<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
緒方健一VSアルバート・クラウス
今年のシュートボクシングは毎回スカパーのほうでチェックさせていただいておりますが、
10月の大会はかなり豪華なものになりそうですね。

まずは決まったカードで、緒方VSクラウス!

そして、アンディ・サワーが超大物との対戦を調整中とのこと!

誰とやるんだろう? K-1ファイターでなければ、ムエタイ系の選手でしょうか?
クラウスとサワーが出てくるなんて、すごいですね。地上波でやってもいいんじゃないか?
ドーソン、シャバリ、アルマーニと70キロ級の大物が続々登場です・・・。
まさしく、ミニMAXですね。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

シュートボクシングも応援してます。→人気blogランキングへ

シュートボクシング協会
国連支援児童福祉・ガン難民救済チャリティーイベント
「BATTLE SUMMIT GROUND ZERO TOKYO 2007」
2007年10月28日(日)東京・両国国技館
開場14:00 開始15:00

<決定対戦カード>

▼シュートボクシングルール 70kg契約 3分5R無制限延長R
緒形健一(日本/シーザー/SB日本スーパーウェルター級王者&S-cup2006王者)
VS
アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ/K-1 WORLD MAX初代王者)

<出場予定選手>
アンディ・サワー(オランダ/TEAM SOUWER/S-cup2002・2004王者)
宍戸大樹(日本/シーザー/SB日本ウェルター級王者)
ダニエル・ドーソン(オーストラリア/シュートボクシングオーストラリア・FIVE RINGS)
ファディル・シャバリ(オランダ/TEAM SOUWER/WFCA世界ミドル級王者)
カマル・エル・アムラーニ(ドイツ/バーサス)
菊地浩一(日本/寝屋川)

(GBR 格闘技WEBマガジンより)

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-30 22:57 | K-1
K-1はどこまでシステマチックになるべきか。
「日本人は他の国のことを良く勉強し、良い部分を取り入れることにかけては世界でも最高」

というようなことを、今年「英語でしゃべらナイト」でパックンが言ってました。

アメリカ人は、自分の国でしかやっていない競技(野球とか)で「ワールドシリーズ」とかのたまうおめでたい国民。なので、アメリカ人のパックンがそういう感想を持つのは致し方ないところはありますが。

日本と南朝鮮が合同でフットボールのワールドカップを行ったときに、ヨーロッパ人の誰かが、
「日本と南朝鮮が違う文化を持つ国とは知らなかった」
と言ってましたっけ。

たとえば、イギリスとフランスが同じ文化を持っているとは、日本人は誰も思っていません。

これが世界の日本に対する認識なのだなぁと改めて思いましたよ。
日本人は世界でもまれに見る他の国をリスペクトする国民だということですね。

で、なんでこんなことを書くのかというとですね……

いわゆる「格闘技ファン」らしきブログや意見などを読みますと、
非常に現状の主催者が恣意的に出場選手や組み合わせを決める現在の体制に対して批判的なわけです。

そういう人たちの意見を集約しますと、

「もっとシステマチックに」
「実力主義で」


という二つに絞られると思います。

一応解説しますと、システマチックというのは、トーナメントや代表決定戦のような試合で勝った選手を開幕戦に推薦するという機械的なシステムのことです。
現在、レイ・セフォーとビヨン・ブレギーがラスベガスで試合をし、ブレギーが勝ったのにセフォーの開幕戦行きが決まりブレギーが出れないというのはどういうことだというお怒りの諸兄もいらっしゃります。こういう意見は、「システマチック」なものを求めているのだと解釈できます。
当然気持ちはわかります。自分もシステマチックなものは好きです。

そして、実力主義でというのは、実はシステマチックにしてほしいというのと全く同義であると解釈できます。
負けているけど人気の高い選手を出して欲しいとは思わず、地味でも人気がなくても結果の出ている選手を出して欲しいという人です。

「格闘技ファン」の方々って、こういう人が圧倒的に多いような気がします。

これは日本人特有なのかなぁと思います。
他国の人もきちんとリスペクトし、公平な土俵を作りたがるという。

ここからは、ちょっとぶっちゃけた話なんですが。。。。

完全に実力どおりの16人を選んで、システマチックにしてしまったら、武蔵も藤本も澤屋敷も開幕戦には出られませんよ。
開幕戦メンバーのうち、半分が入れ替えになるような気がしますよ。「現在の力」でいえばジェロムやハリッドは特に危ないと思います。

おそらく、これまで以上に欧州出身者で塗り固められるでしょうね。

それでいいのかな? と。

完全実力主義もいいですが、ある程度の実力を測った上で、
世界戦略を目指すなら、国籍のバランスや知名度なども必要なんです。
もちろん、TV視聴率もです。

最終的には、K-1も完全にシステマチックになるようになるかもしれません。
しかし、格闘技の世界でシステマチックな興行を実現した団体は過去にひとつもないのが事実です。

ボクシングは力の強いジムに所属した者やTV局がバックについた者に多くのチャンスが訪れる非常に不公平なシステムを堅持しています。

一昔前に流行したPRIDE GPはひとつの地区予選も持たず、K-1がはだしで逃げ出すほど恣意的で主催者の意向に塗り固められたトーナメントを組みながら「完全実力主義」と大法螺を吹いていましたっけ。

今年のK-1開幕戦は、
昨年度のベスト8人+世界予選優勝者4人+現役タイトルホルダー1人。
13人は少なくともシステマチックに決められています。

ホンマン、セフォー、澤屋敷の3人をここに主催者が追加したからといって、
特に世界的に不満のある16人を選んだとは思えない・・・というのが私の意見です。

自分としては、噂のあったセルゲイ・ハリトーノフであるとか、外様を1人くらい入れてもいいと思っていたぐらいですよ。

常に外敵を取り込んで戦ってきたK-1なのだから、もっと多種多様な格闘技選手を入れてもいい。(今年のMAXでのJZカルバンのような)
各地の予選だけで選んでも、トーナメントタイプのテクニシャンだけになってしまうでしょ?
もっと爆発力のある1試合入魂タイプの総合系ファイターがいてもいいんじゃない? 1人くらい。話題にもなるし。

確かに、システム上を駆け上がってきた実力選手を冷遇するのも可哀想だし、問題だと思いますが、この世界は活気が大事なわけで、そういう規格外な選手をボンといれてやるのも主催者の腕だと思いますよ。

という感じです。なんか長い割りにとりとめがない主張になりましたね。すみません。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

ドラゴも選ばれたしね……→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-29 16:00 | K-1
K-1開幕戦の推薦枠決定
開幕戦の出場枠はセフォーと澤屋敷ということで、まさに我が「かかとおとし」的には完全的中だったわけです。(自画自賛……するほどのことでもない?)
これでラスベガスがヴィニーじゃなくてサメドフだったら完璧だったのに……。

さて、そんな中でマイティ・モーVSチェ・ホンマンのリベンジマッチが組まれることになりました。パワーファイター対決ですが、モーはインファイト、ホンマンはアウトファイトで戦うタイプ。ホンマンにとっては一度壮絶にKOされている厳しい対戦相手となってしまいました。祖国で無様な試合は見せられないでしょうしね。

モーにとっては、正統派のキックボクサーと当てられていいところを出せないという試合になるよりは、願ったり適ったりの対戦相手でしょう。

昨日報告した噂話……セフォーVSアーツ、ハリVSヴィニー、バンナVSカラエフが実現するとすれば、ますます混迷を深めるのが王者シュルトの対戦相手

私の読みではスロウィンスキーあたりが当てられると思っているのですが、レコ、ハリッド、シュルトという3人のゴールデングローリーをどう散らすのかが主催者の手腕の見せ所でしょう。

また、今年2回試合が流れたハリッド・”ディファウスト”は本当に開幕戦に出られるのでしょうか? 2試合とも怪我との話で、もしかしたら欠場という可能性は大いにありうると思います。その場合、武蔵が選ばれる可能性が高く、それを見越したマッチメイクが行われるかもしれません。(←予言。当たったら褒めてください。外れたら忘れてください)

また、私は年々高齢化が進むK-1ヘビー級ですので、
ここいらで思い切って30代同士のトップファイターをガンガン当ててふるい落としにかかるべきと考えています。
その意味でセフォーVSアーツは賛成です。推薦枠に澤屋敷を入れたのも問題ありません。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

澤屋敷の対戦相手は誰か?→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-28 10:30 | K-1
開幕戦の組み合わせ情報 in 海外
http://forum.kakutougi.info/showthread.php?t=8389

↑「KAKUTOUGI」という海外の情報系掲示板(?)によれば、
ジェロムの関係者によれば「対戦相手は95%カラエフ」とのこと。

さらにバド・ハリの対戦相手はラスベガス勝者のヴィニーという話もあります。

http://www.roguemag.com/index.php?option=com_content&task=view&id=84&Itemid=92
↑ヴィニーのインタビュー。この中で9月にバド・ハリとどうとか言ってます。


http://www.mixfight.nl/forum/showthread.php?t=74443
↑こちらではレイ・セフォーVSピーター・アーツとか。

どれも、本当かどうかは定かではないですが、「いかにもありそうなカード」という意味では正しいソースなのかもしれませんね~。

また、以下はロシア語のサイトのため、
全くわからないのですが、

http://kharitonov.mmaru.de/←これ

<内容>
Сергей Харитонов подписал контракт с K-1 Автор : Rings

セルゲイ・ハリトーノフがK-1とどうかしたとか。

Сергей Харитонов подписал контракт с бойцовской лигой K-1.
Сергей будет драться на турнирах по смешанному стилю Heros, а в
будущем и на турнирах K-1.
↑ヒーローズに9月出場するかも? とか。


でも、トーナメントという単語もあり、これってソウルの開幕戦? とか?

何が起こっているんだろう……。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

ハリトーノフを開幕戦に出すなら、相手はシュルトしかないだろう→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-27 11:28 | K-1
アゼム・マクスタイVSアレクセイ・イグナチョフ
http://www.azem.ch/fights.html

↑アゼム・マクスタイの公式サイト

によれば、

ニュージーランドでのK-1において、マクスタイVSイグナチョフが決まったと書いてあります。

大会の詳細はわかりませんが、K-1ファイティングネットワークのひとつだということです。
イグナチョフの復活具合が気になります。


ところで、格闘技雑誌(タイトル忘れました)で谷川氏の最近のインタビューを読みました。
印象的だったのは、

「数字も動因も、日本以外では伸びている」
ということと、

「バド・ハリやカラエフをホーストやアーツのようにしたい」

と、いうことです。

最近の欧州大会を見ていても、大会数も増えてきているし、アムステルダム大会も本当に盛り上がっていましたよね。一番静かなのは日本のオーディエンスですよ。
日本の格闘マスコミはやはりプロレスというのが前面にきて、船木とミノワが表紙だった格闘雑誌とかも最近見ましたが、私なら世界へ打って出たノゲイラか、MAXのブアカーオだろうと思うわけです。戦力的には雑魚と言ってもいい連中を正面に引っ張り出してもね・・・・。
恥ずかしいですよ。なんか。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

マクスタイの根性は好き→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-26 10:00 | K-1
たまには一般時事ネタもまじえつつ
あまり歓迎されないでしょうが、たまには最近思った時事ネタ。
横峯さくらのパパが「賭けゴルフ」をやっていたという話。
「賭けゴルフ」の何がそんなに悪いのかよくわかりませんが、
「法律違反だ」というマスコミ諸君はまず北朝鮮への送金の温床になっているうえに、
悪質なギャンブルであるパチンコ・パチスロ業界に対して一言でも言ってみろという感じです。


安部総理の評価。
かかとおとし(夫)的には、
「戦後レジームからの脱却」「教育再生」「美しい国」
というフレーズが、悪いことを言っているとはまったく思わないし、そのとおりだと考えるので、
ここまで人気を落としてしまっていることが残念です。
「美しい国作り」の何が悪いのか、教えてほしいよ。
国が美しくなることで、誰か不利益をこうむる人がいるのか……?

しかし……
確かに赤城元農水大臣(脳衰大臣?)の絆創膏とか、きゅーま元防衛庁長官のうっかりぶりとかは、「美しい国」にふさわしいリーダーとはいえないわけで……。
そのフレーズと度重なる「美しくない大臣」たちとのギャップに、大衆が失笑していたのは間違いないのですね。

大きなキャンバスを広げて、「美しいものを書きます」と言いながら、間違ってボタボタ筆から絵の具を垂らしてしまったような印象を与えているんですよね。

日本のマスメディアの卑劣さに負けないでがんばってほしいという気持ちはあるんですけど。
たとえば、今度のインド訪問。安部さんの目的は「アメリカ、オーストラリア、インド、日本」による4カ国同盟の布石にあるわけです。この同盟は、当然軍事的な面も入ってきます。この4カ国が中国や朝鮮半島、パキスタンなど危険な国々を軍事的にけん制すれば、非常に外交を有利に進めることになるでしょう。しかし、中国や朝鮮に配慮してか、日本のマスコミはほとんどその真の目的を伝えませんね。

安部総理の外交的な戦略を一切伝えず、繰り返し流れるはうつ病の横綱と、素行の悪いプロゴルファーのパパの話ばかりでは……。

日本のマスコミは死んでいるなぁ。

最後にK-1話。

セフォーに勝ったブレギーは推薦されるべきかという問題です。
多分、候補に挙がった6人のなかで一番強いのはブレギーなんだと思いますよ。

でも、なんでいまいち推薦する気にならないんだろうなぁ……。
負けるときがあまりにもあっさりしているからか、勝つときもいまいち盛り上げないからか……。

でも、セフォーに勝ったときはすごく嬉しそうでしたネ。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-24 17:54 | 格闘技以外
【結果】K-1ハンガリー大会
カラチ、マイストロビッチが貫禄の勝利。
トーナメントはトロク・ダニエルが優勝した模様です。

まずは結果のみの更新とさせていただきますが、
この大会はあまり規模が大きくないようなので、K-1本戦にからむかは微妙です。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ

Tournament reserve fight / K-1 rules 3x3min
Kis Balázs VS Boros Attila
WINNER: Kis Balázs

Tournament quarterfinal #1 / K-1 rules 3x3min
Veres Ádám VS Meiszter Gábor
WINNER: Veres Ádám

Tournament quarterfinal #2 / K-1 rules 3x3min
Mark Bos VS Török Dániel
WINNER: Török Dániel

Tournament quarterfinal #3 / K-1 rules 3x3min
Souleimane Konate VS Ferencz József
WINNER: Souleimane Konat

Tournament quarterfinal #4 / K-1 rules 3x3min
Jánosi László VS Zilai Sándor
WINNER: Jánosi László

Prestige fight #1 / K-1 Max rules 3x3min
Goran Kovacevic VS Nagy Zsolt
WINNER: Nagy Zsolt

Tournament semi final #1 / K-1 rules 3x3min
Veres Ádám VS Török Dániel
WINNER: Török Dániel

Tournament semi final #2 / K-1 rules 3x3min
Souleimane Konate VS Jánosi László
WINNER: Souleimane Konate

Prestige fight #2 / K-1 rules 5x3min
Petar Majstorovic VS Nagy Tibor
WINNER: Petar Majstorovic

Prestige fight #3 / K-1 rules 5x3min
Luca Sabatini VS Karacs Attila
WINNER: Karacs Attila

Tournament final / K-1 rules 3x3min
Török Dániel VS Souleimane Konate
WINNER: TÖRÖK DÁNIEL

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-22 09:57 | K-1
MAXのリザーブファイトについて
小比類巻VSヴァージル・カラコダ
ダニエル・ドーソンVSソフィアン・アローシェ

というカードが発表されました。

あれ? ドーソン、どうしたの?
って感じですけれども、なにはともあれ、小比類巻を除けばすばらしい11人が揃ったものですね。

どうせなら、KHANでカラコダを破ったキム・セギも出してほしかったですが。

そういえばHIROYAも出るそうですね。
彼のような若い選手がどんどん出てきてほしいんですけどね、特にヘビー級に。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-21 23:14 | K-1
K-1ハンガリー大会
日本ではディファ有明でK-1トライアウトが行われ、強太郎レンジャーがソウルへの切符を手にしたとのことですが、
ハンガリーでも負けずに地元ファイターがたくさん出場する大会がありますね。

スーパーファイトでアティア・カラチとピーター・マイストロビッチが出場するくらいしか有名選手がいませんね。。。。。

ところで、この大会、マットマガジンでは8月19日に行われたとありますが、結果がまだ見つかりません。見つかるのであれば、また報告しますが。。。

Sunday, August 19th 2007 / Debrecen - Hungary


Opening fight / K-1 MAX rules 3x3min
Goran Kovacevic Croatia VS Nagy Zsolt Hungary

Tournament reserve fight / K-1 rules 3x3min
Kis Balázs Hungary VS Boros Attila Hungary

Tournament quarterfinal #1 / K-1 rules 3x3min
Veres Ádám Hungary VS Meiszter Gábor Hungary

Tournament quarterfinal #2 / K-1 rules 3x3min
Mark Bos Netherlands VS Török Dániel Hungary

Tournament quarterfinal #3 / K-1 rules 3x3min
Souleimane Konate France VS Ferencz József Hungary

Tournament quarterfinal #4 / K-1 rules 3x3min
Jánosi László Hungary VS Zilai Sándor Hungary

Prestige fight #1 / MMA rules 2x5min
Thomas Fötsch Austria VS Német "Tatár" Gábor Hungary

Tournament semi final #1 / K-1 rules 3x3min
Winner of quarterfinal #1 VS Winner of quarterfinal #2

Tournament semi final #2 / K-1 rules 3x3min
Winner of quarterfinal #3 VS Winner of quarterfinal #4

Prestige fight #2 / K-1 rules 5x3min
Petar Majstorovic Switzerland VS Nagy Tibor Hungary

Prestige fight #3 / K-1 rules 5x3min
Luca Sabatini Italy VS Karacs Attila Hungary

Tournament final / K-1 rules 3x3min
Winner of semi final #1 VS Winner of semi final #2


にほんブログ村 格闘技ブログへ

ハンガリー料理は旨いらしい→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-20 11:03 | K-1
開幕戦出場枠ファン投票開始
公式では、セフォー、武蔵、澤屋敷、ピチュクノフ、サメドフ、ブレギーが候補として上がっているようですね。。。。

私の清き(?)1票は、澤屋敷です(笑)。

セフォー、2戦0勝。
武蔵、2戦1勝(王戦はノーカウント) 勝ったのはパクのみ。
澤屋敷 3戦3勝。
ピチュクノフ、6戦4勝。
サメドフ、6戦4勝。
ブレギー、4戦3勝。


以上から考えると、セフォーは除外されそうな気がするのですが、やはりシュルトからダウンを奪ったことは3勝にも4勝にも値するのですな。

正直、武蔵は6者の中でも最低の戦跡であり、彼を出すくらいなら、澤屋敷を出してほしいです。

そういう意味をこめて、今回は澤屋敷へ投票してみました。いわば、武蔵を出すなという意思表示です。

サメドフがラスベガスを優勝していれば、以前私が予想した開幕戦の組み合わせが実現したのでしょうが、さすがにそうはいかなくなったようですね。

フジテレビとFEGの考えと、ファンの動向を想像するに、無難に「セフォーと澤屋敷」という組み合わせで決まるのではないでしょうか。

ところで、
ヴィニーの実力をファンはどのように考えているのでしょうか。
私は開幕戦メンバーでは弱いほうだと思いますが、案外こういうわけのわからない選手が勝ちあがるのがK-1。「2007年番狂わせ対決」で澤屋敷と当てるのも面白いかもしれません(笑)。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

開幕戦でブレイクするのは誰だ?→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-08-19 11:55 | K-1
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧