ○ニキー“ザ・ナチュラル”ホルツケン(オランダ/ゴールデン・グローリージム)
2R KO

IT'S SHOWTIME第4試合◎K-1ルール/3分3R延長2R
○ ジョージオ・ペトロシャン(イタリア/サトリ グラディアトリアム)
vs ×クリス・ナギンビ(コンゴ共和国/チーム カラマロ)
3R判定3-0

IT'S SHOWTIME第3試合◎K-1ルール/3分3R延長2R
× ポール・スロウィンスキー(オーストラリア/チーム ミスターパーフェクト)
vs ○グーカン・サキ(トルコ/ゴールデン・グローリージム)


にほんブログ村 格闘技ブログへ

来年は地上波で見よう→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-04-27 16:20 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧