【感想】K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAII
お盆休みで全く更新できませんでした。
すみません。明日からはキリキリ格闘技を切りまくります。
まあ、開催国の横暴とメディアの大騒ぎですっかりつまらなく感じる北京オリンピックよりは、よほど面白かったK-1ハワイです。

■K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAII
8月9日(現地時間・土)米国ハワイ・スタンシェリフセンター 開始18:00

<リザーブファイト第1試合 K-1ルール/3分3R>
○ リコ・ヴァーホーベン(オランダ/チーム リコ)
●KOICHI(日本/THE SPIRIT GYM AE)

コウイチ・ペタスからKOICHIにリングネームを変えてK-1進出を果たしたペタスの弟子でしたが、オランダの19歳・リコに判定負け。

<リザーブファイト第2試合 K-1ルール/3分3R>
○ステファン・レコ(ドイツ/ゴールデングローリー)
●ジュニア・スア(米国/MMA HAWAII)

41歳のジュニア・スアが急遽ハリッドの代わりに出場した怪我明けのレコからダウンを奪いましたが、レコの反撃にあえなく沈没。スアの健闘は特筆すべきですが、レコの試合感はまだ戻っていないようです。

<リザーブファイト第3試合 K-1ルール/3分3R>
○ランディ・キム(韓国/フリー)
●ヴィリトーヌ・フォナカラフィ(米国ハワイ/No Remorse)

元砲丸投げ選手ランディ・キムが見事にKOでの初勝利。
この時点ではまだランディにリザーバーの権利はなかったのですが。。。


<第1試合 USA GP2008トーナメント1回戦(1)/K-1ルール/3分3R延長1R>
○マイティ・モー(米国/フリー)
●ジャスティン・スミス(米国/ロングビーチ キックボクシング)

スミスの荒いファイトに、「これが人生最大のチャンス」という気迫を感じました。
しかし、テクニックに勝るモーが徐々に優勢に。
ところがスミスの膝蹴りがモーの金的に命中し、試合は中断。
その後モーが反撃に出るも、KOはできませんでした。

試合後、準決勝を棄権することになったマイティ・モーは「MMAに行きたい。ローブローが少ないから」と語ったのが気になります。

<第2試合 USA GP2008トーナメント1回戦(2)/K-1ルール/3分3R延長1R>
●バター・ビーン(米国/チーム バタービーン)
○ウェスリィ“キャベツ”コレイラ(米国ハワイ/B.J.ペン MMA)

何を語れというのか。

<第3試合 USA GP2008トーナメント1回戦(3)/K-1ルール/3分3R延長1R>
○グーカン・サキ(トルコ/チーム レベル)
●ドゥシュ・プー(米国ハワイ/スパルタMMA)

サキは明らかにレベルの違う相手に、ローキック連発っていうのはどうなんでしょうね。

<第4試合 USA GP2008トーナメント1回戦(4)/K-1ルール/3分3R延長1R>
●ニコラス・ペタス(デンマーク/チームスピリットAE)
○リック・チーク(米国/Nor-cal Fighting Alliance)

ペタスは試合開始直後怪我

<第5試合 スーパーファイト/K-1ルール/3分3R延長2R>
○ポール・スロウィンスキー(オーストラリア/チームミスターパーフェクト)
●アジス・ヤヤ(モロッコ/チーム レベル)

この日のベストバウト。ダウン取って取られての素晴らしい試合でした。
ハワイの観衆が大盛り上がり。K-1というのは、結局どこの国の人が戦っているかではなく、どれだけ素晴らしい試合をしたかということが、最終的には問われるということの証明ですね。
アジス・ヤヤはもう少し経験をつめば、強くなりそうですが、
ちょっと戦略が甘い気がしました。

<第6試合 USA GP2008トーナメント準決勝戦(1)/K-1ルール/3分3R延長1R>
○ランディ・キム(韓国/フリー)
●ウェスリィ“キャベツ”コレイラ(米国ハワイ/B.J.ペン MMA)

キムはモーの代わりにリザーバーとして登場。
この勝利でホンマンが出場しなかった場合にソウル開幕戦出場があるかもしれません。

<第7試合 USA GP2008トーナメント準決勝戦(2)/K-1ルール/3分3R延長1R>
○グーカン・サキ(トルコ/チーム レベル)
●リック・チーク(米国/Nor-cal Fighting Alliance)

サキのローキックは(以下略)

<第8試合 スーパーファイト/K-1ルール/3分3R延長2R>
●スコット・ジャンク(米国/B.J.ペン MMA)
○キム・ミンス(韓国/フリー)

はいどうも。

<第9試合 スーパーファイト/K-1ルール/3分3R延長2R>
○バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)
●ドマジョフ・オスタジック(クロアチア/チーム オスタジック)

私が予想したとおり、全くオスタジックは歯が立たなかったですね。
ハリのつまらなそうな顔が印象的な試合。

<第10試合 USA GP2008トーナメント決勝戦/K-1ルール/3分3R延長2R>
●ランディ・キム(韓国/フリー)
○グーカン・サキ(トルコ/チーム レベル)

まあ、少々強くなったからとはいえ、サキに歯が立つランディはないでしょう。

これで、サキが3戦連続KO勝ちで優勝。開幕戦出場になりました。
非常に結果的に面白いことになりましたね。誰と戦っても、面白い試合になるでしょう。
「谷川氏に嫌われている」とか「ゴールデングローリーが多すぎる」とか、そういう理由でいまいちチャンスがないと思われていたサキがいきなりの開幕戦出場決定。これはファンの間でも議論になるでしょうね。
当の谷川氏は「K-1の未来を担う選手です」とのこと。
全然嫌われていないんじゃないかなぁ?

にほんブログ村 格闘技ブログへ

開幕戦へむけての最後の切符はグーカン・サキ!!→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-08-12 20:15 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧