<   2007年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧
なんでそういうこと言うかな~
永田克彦は兄・裕志との兄弟王者目指す

 この日の会見には対戦が決まった宇野と永田が出席。ミドル級トーナメント初挑戦となる永田は「宇野選手は昔からリスペクトしていたので、いきなり戦うことができて嬉しい。これまで日本人選手とすごい試合をしてきたので、それを超える試合をしたい」とコメント。2日の「Dynamite!!USA」では、イザイア・ヒルのひざ蹴りで鼻を強打したが、診断の結果、骨折はなし。すでに痛みもなく、万全のコンディションで初戦を迎えることができそうだ。
 兄の永田裕志がひと足早くIWGP王者になったことで「自分も負けてられない」と気合十分。HERO’Sミドル級トーナメントを制し兄弟王者を目指す。

(スポーツナビより)


上記の会見見てください。

兄の永田祐志が格闘ごっこで勝つ順番が回ってきたことと、HERO'sとは何も関係ないじゃないかと思うのです。

いい加減、プロレスと格闘技はきちんと分けて報道しなきゃいけないんですよ。

いままで、プロレスという存在に疑問を持っていた人も多いかと思いますが、報道姿勢やジャンルの分別の問題に言及した人はあまりいないと思います。「プロレス→競技格闘技」というようにファン層が流れてきたことも原因でしょう。もう日本でK-1が、アメリカでUFCが始まって15年。当初は玉石混合であったこの世界も、長い年月を経て競技として成熟しています。乱立し、よくわからなかった各団体も力関係が明らかになるにつれて整理統合がより活発に進むでしょう。
その動きの中にあって、いまだプロレスなどと同じカテゴリーで紹介されているようではいかんのです。日本は世界に名だたる格闘大国であり、来日する格闘家は皆「日本人は我々をリスペクトしてくれる」と言ってくれます。
まだまだ欧米では格闘技の地位が低いです。しかし、相撲や空手、柔道などを中心に、格闘に親しみのある日本人にとっては、そうではない。リスペクトの対象なのです。

欧米で受け入れられるようにするには、柔道同様により「競技化」が必要なのです。厳格なルール。統一されたコミッションなどがそれです。
K-1が目指すべきは、「競技化されつつもエンターテイメント性を存分に所有」することだと思います。
アメリカンドリームで一発当てるというようなやり方ではなく、今欧州で進めているような地道な方策が、後に身を結ぶと考えます。中年親父の楽しみを奪うような言い方で申し訳ないのですが、もうプロレスとは縁を切るべきです。総合格闘技も同様です。そのためには、こうして今後も意見を表明していくつもりです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-16 11:21 | K-1
エキサイトブログのサーバーが何度も死んでいる件
今週ずっと繋がりにくくて、きちんと更新したり、コメントに返事ができません。

今朝やっと繋がったので、なんとか書き込みができそうですが、
一体何が原因なんでしょうか?

こちらはタダで利用している立場なので、そんなに強くは言えませんがこれでは全く使えませんね。

アクセスしてくれたみなさんも、あまりに繋がらなくて「閉鎖したのか?」と思われた方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

今後とも宜しくお願いします。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-16 10:19 | 格闘技以外
マイティ・モーが王座挑戦
今日、オランダ大会の記者会見がありました。

実質「時期S・ヘビー級王座挑戦者決定戦」といえたチェ・ホンマンとの試合をKOで制したマイティ・モーが、シュルトの地元オランダで王座挑戦。シュルトVSモーはオランダでもビッグニュースとなるでしょう。

これだけでも今年最大のビッグマッチなのに、K-1はさらなる隠し玉を用意していた!

まずは、予想されたイグナチョフは出場せず昨年のベスト16ファイター・ポール・スロウィンスキーが登場。ホーストも絶賛する素質の持ち主だけに、かなり期待できるでしょう。逆に、日本人枠は出がらしの天田ヒロミ。これは全く期待できません。横浜大会でしょっぱくグーカン・サキにKO負けを喫したばかり。地獄のローキッカー・スロウィンスキーには歯が立ちませんね。オランダのハイレベルな舞台には似合いません。武蔵でも出せばよかったんですけどね。

次に若手のホープ・澤屋敷純一とHIROYAの出場。武蔵、魔娑斗時代から、この二人の時代に移り変わっていく大会となるかどうかは注目です。

そして、なんとあのボブ・サップピーター・アーツとの対戦で調整中との話。まだ決まっていない段階での発表は異例中の異例
仮に実現すれば、サップにとっては1年半ぶりの試合となります。谷川IPによれば、実現の可能性は90%とか。サップは、昨年ドタキャン劇の後をひっぱいてたと思われるPRIDEが事実上開催不能状態に陥っていることを考えると、活躍の舞台はK-1しかないということに気がついたのでしょうか?

トーナメントは天田を除いては超ハイレベル。ネレドバ、フィリップスなどナゾのヴェールに包まれた欧州戦士たちがどのようなファイトをするのか、非常に楽しみ。昨年覇者のブレギーが本命であることは間違えないでしょうが・・・・。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ

■「K-1 WORLD GP2007 IN AMSTERDAM」
6月23日(現地時間・土) オランダ・アムステルダムアリーナ 開場14:30 K-1主催試合開始18:45※試合前にショータイム主催試合あり
<スーパーヘビー級タイトルマッチ K-1ルール K-1ルール 3分3R・延長2R>
[王者]セーム・シュルト(オランダ/正道会館)
[挑戦者]マイティ・モー(米国/フリー)

<スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長2R>
ピーター・アーツ(オランダ/チームアーツ)
対戦相手未定

<スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長2R>
ルスラン・カラエフ(ロシア/フリー)
メルヴイン・マヌーフ(オランダ/ショータイム)

<スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長2R>
澤屋敷純一(日本/チームドラゴン)
ニコラ・ヴェルモン(フランス/ファウコンジム)

<スペシャルファイト K-1特別ルール 3分3R>
HIROYA(日本/フリー)
対戦相手未定

<K-1 ヨーロッパGP2007トーナメント 第1試合>
ビヨン・ブレギー(スイス/前年度ヨーロッパ王者)
ブレクト・ウォリス(ベルギー/ルーマニア大会王者)

<K-1 ヨーロッパGP2007トーナメント 第2試合>
マゴメド・マゴメドフ(ベラルーシ/チェコ大会王者)
マキシム・ネレドバ(ウクライナ/ハンガリー大会王者)

<K-1 ヨーロッパGP2007トーナメント 第3試合>
ポール・スロウィンスキー(オーストラリア/前年オセアニア大会王者)
天田ヒロミ(日本/推薦)

<K-1 ヨーロッパGP2007トーナメント 第4試合>
ジェームス・フィリップス(ドイツ・クロアチア大会王者)
ザビット・サメドフ(ベラルーシ/リトアニア大会王者)

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-14 22:39 | K-1
K-1 MAX 開幕戦 カード変更&追加
K-1開幕戦のカード変更&追加がありました。
まず、既報の通りシャファーは欠場。変わってオーレ・ローセンということになったようですね。
K-1公式でも伝えられている通り、
ノンタナン・ポープラムックVSファリッド・ヴィヨム、名城VS百虎、そして尾崎VSパク・ウィンヒョンのカードが決まった模様です。

しかし、
ノンタナン・ポープラムックって何者なんでしょう?

Undercard
Nonthanun Por.Pramuk (Por.Pramuk Gym) vs. Farid Villaume (Phenix Muay Thai)

Yuji Nashiro (CT Sports Academy) vs. Hakuto (Ranger Shinagawa)

Keiji Ozaki (Team Dragon) vs. Wing-Heung Pak (Wunique Thai Boxing)

K-1 Max rules
Andy Souwer (Shooto Boxing Holland) vs. Ole Laursen (Untamed) - Ole replaces an injured Ian Schaffa

Artur Kyshenko (Captain Odessa) vs. Soo Hwan Lee (Korea)

Albert Kraus (Team Super Pro) vs. Virgil Kalakoda (Warriors MMA Academy)

Yoshihiro Sato (Fullcast) vs. Denis Schneidmiller (Feuer Sports)

Drago (It's Showtime) vs. Mike Zambidis (Mega Gym)

Buakaw Por. Pramuk (Por.Pramuk Gym) vs. Nicky Holtzken (Golden Glory)

Masato (Silver Wolf) vs. Gesias "JZ" Cavalcante (ATT)

Super Fight
Tatsuji (Iron Ax) vs. Andy Ologun (Team Ologun)

Takayuki Kohiruimaki (Team Dragon) vs. Tsogto "Shinobu" Amara (Freelance)


にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-14 18:11 | K-1
K-1 WORLD MAX 開幕戦 イアン・シャファーに怪我の噂
K-1 WORLD MAX 開幕戦に出場予定のイアン・シャファーに怪我の噂が流れています。

結局ソースを発見できなかったのですが、
すでに海外掲示板では代理は誰だという論争になっているようです。(自分はあまり2chなどは見ないので、日本の掲示板での動向は未確認です)

念のために解説しておきますと、シャファーは世界最終選抜では日本の新星尾崎を破り、須藤元気に続いて日本人狩りを果たしたオセアニアの選手。ドーソン辞退で回ってきたチャンスを再び手放すことになりました。対戦相手は「MAXで2番目に強い男」アンディ・サワーです。

代理については、MAXの「便利屋」オーレ・ローセンという噂もありますが、自分としてはオセアニア代表の代わりなのでオセアニアの選手を出すべきと考えます。

ボクシングに出場しているドーソン以外となれば、当然若手のホープであるジョーダン・タイの名が挙がっておかしくないでしょう。もうひとり、オーストラリアの「暴れ馬」ジョン・ウェイン・パーも忘れてはいけません。スケジュールが空いているなら、この豪州最強の戦士にもう一度チャンスを与えてほしいものです。クラウス、ブアカーオという二人の王者と引かない打ち合いができる数少ない選手だと思います。

いずれにせよ、シャファーが欠場するのかどうかも含めて続報を待ちたいですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-14 10:38 | K-1
K-1 オランダ M・ディレッキーの対戦相手とは?
今回のK-1はフジテレビ放送のWGPのため、MAX階級の試合は放送しないと思われます。

したがって、2月にクラウスを倒したばかりのムラッド・ディレッキーの試合は見れそうにありません。CS放送でもです。

今年、一発目の日本代表決定Tスーパーファイトでクラウスの顎を打ち抜き衝撃的なMAXデビューを飾ったディレッキー。しかし、当確と思われた開幕戦出場はなりませんでした。
彼はオランダを主戦場にしており、MAX開幕戦のメンバー決定前からこの大会に出場することが決定していたためと思われます。

では、今回ディレッキーがスーパーファイトで戦うことは周知の通りですし、この選手についてはK-1ファンならば名前とクラウスを倒したことくらいは知っているでしょう。

今回はその対戦相手を調べてみました。

その名は、イベントなどで「K-1MAXに出場してみたい」と意欲を燃やしているという(海外掲示板の情報なので、ほんとかどうかは知りません)Joeri Mes。
ジョエリー・メスと表記されますが、おそらく現地での読み方である「ユーリ・メス」が正しいと思われます。

綺麗にアタマを刈り込んだ強面ファイターで、「ザ・シャーク(鮫)」の異名をとり、なかなかの実績をもっています。

主な対戦相手としては、ラモン・デッカーやライアン・シムソンという欧州の一流ファイターに勝利しています。
しかし、今年判定でアンディ・サワーに敗れるなど、超がつく一流にはまだ追いついていない模様。レイ・スターリンやドラゴの粋には達していないでしょう。
ある意味、ディレッキーにとっては来年以降の70キロ戦線に食いつくための格好のモノサシといえるでしょう。ほとんど試合時間を使わなかったクラウス戦で発揮されなかった実力を見てみたいものです。

しかし、こうしてあまり来日していないMAX戦士の戦績を調べていると、かなりの強豪といえどもサワーとブアカーオには歯が立っていないというのがよくわかります。
この二人のレベルがいかに突出しているかということを再確認してしまいましたよ。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-13 17:50 | K-1
今年はスポーツが面白い。
今年はスポーツが面白いですね。自分的に。

サッカーは我が棲家札幌のコンサドーレが、J2首位を独走。
F1はスーパーアグリの健闘に、新星ハミルトンを中心とした毎レース勝者が変わる大激戦。
競馬はメイショウサムソン、ウオッカの凱旋門賞挑戦。
K-1は横浜大会での奇跡の興行など。

今週の月曜未明のF1カナダGPは大興奮でしたね。
佐藤琢磨が残り数週で8位。このままでもポイントゲットできたのにも関わらず、猛ブッシュでトヨタのラルフ・シューマッハを、そして何と昨年の王者アロンソをオーバーテイクしたときは感動で打ち震えましたよ。
スーパーアグリがマクラーレンを交わした瞬間は、なんとも・・・・。衝撃的で、ビッグインパクトがありました。世界中のF1ファンが震えたと思いますよ。一時期酷評され、ホンダを離れテールエンダー・スーパーアグリの一員となってから、琢磨がここまで這い上がり、そして奇跡のオーバーテイクですからね。日本人ならここで泣かずに何時泣くよ。です。

ウオッカのダービーも感動的ですよね。
歴史的な牝馬によるダービー制覇を見ることができましたから。
四位騎手が「直線で【道】が見えたんですよ。この感覚はダービーを勝たないとわからない」と言ってました。それだけ神がかりだったということですね~。

これから夏、そして秋にむけてスポーツ真っ盛りですから、まだまだ名シーンが見られるかも知れません。楽しみな2007年です。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

そういえば、最近競馬の売り上げが減少しているというのは周知の事実ですが、
それはパチやスロに客を取られているからだと思っていました。
しかし、パチ屋の倒産件数が増えているというニュースを聞き、実はギャンブルをする人口自体が減っているのだということがわかりました。
パチやってた連中は、みんなで競馬にいこう! そしてもっと日本競馬を強くしようじゃないですか!
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-13 12:39 | 格闘技以外
FEGがアメリカで総合をやるのは時期が悪いと思う
日曜日、月曜日と更新をしなかったので(特に書くべき情報もなかったためなのですが)、アクセス数が激減しておるのではないかなと思っていたら逆に増えていてびっくりしました。

いつも、なにかのイベント事の後は必ず数字が伸びるのですが、今週末K-1系の興行はなかったんですけどね。

今まで、アクセス数のことは書かなかったのですが、一日平均のユニークユーザー数が100人程度になりました。嬉しいことですね。にほんブログ村に参加したことや、Web新先生のK-1心中にリンクしていただいたりしたことも関係あるのでしょうか。

とはいえ、別にアクセス数が伸びようが伸びまいが、ここに書きなぐることは大した変わりませんけど。

私のブログの数字程度であれば、まああまり気にしないですけど、こないだのダイナマイトUSAの視聴率は11%だったみたいですね。

これは私が以前言った「格闘技をTVでやっていれば見る絶対数」と同じですね。

つまり、格闘技好きはだいたい見ているわけです。その代わり、新しい層は一切開拓できていません。巨人戦よりはまぁ良いみたいですけど。

K-1の本線。すなわち立ち技のほうのMAXやヘビーでは13%~17%くらいはだいたい取っています。去年のワールドGP決勝は16%でしたね。対して、総合格闘技は結構昔のミルコVSヒョードルでも13%位。したがって、日本の視聴率は立ち技>総合なんですよ。

今の一般的な視聴者はプロレスなど見たこともないから、ブロック・レスナーなんて誰も知らないし、興味ないんですよ。マイティ・モーは立ち技でこそ面白いんですよ。永田の試合はしょっぱいんですよ(関係ないか)。

あんな興行では、やっぱり駄目です。PRIDEを騙して潰したダナ氏だって「K-1は欧州を中心に世界中で興行を行っているのに、なんでアメリカであんなことをやるんだ?」みたいなことを言ってましたよね。
谷川IPはコンテンツに自信があるといってますけど、アメリカ人は他国からの輸入スポーツにはいまいち興味を示さない国がらだってことに気がついてほしいですね。

で、何がいいたいかというと、私も細々とこのようなブログで応援するので、しっかり立ち技をやってほしいぞということです。

何度も書いてますね。はい。スイマセン。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-12 13:45 | 総合格闘技
イグナチョフ正式出場決定か!? in オランダ
レミーの欠場に続いて、新しい情報を仕入れました!

http://www.fighttalk.nl/pages/news.php

↑このオランダの格闘サイトによれば、

Deelnemers K1 kwalificatie toernooi:
1. Bjorn Breggy
2. Maxim Neledva
3. Brecht Wallis
4. Muhammed Magomedov
5. James Philips
6. Zabit Samedov
7. Alexei Ignashov
8. ??


現在の欧州予選T出場予定者は以上のようになっています。

なんと、いつのまにやらアビディのかわりにイグナチョフが!?

すっかりパン屋をはじめて人間がまるくなったアビディよりも、イグのほうがよかったのでこの変更は歓迎ですね! 膝が治っているのかどうかが気になりますが。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-12 10:11 | K-1
レミー・ボンヤスキー、家族の不幸でオランダ欠場か?
K-1 WORLD GP in Amsterdamでピーター・アーツとの王者決戦を控えた、ツータイムスチャンプのレミー・ボンヤスキーが、同大会を欠場するという情報が海外系のK-1フォーラムを中心に流れています。

様々な情報を統合すると、母が亡くなったため、ボンヤスキーのモチベーションが上がらずこのままの状態では試合ができないというものです。すでに現地プロモーターのサイモン・ルッツ氏は代理としてレイ・セフォー、もしくはバド・ハリのどちらかをという発言をしているとのこと。
これが実現すれば、セフォーVSアーツ、もしくはハリVSアーツという超ド級のマッチメイクを目の当たりにできることになりますね!

昨年、レコの再三に渡る下腹部への攻撃にさらされ勝利しながらも欠場を強いられたり、一昨年には奥さんと別れたりと、毎年不幸に見舞われるレミー。
この悲劇からも立ち直って欲しいと思います。

best wishes to Remy and his family!

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-12 09:54 | K-1
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧