<   2008年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧
マゴメド・マゴメドフ、ハンガリー大会不参加?
FEGの公式HPによると、昨年の欧州GP3位のマゴメド・マゴメドフが対戦組み合わせからいなくなってます。なにー。

代わりにクロアチアのトヴァロヴィッチ・ダミールという選手の名前が……。

誰?

と、調べてみると昨年のクロアチアGP(欧州GPの予選)の準決勝でジェームス・フィリップス(クロアチアGP優勝)に1RKOで敗れており、それ以外ではK-1の成績は残していないようです。

それだけではあまりにもあまりなので、ちょっと調べてみると、どうやらボクサーのようでした。

2006年のサラエボ(ボスニア)で行われたボクシングのトーナメントで、ヘビー級(91キロ以上)準優勝だとか。

よくわからないヨーロッパのボクシング団体ランキングで20位ってのも見つけました。


どのみち、マゴメド・マゴメドフに比べて大幅にスケールダウン

あーどーしたんだー? マゴメドよ。
もしかすると、ロシア人なのでアジアGPに回ったとか? いや、それはないか……。

もうひとつ、アムステルダムGPではハンガリー大会の勝者+2名のシード選手で争われるとのことですが、ポール・スロウィンスキーとステファン・レコがその該当者だそうです!

しかし、しかし、しかしいぃぃぃぃ!!

先にサラエボで行われた「ロードオブザリング」という大会において、

ステファン・レコは手術のため半年以上休養すると宣言してたじゃないですかぁ?

聞いてないとは言わせないぞ。

というわけで、この報道は誤報。というかFEGの間違いだと思うんですな。
相変わらずのマヌケっぷりを発揮したK-1の公式HPですが、とりあえず日本人を出すつもりがなさそうなで、その辺が「ローカル化」ってことでしょうか?

このハンガリー大会から始まる欧州GP。本命は、スロウィンスキーだと思いますが、私は若いエロル・ジマーマンやハンガリーを背負うアティラ・カラチにも期待したいです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

マゴメドフが見たかったのにという人は→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-31 16:32 | K-1
乖離していくK-1とMMA
2008年K-1WGP構想が発表されましたが……。

ここにきて、くっきりと日本の格闘技、立ち技(K-1、SB、各キックボクシング団体など)とMMA(HERO'S、戦極、ZSTなど)の方向性が分かれているような気がするんですよ。

あくまで、「印象」なんですが。

立ち技はK-1が最大手なんですが、こちらは世界各地に法人の設立を進め、今年新たにハンガリー大会をワールドグランプリに昇格させました。中東、ブラジルでの開催も視野に入っているようです。すでにブラジルではHERO'SやMAXなどの大会も行われており、極真空手も盛んな土地柄ですから、プロモーターさえまともなのがついてくれればリオあたりでK-1が開けるかもしれません。テイシェイラも動くかも……。

アムステルダム大会が昨年末から告知が始まっているなど、現地のプロモーションも大分進んでおり、欧州がK-1の覇権を握るとばかりに野心を露にしているようです。

日本やコリア以外では、いまだ格闘技はマニアのものであり、
市民権を得ているわけではないのですが、ハンガリー大会は昨年1万人程度動員しているらしく、やはり欧州は自国のスターがいれば足を運んでくれるみたいです。これがいわゆる「ローカル化」というやつでしょうか。

逆に世界中での開催が増えることは、国内大会が手薄になるということかもしれません。しかし、外国人が手薄になった分だけ、日本人選手を強化する。これが日本の「ローカル化」でしょう。
長い目でみて、力をつけていない日本人をいきなりアーツやバンナにぶつける手法は限界があるでしょうから、これもよいことかもしれません。

しかし、ローカル化というのは、グローバル化があって初めて成立するものです。
おそらく現地法人設立などは、大変な困難が予想されると思います
がんばってほしいものです。

逆にMMAでは「世界へ」という機運は一切と言っていいほどありません
玉砕覚悟でUSAに売り込んだ榊原PRIDEが、巨大な資本という名の掃除機で一瞬のうちに吸い込まれてしまったあの苦い経験が、すっかり日本のMMA界の火を鎮火させてしまいました。

ヒョードルだノゲイラだと言っていたころには、「世界最高峰」は日本だという雰囲気がありましたが、いまや「煽りV」と「会場の熱」だけが仄かにそのころの名残をとどめています。
今年になっても、秋山だ三崎だ、それ前田が田村にとか、吉田参戦とか、そういう非常にドメスティックな話題しか出てこない。(コメントが多かった私の数日前の記事も、その手の話題でしたね)
いわゆる「ローカル化」というのがMMA界では進行していて、すっかり外に目を向けなくなった……というか、お金がなくて向けられなくなったというか……。

プロレスは縮小分裂を繰り返して勢力が弱まったといいますが、MMAもやっぱりそういう状況で、谷川IPが「大連立しなくては日本のMMAは危ない」的な発言をしていますが、いままさにその通りだと思いますよ。
ただ、谷川IPは国内のMMAファンには評判が悪いし、なんでもかんでもFEGの軍門に下りたくない人たちが、結局分裂しながら下野していくんだろうなぁと思います。

シュートボクシングがオランダで大会を開催するなど、K-1以外でも外に目を向けている立ち技と、国内だけの内向きの戦いが激しくなってきたMMA。
同じ真剣勝負を基礎とした格闘技でありながら、全く違った進路に舵を切り始めた年が「2008年」だと記憶されるんでしょうか?

にほんブログ村 格闘技ブログへ

今年始めのMAXは会社飲み会のためビデオ観戦……無念……→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-31 10:53 | K-1
サモアの人も警察官の人も(笑)
2008K-1WGPの日程が発表されました。

いかに落ち目落ち目と旧PRIDE王国の難民が騒いでも、
8大会に増やすところが憎いですね。

WGPになったことで、ハンガリー大会ってフジテレビ721で見ることができるんでしょうか?
っていうか見せてくれ~。

もちろん、谷川IPのおっしゃるとおり、最近出ていないサモアの人も警察官の人も帰ってきてほしいですね。特にサモアの人はそろそろ懐もさびしくなるころじゃないでしょうか?
警察官の人は早く怪我を治してください。
そして、外国人に冷たいUFCにいるよりは、強い者に対して人種や国籍による差別をしない日本で戦うべきじゃないでしょうか? その舞台はもちろん、K-1ですよね。

さて、
昨年成功した横浜アリーナでのワンマッチ大会が再び行われますね。
ヨーロッパ勢がアムステルダム大会のほうに出場するため、手薄にならないかどうか心配です。
ここで武蔵VS澤屋敷をやっちゃってもいいんじゃないかな。。。。
バダ・ハリVSハリッドの噂も上がってますね。

そして、久々に福岡大会。
札幌でやってほしかったなぁ。。。。。!!

あれ、ところで世界最終予選は今年はナシですか。

■「EUROPE GP FINAL ELIMINATION」
2月9日(土) ハンガリー・ブダペストスポーツアリーナ

■「スペシャルワンマッチ」
4月13日(日) 日本・横浜アリーナ

■「EUROPE GP FINAL」
4月26日(土) オランダ・アムステルダムアリーナ

■「ASIA GP」
6月中旬 台湾かマカオ 

■「JAPAN GP」
6月下旬 日本・マリンメッセ福岡

■「USA GP」
7月下旬か8月上旬 ハワイ

■「WORLD GP 開幕戦」
9月27日(土) 韓国・オリンピック体操競技場

■「WORLD GP 決勝戦」
12月6日(土) 横浜アリーナ




にほんブログ村 格闘技ブログへ

ハンガリー大会放送してくれー→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-30 23:17 | K-1
クラウス、ひいき判定で敗れる&K-1MAXオランダ予選
2月17日、オランダにて
K-1 MAX Netherlands 2008 The Final Qualificationが開かれます。

優勝者が広島グリーンアリーナでのFINAL16に出場できるということです。

現時点での参加選手を軽く紹介します。
どういう組み合わせかわからないので、順不同で。。。。

イムロ ”マーダー” メイン
アグレッシブな黒人ファイター。
暴れ馬のようなファイトで観客を魅了するも、雑な印象。。。。
オランダ人。

Najim Ethoulalili

ほとんど無名。ネット上でもほとんど見当たらない。よくわからない選手。

ユーリー・メス

昨年はアンディ・サワー、そしてムラット・ディレッキーに敗れる。オランダの中堅ファイター。

アルヴィアー・リマ

ニキー”ザナチュラル”ホルツケン、ワシリー・シシなど、MAX出場経験者たちに勝利している強豪選手。国籍はオランダ。ドラゴと引き分けの経験もあり、優勝にもっとも近い選手か。

ウォーレン・スティーブルマン

すいません。よくわかりません。それほど実績はなさそうです。。。

クリス・ヌギンビ

去年レイ・スターリンに、一昨年はスティーブルマン勝っているようです。
VTRで見る限り、オーソドックスタイプ。オランダ国籍。

レイ・スターリン

名前はよく聞く選手ですね。
昨年新日本キックの70キロトーナメントで3位ですか。望月竜介に2RKOで敗れており、ちょっとこの中では一ランク下。29歳なので、老け込む歳でもないんですが。

マルコ・ピケ

Janus Tournament 07で準優勝。チーム・サワーに所属するアンディ・サワーのスパーリングパートナー。トップファイターと戦う機会が多いものの、勝ちきれない。



優勝予想は、
アクシデントがない限りリマだと思います。



ところで、他のブロガーさんも伝えている通り、オランダのキックの大会(Beast of the East)
でホルツケンがリマにKO負け。そしてクラウスがシャバリに判定負けをしたそうですが、私はシャバリ程度にクラウスが負けるはずがないと思い、調べていました。

そして、その予感は的中しました。

VTRによると、なんと、試合中、常にクラウスがプッシュしてシャバリをコーナーに押し込んでいました。試合中ずっとですよ。

しかし、シャバリはBeast of the Eastのバックアップを受ける選手だったのです。
なんと、クラウスはアジアハンドボール協会もびっくりのインチキ判定で、完全な勝ち試合を負けにされました。

アレは酷い。悪名高い武蔵ジャッジもびっくりだ
Beast of the Eastに興行としての価値はほとんどないような気がします。

こういうあまりにも切ないジャッジが横行する欧州の試合を見てもなお、K-1の判定が酷いといえるのでしょうか。なぜ、欧州の選手たちがK-1を目指すのか、お分かりいただけると思う。

http://forum.kakutougi.info/showthread.php?p=161862
試合内容。興味のある方はどうぞ。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

日本のジャッジは世界一まともだと思う→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-29 12:10 | K-1
今年のスポ~ツ
今年はスポーツの楽しみが多くて・・・

K-1は、毎年楽しみなのでほっておいても楽しくやります。
もうすぐMAXですしね。

いま、K-1はベテランの時代です。その流れに乗れば、HAYATO、TATSUJIといった経験のある選手が優勝しちゃうんじゃないかと思います。。。。
しかし、K-1らしいアップセットも期待したい。

HAYATOは内藤に応援に来てもらうんですね。著名人を応援に呼んでロクなことになったことがないような気がしますけど。

他には、
まずサッカーJリーグ。

日本代表はオシム降板、岡田就任で興味を失いました。。。。
本当に、オシムのサッカーに期待していたので、残念で残念で。。。。
岡田監督に罪はありませんが、監督としての実績が雲泥の差ですからね。

Jリーグは何故楽しみかというと、私の応援する名古屋グランパスが、あの名選手”ピクシー”ことドラガン・ストイコビッチを監督に据えたからです。名古屋のリーダーが、ついに帰ってきました。復活です。
監督としては未知数ですが、ピクシーが大好きだった中学・高校時代が蘇ってくるようで、凄くワクワクしちゃってます。

名古屋はフロントが無能なのですが、数年は長い目で見守りたいです。

もう一つの楽しみはF1で、
これも「復活」がキーワード。
中嶋悟の息子がデビューするってんで、盛り上がってます。
正直、パートナーのニコ・ロズベルグは3年目で経験も上ですし、凄く速い。
しかし、あの中嶋悟や片山右京に熱狂した世代としては、駄目でもなんとか食らいついていってほしいんですよ。

もちろん、激しいチャンピオン争い……ライコネン、マッサ、アロンソ、ハミルトン、ネルソン・ピケJrら若手ファイターにも期待してます。現在のK-1におけるシュルトのような絶対的な王者だったシューマッハ引退後、混戦になってこんなに面白くなるとは……。

シュルトにうらみはないですが、K-1も絶対王者がいないほうが、より面白いんだろーなー……。

あと、ゴルフの石川くんが5億円で松下電器と契約したというニュースを知ってしまいました。
K-1WGPの優勝賞金も3000万でしたっけ。ケタが……
私などは今の仕事で奇跡的な成功を収めたとしても、5億は無理。なにしろ、生涯で5億稼げばスーパーサラリーマンですからね。

高校生に5億か。やる気なくなるな.........特に松下電器の社員おつかれさま。貴方たちが汗水たらして稼いだお金は、お金持ちのゴルフが上手いおぼっちゃんがもって行きますよ。。。。

なんて。

ま、いいんですけどね。

30近いと愚痴っぽくていけねえや(笑)。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

高校生に5億って、倫理観とか大丈夫なんだろうか→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-28 19:59 | 格闘技以外
三崎VS秋山、感動の物語は終わらない!?
プロレスというのは、「想像」の世界だと、どっかで誰かが言っていました。
ストーリーを楽しむ。想像する。それがプロレスの醍醐味だと。

PRIDE患者はよく言いました。
格闘技には「ストーリー性」が大事だと。ミルコがヒョードルに挑むストーリー。あれがカタルシスなんだと。

彼らは常に「物語」を「想像」しながら格闘技を見ている。触れているというわけです。

なるほど、そう考えれば「都合の悪いことはすべて谷川のせい」にしたがる彼らの悪癖は、
谷川貞治という「ヒール」を作り上げて、それにしこたま虐待される、ある種のマゾヒスティックな性癖からきているんでしょうか。

秋山VS三崎は本当にそういう意味で、象徴的な試合になりましたね。

秋山が桜庭を反則でボコボコにしたという「事実」を膨らませて、秋山という半島から来た悪逆非道な「魔王」(しかも帰化外国人のため悪役にしやすい)をイメージで想像し、三崎という正義のPRIDE王国を代表する清廉潔白な「勇者」が「聖地」さいたまスーパーアリーナで雌雄を決するという「物語」を脳内で練り上げました。

まさに、1年にわたる彼らの脳内ストーリーの集大成だったんですね。

その脳内メーカーに、主催者であるFEG&やれんのか実行委員会&M-1も乗る形で実現したこの対戦。

ヒロイックファンタジー風に表現してみましょう。


世界最高峰の王国であるPRIDE王国がある日突然、敵国の侵略で打ち滅ぼされた。

なんとか難を逃れた「英雄」桜庭は、はるかに小さなHERO'S国で活躍を始めた。
しかし、そこに危機が訪れた。
「英雄」桜庭が悪の大魔王・秋山に卑劣な攻撃で滅ぼされたのだ!!!

PRIDE王国の心の支えだった英雄の死は、魔王憎しに機運を盛り上げた。
そして、「聖地」に一人の「勇者」が蘇った。

傲慢な「魔王」は、聖地にまで手を伸ばしてきた。

ここを守らなくてはならない。魔王を倒さなくてはならない。

壮絶な戦いのすえ、
「勇者」三崎が「魔王」秋山を打ち倒した!

母国を失った難民たちはかつての「聖地」で亡国の「勇者」が「魔王」を倒したことで「感動」した!

……はずだった。

秋山は真の魔王ではなかった。

倒されたはずの魔王・秋山は、真の悪の帝王タニガワサダハルの呪術によって、息を吹き返した。
絶大な魔力を持つタニガワサダハルは、勝ったはずの勇者・三崎に因縁をつけ、勝敗を白紙にもどし、魔王との再戦を要求してきたのだ!!!!

なんということだ。

哀れな民衆はまだ開放されていなかったのだ!!!!
もう一度、勇者三崎にお願いして、魔王を滅ぼしてもらわねば!!!!!


………

って、感じですか?

なかなか面白い話ですね。

しかし、事実としては
谷川氏の協力で地上波放送をお情けでしてもらい
冠スポンサーまで用意してもらい、
ホンマンと秋山とカルバンいう格好の悪役まで準備してもらってるわけで。

すべてはFEGやM-1グローバルの作った舞台の上で行われた喜劇だというのに。

まーそういう都合の悪いことはすっかり忘れて、
PRIDE王国の難民たちは、今日も今日とてブログで世間に自分の妄想を押し付けているわけです

まー、物語のカタルシスってのは、主人公、正義側が苦境に陥れば陥るほど、そこから逆転したときの開放感が味わえるって言いますから。
彼らにとって、今の状況は「プレイ」そのものの一環なんでしょーね!
わははは。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

おちょくりすぎた? ごめんね~→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-28 12:16
漢、ジェロム・レ・バンナ。K-1Sヘビー級タイトル挑戦!
K-1の世界で「漢」と言えばJLBこと、ジェロム・レ・バンナに他なりません。

足の怪我の具合さえよければ、4月のK-1WGPinオランダでセーム・シュルトへの挑戦が決まっているようです。(イッツショータイム公式サイトによれば)

もちろん、K-1スーパーヘビー級タイトルマッチです。

前年のK-1WGPファイナル2007において、ジェロムはチェ・ホンマンを下し、セームへ挑戦したもののスタミナを使い果たしており足の怪我もあって2RTKO負けを喫しました。

しかし、明らかにこの対戦はハンデがあった。そこで、ついにストップザシュルトの最終兵器として「左腕の戻ったバンナ」が召喚されることになりました。

バンナにとっては、千載一遇のチャンスです。
簡単な相手ではありませんが、最後の矢として頑張ってほしいです。
当然、シュルトはこの試合に出場するため、ヒョードルと4月にMMAマッチで試合するのはデマだったということになります。

M-1グローバルはおそらくシュルトにオファーをかけていたのでしょうけど、シュルトはタイトルホルダーですから、K-1を優先するのが当然といえましょう。

さて……。

そのオランダ大会なのですが、イベント前半はイッツショータイムというオランダ人主体の興行。後半はK-1ワールドグランプリのシリーズ。二つのイベントをつなげているわけですが、この前半のイッツショータイムのラインナップが気になります。

アルバート・クラウスVSドラゴ

アンディ・サワーVSジョエリー・メス

ブアカーオ・ポープラムックVSファディル・シャバリ

ムラット・ディレッキーVSニキー”ザ・ナチュラル”ホルツケン


MAX階級でこのような4試合が組まれています。
見てください。サワー、ブアカーオ、クラウスという3人の王者にくわえ、シャバリ、ドラゴ、ホルツケンというトップファイターたちが絡んでいます。

このイベント、今年の4月26日なんです。

よく考えてください。今年のMAXの日程を。

広島で行われる予定のK-1MAX世界王者決定T開幕戦は、4月9日です。。。。。。

これって、大丈夫なの?

仮に両方出場するならば、その試合間隔は極めて狭い
しかも、負ければ今年一年が終わる開幕戦を、手を抜いて勝てるほどK-1は甘くないのですから。

仮に2試合を戦ったとしても、準々決勝が7月ですので、まぁ時間はあるといえばありますけど、どうにも腑に落ちない日程。やはりトーナメントを3回に分けたことの弊害が出ているんじゃないかと思います。そもそも、MAXのトップファイターはMAXのみで生活しているわけではなく、自国でも相当に戦っている。彼らの日程を大幅にとってしまうことになるこの3回という制度はやはり問題があるのではないかと、考え直さざるおえないです。

MAXの収入だけで生活できているのは、おそらくMAXファイターでは、魔娑斗くらいでしょう。サワーなど王者たちはおそらく魔娑斗の数分の一のファイトマネーで魔娑斗以上のパフォーマンスをしているのですから、その苦労たるや想像に堅くありません。
しかも、トーナメントを3回に分けられ、半年もその日程を気にしながら戦わなくてはならない状況ですから、これはもう「魔娑斗プロテクト」といわれても仕方がないかも。

特別魔娑斗が好きってわけじゃないし、応援しているわけでもない私にとっては、どうにもやはり腑に落ちない。

もちろん、3回にトーナメントを分割することが、今年だけの実験措置であることは最初からわかっているので、不満を表明するほどのことでもないのですが。。。。。


<余談>

あまり言いたくないことなんですが、今年に入ってからK-1ファン(なのかどうかわからない馬の骨)がスポナビブログを利用して支離滅裂な文章を繰り返し、嘲笑を浴びていることについてかなり落胆しています。
しかし、K-1系のブログが急激に増えていることを考えれば、そういう「バグブログ」も発生してしかるべきと考えています。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

JLBがんばれ!→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-27 21:32 | K-1
アメリカMMA、シュルト参戦?&サップVSノルキヤ
ヒョードルvsシュルト4・11米で実現も
日刊スポーツ - 2008/1/27 9:31

 真の世界最強決定へ、旧PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードル(31=ロシア)が、K-1GP3連覇中のセーム・シュルト(34=オランダ)と対戦する可能性が急浮上した。ヒョードルが所属する米国の新興総合格闘技団体「M-1グローバル」に近い関係者が26日に明かした。4月11日(日本時間12日)に米国で行われる旗揚げ興行に向け、水面下で交渉が進行中。実現すれば総合格闘技界世界一を決める世紀の大一番となる。
(中略)
 当初、ヒョードルの相手にはK-1やUFCで活躍したペドロ・ヒーゾ(ブラジル)、PRIDEで藤田和之を破ったこともあるジェフ・モンソン(米国)らの名前が挙がっていた。しかし、同関係者は「いずれも旗揚げで世界最強とやるには名前不足」と話す。一方で「(総合格闘技は)なじむのに時間がかかる」と話していたシュルトが、今月12日にセルビア・ベオグラードで総合ルールの試合に参戦し、1回KO勝ちしている。「(総合ルールの試合を)年始に組んだのもヒョードル戦への伏線では」とする見方がある。
 実現すれば真の「世界最強」を決定する大一番となる。大連立を掲げる総合格闘技界にとっては、またとないファン拡大のチャンスとなるかもしれない。(デーブ・レイブル通信員)


マニアの中では有名な話で、この記事を書いた日刊スポーツの「デーブ・レイブル通信員」というの人物は存在しない架空の人物らしいのです。

http://sns.nikkansports.com/users/koolpaw/diary/show/7029

http://wwereview.blog95.fc2.com/blog-entry-333.html

http://d.hatena.ne.jp/tomozo3/20061003/1159868835

上記三本のブログをご覧ください。

いかにこのデーブ・レイブル通信員の流すニッカンの記事がいかにいい加減なものかわかると思います。
よって、このものすごいスクープ記事も、いい加減なものである可能性のほうが高いと考えておいたほうがよいでしょう。

で、もうひとつはまともなニュース。

2月23日に行われるアメリカの総合格闘技「ストライクフォース」で、ボブ・サップVSヤン・ザ・ジャイアント・ノルキヤという不思議なカードが実現します。
このカードを組んだ主催者の意義はわかりませんが、ある意味注目のカードとなります。また、この大会には伝説のキックボクサー、リック・ルーファスのMMAデビュー戦。そして元K-1ファイターでかつての10年間無敗の男といわれ後にUFCでも活躍したモーリス・スミスも出場します。
元K-1戦士たちの活躍に期待します。

Strikeforce has announced that K-1 veteran Jan "The Giant" Nortje will take on Bob "The Beast" Sapp in the main event of the promotion's upcoming event, February 23rd. "Strikeforce at the Dome" will take place on that date at the Tacoma Dome in Tacoma, Washington.

Nortje, 6'11, 330 lb., has a record of 1-5 in MMA competition, and was stopped by Gary Goodrige in his last MMA fight at a K-1 Hero's event last March. In kickboxing competition, where the South African fighter is much more noted for, Nortje recently stopped Dong Wook Kim at K-1's World Grand-Prix Final on December 8th. >> read interview here

Sapp (9-2-1) recently returned to MMA competition, for the first time in two years, and defeated Bobby Ologun by TKO at K-1 Hero's 2007 Dynamite event on New Year's Eve. The 6'4, 350lb. plus fighter has won 4 straight MMA bouts, and has participated in numerous K-1 kickboxing events since 2002.

Strikeforce previously announced that the card, which will be presented by BodogFight, will also include a heavyweight bout between former UFC heavyweight champ Maurice Smith (12-12) and fellow kickboxing champion, Rick Roufus.
(ファンズオブK-1より)

にほんブログ村 格闘技ブログへ

アメリカって国自体にあんまり興味ないんだけど→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-27 10:07
この人の最初の志ってなんだったんだろう。
昨日は仕事のプロジェクト終了の打ち上げでしこたま飲みまして、少々二日酔い気味です。。。。

さて、今日は熱く格闘技を語る気力がないので、
巷の話題から。

http://kakato24.exblog.jp/4552939/
まず一昨年9月の私の日記をお読みください。

抜粋すると、

TV朝日系「オーラの泉」、人気あるんですってね……。

スピリチュアルカウンセラーというどう考えても怪しすぎる肩書きの、江原なる人のよさそうなデブが、ゲスト芸能人の前世を見たりオーラに色をつけたりして弄ぶ奇妙奇天烈な番組です。

(中略)

いまは視聴率も好調かもしれません。いずれ嘘がばれて、視聴者に飽きられて下り坂に差し掛かったころ、それを挽回しようとしてトンデモ作り話に拍車をかけて収拾がつかなくなるんだろうなぁという未来が見える。

見える! 私にも見えるぞ!(シャア風)

まあ、嘘は大きなほうがバレにくいって言うし・・・・・・口先三寸、口八丁という言葉はこのデブのためにあるような言葉だなあと思います。

(後略)


という文章ですが、ついに1年数ヶ月経ち、これが現実のものとなりました。
あの詐欺デブもこれで年貢の納め時でしょう。

インチキ霊能者というものは、昔から数多くテレビに出演していますが、結局最後はインチキがバレて退場していってしまいのが常なんです。

テレビ朝日が「オーラの泉」ではじめてしまったこのブームですが、比較的知名度と社会的評価のある金髪のおかまじじいとタッグを組んで、これだけ稼いだんですから、もう終焉でいいでしょう。これ以上、オーラ商法での被害者を増やすこともないですからね。

もうひとつの私が怒っていることがありまして。
それは道路特定財源のことです。
マイカーユーザーである私にとっては、ここ最近ガソリンの値上げは痛いのですが、
町村官房長官がこう言いました。

「温暖化が問題になっている今、ガソリンを値下げするということでガソリン消費量が増える。温暖化に悪影響になる」

絶対、このメガネは馬鹿だと思いました。

じゃあその金で作った道路では何が走る?
車だろ?
車ってことは、ガソリンばら撒くものなんじゃないのか?

減らそうって言ってるのは、ガソリンを撒く道路を作るための税金だろ?

言ってることがもう滅茶苦茶なんだよ!!!

一句詠んでやりましょう。

「どうしても 守りたいんです 道路利権」

そうでも言ってくれれば「そうか、道路族ってのは大変なんだな」と思ってくれるかも知れませんヨ(笑)。

……世の中本来の目的を見失った人が多いってことですね。

金儲けのための「霊能者」。
道路を作るための「代議士」。
煽りビデオを作るための「格闘家」。


あ、最後のは余計か(笑)。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-26 10:48 | 格闘技以外
MAX現役王者サワーVSルンピニー現役王者ヨードセングライ
ついにこのときが来た? って感じですか。

3月2日、オランダで行われる「オランダVSタイ」というイベントにおいて、

MAX現役王者 アンディー・サワー
VS
ルンピニースタジアムムエタイウエルター級現役王者 ヨードセングライ・フェアテックス

が実現します。

自称ムエタイ通の方々が「ヨードセングライはブアカーオより強いんだっ。ブアカーオなんてムエタイの世界にはゴロゴロいる程度の選手なんだっ。3大スタジアムの王者に比べればMAXなんてレベルが低いんだっ
って主張していたんで、現役MAX王者VS現役ルンピニー王者の激突はまさしく夢のカードと言えるでしょう。魔娑斗をして「ブアカーオより強い」といわしめた、アンディ・サワーのMAX連覇、まずは強敵を迎え撃つことになりましたね。

日本でやってくれよぅ。。。。。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

アンディ・サワーの2008年始動ですな→人気ブログランキングで、1票
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2008-01-25 11:33 | 立ち技全般
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧