チェ・ホンマンがバッシングに相当参っていることについて。
チェ・ホンマンが自身のミニブログで圧倒的な批判の声に対して自殺願望を口にした話はみなさんご存知ですか?

真実が見えなかったので、
あえて、私は書かないでいたのですが、
今日はちょっと韓国のサイトで情報を得たのでお知らせします。

2008年 6月 7日 -
「自分はまだ20代だ。出来る時に思う存分挑戦したい。誰がなんといっても構わない。挑戦に終わりはない」


そう語っていたのが6月。しかし、10月、バダ・ハリ戦で途中棄権した後の書き込みで、ホンマンは真情を吐露しています。

2008年 10月 9日 -
「死にたい。誰が僕の本音を知るのだろうか。 人々は見てくれだけ見て、大騒ぎする。生まれ変わりたい。だが、愛する家族が……。愛する……」


この書き込みはすぐに消されました。
しかし、特に韓国では著名人の自殺が多く、それらはネット上での中傷や暴露などが原因であることが多いので、ホンマンのこの書き込みも日本人以上に深刻なものがあります。

チェ・ホンマンは韓国内で猛烈なバッシングを受けています。
その理由は三つあります。

1 試合内容・・・他を圧倒する肉体を持ちながら、重い動きと徹底したカウンター戦法。派手な技術戦は望むべくもなく、その体格の割りに地味な試合しかしないこと。バダ・ハリ戦であっさり棄権したことからも、徹底してリスクを背負わない性格にも批判が集まっています。

2 芸能活動・・・もともと歌手志望だったホンマンは、昨年スーパーモデルと「美女と野獣」というユニットを組みCDを発売。選手活動に集中しない姿に、韓国のファンは怒りをぶつけました。

3 態度と姿勢・・・アメリカで行われた「ダイナマイトUSA」に出場する予定だったホンマンは、地元の体調検査で脳に腫瘍と血痕があることを理由に試合出場を取り消されました。このとき、「私の体調は全く問題ない」と怒りを露にしました。
しかし、ホンマンサイドはこのときの検査と同じ理由で、兵役免除を申請しており、首尾一貫しない姿勢に疑問をもたれています。(兵役免除の理由は脳の問題ではなく、身長と体重が兵役の規準を飛び越していたため)


ただ、私の読んだ記事で、記者はホンマンに対して同情していたので、これも同時に記します。

兵役免除自体はホンマンの過ちや罪が原因ではない。バダ・ハリ戦では棄権したが、彼からダウンを奪ったこともまた事実だ。トップファイターであるシュルトやバンナとも互角に勝負を繰り広げた。韓国では、彼の実力に匹敵するK-1選手は存在しない。国民は揚げ足取りばかりに終始せず、建設的な意見を出せばいい」

と、言ってます。

それでも日本以上に苛烈なネット社会であり、何かをきっかけに、ウェブ上でのいじめ、批判、中傷が溢れるかの国で、冷静な意見を求めるのは難しいでしょう。

リザーバーとして再度12月に来日する予定のホンマン。
外野の声をシャットアウトして、過去のバンナ戦、バダ・ハリ戦のような「未知の世界」の戦いを見せてくれることを期待します。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

総合に浮気せず、K-1にまず専念すべし!→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-10-23 11:56 | K-1

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧