<   2009年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧
凄すぎるブログ。シンクロ率99%
注:たいしたことではない、ちょっとしたネタです。

凄いブログを見つけましたので、ちょっと紹介します。


miyakoshinobuo's blogというらしいです。


その中に、非常に興味深い記事がありました。「結果は」というエントリーです。

http://pub.ne.jp/miyakosinobuo/?entry_id=2050487

先日のK-1WGPについて書かれています。各試合の感想のようです。
是非、お目通しください。

その後、こちらを読んでいただけませんでしょうか?
予想大会の速報のほうはスルーして、私の書いたレビューです。

http://kakato24.exblog.jp/11203583/






どうですか?




参考までに、第1試合の前田慶次郎vsマヌーフ戦のレビューを抜粋させていただきます。

以下、miyakoshinobuo's blog様より抜粋。

~~~~~~~~~~~~

●メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム)
VS
○前田慶次郎(チームドラゴン)

1ラウンドKOで前田という凄い番狂わせ。

マヌーフは突っ込んでしまったところをカウンターで合わされてバタリ。

スロウィンスキーやカラエフをぶっ倒している

マヌーフをぶっ倒した前田慶次郎。いや、

これは強いんじゃないか? そういえば、

グーカン・サキは前田が上がってくると言っていたっけ。

いきなり結構盛り上がる!

~~~~~~~~~~~~

次に、手前のものですが、「かかとおとし」の記事より抜粋します。

~~~~~~~~~~~~

▼第1試合 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
●「彷徨えるゼネラリスト」メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム)
VS
○「ポスト武蔵」前田慶次郎(チームドラゴン)

1ラウンドKOで前田という凄い番狂わせ。
マヌーフは突っ込んでしまったところをカウンターで合わされてバタリ。スロウィンスキーやカラエフをぶっ倒しているマヌーフをぶっ倒した前田慶次郎。いや、これは強いんじゃないか? そういえば、グーカン・サキは前田が上がってくると言っていたっけ。いきなり結構盛り上がる!

~~~~~~~~~~~~

うひょひょひょひょひょ!!(←大喜び)

っていうか、アレンジなしで、99%コピペってのは凄いな!
次回のMAXのレビューも楽しみにしてます。
……ね。どこかで見ているはずのミヤコシノブオさん。うふふ。

とりあえず魚拓とっとこー。

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ

テクノラティのお気に入りに追加する
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-31 13:29 | 格闘技以外
K-1 WGP 横浜大会 海外ファンの反応
K-1 WGP 横浜大会・海外ファンの反応です。
海外でもフツーにK-1をリアルタイムで見られるみたいなんですよね。

おなじみ「K-1FANS」での結果への意見。抜粋して、訳してみました。選び方は読みやすい英語のものを適当に選びました。
日本での意見との違いはありますでしょうか?
筋道を立てて記述するのが海外ファンの特徴ですので、読み応えがありますよね。某巨大掲示板と違って!

~~~~~~~~~~~

前田は男だよ! 100%価値のある王者だ!!! K-1の歴史にとって素晴らしい瞬間だよ…. (デンマーク)

サキが前田に負けたのは恥ずべきことだ。前田は素晴らしかったが、サキは初戦であまりにも疲れすぎていたのかもしれない。(オランダ)

いまでも前田が優勝したんだということが信じられないよ。眠りから覚めればまたこの事実がボクを驚かせると思う。
ところで、レミーは一体どうしてしまったんだい? 醜い試合だったけど、彼はラッキーなダウンで勝ったね。正直言ってとても期待はずれだった。アーツは素晴らしい勝利だったけど、全体的にはハッピーな興行じゃなかったね。
MAXのFinal16が楽しみだ! はやく全カードが公開されることを望むよ。(カナダ)

前田……これまでK-1を見てきて、最も驚かされた。サキとの試合を見るまでは、彼は(K-1で)戦えないと思っていたんだ。前田は確かにベルトに値する。
アーツ……この男はいつも僕を楽しませてくれるんだ。辞書の「FIGHTER」という単語に彼の名を記すべきだ。純粋な心、純粋な願い、すべての技術。エロールとのスリリングな戦いは、僕の眼にはバダ・ハリ以上と映ったよ。エロールもこの試合で評価を上げたね。
バンナ……ただ言えることは、「彼は勝った」
ヘスディ・カラケス……もうひとつの驚きだ。シュルト相手に3ラウンド立っていられるとは思っていなかったんだよ。トム・ハーリック会長から偉大な精神を受け継いでいるね。
澤屋敷……彼は引退するか、もしくは体重を落として違うカテゴリーに移るべきだ。トップファイターとは争えない。
ボンヤスキー……大きな失望だ。確かにアリスターはモンスターだけど、技術的には限界があったはずだ。ラッキーなダウンで、なんとかK-1の名誉を守った。(オランダ)

まったく、K-1はボンヤスキーが勝つことでどんな利益があるのか説明してくれよ? ここでアリスターが勝てばK-1vsMMAの反目が広がって、盛り上がるじゃないか…  ジャッジがK-1王者を守ったことは失敗だったと思うぜ。(不明)

改めてボンヤスキーvsアリスターを先入観なしで確認してみた。(中略)最初のラウンドはドローでいいだろう。2Rもドローだと思う(慎重に一つずつヒットした攻撃回数を見れば、ボンヤスキーに有利なラウンド)。3Rはボンヤスキーがダウンを取っている。だから、28-29か、28-30だ。確かにレミーは勝っているんだ。しかしながら、彼は勝ったもののみんなを多少残念な気分にさせたね。アリスターにずっとクリンチされ、良い印象を残せなかったとも言える。(不明)

前田が初の日本人王者だね!!! K-1の歴史上、全く素晴らしい瞬間じゃないか!!!
彼は男だし、まったく想像もしていない技術を持っていた。印象的で、サキを相手にしても自信満々に見えた。まったくショッキングなことだよ。
レミーの勝利はダウンによるフェアで公正なものだ。だけど、彼は本当に緩慢で、調子は悪そうだった。何か原因があったのだろう。
ベストバウトはアーツvsエロール。ベストパフォーマンスはアーツ、前田、そしてグラウベだね。
前田に賭けてた奴は今頃金持ちだね、それが例え小額だったとしても。パンチのスピード、正確性と距離感は素晴らしいね。パワーはないけど、完璧なタイミングだ。これまでモー、マヌーフ、サキ….いくつもの勝利を得ている。(パラグアイ)

みんな考え込むのはやめにしようぜ。これが結論だよ。
1R、ドロー。2R、オーフレイム10-9、3R、ボンヤスキー10-8。29-28でボンヤスキー。
これが満場一致の判定さ。(スペイン)

バンナ…もう彼は終わった…
彼はレジェンドだけど、もうモチベーションもないし、スピリットもない。
だって、4ラウンド目が終わった後、バンナは言ったよね。 「もう十分だ! もう続けたくない! 無益なんだ…」ってさ。
アーツvsエロールは今夜の最高の試合さ。
あと、前田おめでとう! ただ、見ている分には多少退屈なイベントだったかもな。(フランス)

ワオ! なんて凄いイベントなんだ! スリリングな試合、そして完璧な結果だよ。
前田は自分の中でヒーローになった。 (中略)
全体的に見て、MAXのイベントよりもよかったよ。だけど、ヘビー級は常にこんなふうに面白くなるわけじゃないからね。それでもまだ、K-1を「怪物の見世物」とグチグチ文句を言う連中もいるんだろうな。(ポーランド)

感想を述べるよ。
アーツvsジマーマン:
アーツは試合前まで自信がなさそうに見えた。でも、本当に偉大だったよ。少し彼のディフェンスが心配ではあるけどね。とにかく、彼は戻ってきたし、次の試合ではもっとよくなるだろう。
エヴェルトンvsバンナ:
まだバンナはグッドファイターだけど、だれてしまったように見える。エヴェルトンは冷静に戦っているけど、僕をびっくりさせるようなことは何もなかった。だけど、彼はやるべきことをやったんだ。
オーフレイムvsボンヤスキー:
この試合、私はボンヤスキーにとって公園の散歩のように容易いものではないことはわかっていましたが、1ラウンド目にはすでに手に終えない状態のように見えた(このときはね)。あのダウンはレミーにとって舞い込んだできたチャンスだったけど、決してこれを「ラッキー」で片付けられないよ。オーフレイムはミスを犯したんだし、それをレミーは生かしてアドバンテージを得た。よくやったよ。まだあの判定に不服な連中もいるようだけど、(この試合が)延長戦に行くというのは、フェアな判定じゃないね。
シュルトvsカラケス:
シュルトはクレイジーだったね。僕の周囲ではシュルトはかなりシェイプされていて、怖ろしいほどの連続攻撃を繰り出した。それでも素晴らしいことにカラケスは3ラウンド持ちこたえた。次のカラケスの試合が楽しみだよ。
それから、前田おめでとう。全く予想外だった。ファンが試合前に彼に言っていた言葉を、撤回すべきだね。
グラウベもよかったね。とてもキレていた。
僕はいつも言っているんだけど、彼は鋭いジャブを持っている。(フィンランド)

前田のおかげで大もうけだぜ! 次は“JIENOTSU”に賭けようかな。 (不明)

~~~~~~~~~~~

以上、いかがでしたでしょうか?

外国人はいわゆる興行的もしくはプロレス的な考え方をあんまりしないので、ソリッドで正直な意見が多く面白いです。
こういうファンが増えることを望みます。
他にもいろいろあったのですが、だいたいまとめると

・前田おめでとう。びっくりした。(サキがかわいそうという意見少数あり)
・アリスターの勝ちだ!
・いや、レミーの勝ちだ!
・アーツはグレート。
・シュルトやべー。カラケス頑張った。


というような感じですかね。
特に前田に驚かされたという意見は多く、日本人ヘビー級選手=弱いという海外キックファンのイメージを覆したようです。日本国内よりも高く評価されているでしょう。

サキはオランダキック界では評価が高く、しかも初戦で「欧州最強」のスポーンをKOしているので、その選手がまさか日本の若い選手(しかも、髪型が変)に打ち込まれて負けるというのは全く想像の範囲を超えていたんでしょうね。

人気ブログランキングに1票

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-31 11:16 | K-1
かかとおとし賞K-1予想GP結果報告
かかとおとし賞K-1予想GP結果報告です。
速報させていただきました結果とは若干こちらの集計ミスで変更があります。
こちらが修正版です。すみませんが宜しくお願いします。

1位ペンギン17P
2位Ki13P
3位P・A13P

4位猫ユキ13P
5位マメーフ11P
6位JFK11P
7位crusader11P
8位H.H11P
9位サキオタ10P
10位MD 10P

11位hideki10P
12位ウスファン10P
13位ぺ9P
14位キー9P
15位モルダー9P
16位しこしこ9P
17位ひまわり8P
18位空也8P
19位jk8P
20位鍛錬8P
21位のりぴ7P
22位ミケ7P
23位TKO7P
24位ろくろお7P
25位A・さわー7P
26位HYDE7P
27位take7P
28位DIDA7P
29位もろもろ6P
30位あさひ6P
31位K田6P
32位WFC6P
33位Neuro6P
34位AKA6P
35位KO5P
36位Golden_Left 5P
37位テンプル5P
38位BEIL 5P
39位りく5P
40位miracle5P
41位こんにちは4P
42位vill114P
43位ふっきー4P
44位NJS4P
45位K作4P
46位tadashi4P
47位マジュニアjr4P
48位くーまん4P
49位Blacksniper 4P
50位くりこ4P
51位かなっく4P
52位okamitu4P
53位ZGF3P
54位tomo3P
55位PADDLE3P
56位ばんぬ3P
57位From NZ3P
58位ゆず2P
59位ホワイト2P
60位しげる2P
61位こばひろ2P
62位macotic.2P
63位kaz2P
64位K坊2P
65位kg212P
66位エd2P
67位SF2P
68位sisso2P
69位a2P
70位ケイジ2P
71位k-1マスター2P
ランク外アキラ0P
ランク外半回転0P
ランク外オレグ0P
ランク外夏緯0P
ランク外キング・レオ0P

<全予想データ>

問1

ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)
VS
エロール・ジマーマン(スリナム/ゴールデングローリージム)

1)ピーター・アーツのKO勝利 3P ・・・15票
2)ピーター・アーツの判定勝利 4P ・・・27票
3)エロジマンのKO勝利 5P ・・・18票
4)エロジマンの判定勝利 7P ・・・16票

アーツを押す声が大きいものの、エロジマンにも票が集まりました。エロジマンはイケイケでいいですよね。去年のアーツの出来であれば、もしかしたらエロジマンが勝ったかもしれないですが、新たにハーリック会長のもとで20代の体型を取り戻したアーツ大魔神の初戦と当たってしまったのが不運でしたね。

問2

レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム・ボンヤスキー)
VS
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリージム)

5)レミーのKO勝利 3P ・・・33票
6)レミーの判定勝利 3P ・・・31票
7)アリスターのKO勝利 6P ・・・8票
8)アリスターの判定勝利 10P ・・・4票

こちらも予想通りの結末すかね。レミーが体調を崩しながらもきっちりとモノにするあたりはさすが。アリスターに期待する票も集まりましたが……。判定かKOかを予測するのは難しいですね。

問3

ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)
VS
エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)

9)ジェロムのKO勝利 5P ・・・10票
10)ジェロムの判定勝利 4P ・・・22票
11)テイシェイラのKO勝利 7P ・・・14票
12)テイシェイラの判定勝利 4P ・・・30票

さすがに眼の肥えたK-1ファンのみなさんは、テイシェイラ有利と予想されておられる。しかも、判定で決まるであろうというところもお見通しって感じですね。
4ラウンドでジェロムが勝っていれば・・・というところでしたが、いかんせん手数が少ないのは気になります。テイシェイラも攻め時で前に出られないし、ちょっともどかしい一戦でしたね。
予想は一番人気のテイシェイラの判定勝利で決まりました。見事ですね。


問4

澤屋敷純一(チームドラゴン)
VS
グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館)

13)澤屋敷のKO勝利 10P ・・・3票
14)澤屋敷の判定勝利 8P ・・・12票
15)グラウベのKO勝利 2P ・・・38票
16)グラウベの判定勝利 4P ・・・23票

こちらも予想された方の半数近くが的中しています。せっかく2ポイントにして票をある程度分散させようとしたんですが、K-1ファンの諸兄はそんな私のつまらぬ思惑には騙されなかった。

問5 (第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント)

メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム)
前田慶次郎(チームドラゴン)
タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.)
グーガン・サキ(トルコ/チームレベル)

17)マヌーフの優勝 6P ・・・23票
19)スポーンの優勝 4P ・・・41票
20)サキの優勝 4P ・・・9票
22)前田の優勝 8P ・・・3票

このトーナメントの予想が明暗を分けましたね。わずか3名しか予想していなかった前田慶次郎のアップセット。私はサキの王者を予想していたんですが、わずか9票とは思いませんでした。

ちなみにかかとおとしこと私は2.6.11.15.20だったので、9ポイントということになりますがランキングには入れていません。13位~くらいですね。サキが優勝してればなぁ~。

それにしても、17Pのペンギンさんは見事!

なによりも前田慶次郎を的中させたその眼力は、今後の予想戦線でも台風の眼になることでしょう!
おめでとうございます! あんたは凄い!
よろしければ優勝コメントなど記入いただければと思います!
2位のKiさん、3位の女性アーツファンのP・Aさん、4位の猫ユキさんは同ポイントですが、投票時間の早さで差をつけさせてもらいました。あと一歩でしたね!

で、このポイントなんですが、もし自分のが間違っているということがあれば、私にご一報ください

それからですね、この予想シリーズ以外に好評でリベンジしたいという声もあり、こっそり書き込んでいた私の嫁も面白がっていたので、このスタイルで4月のK-1MAXでもやりたいなと思っています。いや、できれば2009年のK-1地上波放送興行をすべてこのスタイルで行いたいのです!
各大会での優勝者を集めて、最後の12月のグランプリで予想の年間王者を確定してみたいですね。

現在、以下のようなシステムを考えています。

K-1 WGP横浜大会 ・・・優勝 ペンギンさん
K-1 WGP地上波放送興行の各優勝者
K-1 MAX Final16、Final8、Final4の各優勝者

「各大会優勝者+年間合計ポイント上位者」で16名(くらい?)を選出。
12月第1週に開催される(と思われる)WGP Finalで王者決定予想GPを開催したいと思っております。


こればっかりは自分ひとりでやることではないので、
いまのところ「と、思っております」程度の話ですが(笑)。

それにしても、当ブログにおけるK-1ファンの的中率の高さには驚きましたので、できれば次回福岡のMAXでも予想にお付き合いいただければ幸いです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

→人気ブログランキング

テクノラティプロフィール

c0093563_1337508.jpg

[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-30 10:53 | K-1
Re:
先日のエントリーにはたくさんのコメントが寄せられ、ひとつひとつにコメントを返すのが難しい状態ですので、こちらにまとめます。すみません。

集計結果の詳細は明日までお待ちください(汗)。
また、多くの方が結果に興味をもっておられたようですので、これは継続すべきではないかと思って今ルールを考えているところです。

やはり一番の反響はアーツのリニューアルされた肉体+胸を打つ熱き闘いですね。
魔娑斗もアーツには感服の様子でしたね。
3度王者になった38歳の親父があれだけやっているんですから、まだ30歳そこそこの魔娑斗が引退するのはまだ早い!
アーツの凄さに感動したという高校生さんの書き込みがありましたが、リアルタイムでアーツ黄金期を知らない人にもその素晴らしさが伝わるというのは、一ファンとしてうれしい限りです。

アーツは試合後ノリカのところへ行って「がんばれ」と声をかけ、試合後のコメントではノブ・ハヤシに回復を願っているとエール。まるで日本のサラリーマンのような気配りを見せました。こういうところが人格的に素晴らしいと思います。

前田選手もよかったですよね。っていうか、サキと普通に戦っている時点で感動しました。日本人がサキやマヌーフレベルの選手と互角に戦えるというだけでちょっと凄いです。いままでの武蔵やコロ介がダメ過ぎただけなのかもしれませんが。
スポーンは強かったので、また試合してほしいです。

CS放送を見てた人は知っているかと思いますが、最後に谷川EPが「一番強かったのはシュルトかなぁ」と漏らしてました。確かにシュルトは強いし、また手数が増えていて、もう手がつけられない。

注目されたアリスター×レミーは内容がいまいちだったのであまり反響少ないですね。っていうか、昨日のアリスターはいまいちでした。
総合選手ではケガール・ムサシとハリトーノフに今度は出てきてほしいですね。テイシェイラとか、前田慶次郎と戦ってほしいなぁ。
いずれにしても、こういう「外敵」をどんどん取り込んで今のK-1があるので、大歓迎ですね。

あと、レミーは実質的には負けという意見がありますね。これはあくまで個人的な感想としてはありですが、ダウンとられて、正当な攻撃でダウンを取っていない以上100%アリスターの負けです。「実質的」とか意味のない形容詞で物事の本質をぼやかすのは無理があります(苦笑)。それはたとえばアリスターがドラッグを使ってなければ93キロだから「実質的」には108キロではないと言ってるのと変わりませんよね。

最後に、魔娑斗が「総合選手とやらせて」と言っていた件はスルーでいいと思うなぁ。それって、Final16で川尻とやりたいっことでしょ? そんなボーナスステージは作らせませんよ! あんたは強い選手とやらなきゃ・・・・。くだらん茶番は大みそかのお遊び大会でやってくれ。私はMAXを見たいんだ。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-29 18:01 | K-1
蘇ったぜランバージャック、エロジマンを返り討ち! 前田慶次郎が王座獲得 ~K-1WGP横浜~
かかとおとし賞K-1予想GP in YOKOHAMA 結果だけ速報!!
ちょっと見難いけど。。。。。

順位     HN      ポイント
1位ペンギン17P
2位Ki13P
3位P・A13P
4位H.H13P
5位しこしこ13P
6位猫ユキ13P
7位マメーフ11P
8位JFK11P
9位crusader11P
10位サキオタ10P

11位MD 10P
12位hideki10P
13位ウスファン10P
14位ぺ9P
15位キー9P
16位モルダー9P
17位ひまわり8P
18位空也8P
19位jk8P
20位鍛錬8P

21位のりぴ7P
22位ミケ7P
23位TKO7P
24位ろくろお7P
25位A・さわー7P
26位HYDE7P
27位take7P
28位DIDA7P
29位もろもろ6P
30位あさひ6P

31位K田6P
32位WFC6P
33位Neuro6P
34位AKA6P
35位KO5P
36位Golden_Left 5P
37位テンプル5P
38位BEIL 5P
39位りく5P
40位miracle5P
41位こんにちは4P
42位vill114P
43位ふっきー4P
44位NJS4P
45位K作4P
46位tadashi4P
47位マジュニアjr4P
48位くーまん4P
49位Blacksniper 4P
50位くりこ4P
51位かなっく4P
52位okamitu4P
53位ZGF3P
54位tomo3P
55位PADDLE3P
56位ばんぬ3P
57位From NZ3P
58位ゆず2P
59位ホワイト2P
60位しげる2P
61位こばひろ2P
62位macotic.2P
63位kaz2P
64位K坊2P
65位kg212P
66位エd2P
67位SF2P
68位sisso2P
69位a2P
70位ケイジ2P
71位k-1マスター2P
ランク外アキラ0P
ランク外半回転0P
ランク外オレグ0P
ランク外夏緯0P
ランク外キング・レオ0P

ペンギンさん優勝です! おめでとうございます!!!
第1回かかとおとし賞K-1予想GPについての分析や詳細次回のエントリーをお待ちください。
まずは速報でした。

それでは、簡単に感想を。

▼第1試合 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
●「彷徨えるゼネラリスト」メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム)
VS
○「ポスト武蔵」前田慶次郎(チームドラゴン)

1ラウンドKOで前田という凄い番狂わせ。
マヌーフは突っ込んでしまったところをカウンターで合わされてバタリ。スロウィンスキーやカラエフをぶっ倒しているマヌーフをぶっ倒した前田慶次郎。いや、これは強いんじゃないか? そういえば、グーカン・サキは前田が上がってくると言っていたっけ。いきなり結構盛り上がる!

▼第2試合 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
●「欧州最強のタレ目」タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.)
VS
○「トルコのクリリン」グーガン・サキ(トルコ/チームレベル)

あの魔娑斗をして、「玄人視点で見れば、3Rじゃ物足りない」と言わせた技術戦。
3ラウンドまでの戦いは全く互角も、スポーンのローキックがじわじわとサキを追い詰めます。
4ラウンド目は完全にスポーンペース。さすがは「百獣の王」。ダメージが蓄積していくサキを、あとはいつ仕留めるのかという状況になるも、なんとサキがカウンターでスポーンに渾身の一撃をヒットさせます。
その一発でスポーンは倒れ、なんとか立ち上がるも、フラフラになってストップ。
スポーンが完璧に試合を進めながら、わずかなミスをサキがついて逆転勝利を収めました。

素人視点で見れば、スポーンは5ラウンドで試合を組み立てるクセのようなものがある気がします。3ラウンドで仕留める試合をやらないと、K-1で勝ち進むのは難しいでしょう。

でも、強いね(笑)。

大丈夫。アーツだって、フグだって、K-1デビュー戦は負けてるんですから。

▼第3試合 K-1ルール 3分3R延長2R
○「高性能ズームサイズ」セーム・シュルト(オランダ/正道会館/K-1スーパーヘビー級王者)
VS
●「ハーリックの秘蔵っ子」ヘスディ・カラケス(エジプト/パンクレイション/チャクリキ)

急きょ組まれたこの試合。
前日会見をフライト中とのことで欠席したカラケスですが、魔娑斗が1ラウンドを見て「この選手強いんじゃないですか」と驚きのコメントを発していました。
チャクリキの選手らしく、前に前に出るスタイルでシュルトを何度となく怯ませますが、「レンガのような」左ジャブで確実にダメージを与えていき、得意の前蹴りなどで寄せ付けず。今日のシュルトは非常に手数が多く、普通の選手であれば心が折れてしまいそうな硬い攻撃の雨あられを受けて出血が激しくなっても、前に出るカラケス。
最後までシュルトは攻撃の手をゆるめませんでしたが、立ち続けたカラケスも見事でした。さすがはハーリック会長がイチオシの選手だけのことはあります。

▼第4試合 K-1ルール 3分3R延長2R
●「映画もよろしく」ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)
VS
○「アマゾンのUMA」エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)

テイシェイラはどんどん強くなっていることは認めますが、まだゲームプランが甘すぎますね
攻めるところは攻めていかないと、リスクを全く背負わず勝とうとしてもそれは難しいですよ。バンナも疲れちゃって最後は攻めることができませんでしたが、もっと若くて故障の少ない選手であればこうはいかないですよ。そこが課題ではないでしょうか?
判定は本当に微妙・僅差

▼第5試合 K-1ルール 3分3R延長2R
●「K-1のエリカ様」澤屋敷純一(チームドラゴン)
VS
○「シュルトが恐れる男」グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館)

うーん。

単純に実力差が……。澤屋敷は日本人の中では強いんだけど……。

▼第6試合 K-1ルール 3分3R延長2R
○「17度目の挑戦者」ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)
VS
●「出身地が毎回変更されます」エロール・ジマーマン(キュラソー島/ゴールデングローリージム)

アーツの身体が、かなりシェイプアップされておりチャクリキ効果が見て取れます。試合もかなりアグレッシブで、同様にアグレッシブなジマーマンと良くかみ合っていました。序盤ジマーマンが攻めるも、3ラウンドでアーツが逆襲。追いついてドローを勝ち取りましたが、なにか痩せた姿が……90年代のアーツ無敵時代を思わせるスピードでした。
ここ最近、贅肉がつき、年齢的にスピードが衰えたと思っていたのですが、すべてをリニューアル。谷川EPが掲げる「スピードの時代」をなんと自ら体現しているかのようです。俺がK-1。俺=K-1。
息を吹き返してスタミナも落ちないアーツが、ローキックとミドルキックで心が折れかけたエロジマンを追い詰め最後は手数をまとめて勝利

でも、アーツのこの根性というか、自らに苦行を課し続ける姿ってなんだろう?
アーツは偉大だ。最近のアーツの試合は涙腺を緩ませる。
K-1を引っ張っていくと公言するバダ・ハリはこの試合を見て、どう思ったんだろう?

個人的にはこの試合が今回のベストバウトかと。

誰が何と言おうと、アーツは偉大だ。そして、エロジマンは強いよ。やはり。

▼セミファイナル 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント決勝戦 3分3R延長2R
○「ポスト武蔵」前田慶次郎(チームドラゴン)
VS
●「トルコのクリリン」グーガン・サキ(トルコ/チームレベル)

負けたばかりのジマーマンがサキのセコンドに。

スポーン戦でかなりのダメージを受けているサキですが、前田はほぼ無傷です
試合展開は全くの互角。体格も同じくらい。
どうしてもヘビー級のタイトルが欲しいのはおそらくサキのほうだったのですが、前田になかなかクリーンヒットが入りません。1ラウンド2ラウンド目はパンチを中心とした見ごたえのある攻防戦。3ラウンド目も同様でしたが、気持両者アグレッシブさが増しました
決定的な差がなく、延長に入ってもなお互角の攻防も、次第に前田が押す展開に。何度かいいパンチを入れ、サキが怯むシーンもあり、4ラウンド目で差がついてなんと前田慶次郎が第2代ヘビー級王者に!

特にホームディシジョンというわけではないんですよ。これが。凄いぜ! 前田軍団!

▼メインイベント K-1ルール 3分3R延長2R
○「ザ・オスカー」レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム・ボンヤスキー)
VS
●「××漬けの熊さん」アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリージム)

結果的にはレミーがダウンを奪って勝利するわけですが・・・・・・

試合直後に記者会見でアリスターの彼女からプレゼントされたオスカーのレプリカをオーフレイムに返そうとして、セコンドに払いのけられるという「迷優」ぶりも見せたレミー最高(笑)。空気よまねー。

オーフレイムはつかんで投げたり、体を寄せたりしてレミーのスタミナを奪う作戦
こうしたダーティなゲームに慣れていないレミーはみるみるうちに疲れてしまうわけです。ここらへんは有力選手を抱えるゴールデングローリー。研究してますね~。
見た目にはレミーが押されているような感じがしますが、正当な攻撃で与えたダメージではないし・・・・・・。レミーはこういう勝ち方が多いので、放送席ほど私は意外な感じはしなかったですね。
にしても、試合前に膝を捻って試合キャンセルまで考えた状態で勝ったのは大きかったでしょうね。

ただ、今日の出来を見る限り、ここでレミーが負けていよいよアーツが乗り出すっていう感じになってもよかったのかも?(無責任)

最後に、三宅アナが「昔総合格闘技をやっていたときに比べて……」とアリスターのことを言ってましたが、そりゃあ三宅さんはそのころをよ~く知ってるはずですよね~。
ま、とりあえずレミーが負けたらここのコメント欄が荒れるんで、そういう意味ではとてもよかった


にほんブログ村 格闘技ブログへ

他のブロガーさんはどうすかね。→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-28 23:28 | K-1
Only I can say …… Stop using …… ~K-1横浜大会~
ゴールデングローリー「いやぁ~ハリッドがまた風邪ひいちゃってねぇ~。ところでさぁ、いまウチに活きのいい若手でヤヤってのがいるんだけど、ハリッドの代わりにヘビー級トーナメントにどぉ?」
FEG「ふざけるなっ。勝手に決めるなそんなこと! 去年スロウィンスキーにKOされているだろうが? ハリッドの相手はそのスロウィンスキーを問題にしなかったマヌーフだぞ?」
ゴールデングローリー「わかったよ。じゃぁ前田でいいよぉ。んで、リザーブファイトにヤヤを・・・・・・」
FEG「アホか! 無名のモロッコ人vs無名のインド人なんて出来るか? 知名度がもう少しないと……」
ゴールデングローリー&FEG『・・・・・・・・・シュルト・・・・・・・・・か?』
FEG「・・・・・・お前電話しろよ、ハリッド欠場の責任とって」
ゴールデングローリー「いやだよ、お前がしろよ!」
ハーリック「……ねえ~話きいてたんだけどさあ、その話なんだけど、ウチに活きのいい若手が……」

みたいな会話があったと想像されます。

それはともかくアリスターvsレミーの舌戦が凄かったとか。普段はK-1の話題をあまりしないような格闘系ブログですら大喜びで取り上げていますから、そっち方面のプロレス好きへのアピールは100点でしょ(苦笑)。「ストーリー」がないと試合を観戦できない人たちには。

しかし、スポーツ・ドーピング問題が厄介なのは、日々研究されており、コンピューターウイルスのように新しいものがどんどん作られているから、禁止薬物のリストを独自で作るだけでも膨大な労力が必要なんですよね。

YOUTUBEにそのときの模様がアップされてますね。

えーと、スポナビでは(きっと英語わからない)記者が通訳の言葉そのまま書いており、

「筋肉を大きくするために補助剤など使うこともあるが、自分の考えは“アンチドーピング”だということを伝えておきます」(スポナビより)

と伝えていますが、この動画を見るとレミーはこのように言っています。

「Only I can say …… Stop using Drag becouse you so big ……」

「ストップユージングドラッグ」って言ってるじゃん……

「たったひとつ私が言えることは、ドラッグを使うなということ。なぜなら、あなたは大きすぎる……」

ちょっとこの後外国人記者が盛り上がりすぎて、よく聞き取れないんですけどね!
とにかくレミーはかなりストレートに物申してます。私は英語のリスニングは苦手ですが、日本の格闘技記者って誰一人英語を理解しないんですねえ。

レミー言っちゃった。
いままで私が選手個人の好き嫌いを言ったことはあまりないんですけど、白状しますがレミーは好きな選手です。最高です。

アリスターは「In Holland , Everybody have using drag……(オランダじゃみんなやってるよ)」

とかなんとか。

おいおい、アリスター? ジョークか? ジョークだよな?

公式が伝えるように、まさに

「何が起こるかわからない横浜大会」

その看板に偽りなし。。。。。。

また、かかとおとし賞K-1予想GPは、
予想の投票受付を午前6時をもって終了しました。

なんと76名の方にご応募いただきました。ありがとうございます。
まさかここまで増えるとは思っておりませんでした。

おそらく・・・・・・ですが、全部的中しないと優勝はないと思います(苦笑)。
試合感想&結果発表は24時00分頃の予定です。

ちなみにかかとおとしの予想は2、6、11、15、20です。谷川EPは裏番組の「ごくせん」にびびってますが、あんな暴力団肯定のトンデモドラマよりも本物の”ワル”を見たいならK-1を見るといいですよ。

それではみなさん、試合前から波乱と混乱の横浜大会を楽しみましょう。では!


にほんブログ村 格闘技ブログへ

エロジマンの出身地がキュラソー島になってる→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-28 10:07 | K-1
かかとおとし賞K-1予想GP in YOKOHAMA 中間集計
すみません。PADDLEさんから予想の変更はありなのか? というコメントをいただき、遠慮してくださいと書いたのですが、

問5について、正式に本戦進出が決まった前田慶次郎選手優勝に予想を変更する場合に限り認めたいと思います。

上記ですべて確定です。宜しくお願いします!

<かかとおとし賞K-1予想GP in YOKOHAMA 中間集計>

問1

ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)
VS
エロール・ジマーマン(スリナム/ゴールデングローリージム)

1)ピーター・アーツのKO勝利 3P ・・・13票
2)ピーター・アーツの判定勝利 4P ・・・23票
3)エロジマンのKO勝利 5P ・・・18票
4)エロジマンの判定勝利 7P ・・・14票

問2

レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム・ボンヤスキー)
VS
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリージム)

5)レミーのKO勝利 3P ・・・28票
6)レミーの判定勝利 3P ・・・28票

7)アリスターのKO勝利 6P ・・・8票
8)アリスターの判定勝利 10P ・・・4票

問3

ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)
VS
エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)

9)ジェロムのKO勝利 5P ・・・9票
10)ジェロムの判定勝利 4P ・・・20票
11)テイシェイラのKO勝利 7P ・・・12票
12)テイシェイラの判定勝利 4P ・・・27票

問4

澤屋敷純一(チームドラゴン)
VS
グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館)

13)澤屋敷のKO勝利 10P ・・・3票
14)澤屋敷の判定勝利 8P ・・・11票
15)グラウベのKO勝利 2P ・・・34票
16)グラウベの判定勝利 4P ・・・20票

問5 (第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント)

メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム)
VS
前田慶次郎(チームドラゴン)

タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.)
VS
グーガン・サキ(トルコ/チームレベル)

17)マヌーフの優勝 6P ・・・21票
18)ハリッドの優勝 10P (3月27日追記:欠場決定)
19)スポーンの優勝 4P ・・・37票
20)サキの優勝 4P ・・・7票
21)ジャディブの優勝 18P (リザーブファイト消滅につきトーナメント参戦可能性消滅)
22)前田の優勝 8P (3月27日追記:本戦繰上げ出場決定につき、ポイントを変更) ・・・3票


3月26日夜24時現在の集計です。

また、http://kakato24.exblog.jp/11177902/にて、予想の募集は継続中。


また、セーム・シュルトの出場が正式に決まりました。対戦相手は噂どおり、ヘスディ・ガージェス(公式サイトではヘスディ・カラケス)。うわぁ、ウスファンさんが大喜びしそうなカードだ(笑)。
ガージェス(以降は公式に合わせてカラケスとします)は、ドージョーチャクリキの若手で、トム・ハーリック会長が最も期待している選手です。
約2mある巨漢で、体格的にはスーパーヘビーになるのかな?

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-27 16:06 | K-1
ゴールデングローリーの思惑絡むハリッド欠場? グーカン・サキ発言に注目する! ~K-1横浜大会~
まずかかとおとし賞K-1予想GPに参戦していただいているみなさん、
ハリッド”ドタキャン”アラブの欠場騒ぎでいろいろ心配いただいており申し訳ありません。

とりあえず、リザーブがどうなるかはわかりませんが、ハリッドの穴は前田慶次郎選手が埋めることは確実になりました。
そのための処置なのですが、前回のエントリーでも記したようにハリッドにすでに賭けている方は変更を認めます(すでに2名様の変更は受け付けました)。変更の申請が無い場合は前田慶次郎にスライドとなります。
そして、前田選手のポイントを16P→8Pに変更いたします。リザーバーなので「倍換算」してポイントを算出しておりましたが、本戦に出場となると下げざるを得ません。何卒、ご了承のほどお願い申し上げます!

ということで、予想したいけどどうなるのかわからなかったので控えていた方、どうぞご参戦ください(笑)。

以上が業務連絡です……。


さて、ハリッド欠場で混迷深まる第2代ヘビー級王者決定トーナメントに話を移します。

ハリッド欠場の理由は私が前回のエントリーで予想したとおり「インフルエンザ」でした。トリかヒトかは知りませんが、インフルエンザの患者を飛行機に乗せるわけにはいかないということでしょう。(そもそも試合はできないか)

私はハリッドと同じゴールデングローリー所属のグーカン・サキによる記者会見での発言に注目しました。

「チームから代わりにアジス・ヤヤを連れてきた。だが、協議の結果前田がトーナメントに出場することになってしまった」

とのこと。
つまり、サキのチーム=ゴールデングローリージムはハリッドが欠場するために代わりの選手を予め準備していたということになります。もちろん、チームに若手が帯同するのはことさら珍しいことではないのですが、(このサキ発言の翻訳が正しいニュアンスを伝えていると仮定するなら)ハリッドの代わりに連れてきて、トーナメントに出場させようとしていたと解釈できます。

しかし、FEGにその旨を伝えたところ、これが却下されたということでしょう。

そりゃそうだ。

ハリッドが欠場した責任はゴールデングローリージム側にあるはずなのに、
「こっちを出してっ」とK-1実績のない選手を引っ張り出してリザーブではなく本戦に出場させようとするその横柄な態度はなんだ!

前田慶次郎は少なくとも、マイティ・モー、武蔵を倒し、テイシェイラと判定の勝負までしているんですよ。
(ただし、実際に前田とヤヤのどちらが強いかという議論はここではしません)

FEGがゴールデングローリーの傲慢な要求をはねつけ、前田慶次郎に本戦出場をオファーしたのは至極当然であり、アジス・ヤヤがハリッドの代わりを勤めるなどあってはならないことでした。
この件に関しては、今年に入って益々ズンドコぶりを発揮するFEGの毅然とした態度は評価します。

ジマーマン、サキ、ハリッド、アリスターと大量の選手を送り込んできたGGですが、さすがに今回の態度は目に余るものがありませんかね。最終的にカードを決めるのは主催者側でなくてはならないので、大手ジムはある程度の節度をもって交渉することを期待したいところです。
もちろん、これまで主催者側の要求を聞いてきたのだから、こちらも交渉をさせろというのはGGの偽らざる心境かも知れませんが、今回はハリッド欠場の責を自覚してほしいかな。所属選手の緊急欠場を代替選手出場の交渉材料に使うような愚は犯さないで欲しいものです。

で、まぁカードが一つ消滅しそうなんですが、
海外サイトではシュルトvsガージェス(ドージョーチャクリキ所属でアーツの帯同選手)、シュルトvsジャディブというカードが噂されています。こちらは予想GPには関係ありませんが、ハリッド欠場の責任をシュルトが負って出場するというような事態になるかもしれません。

今回のバダ・ハリ欠場騒ぎに始まるズンドコ劇は、オランダ側の増長を招くようなことになりかねません。しっかりと締めて、ジムに多少嫌われても、言うべきことは言ってほしいと思います。他競技で恐縮ですが、例えば日本のプロ野球機構のように一球団のオーナーサイドが我が物顔で専制を振舞うようなカタチになってはならないと考えます。

とはいえ、シュルトvs誰かが決まったとしても、それをかかとおとし賞K-1予想GPに追加することはいまさら無理なのでやめておきます。
もちろん、まだまだ予想は受け付けておりますので、興味のある方は是非覘いてみてください。

http://kakato24.exblog.jp/11177902/
↑予想はコチラで!

にしてもサキのTシャツ凄いなぁ(笑)。

自分のスペルGokhan Sakiをもじって
Go「K-1」han Sa「K-1」だって……。これは考えもつかなかった!

こんなオリジナルロゴのTシャツ作っちゃうんですから、サキのK-1への入れ込み具合は本物でしょう!


にほんブログ村 格闘技ブログへ

ね。→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-27 10:56 | K-1
最凶巨神兵、緊急参戦!? ”鉄の拳”が恒例のドタキャンで組み合わせ変更か?  ~K-1横浜大会~
緊急募集をさせていただいたかかとおとし賞予想GPの参加、まことにありがとうございます。
現在50名を超える投票が集まり、嬉しすぎて伝わらない悲鳴を上げているところです!

しかしながら、予想していただいたみなさんに大変申し訳のないニュースをお知らせします。
どういう経緯でどうなったかはよくわからないのですが、あの「ミスタードタキャン」こと、ハリッド・”ディ・ファウスト”がまたしてもドタキャンをしたという話が伝わってきました。
原因はお得意のビザ問題かインフルエンザでしょう。

これにより、

前田慶次郎がハリッドと入れ替わってトーナメント出場(対戦相手はマヌーフ)。

リザーブとして前田と試合をする予定だったJ-NETWORK王者のシャディブが、セーム・シュルトと対戦するという超サプライズカードが決まったという噂です。

実は、他にもシュルトではなくアジス・ヤヤだとかチャクリキのブロドックだとか、いろいろ噂があるのですが、ハリッドはキャンセルの実績が多すぎるので。。。

まぁ、そのこと自体の是非を論ずるのはこの際置いといて……。

予想GPについては、対応を以下のようにします。

正式発表が出てからの処置になりますが、

もし仮に本当に欠場が決まった場合
ハリッド選手優勝を予想していた方(現在3名います)は自動的に前田慶次郎に予想をスライドさせていただきますが、該当参加者よりお申し出があった場合には予想選手の変更を可能とします。
申し出がなかった場合は、前田慶次郎選手に賭けたとします。
ハリッド以外に賭けた参加者様につきましては、変更は不可ということでお願いします。

尚、変更お申し出は、予想GPのエントリーにお願いします。

ドタキャンが単なる噂で、ハリッド選手が出場した場合には上記の変更はなしとなります

もちろん、予想GPの受付はまだまだ行っております!
集計について心配していただいているようですが、エクセルで自動計算用のプログラムを組んだので、100人載っても大丈夫です!

以上、宜しくお願いします。


あ、以下おまけ。

昨日、ニコニコ生放送で長島☆自演乙☆雄一郎が90分もゲスト出演してました。
面白かった!
クラウスを「アルバートおじさん」呼ばわりし、「フルボッコ」宣言。
しかし、放送中「多分フルボッコにされると思う」と、もしかしたら本音(?)を吐いていました。
あと、自分に対しては「自己プロデュース」という言葉を使ってましたね。誰から「こうしろああしろ」と言われるのではなく、思うままに自分をプロデュースしているそうです。凄いですね。とても20代前半とは思えないしっかりした男だ! 応援するよ。

また、桃井はるこ作の入場テーマソングも披露! 振り付けありでした。福岡を乙色に染め上げる!?
この歌はドワンゴ・エージー・エンタテインメントから6月17日に発売されます。価格は1260円。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

→人気ブログランキング
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-26 10:31 | K-1
かかとおとし賞K-1予想GP
*下に追記有り。

どうもこんにちわ。
澤屋敷のインタビューが公式にアップされていますね。緊張感があって、いいんじゃないでしょうか。ここで負けると5連敗ですからね。そうなると、今後オファーも難しくなってくることでしょう。しかし、グラウベも連敗中ですから……。

さて、、、月曜日から予告しておりました「みなさんの予想を知りたい!」のほうですが、「ちょっと変った方法」とか言っておいてなんですが、あまり変な方法だと参加しにくいと気がつきましたので、公式でもやっているスタイルに近いものにしました。

というわけで、開催します! かかとおとし賞K-1予想GP

ちょっと解説させてもらいますと、いわゆるマークシート方式に近いのですが、予想を問5まで設定させていただきました。
各設問から一つずつ予想した番号を選んでいただきまして、コメント欄に「2、7、9、15、17」と記入してもらえればこちらで集計します。
今回は「何問正解(的中)したか?」ではなく、各回答欄に「ポイント」をつけておりますので、正解した問の「ポイントの合計点」で優勝者を決めさせていただきたいなと思います。
回答が一つに集中しすぎるのを避けるためと、あえて穴を狙った方のメリットを大きくするための処置とご理解ください。

例えば、Aさんが問1で(3)を選択し、見事エロジマンがKOで勝てば、5ポイントということになります。
しかし、アーツが勝利したり、判定になるなどした場合には、ゼロポイントです。


最多ポイント獲得者には、「K-1予想GP初代王者」の称号を与えますので、当ブログでのハンドルネームにでも使用してくださいね。多くのK-1ファンのご参加をお願い申し上げます。
公式の予想が信用できねえ! という人が案外多いので、当ブログでファン同士ガチンコの予想を楽しんでもらえればと思ってます。自分もいまいち公式の投票結果を信用していないので、(組織票などが多いと思う)皆さんの予想を参考にしたいです。
また今回の予想GPは、3名以上の参加があれば「成立」とします。

不明点などあれば、お気軽にお尋ねください。

それでは、以下の設問よりお選びくださいませませ。
また、今回の予想募集は3/28(土)午前6時をもって、締め切らせていただきます。

<第1回かかとおとし賞K-1予想GP・K-1WGP in YOKOHAMA>

問1

ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)
VS
エロール・ジマーマン(スリナム/ゴールデングローリージム)

1)ピーター・アーツのKO勝利 3P
2)ピーター・アーツの判定勝利 4P
3)エロジマンのKO勝利 5P
4)エロジマンの判定勝利 7P

問2

レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム・ボンヤスキー)
VS
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリージム)

5)レミーのKO勝利 3P
6)レミーの判定勝利 3P
7)アリスターのKO勝利 6P
8)アリスターの判定勝利 10P

問3

ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)
VS
エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)

9)ジェロムのKO勝利 5P
10)ジェロムの判定勝利 4P
11)テイシェイラのKO勝利 7P
12)テイシェイラの判定勝利 4P

問4

澤屋敷純一(チームドラゴン)
VS
グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館)

13)澤屋敷のKO勝利 10P
14)澤屋敷の判定勝利 8P
15)グラウベのKO勝利 2P
16)グラウベの判定勝利 4P

問5 (第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント)

メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム)
VS
ハリッド“ディ・ファウスト”(ドイツ/ゴールデングローリージム)

タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.)
VS
グーガン・サキ(トルコ/チームレベル)

リザーブマッチ

シング・心・ジャディブ(インド/パワーオブドリーム/J-NETWORKヘビー級王者)
VS
前田慶次郎(チームドラゴン)

17)マヌーフの優勝 6P
18)ハリッドの優勝 10P (3月27日追記:欠場決定)
19)スポーンの優勝 4P
20)サキの優勝 4P
21)ジャディブの優勝 18P (リザーブファイト消滅につきトーナメント参戦可能性消滅)
22)前田の優勝 16P (3月27日追記:本戦繰上げ出場決定につき、ポイントを8Pに変更)


以上になります。最後だけ6択になります。問1~問4はドローの場合参加者全員に1Pとします。選手がアクシデントなどによる欠場で入れ替わった場合は・・・どうしよう(笑)?
では、多数のご参加をお待ちしております。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

ぜひご参加を!!→人気ブログランキング

*追記

もし、全く同じ点数で並んだ場合についてのルールを定めました。
最初から決めておけばよかったのですが・・・先に予想してしまった方、申し訳ありませんがご了承ください。

1)当てた数が純粋に多い方を上位とします。

↓↓↓↓

2)それも同じ場合は、大変申し訳ありませんが便宜上「先に書き込んで頂いた方」を上位とします。
ただし、1位が全く同じポイント、当て数で被った場合のみ、同列1位とします。

↓↓↓↓

3)一問も正解できなかった場合は順位をつけず「ランク外」となります。

これによって、今回は1位以外は完全に順位を出しますね。そのほうがスッキリしますよね?
K-1はランキング制ではないですが、この予想GPはランキングを出しちゃいますね。
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2009-03-25 10:31 | K-1
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧