<   2011年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ゴールデングローリー興行にキシェンコ登場
サキ、シュルト、アリスターなど強豪ファイターを多数抱えるゴールデングローリーがロシアで興行を開きます。

8人制トーナメントの決勝戦となるサキvsギドン以外の2カードが発表が公表されています。

5月28日 United Glory Finals ロシア・モスクワ

<グローリーワールドトーナメント決勝戦>
グーカン・サキ(トルコ)vsブリース・ギドン(フランス)

<ワンマッチ>
エロール・ジマーマン(キュラソー島)vsムラッド・ボウジディ(モロッコ)
アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)vsニキー”ザ・ナチュラル”ホルツケン(オランダ)


ジマーマンvsボウジディはジマーマンにとってのリベンジマッチとなります。
前回はカットによるドクターストップで消化不良の試合でしたが、今回は決着をつけたいところでしょう。

盟友セルゲイ・ラシェンコとともにマイクスジムで稽古をし、
さらなるパワーアップを成し遂げたキシェンコも登場。
ドラゴをパワーで圧倒してみせた勢いを、ホルツケン相手にも見せてくれるでしょうか?



http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-31 10:07 | 立ち技全般
It's Showtimeフランス大会でバダ・ハリとペトロシアンが共演!!
3月26日 BFN GROUP PRESENTS IT'S SHOWTIME  ベルギー・ブリュッセル

●セフェリアノ・リィッセル(オランダ)vsマラト・グリゴリアン(アルメニア)◯ KO
●セルジオ・ヴィールセン(スリナム)vsカリム・ベノウィ(フランス)◯ 判定
61キロ級タイトルマッチ 他


小粒な大会。山本真弘を下したヴィールセンがフランス人のベノウィに敗れました。

次回のリヨン大会はJスポーツで生放送が決定。
なんとあのバダ・ハリが復帰戦を迎えます!!!
何度かお伝えしていますが、もう一度カードを観てみましょう!

5月14日 It's Showtime 2011 Lyon フランス・リヨン

<ヘビー級ワンマッチ>
バダ・ハリ(モロッコ)vsグレゴリー・トニー(フランス)
ダニエル・ギタ(ルーマニア)vsポール・スロウィンスキー(ポーランド)
タイロン・スポーン(スリナム)vsイロール・ミハイロビッチ(クロアチア)

<70キロ級ワンマッチ>
ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)vsシャヒッド(モロッコ)

<70キロ級タイトルマッチ>
クリス・ナギンビ(コンゴ民主共和国)vsウィリー・ボレル(フランス)

<新設73キロ級タイトルマッチ>
マラト・グリゴリアン(アルメニア)vsヨハン・リドン(フランス)


今回は73キロ級タイトルマッチが新設されて、
そのタイトルに地元フランスのファイターを挑戦させるという大胆な策に打って出ました。
いつもの日本の格闘ヲタであれば「なんで初出場のファイターがタイトルに挑戦するんだ。こんなものは競技ではない」と意気軒昂なところですが、現在のところそのような反応は見られません(笑)。どうしちゃったんでしょうね。

一時期噂ではフランスの番長レ・バンナが出るという話もあったんですが、
どうやらなくなったようです。

ペトロシアン、ギタ、スポーン、そしてハリと日本のファンにもすっかりおなじみになったファイターたちが共演するフランス大会は見逃せません。
この大会は当ブログでも注目していきたいと思っています。

また、
今年のショータイム最大の大会はロシアのソチ大会になりそうなのですが、
すでに2カードが公表されております。

7月23日 Expo presents: It's Showtime Sochi ロシア・ソチ

ヘスディ・カラケス(エジプト)vsアレクセイ・イグナショフ(ベラルーシ)
ルシネ”アウジー”オズニ(モロッコ)vsアルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)



http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-29 09:59 | 立ち技全般
宣言。
FEGの財政問題について、いよいよ4月に入ろうというのに一切なんの広報もありません。
相変わらず谷川EPは「もう少し待って」を念仏のように繰り返していますが、
もはやファンの堪忍袋の緒は限界でしょう。

ピーター・アーツは「戦いたいだけだ」と言いましたが、
私たちは「試合が観たいだけ」です。

内実は知りませんが、
4月中に何らかの発表・展開がなければ当ブログでは5月以降の更新を行わないことも考えています。

地震の件もありますし、4月一杯までは少なくとも待っていようと思います。

宜しくお願いします。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-27 15:34 | K-1
ヴィクトワールピサ優勝!!


ホクトベガの無念から14年、ヴィクトワールピサとミルコ・デムーロ、市川オーナー、角井調教師がやってくれました!!
ドバイワールドカップ制覇!!
しかも2位も日本のトランセンドですからまさにジャパンデーでしたね。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-27 09:06 | 格闘技以外
アーツは戦いたいのだけど。
http://liverkick.com/index.php?option=com_content&view=article&id=417:peter-aerts-wants-to-fight&catid=36:k-1

ピーター・アーツのインタビューより。

要約すると、
「日本(FEG)でおきていることはわからない。俺は戦いたいだけだ」
ということです(短っ!!)

過去、アーツは「オランダでは戦いたくない。関わっている人間が怪しいから」と語っていましたが、このままK-1が開催されなければショータイムに出場するということもあり得るかもしれません。(ギャラが問題になるでしょうけど)

ちなみにアーツはアンディ・サワーの新ジム開設の手伝いをしているとか。

アーツ自身ジムも来月設立されるとのことです。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-26 20:05 | K-1
世界を股にかける”鉄の拳”in ロシア!
4月9日 W5 Grand Prix K.O ロシア・モスクワ

<71キロ契約・4人制トーナメント>
マイク・ザンビディス(ギリシャ)vsエンリコ・ゴゴーヒア(グルジア)
ジャバル”チンギスハン”アスケロフ(UAE)vsウィリアム・ディエンダー(オランダ)


ロシアでミニMAXのようなトーナメントが開かれます。
昨年の世界第3位”鉄の拳”ことマイク・ザンビディスが参戦。
対戦相手は昨年のMAX東欧予選3位エンリコ・ゴゴーヒア。
順当に行けば決勝戦では日菜太を下したこともあるアスケロフと当たることになるでしょうか。

長年日本で活躍してきたザンビディスがこうして世界で戦っているというのは頼もしい限りです。
どこに行っても彼は人気だし、エンターテイメント精神にあふれた素晴らしいファイターだと思います。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-25 11:01 | K-1
ロマンは露と消えるのか
携帯の公式K-1サイトの「教えて谷P」によれば、
WGPは通常営業、MAXは国内中心に開催という話らしいです。

まぁそんなことを有料会員に向けてぼそっと言ったところで、
国内外のK-1ファンに届くわけもなく……。

3月もそろそろ終わろうとしているのに(通常営業ならWGPの横浜大会が行われているはずの時期ですよ)、プロデューサー様からは届くのは「大丈夫です」「もうすぐ発表します」「テレビ局とは話し合いをしています」のリプレイ。

実際どうかはわかりませんが、
複数の噂でファイトマネー未払いの話も耳にしますよね。

終いには「ストライクフォースと組んでやろうとしていた国内の大会がUFCによる買収でお流れになった。先に発表していたらPUJI(投資銀行)グループからの信頼がなくなっていただろう」
というある種の自己正当化とも取れるメッセージを出しています。

この背景にあるのはなんなのでしょうか。
うわさ話レベルの情報(?)しかつかめていないので、
本当によくわかりません。

仮に、投資銀行がバンとお金を出すなら、
昨年内にいろいろ決まっていてもおかしくないでしょう。

間違いなく、お金が出ていないから発表できないのですよね。

交渉の障害になりそうなのは

・収益の分配の問題
・放送の権利、著作の権利、肖像権、販売権などの権利関係の問題
・経営者の交代等の要求

といったあたりではないかと思われます。

スコット・コーカー氏が「FEGは非常に複雑な組織」と発言したことがありますが、
特に権利関係や分配などではFEGになる以前の権益もあるはずですのでまぁややこしいことこの上ないのでしょう。

正直私もあまりの情報のなさに憶測でモノを書くことすらできませんので、
ただただじっと黙っているしかありません。

しかしながら、これだけは言わせていただきことがあります。

HIROYAがMMAの練習をはじめることはブログでも書いた通りです。
その他にもリコ・ヴァーホーベンやアンディ・サワー、グーカン・サキなども練習をしているという情報があります。
かつて欧州で圧倒的な実力をみせながら谷川Pがあえて無視を続けたアレクサンダー・ウスティノフがボクシングに走ったのと同様に、実力者たちがどんどんキックやムエタイから離れていく状況が考えられます。
彼らにも生活があり、いつはじまるかわからないK-1を待っていられないのです。

トップレベルやそこに近い実力を持つ選手たちが戦いの舞台を求めてキックの世界から離れていけば、立ち技全体のレベルが着実に下がっていってしまいます。

「2011年は充電すればいい」という意見も見ますが、まさに愚の骨頂です。
2011年の間に選手は誰もいなくなってしまうことでしょう。

このまま誰も妥協せずに時間だけが過ぎ去っていけば、
そのぶんだけ選手もどんどんと消えていき、レベルはどんどん下がっていき、
次第に始めたくてもできなくなってしまうのです。

3ヶ月も音沙汰無い中、今のK-1を支えているのは他の誰でもなくK-1という19年存在してきたブランド名だけにほかなりません。
もし、それすらもなくなってしまったときに四国出身の空手家の壮大なロマンは露と消え霧散することでしょう。

そうなってしまっては遅いのですけどね。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-23 14:32 | K-1
地獄からの生還。グーカン・サキ、骨折から復活勝利!
3月18日 Wako-Pro World Grand Prix 2011: Romania vs Italy ルーマニア・ルムニクヴルチャ

<イタリアvsルーマニア対抗戦>
○アンドレイ・ストイカ(ルーマニア) vs アレックス・ロッシ(イタリア)● 判定
●マリウス・ティータ(ルーマニア) vs ルベルト・コッコ(イタリア)○ 判定 他

<スーパーファイト>
●イヌオット・イフティモアイエ(ルーマニア) vs ゼバット・ポトラック(ボスニア・ヘルツェコビナ)○ 判定
○カタリン・モロサヌ(ルーマニア) vs アイディン・ユークセル(トルコ)● 判定
●セバスチャン・チオバヌ(ルーマニア) vs フレディ・ケマイヨ(フランス)○ 判定
○Benny Adegbuyi(ルーマニア) vs ゼナン・ポトラック(ボスニア・ヘルツェコビ)● 1RKO



ルーマニアvsイタリアの対抗戦は5試合行われ、4vs1で地元ルーマニアの勝利。
ヘビー級ファイターが多数参戦したスーパーファイトでは、モロサヌやチオバヌといった地元勢とポトラックやケマイヨら外国人ファイターが対戦。

特に昨年のK-1WGP欧州予選決勝と同じカードになったチオバヌvsケマイヨではケマイヨが返り討。
また、昨年10月以来となったポトラックも半年ぶりに復帰。勝利で飾っています。

3月18日 United Glory 2nd Round  ベルギー

<United Glory トーナメント準決勝>

○グーカン・サキ(トルコ) vs ウェンデル・ロシェ(カーボベルデ)● 判定
○ブリース・ギドン(フランス) vs ムラッド・ボウジディ(モロッコ)● 2RKO


グーカン・サキの復帰戦。昨年のK-1WGP準決勝で骨折してしまったサキですが、いよいよ復活。大会自体がサキの怪我の具合に合わせて延期されたほどですから、まさに「サキの為の大会」だったのでしょう。
It's Showtime95キロ級タイトルにも挑戦したロシェを判定で下しました。

決勝の相手はボウジディをKOで下したギドン。バンナのスパーリングパートナーだったこのフランス人は徐々にキャリアを積み上げています。去年はカラケスに勝っていますし、2009年にはリコ・ヴァーホーベンを下しています。

It’s Showtime以外にもいろいろ頑張っている欧州キックでした。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-21 14:55 | 立ち技全般
頑張れ日本。
ご存知のとおりこの1週間、日本の危機対応能力は世界中の目に触れて試されております。
実際、「ヤシマ作戦」が功を奏してか電力不足は当初それほどでもないと考えられておりましたが、
3日坊主になってきたのかいよいよグループごとの全面停電も視野に入ってきています。
今日などは大規模停電のため大幅に列車の運転本数を減らすようです。

今後の話ですが、
福島原発の供給が「永久に」絶たれたことは確定ですので、
今後新しい原発を作るまでおそらくこの計画停電は続くものと予想されます。

特に夏になったときに東京の人々はクーラーをガンガンかけないと生きていけないようなので、
代替の電力を用意できなければこの停電はさらに大規模なものになるでしょう。
経済的な損失も大きく、ただでさえ傷つき果てた日本経済はより深刻な状況に向かっていくと想像できます。

私の地区ではすでにガソリンの値段が150円を超えました。円高の状態でもこれですから、円が安くなったときには200円超もあるかもしれません。こうなると物流業者が悲鳴をあげることになりますから、ますます経済は沈滞します。

また、原発周囲20キロの地域については、仮に燃料棒が最後まできちんと冷やされたとしてもどれだけの人が戻ってくるかわかりません。また福島産のフルーツや米には風評被害もつきまとうでしょう(私はできるだけ福島のものを食べたいと思います)。たかだか数マイクロシーベルトの放射能でも、ある種の無知な人たちは異常に警戒するのです。

また、暴動はないかもしれませんが、
被災地での窃盗は多くあるようです。
さらには東電社員を装って民家に侵入し、詐欺や窃盗を働く連中も大勢いるとの話もありました。

東電も基本的には自民党時代に完成された強固な天下り組織ですから、
事故や事象を過小に報告するという体質は基本的には変わっていません。
(日本人だろうが何人だろうが救いがたい犯罪者、犯罪体質、自己中心的な迷惑屋が多く存在するのです。「わりと他の国よりマシ」程度の認識にしておかないと、過度に民族性を信頼しすぎてしまい気づいたら手遅れになってしまいます)

関連して、放射能濃度は人体に直ちに影響があるレベルではないと枝野氏が何度も言ってるのに、
福島浜通りへの物資輸送を拒否する業者が出てきているそうです。
東京の電気はいままで福島の人々のリスクの上に成り立っていたんじゃないのか。てめえらの血は何色だと、問いたいです。

↓いわきの高校生の日記
http://ameblo.jp/capsulekaaa/entry-10832686750.html

最大の国難ですので、
何かできることをしたいと思いますが北海道地区からは募金くらいしか協力できなさそうです。
非常にもどかしい。

今はみんな助けあっているように思えますが、
一段落したときにどうなるのか不安です。
経済が縮小しているので、雇用情勢はさらに悪化するでしょう。
おそらく今年4月からの新社会人が土壇場で内定を取り消される可能性もあると思います。
小さなパイをみんなで奪い合う状況になる可能性が高いでしょう。

オランダのように不景気のときはみんなで仕事を少なくしてシェアし、雇用を守るという文化が日本にはないからです。給料が払えなくなれば、高給取りの賃金には1円も手をいれず若い人から余剰人員として放出する企業がほとんどでしょう。ますます弱肉強食は激しくなると思われます。
「買い占め」が横行するのはいかにも日本らしいなと私は思います。既得権を持っている人たちは財産や地位、仕事などを「抱え込む」のが日本の悪い習性です。貯金好きで「蓄える」ことが大好きなのです。

このような国難の時代こそ、この日本人の最も悪い部分に斬り込むことができなければ本当に荒んだ社会になってしまうのではないかと危惧しています。

今は被災地へ救援に全力を挙げていただきたいのは当然です。
しかし、本当に試されるのは騒動がひと通り過ぎた後なんだと思います。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-17 17:26 | 格闘技以外
HIROYAの総合格闘技挑戦を受けてちょっと考察
http://www.sherdog.net/forums/f42/hiroya-enters-mma-1580065/

第2回K-1甲子園王者HIROYAが総合進出をプランニングしているという情報はすでにご存知のとおりかと思います。
実はそれ以外にもグーカン・サキ、アンディ・サワーを初め多くのファイターにMMA進出の噂がつきまとっています。

過去にミルコ・クロコップやマーク・ハントがMMAでも結果を残しており、
当然ながらK-1からの参戦は例のないことではありません。
特にミルコなどはPRIDEの無差別GPを制覇していますから、K-1出身者が著しく不利であるということはありません。

しかしながら、MMAへのコンバートで悲惨な結果に終わったファイターもいます。
例えばステファン・レコなどは全く光明を見いだせないまま挑戦を終えました。

私にMMAの知識はありませんが、
K-1選手のMMAへの転向や挑戦を長年見てきて思ったことを3点連ねます。素人考えではありますが、お読みください。

・フィジカルモンスター系はK-1でもMMAでもそこそこやれる。リーチが長い、身長がでかい、体重が重いなどの利点はK-1でもMMAでも同様に有利である。

・K-1出身者でボクシング寄りの選手は結果が出ない。パンチはキックよりもリーチが短いため、タックルに来られると非常に厳しい。例えば魔裟斗もこのタイプなのでMMAでは結果が出ないと思う。

・K-1出身者でキックが得意で距離を取るタイプは順応しやすい。ミルコが典型。射程圏が広いため相手が不用意に接近すると反撃が出来る。ただし、ローキッカーは除く。


この条件に当てはめれば、例えばグラウベ・フェイトーザなどは結構戦えたのではないかと思っています。MMAファイターにはない射程距離を持っているからです。ただしキック系は向くと言ってもローキッカーはそれだけで相手を失神させられないので、距離を詰められると終了です。蓄積させなくてはいけないタイプのダニエル・ギタなどは向かないでしょう。
また、短距離で戦うパンチャータイプは絶対にMMAに行かないほうがいいと言っても言い過ぎではないと思います。従って、京太郎やグーカン・サキなどはやっちゃいけないと思うわけです。

K-1やムエタイは一発の派手なKOがクローズアップされますが、基本的には9分、もしくは15分でどれだけダメージを与えられたのかという足し算の競技でもあります。ですので、持久力がなくてはなりません。長距離ランナーの身体が細いのと同様に、横に体型が広がりすぎると後半には失速します。
逆にMMAは一発で決めるシーンが多いので、持久力よりも瞬発力を高めるためムキムキのマッチョマンが多いですよね(寝技師は除く)。云わば、短距離ランナーと同様です。

立ち技ファイターがMMAファイターに敗れる際に最も危険な時間帯は1Rの早い時間です。
スタミナが満タンであれば、瞬発力を鍛えているMMAファイターが打撃においても有利なのは明白ですから、舐めてかかった瞬間にダウンを奪われます。しかしながら、時間の経過とともにMMAファイターのスタミナは落ちてくる。動きも悪くなるので、2R、3Rと時間がかかればかかるほどスタミナに勝る立ち技ファイターが上回ります。

あまりデータはありませんが、MMAで鍛えたストライカーとキックやK-1をやってきたストライカーをMMAで勝負させるとします。この場合、序盤を凌げば立ち技選手のほうが有利になるんじゃないかと思うわけです。ただ、相手も馬鹿ではないでしょうからそうなる前にタックルに来て倒すでしょう。

まぁそんなわけで(どんなわけだ?)、話は最初に戻りHIROYA君のMMA話です。
今直ぐ転向するとかそういうわけではなさそうですが、
彼のスタイルを考えるとあまり向いてはいないような気がします。
パンチ中心の魔裟斗スタイルですからね。。。。

他の日本人K-1系ファイターで考えれば、
距離を取れて、ミドルキックやハイキックが得意な久保優太などは結構向いてるんじゃないかと。
しかし山本優弥や長嶋自演乙など近距離戦得意なタイプは間違っても転向なんて考えないほうが無難だと思われます。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-03-16 10:55 | 総合格闘技
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧