<   2006年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
K-1 WORLD GRAND PRIX 2006 決勝戦の予想
連日連夜「逆転裁判」(DS)をプレイし、すっかり弁護士気分を味わっております。

さて、今週土曜日に迫ったK-1決勝戦の予想を予告どおりにやりますよ。

まずはリザーブファイト&スーパーファイト。

バド・ハリVSスロウィンスキー

この試合は若手技巧派対決といったあたりでしょうか。思えばハリのK-1デビューは去年のドームだったわけで、それ以来2戦して2敗とKの洗礼を味わっていますね。まだ線が細い印象ですが、同じぐらいの年齢であるスロウィンスキーとの試合はある意味試金石です。二人とも正統派のファイトスタイルですので、かみ合えば面白い試合になること請け合い。ビッグマウスとニヒルキャラ、どちらが時代を掴むか。完成度ではスロが上かと思いますが、ハリには何かをやらかしそうな「気配」がある。私は期待通りの技術戦でハリの判定勝ちと予想します。

セフォーVSマヌーフ

20キロの体格差(セフォーのほうが重い)が気になる一戦。総合が主戦場ながらマヌーフはK-1ルールでも富平を1ラウンドKOし、レミーといい勝負をした隠れた強豪です。
でも、さすがに体重の違いが明らかに……。セフォーのKO勝ちを予想します。

武蔵VSアーツ

2003年の準決勝以来のカード。今年は不調を伝えられる武蔵と病み上がりのアーツ。どちらも100%とはいかないでしょうが、これほどまでのベテラン同士ですから、きっちりまとめてくるでしょう。精神的に弱い部分がある武蔵が、ハリッド戦での敗退からどこまで立て直しているのか。そこがポイントでしょう。実力的にはアーツが上ですので、アーツ判定勝ちと予想しています……。

次はトーナメントのほうにいきます。

シュルトVSバンナ

いきなりクライマックス。おそらくドーム観衆のほとんどがバンナに大声援を送るでしょう。この声援がバンナの力をアップさせるはずです。しかも、婚約者まで来場しているのであればそのエネルギーは倍加します。
冷静に見れば、この試合でのKO決着はないような気がします。バンナはああ見えてディフェンスに優れていますし、試合の組み立てもうまい。シュルトはあの通りの背丈で、慎重に1回戦を戦いたいでしょうからリスキーな攻撃はしないと思います。
優勝したいシュルトと、1回戦にすべてを賭けるバンナ。ひょっとする大番狂わせ、気迫とファンの後押しを受けてバンナの判定勝利が見えてきます。ああ、ドームに行きたい。

ハリッドVSホースト

残酷な見方をすれば、ホーストに不利な材料は多いはずです。まず試合勘。藤本には勝ったものの、いまいち迫力不足だった開幕戦。何よりもスピードが年齢によって削がれていました。
やはり衰えは隠せないかと。対してハリッドは失うものは何もない立場です。ここでも、さっきの試合と同様、優勝したいホーストと、ホーストに勝てればとりあえずOKなハリッド。この試合に全力を出せるのはハリッドのほうですよね。
ホーストは自分の中の英雄でありますが、ここは「予想」に徹してハリッド判定勝ち

フェイトーザVSカラエフ

なによりも言いたいのは、この二人が強いということです。しかし、勝負ですから勝者は一人。選ぶとすれば、カラエフです。なぜなら、私のどうしても思い出してしまう試合があります。2002年、グラウベがマーティン・ホルムと戦った試合。ラッシュ系のスピードファイターでカラエフと似たスタイルのホルムに対して、グラウベはなすすべもなくKO負けを喫しました。この記憶が蘇ってしまうので、カラエフKO勝ちと予想します。

レコVSボンヤスキー

難しい1戦。非常に難解ですね。二人とも今大会に対するモチベーションが非常に高い。
前回戦ったときにはレコが勝っていますが、かなり昔の話ですし参考外でしょう。技術戦であり、おそらくKO決着はないと思われます。延長フルラウンドまでもつれこんでわずかの差でボンヤスキー判定勝利かな。理由はプレッシャーをかけ続けるための上背の差。

準決勝 バンナVSハリッド

ここからは仮にこの二人が勝ちあがったと仮定した上でさらに仮定の話をしなければなりませんね
1回戦でシュルトを下したバンナに準決勝を戦う余力はあまりないでしょう。対して、ホーストを判定で下したハリッドですが、ダメージは受けていないと予想されます。
ここはKOか判定かは判断せず、ハリッド勝利だけを予想

準決勝 カラエフVSボンヤスキー

こちらも仮定の仮定。延長2R含めて5ラウンド戦ったボンヤスキーに対し、グラウベをKOで下したカラエフ。ここでもすばやいラッシュでボンヤスキーを攻め立てる。ボンヤスキーもフライハイで迎撃。試合は判定でしょう。印象点の良さと若さでカラエフ勝利を予想

決勝 ハリッドVSカラエフ

仮定の仮定の仮定の話。まあここまでくると妄想の世界ですね
決勝がこの組み合わせになるなんて予想は、おそらく世界広しといえども私だけじゃないだろうか? 
小兵ハードアタッカー対決ですが、ダメージの蓄積度でいえばカラエフのほうがキツいでしょうね。しかし、昨年のラスベガスで魅せたド根性でハリッドを瞬殺! ということにしておけば勝ってもいいのかな? 私の優勝予想はカラエフということで。うーん。無理がないか? ま、いいでしょう。

K-1の予想、当たったためしがないんで!
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-30 11:05 | K-1
さむい。
明日は雪だって・・・。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-29 20:08 | 格闘技以外
今週はK-1
今週12/2(土)はお待ちかねのK-1 WORLD GRAND PRIX 決勝戦 in TOKYOです。

今年でもう14年目ですね。1995の開幕戦から見ている私としては、12度目のグランプリとなります。
近年、PRIDEをはじめとする総合格闘技にマスコミの目が行きがちですが、私は戦いの真髄とは立って行うことだと思っています。ねっころがって関節を取ったりなんだりってのは、1対1では強いかもしれませんが、複数の敵と戦うには適当ではないし、見ていてタルい。男の戦いはやはり立ち技です。総合系の選手に比べて、立ち技系の選手のほうがスタイリッシュだし、どこか超然とした雰囲気がありますよね。ミルコのように両方イケるってのはそれはそれで凄いことだと思いますが。
つまり、誰がなんと言おうと、K-1のチャンプが世界一強いという称号に最も近い。そう確信しているわけです。

今年はアーツがリザーブに回り、ホーストが41歳の今年で引退大会。気を吐くバンナは強いシュルトと一騎打ち。創世記のファイターたちにとっては非常に厳しいグランプリですね。

私が今年期待をかけるのはグラウベとルスランです。
グラウベは今年本当に充実しているし、ルスランは若いし面白い。この二人が1回戦で激突することは楽しみな反面残念でもあります。どちらかが1回戦で消えるのですから……!!

次回の日記ではきっちり展開面含めての勝敗予想を行います。

<追記>

最近バド・ハリに触発されたのか、レコのビッグマウスっぷりが気になります。あんな人だったっけ? ちなみにレコはカジノの経営もしている大変なお金持ちだとか。ハリッドとキャラ被りすぎですよ……。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-28 10:29 | K-1
きょうのおかず
ポテトサラダです。
あと、焼き魚
c0093563_1934068.jpg

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-27 19:34 | 格闘技以外
ジャパンカップ
ジャパンカップ。私の本命、イギリスのウィジャボードが最後の直線、前が詰まった影響で3着でしたが、あれがなければ勝っていたと思います。
言い訳ですけど。

ところで馬券の売り上げの下げ幅は地方に行けば行くほど深刻だそうで、世界唯一のばんば競争を開催していたばんえい競馬が廃止の方向で動いているとのこと。貴重なばんえい競馬が残っていかないことは非常に残念ですが、公営という形ではなく、公開競技であるとか、文化遺産であるとかそういう名目で残していけないかなと思っています。

中央競馬、地方競馬含めて、はっきりいって売り上げ的に大幅に改善されることはないと思います。
その原因は、いろいろあると思いますが、やはり一番はパチンコ・パチスロ産業の影響でしょう。
そもそも日本パチンコ産業は事実として朝鮮、韓国人が経営していることが多く(サミー以外はすべて)、利益をテポドンや核の資金のために本国に送金していると言われています。
しかし、マスコミは上得意先であるパチンコ産業のそうした利敵行為に踏み込むことはありません。

競馬は賭博ではありますが、同時に文化であり、生産牧場なども存在するわけですから農業でもあります。朝鮮玉入れなんぞにうつつを抜かしている場合ではありません。
そうです。私は今日も競馬界のために、JRAに寄付をしてきましたとさ。

ウィジャボード・・・・・・。

<追記>

ところで、今日NHK教育の「芸術劇場」で、アーノンクール指揮のモーツァルト40番を全曲通して聞きました。ピリオド奏法という古典的な奏法と楽器を再現するもので、いままで聴いていた40番と全然違う、煌びやかな演奏に非常に感動しました。今後、ピリオド奏法に関するCDを集めてみたいと思います。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-26 20:39
結婚式
本日はいとこの結婚式。
キレイだった~。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-25 20:03 | 格闘技以外
デジタル放送、我が家でも開始。
昨日から我が家のテレビがアナログからデジタルに切り替わりました。

いやー、とても綺麗ですね。デジタル放送。正直こんなに劇的に美しくなるとは思ってもみませんでした。
大きなテレビだから、なおのことかと思います。

この美しい映像をそのままハードディスクやDVDに残せるのですから、本当に素晴らしい。
美しい国、日本は我が家の場合まずテレビ放送から始まりましたね。
できればこの画質で素晴らしい番組を見たいものですが、とりあえず徳島のバカ犬がレスキュー隊に助けられるところ見れたようですね。わが国の(一部の)腐ったマスコミは犬一匹助けるために全民放総出で全国中継しても、苦悩し自ら命を絶つ中学生のことにはこのところ飽きが来ているようで、すっかり放送時間を割かなくなりましたな(苦笑)。

とまあ、せっかくいいテレビ、いい映像が享受できるのだから、映画でも見るかという気になりまして。

で、さっそく近くのTSUTAYAにいってなにか借りてこようかと思ったですが、ふと、最近は邦画を置くスペースがどんどん大きくなっているなぁと実感です。
10年前のレンタルビデオは洋画ばっかだったのにね。
洋画のレベルがダウンして、邦画のレベルがアップしたんでしょうね。アニメーションのコーナーもかなり大きくなってましたね。こちらの進化も著しい。私は基本的にアメリカンコミック系のリアルタッチな絵が嫌いなので、どんどん日本産にがんばってほしい……。とは思いつつも、日本アニメも最近は作画を中国に発注するなど、地盤沈下も同時に進んでいる様子だそうで。
パソコンで簡単にDVDやCDが複製できてしまうので、良作を作っても儲からないんでしょうね。その分グッズやアイテムで収益を得られるのかもしれませんが、国内のクリエーターが育っていく環境ってあるんでしょうか。アメリカくらい厳しくしないとダメかもしれませんね。

で、結局借りてきたのはサラリーマンNEO皇帝ペンギン。詳しくはリンク先をどうぞ。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-24 15:11 | 格闘技以外
みのもんたの妄言集
たまに朝早く起きると、アルコール過剰摂取の赤ら顔しったか老人が与太話をしているチャンネルを見てしまうことがあるのです。

その妄言の数々をネット上から拾ってみました。う~ん、酷い。

>世界バスケットに「(前回優勝の)ユーゴスラビアはなんで出場してないの?」
ユーゴスラビアが複数の国に分裂したのを知らないらしい。

>「朝にビールを飲むのが一番良い」
この人、自分で運転してTBSのスタジオに入っているって言ってたのに……

>「トラックの運転席を、乗用車並に地面スレスレに低くすれば、王様気分で周りを見下ろして偉そうに運転するものが無くなる! 事故が減る!」
馬鹿?

>「天下り? 役人は何様だ!自分に「天」を付けるなんて!」
岩見に「マスコミが付けた名前なんですよ」とたしなめられるも
「何で岩見さんは役人の肩を持つんですかっ!?」
馬鹿?

>吉新丸船長根室帰還で
「船まで捕られて、せっかく密漁したカニまで獲られて帰ってきましたよ」
……馬鹿?

>「景気回復の実感がない」
あなたの年収30億だからじゃね?

>「イジメの加害者は坊主にして罪状看板を首から下げて晒し者に」
坊主って…罪状看板て……恐怖政治?

>「ディープは日本の恥だ! JRAは責任を取れ!」
競馬ファンはすべからくみのもんたの敵になりましたとさ。

朝アルコールを摂取してから番組に臨むだけのことはあります。妄言、名言の数々。
さすがとしか言いようがない。
この「朝ズバ」なる番組をもっとも見ている層はおそらく中高齢以上。
メディアリテラシー意識が全世代でもっとも低いといわれる層だけに、これらの妄言をそのまま受け入れているのであれば大問題ですよね。
居酒屋でクソ親父同士が語らっている内容を、そのまま朝の情報番組で垂れ流すのですから、TBSというメディアがいかに腐りきっているかということがわかります。まだ、フジのめざましテレビや日テレのスッキリ!のほうがマシ。
……と、今日まで思っていたんですが、今朝、野良犬救助のLIVE中継を民放各局で一斉に始めたのを見るとこの国のマスコミのレベルの高さに眩暈を感じます

最後に。
大橋巨泉が「もうこの国の知識層はスポーツ中継以外のテレビ番組を見なくなった」と、言ってました。そりゃそうですわ。私は自分のことを知識層だとは思っていませんが、あまりにも低レベルぶりに民放で見る番組が子供のころに比べてぐっと減ってますからね。以前はもうすこしマシだったような気がするんですけどね。
この国の「格差」って、おそらく収入とか資産以前に、教育レベル、知識レベルで相当差が出ていると思います。なんとかならんかね……。

おまけ。
競馬好きなので、競馬ニュースのリンク。教育レベルが低いといっても、ここまでひどくはないと信じたい。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-22 11:06 | 格闘技以外
私もそんな時期があった。
最近、仕事が忙しい妻のほうです。

今日のお昼休み、新人さんの仕事の悩みを聞いていたんですが・・。
なんというか、9年くらい前の自分を思い出してしまいました。

新人さんの悩みと言うのは、大体何時何処でも似たようなもの。
私も仕事の事でいっぱい悩んだ時期がありました。

そして思うのは、「完璧な職場なんてない」と言うこと。

楽な仕事だけど人間関係が悪い、給料がいいけど忙しくて休む暇がない・・・などなど。

きっとこの時期を乗り越えたら、一人前に一歩近づくと思います。

それまで頑張れ、新人M!
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-21 18:35 | 格闘技以外
祝!!! 日本パートⅠ国入り!
念願! 日本競馬界の念願成就!!

これを祝わずして、何を祝えばよいでしょうかっ!
私がかねてより希望し、数多くの場で主張していたことがついに実現したのです。

JRAによれば、07年から日本がICSC(国際セリ名簿基準委員会)が定めるパートI国として承認されたということで、これによってついに日本が競馬先進国の仲間入りを果たしたということになります。

思い起こせば、10年前、私が競馬を見始めたときにはジャパンカップとスプリンターズS、それに富士SとキャピタルSくらいしか国際競争がなかったと記憶しています。それがいまや、5つの国際G1を抱え、100以上の国際競争を備えた「開放された競馬」を持つようになりました。

そして、今回のさらなる開放で国内の重賞すべてが「国際重賞」として格付けされるようになりました。ただし、これは外国馬にもオープンされているレースだけのはずなので、現在ある国内のG1のうち、実際には2歳、3歳限定G1、そして天皇賞秋を除くレースが国際G1になることになります。

いずれは日本ダービーはじめクラシック競争も外国馬に開放されることによって、国際G1に昇格することができるでしょう。

とにかく、素晴らしい。JCを前に、世界に宣伝したいグッドニュースです!
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2006-11-20 14:07 | 格闘技以外
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧