<   2007年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧
歴史的名牝、ウオッカが凱旋門賞挑戦決定
ダービーを勝った歴史的牝馬・ウオッカがついに凱旋門賞挑戦を決定しました。
ディープインパクトのようなお粗末な計画ではなく、きっちりステップを叩いて挑む予定とのこと。
期待できるし、期待しなくてはならないといえるでしょう。今年の秋一番の楽しみができました。
やはり、日本の3歳で最強となったからには、行かなくてはならない舞台。
調教師はデルタブルースでメルボルンCを勝った角居師というのだから、間違えないと信じています。

メイショウサムソンとともに、どうか欧州の競馬に風穴を開けて欲しい!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ

牝馬として64年ぶりにダービーを制したウオッカ(牝3、栗東・角居)が凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月7日=ロンシャン)に出走する。30日、谷水雄三オーナー(67)が角居勝彦師(43)と話し合い、正式に決定した。日本からの3歳馬、牝馬の挑戦は初。現地でステップレースを使って本番へ向かう予定。史上最強といわれるディープインパクトでもかなえられなかった夢を、歴史的な名牝が引き継ぎ実現を目指す。
 ダービー馬ウオッカが、凱旋門賞に挑戦する。既に締め切られた1次登録を済ませている同馬だが、30日、谷水オーナーが栗東トレセンを訪問。管理する角居師と話し合いを持ち、正式に出走を表明した。
 世界最高峰の一戦に出走した日本馬は過去に7頭いるが、牝馬の挑戦が初なら3歳馬も初。この時期の遠征を決めた理由を、谷水オーナーは「勝ち負けをするためには3歳のうち。重量が全然違う」と説明する。
 ディープインパクトを打ち破った昨年のレイルリンクなど、凱旋門賞の過去10年の勝ち馬のうち8頭が3歳馬。理由は負担重量にある。古馬牡馬の59・5キロに対し、3歳牡馬は56キロ。この差が好走の要因となってきた。3歳牝馬は、さらに1・5キロ軽い54・5キロ。古馬牡馬より5キロも軽い。ウオッカにとっては、かなり有利な設定だ。
 具体的な遠征計画はこれから立てられるが、9月16日にロンシャン競馬場で行われる3歳限定戦のニエユ賞(G2、芝2400メートル)か、牝馬限定のヴェルメイユ賞(G1、芝2400メートル)をステップに本番へ向かう可能性が高い。現時点では54キロで出走できる後者が有力だが、谷水オーナーは「最終的には相手関係や重量を見極め、どちらかのレースを使う」と慎重に構える。いずれにせよ、陣営は長期間の滞在を避ける方向。渡仏の時期は8月下旬から9月上旬となりそうだ。ジョッキーについても「これから考えたい。勝つための選択肢は、いくつかある」と、現地騎手の起用も含めて勝利へ向けての最善策を探っていく方針だ。
 日本の期待を背負って出走した昨年のディープインパクトは3着(後に失格)に敗れた。重量とぶっつけで挑んだ臨戦過程が、敗因として挙げられた。その点でウオッカは不安が少ないだけに、V争いも夢ではない。「日本の競馬を犠牲にする面はあるが、勝つためにはこれしかない」。牝馬として64年ぶりにダービーを制した名牝が、今度は世界を相手に歴史をつくる。

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-31 21:35
PRIDE消滅へ
ダナ・ホワイト氏の会見の記事を入手しました。
以下の英文を斜め読みすると、
ようやくPRIDEの買収が終了し、シルバの次の相手がUFCチャンプのリデルになるであろうことがわかりました。

そして、ヒョードルにも触手を伸ばしており、そしてそのベルトをかけてUFCで戦うようです。
つまりPRIDEのベルトをかけてUFCで戦うと。つまり、PRIDEはなくなるだろうということです。

さようなら、PRIDE

During the UFC 71 post-fight press conference, Ultimate Fighting Championship President Dana White confirmed what Josh Gross reported last week: The purchase of Pride Fighting Championships has been finalized.

"We’re still trying to figure out this whole Pride and UFC thing. The deal is done. We acquired the company yesterday or the day before," White told the media at the UFC 71 post-fight press conference.

White continued, "Talking about all the Pride stuff, we're going to work on that stuff over the next [weeks] now that the deal is officially closed. You can't start running a business when you don't own it yet. We've owned it for two days. I know we made the big announcement [on March 27], but it might have been a little premature. The deal wasn't done yet. The deal was pending, but we were far enough along where we felt comfortable announcing the deal. Now that it's closed two days ago, we'll get that straightened out."

Now that the deal is done, questions still remain surrounding Lorenzo and Frank Fertitta’s plans for the newly acquired Japanese mixed martial arts promotion. Originally, it was announced that the UFC and Pride would be run separately, and while there would be super-fight match-ups between champions, all of the top Pride fighters would be staying in Pride.

White’s comments concerning the Pride fighters and what he plans to do with them indicate that many of Pride's top fighters will be assimilated into the UFC. White said, "We’re going to have them all. We’re going to have them all. At the end of the day, if you want to fight the best fighters in the world, if you want to cement your place in history... and at the end of the day, the money is great, all that stuff is good, but for me I’m one of those types of people... it’s all about cementing your place in history. Who is the greatest fighter in every weight division? It’s here. It’s in the UFC. They’re all going to be here."

When asked about one of Pride’s biggest stars, Wanderlei Silva, White said, "We're going to have them all here. He [Silva] is going to be here. They're all going to fight... they're all under contract.” White also said that Silva would likely be Chuck Liddell's next opponent.

When asked about Fedor Emelianenko, who is the Pride Heavyweight Champion and the #1 ranked heavyweight fighter in the world, White said, "We're working on Fedor right now, too. We're working on everybody. Everybody means everybody, all of them. We're trying to get them all. They're all going to be here. If not now, eventually we'll have them all."

What about the Pride champions? White addressed that question as well: "I don’t think we should disrespect the guys who have belts in Pride. They were champions in that organization, and they have belts, too. We’ve still got to figure this thing out, but at the end of the day the great thing is that the best are going to fight the best. That’s all that really matters at the end of the day."(MMAWeeklyより)


これまで、我々K-1ファンは、傍若無人を続けるPRIDEとそのコアなファンに侮蔑され、屈辱にまみれてきました。
ミルコを奪われ、ハントを奪われ、その上Pヲタと呼ばれるコアファンにネガティブキャンペーンを張られ、大変腹立たしい日々を過ごしてきました。
しかし、PRIDEは消滅し、Pヲタもようやく自分達が騙され続けてきたことに気がついています。

断っておきますが、MMAに対しての恨みは全くありません。PRIDEにもあまりうらみはありません。ただ、彼らによって張られたネガティブキャンペーンは、K-1にとって愉快な物ではありませんでしたね。
もう、PRIDEを記事にすることはなくなるでしょう。最後にPヲタたちにこの言葉を贈ります。

Good-bye Pride!  Pride never die! (in your mind forever!!)

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-30 21:26 | 総合格闘技
キックボクシング・ムエタイ部門1位?
最近、にほんブログ村というサイトで、ブログランキングに登録しました。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
↑これ。バナー押すと、にほんブログ村へ飛ぶ。

すると、1週間ほどでキックボクシング・ムエタイ部門の頂点に立つことができました。
わずか7サイトというちいさな部門ではありますが、あえて狙って小さな部門に挑戦したのです。
案外いけましたね。

とはいえ、ランキングはあくまで「このブログからにほんブログ村まで飛んだ人の数」が順位に反映されるのであって、「にほんブログ村からこのブログに飛んだ人の数」は順位とは関係ありません。
ですので、これは大した目安にはならないと思っています。こんなものに拘って記事の内容を考えたり、タイトルのつけ方でネットユーザーを呼び込んだりするような愚かなブロガーにはなりたくないですので。いままで通り好きな記事を適当に書きます。そもそも、日記だし。


まあ自慢話ばかり書いていてもつまらないので、たまには時事ネタも書いてみます。
おとといから松岡前農務大臣の自殺の件を、ずっとニュースでは取り上げていますね。
私の好きな競馬(JRA)も、農務省の所轄ですから、無関係ではないといえば無関係ではないのですね。
それにしても、松岡氏は熊本の百姓から、お世辞にもレベル的に高くない鳥取大学などに行って、そして官僚となり地盤がないにも関わらず国会議員まで登りつめた、かなりの立身出世を果たした人物のようですね。
そういえば、鈴木宗男も北海道のものすごい田舎から、泥をすすって這い上がってきました。
二人とも、おそらくは裏の力、金の力を権力に変えてきたのでしょうね。そうでなくては、何の後ろ盾もない百姓の小せがれが大臣まで登りつめることはできないに違いありません。

上の二人の例以外にも、政治家の汚職というのは、大抵にして地方出身の議員が多いですね。
やはり汚職の根源は「地方」であることは間違えないようです。

対して、鳩山元民主党代表、小泉前総理、安倍総理のような面々と連なる政治家一家の出身者は、非常にクリーンで叩いても埃が立ちません。
「餅は餅屋」というかどうかはわかりませんが、「政治は政治屋」という言葉もあながち当てはまらないわけではないような気がいたします。

しかし、クリーンであればいいわけではなく、少々悪いことしてても文句言わないから、内政と外交をしっかりやって、国にプラスになることをしてくれればいいわけですね。

とはいえ安倍政権はどーにも腹黒いというか、スキャンダラスな内実を抱える人物が多すぎます。事務能力は高くても、マスコミにつぶされるような脇の甘い政治家を多く置くのも困りものですね。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-30 10:51 | K-1
アレクセイ・イグナチョフはニュージーランドで練習中?
チヌックジムのHPによれば(リンクは前回のイグ情報のときに張ったので割愛)、イグナチョフはニュージーランドで練習しており、これはアムステルダムの大会に出場するためらしいです。
しかし、これはベラルーシ語を英語に翻訳し、さらに日本語に翻訳したため、真実かどうか定かではなく、またサイモン・ルッツ(K-1オランダ大会・現地でのプロモーター)も公式には何も発表していないので信憑性は低いです。

しかし、否定する情報が何もないのも事実ですので、実際のところどうなるのかはわかりません。ニュージーランドにいることは正しいと思われるのですが……。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-29 14:49 | K-1
世界のキックボクシング界に新しい希望
オーストラリアの格闘イベント「エクスプロージョン」の関係者が立ち上げたブログに、大変私は注目しています。

詳しくはリンクを見てもらえばわかると思いますが、私も先日伝えたK-1スウェーデントーナメントを優勝したネイサン・コーベットのインタビューが載っていました。

次はガオクライと戦うそうですね。引退するのではという噂が流れましたガオグライですが、気持ちを取り戻したのでしょうか。楽しみですね。

国内の狭い範囲しか記事にできない、視野の狭い「格闘」ブログが主流を占めるなか、私は~Ray松村の「豪州発XPLOSION~格闘技は爆発だー!」~を支持します。大きな情報源となってくれることも合わせて期待しています。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-28 22:24 | 立ち技全般
ドラゴもMAX前に出陣! オランダにて。
6月の第2土曜日、オランダでジェントルメンというプロモーターによる格闘技の興行が行われるようです。
ポスターをネット上で見つけましたが、一番写真が大きい選手こそ、なんとMAXの常連ドラゴ!
もうオランダではトップファイターといっていいアルメニアの難民戦士ですが、
こうしてメインを張れるまで大きくなりましたね。
サワー、ブアカーオに次ぐ存在として徐々にクローズアップされているドラゴもMAX前に1戦消化して臨む事になりそうです。

他にはレイ・スターリンタイロン・スポーンという有力選手もリングに上がるようですね。日本人の参加はいまのところなさそうです。


Saturday, June 2nd 2007 / IJssportcentrum, Tilburg - The Netherlands

Kickboxing
Drago vs. Ait Nacuer
Tyrone Spong vs. Shakuta
Najim vs. Spejbl
Henry Akdeniz vs. Ruben van der Giessen
Pajonsuk vs. Yunus
Chahid vs. Marco Pique
Yucel Fidan vs. Amir Zeyada
Rodney Faverus vs. Samir Benazouz

MMA
Oktay Karatas vs. Brian Lo A Njoe
Chico El Toro Martinez vs. Mehmet Uygun

Kickboxing
Faldir Chabari vs. Jan van Denderen
Ray Staring vs. Chris Nigimbi
Anouar Belkayed vs. Tarik the Hammer
Houssein abdelhadi vs. Imro Main

Boxing match Heavyweight
Don Diego Poeder vs. Andre Janssen

Kickboxing
Hesdy Gerges vs. Bob van Boxmeer
Errol Zimmerman vs. Gurkan Degirmenci


余談ですが、ダイナマイトに桜庭とホンマンが出場できないとか・・・・?
やはり私がいち早く報告したライセンス問題が大きく響いているのでしょうか。関係者には最後まで諦めないで調整してほしいですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-28 16:18 | K-1
【感想】日本ダービー、泥酔した!
日本ダービーは毎年、ホースマンの気迫が渦のように絡み合い、どのような結果になっても感動してしまうものです。

昨年のメイショウサムソンは石橋騎手の男気に。一昨年のディープインパクトはプレッシャーを楽しんだ武豊の流儀に。それぞれすがすがしい感動を覚えたものですが、今年は歴史を塗り替えたという意味で、本当に「この瞬間を共有できた」ことが素晴らしいと思えました。

フサイチホウオーは仕上げすぎたんでしょうか。テンションが上がりすぎるという悪癖をこの一番で見せてしまいました。松田国厩舎にとってはおそらく痛恨の失敗でしょう。ここ一番でミスをしないアンカツの腕とは思えません。逆にヴィクトリーは出遅れた上でかかってしまい、ジエンド。
これはカツハルのミスとの見方も強いです。

それにしても、ウオッカ。タニノギムレットが獲ったダービーを見事に継承。しかも、牝馬。64年ぶりの快挙に、東京競馬場が泥酔しましたね。四位騎手の涙も感動。角居厩舎は昨年のメルボルンカップワンツーに次ぐ、歴史的快挙を達成しました。さすがです。

最後の直線でのあの伸びは、「牝馬」らしいと表現されるに相応しい。男まさりではなく、あくまで牝馬として勝負している印象でした。

世界を獲りにいける馬として、今年は是非凱旋門賞。ディープインパクトの敵を討ちに打って欲しい。51キロの軽量なら、あるいはやれるかもしれませんね。日本3歳最強馬として、ジャパンのレベルを見せ付けてください。最終の目黒記念も角居厩舎。日本ナンバーワンの厩舎に成長した角居師が、これからの競馬を引っ張っていくことでしょう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-28 11:33
アンディ・サワー、開幕戦に向けて好調維持
先週、シュートボクシングVS中国散打の対抗戦が行われました。
珍しく日本の話題です。さらりとみていきましょう。


Yamashita (Target-Z) def. Tomonori Suzuki (Shonan Gym) by 3-0 Decision (30-29, 30-28, 30-27)

Takafumi Yamazki (Chute Boxe Japan) def. Yoshiyuki Tokita (Cesar Gym) by 3-0 Decision (30-29, 30-28, 30-29)

Shuho Yamamoto (Mach Dojo) def. Akihisa Iwasaki by Round 1 2:00 KO

Tsuyoshi Tori (U-File Camp) def. Kazumoto Sekido by 3-0 Decision (30-26, 30-26, 30-26)

Naglancun Masa M16 (Team Oikawa) def. Hideo Mihara (Cesar Gym) by 2-0 Decision (30-28, 29-29, 30-2

Fight 1: Shootboxing vs China - 60kg
Takeshi Ishikawa (Cesar Gym/1st ranked Featherweight) def. Duan Hansong (China) by 3-0 Decision (30-29, 30-28, 30-29)

Fight 2: Shootboxing vs China - 71kg
Koichi Kikuchi (Neyagawa Gym) def. Jiang Chungpeng (China) by 3-0 Decision (30-28, 29-28, 30-2

Fight 3: Shootboxing vs China - 71kg
Bao Hui (China) def. Takashi Ono (Unit-K) by 3-0 Decision (30-27, 30-27, 28-27)

Fight 4: Shootboxing vs China - 71kg
Andy Souwer (Team Souwer) def. Wei Shoulei (China) by 3-0 Decision (30-27, 30-29, 29-2

Fight 5: Shootboxing vs China - 71kg
Kenichi Ogata (Cesar Gym) def. Xu Yan (China) by Round 3 0:58 KO (Knee to the body)


ここで注目すべきは、やはりアンディ・サワー。無理せず、しかし確実に相手を3-0の判定で下し、開幕戦へ弾みをつけましたね。
にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-28 11:11 | K-1
ダービーの予想
本来コラム&情報がメインのこのブログですが、今日は年に一度お祭りである日本ダービー(Jpn1)の予想をしてみますよ。

本命 フサイチホウオー

父が東京巧者のジャングルポケット。その父も東京競馬場に強い子供を出し続けたトニービン。母父のサンデーサイレンスが切れ味を加え、距離適正的には2000Mベストと思われますが、十分主役として張れる能力は証明済み。勝って、凱旋門賞へ。

対抗 ヴィクトリー

フサイチホウオーを倒せるなら、このヴィクトリーだけだと思います。
皐月賞を逃げた馬はダービーで軽視される傾向にありますので、この馬を低く見積もるのは間違え。父のブライアンズタイムは当然ダービーOK。

3番手 ヒラボクロイヤル

青葉賞のタイムはゼンノロブロイと同じ。堅実に2着以内を狙うならこの馬。

買い方が堅いので、ホウオー→ヴィクトリー ホウオー→ヒラボクロイヤル の馬単2点。
これで明日は勝負します。

ウオッカ、アドマイヤオーラは距離適正が合わないことで切りました。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-26 22:23
東欧のレッドスコーピオン。オランダ出撃か??
K-1の世界では名門といえるチムックジム公式HP(ベラルーシ語)によると、

書いてあることは全くわからないですが、
イグナチョフという単語とアムステルダムという単語が目に付きました。

ととととと、ということは、イグナチョフ出場? トーナメントの最後の枠はまままままさか、イグナチョフ?

続報が入り次第、このニュースはピックアップしていきたいと考えています。
にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-05-25 17:24 | K-1
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧