<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
動き出した「新K-1」?
すでにいろいろなところで言われている話なんですが……。

http://www.mmafighting.com/2011/07/28/k-1-sold-to-japanese-real-estate-firm-barbizon/

ひっそりとK-1の公式な権利が日本国内の不動産会社「Barbizon Co. Ltd.」バルビゾンに移っていたということです。オランダの企業が買うという噂もありましたけど、やはり単なる噂だったということでしょうか。

で、まぁ早合点して「ついにFEG消滅か?」みたいな話になるかもしれませんが、
実のところそうでもなく……。

不動産会社に権利が移った名称、トレードマークは以下のとおりです。

K-1
K-1 Grand Prix
K-1 Fighting Network
K-1 World GP
K-1 International Association
K-1 World Association
Federation Internationale de K-1 Association
K-1 Exercise
Dynamite!
K-1 Premium Dynamite!

まぁいろいろありますが、
基本的には「K-1 WGP」と「Dynamite!!」の2つの権利が移管されたのです。

この中に「K-1 WORLD MAX」と「K-1 甲子園」、そして「DREAM」はありません。

単純に考えれば、
K-1 WORLD GRAND PRIXとDynamite!!の権利を移管し、MAXと甲子園とDREAMを残したわけです。

ってことは、今後FEGが主催する大会は後者のみ。という考えでよろしいのでしょうかね。

予測でしかありませんが、今後金のかかるK-1 WORLD GRAND PRIXとDynamite!!は現体制による主催が不可能となったのはほぼ間違いないのではないかと考えます。

館長が「8月には発表したい」とする「新K-1」構想に非常に大きなウエイトを占めるであろう今回の権利移動。次の展開を待ちたいと思います。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-30 07:21 | K-1
アンディ・サワーの近況インタビュー
アンディ・サワーのインタビュー映像です。

http://www.youtube.com/watch?v=t62k7Gzh2jo&feature=player_embedded#at=303

この中でサワーはグラウンドの練習も少し取り入れているということと、
ショータイムの70キロトーナメントについて語っています。

ショータイムのトーナメントについては「K-1MAXからの卒業」と位置づけているようです。

ジョルジオ・ペトロシアンは骨折で出場できないのであればかなり優勝の可能性が高くなるわけで、もしそうなればこのトーナメントで優勝し再び世界のトップとして復権できそうです。

またインタビューの中でK-1の財政問題について語っており、
曙、ホンマン、ボブ・サップを名指しして「トップファイターではない選手にコストを掛け過ぎた」と指摘。
今年のK-1MAXトーナメントは行われるのかという質問にも「そうは思えない」と即答。

岐路に立たされるオランダ立ち技選手の筆頭格であるサワーの言葉は重いと言わざるを得ないでしょう。

ちなみに、サワーはショータイムのベルギー大会で8人制のトーナメントに出場しますが、初戦はハラト・グリゴリアン。順当であればアルトゥール・キシェンコと準決勝で激突します。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-27 16:48 | 立ち技全般
ペトロシアン、日菜太戦で怪我。ショータイムベルギー大会への参加は微妙?
http://ilpiccolo.gelocal.it/sport/2011/07/20/news/nuovo-infortunio-ma-petrosyan-si-conferma-re-del-k-1-contro-hinata-1.738545

イタリアからのニュースなのですが、
先日ショータイムカウントダウンイベントで日菜太に勝利したジョルジオ・ペトロシアンが再び左の拳を骨折したとのこと。

この3年間で4回目の骨折であり、
完全に癖になっている様子です。

24歳にして神の如き技を持つイタリアの天才も、
左拳だけは自由にならないようで。。。。

これによって9月に行われるショータイム8人制トーナメント参戦は非常に微妙になりました。
無理して参加しないほうがいいかもしれませんね。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-26 07:33 | 立ち技全般
ブアカーオ、ショータイム77kg王者も参戦。ムエタイの祭典はニコニコでも見れる!
8月7日 タイファイト 東京・有明コロシアム

アディル・コージャ(アルジェリア) vs 山崎陽一(日本)
ファビオ・ピンカ(フランス)vs大和侑也(日本)
ブアカーオ・ポープラムック(タイ)vs 牧野智昭(日本)
ヨーセングライ・フェアテックス(タイ)vs白須康仁(日本)
ヨハン・リドン(フランス)vs郷野聡寛(日本)
スッドサコーン・ソー・クリンミー(タイ)vsTOMOYUKI(日本)
サイヨーク・プンパンモアン(タイ) vs高 修満(日本)


ムエタイの伝説的選手が一堂に会する「タイファイト」。ニコニコ動画での中継も決まり、ムエタイファンの熱は高まっていることでしょう。

K-1ファン的に注目すべきはやはりブアカーオ。昨年はShoot BoxingのS-Cupも優勝し、ルール不問の立ち技マイスターとして世界的評価が高い選手です。あのジョルジオ・ペトロシアンとも数年前にスウェーデンで戦い、その時は引き分けに終わっています。
ムエタイもいいですが、もう一度ペトロシアンとの試合が観たいですよね。
ただ、ブアカーオは「流す」戦いも多いため、レベル差がある相手に本気でやってくれるかどうか。

さらにはIt's Showtime77キロ以下級王者のヨハン・リドンも来日。卓越したテクニックでショータイムフランス大会を盛り上げました。
対戦相手の郷野聡寛は総合格闘家でもあり、今年のタイファイト70kg日本代表決定トーナメントで優勝したベテラン。山本優弥戦以降立ち技での試合が多いですね。今回は70キロではなく75キロということでかなりの不利が予想されます。

”裏最強”ヨーセングライ・フェアテックスはあらゆるムエタイのタイトルを得ている「コンピューター・ウィザード」。かつてMAX参戦を熱望されましたが、主催者側の「タイ人枠」の為1回きりしか参加できませんでした。対戦相手の白洲は「しーらーす」コールで知られるファンの熱い選手。

とにかく素晴らしい海外選手が集まるタイファイトですが、
日本人選手がどれだけ粘れるかで興業の面白さが決まってくると思いますので、
ぜひとも日本男児の意地を見せていただきたいと思っています。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-23 08:51 | 立ち技全般
モロサヌがレコ超え! トーナメントは代役ロントが連続KOで優勝 〜スーパーコンバットWGP〜
7月16日 スーパーコンバットワールドグランプリ2 ルーマニア・ブカレスト

<ヘビー級4人制トーナメント>

●セバスチャン・チオバヌ(ルーマニア)vsイスマエル・ロント(オランダ)◯ 3RKO
●マイティ・モー(アメリカ)vsムラデン・ブレストバッチ(クロアチア)◯ 1RKO

【決勝戦】◯イスマエル・ロント(オランダ)vsムラデン・ブレストバッチ(クロアチア)● 1RKO

<スーパーファイト>

◯アンドレ・ストイカ(ルーマニア)vsエンリケ・ゾワ(アンゴラ)● 判定
●ボダン・ストイカ(ルーマニア)vsハカン・アクソイ(トルコ)◯ 2RTKO
◯カタリン・モロサヌ(ルーマニア)vsステファン・レコ(ドイツ)● 判定 他


さて、一つ前のエントリーでは日本の2興業をお伝えしましたが……先週末の本命はKrushでもショータイムでもなくルーマニアのスーパーコンバットワールドグランプリ

トーナメントは1試合目から派手な打ち合いになり、オランダのロントが地元のチオバヌをKOの末下しました。
2試合目はマイティ・モーvsブレストバッチ。背中に「叔父母兄命」という明らかになにかを間違った漢字のタトゥーをいれたブレストバッチが徹底したミドルキック攻めでモーのボディを痛めつけます。モーはボディが打たれ弱くなったか、何度かのミドルキックでうずくまって痛がりあっさりKO負けです。
決勝戦は映像を確認できていませんがロントが1RKO勝利とのこと。比較対象ではありませんが-63日本Tが7試合とも判定だったのに対し、やはりヘビー級はKO率も高いようです。

モロサヌvsレコのワンマッチは大きな盛り上がりを見せました。KOこそできなかったもののモロサヌが終始圧倒してレコにリベンジを果たしました。ルーマニアでの地元開催。しっかりと観客の期待に応えています。

レコは引退したはずなのに復活し、そこそこの応戦はしたもののバンナ戦ほどのキレはなかったように思えます。とはいえ、すでに戦い方の迫力ではモロサヌがバンナを上回っており、実力もすでにモロサヌのほうが衰えたレジェンドたちより上ではないかと思われます。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-19 06:17 | 立ち技全般
ペトロシアン、左利き対策はバッチリで日菜太返り討ち。Krushは健太優勝
7月18日 REBELS.8× IT'S SHOWTIME JAPAN countdown-1 東京・ディファ有明

【70kg】◯ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)vs日菜太(日本)● 判定
【65kg】◯イム・チビン(韓国)vsモサブ・アムラーニ(モロッコ)● 判定
【ヘビー級】◯コウイチ・ペタス(日本)vsナミ・イル(韓国)● 2RKO 他


7月16日 Krush -70kg初代王座決定トーナメント ~決勝戦~ 東京・後楽園ホール

<-70kg初代王座決定トーナメント>
◯山内裕太郎 vs 松倉信太郎● 判定
●中島弘貴 vs 健太◯ 判定

【決勝戦】●山内裕太郎 vs 健太◯ 判定

<ワンマッチ>
【60.5kg】◯卜部弘嵩 vs チェン・ミンミン(中国)● 3RTKO
【60kg】△翔栄 vs 小川翔△ ドロー
【60kg】●山口正道 vs 神戸翔太◯ 判定
【女子57.5kg】◯佐々木仁子 vs 桜朋梨恵● 他


日本で行われた重要な興業を二つ書き記しておきます。

Krushの70キロトーナメントはなんとダークホースの健太が優勝。
K-1日本トーナメントの8人に推挙されるには一歩実力が落ちると思われていただけにこの優勝には脱帽です。松倉、中島、山内はいずれもK-1参加経験のある選手であり、あらたなる勢力の誕生でしょうか。

以前このブログでも取り上げた神戸も勝っていますし、60キロ王者ト部(兄)も相手の鼻を折る勝利でその実力を発揮しています。

歴史的な日本上陸興業となるショータイムのカウントダウン興業も昨日行われました。
ここには世界最強のジョルジオ・ペトロシアンが出場。
昨年キシェンコを倒して名を挙げた日菜太とワンマッチを行いました。

左利きが苦手……と言われてきたペトロシアンでしたが、入念に対戦相手を研究して戦うのが持ち味の伊達男。日菜太は出したい技をことごとく封じられ、焦りからかショータイムルールでは反則にあたるバックハンドブローで何度か原点を食らいジ・エンドとなったようです。

日本ナンバーワンの佐藤でも歯がたたない相手にどこまで次世代のエースが食らいつけるか楽しみだったのですが残念です。それでも日菜太本人は前向きであり、リベンジを誓っていました。

また、ショータイムからの刺客・モロッコの狂犬アムラーニがイム・チビンと激闘を繰り広げ、見事チビンが勝利を収めました。
チビンはこれでオロノー(タイ)の持つIt's Showtime65キロ級タイトルに挑戦決定です。
やはりこの男、いままで70キロでやってきましたが適正体重に戻すと強いですね。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-19 05:50 | 立ち技全般
K-1甲子園王者共演!「和製ヴァンダレイ」復活なるか!Krushが今日も熱い。
7月16日 Krush -70kg初代王座決定トーナメント~決勝戦~ 東京・後楽園ホール

<-70kg初代王座決定トーナメント>
山内裕太郎 vs 松倉信太郎
中島弘貴 vs 健太

<ワンマッチ>
【60.5kg】卜部弘嵩 vs チェン・ミンミン(中国)
【60kg】翔栄 vs 小川翔
【60kg】山口正道 vs 神戸翔太
【女子57.5kg】佐々木仁子 vs 桜朋梨恵 他


今週末は後楽園ホールでKrushの70キロ級王座決定トーナメントがあります!

注目は準々決勝で山本優弥を打ち破ったK-1甲子園王者・松倉信太郎でしょう。
この選手がどこまでの器なのか。ベテランの曲者・山内を相手にあっさり勝てるようであれば期待できるのではないでしょうか。

反対ブロックの中島弘貴は昨年のK-1MAX日本代表決定T決勝戦で自演乙と魂の殴り合いを魅せた「和製ヴァンダレイ」。わざわざブラジルに出稽古に行くほどの情熱を持つ中島の成長も楽しみです。

また、昨年1年生ながらK-1甲子園で優勝した雄大の弟、翔栄も登場します。
しかし、一体この兄弟なんなんでしょうね。「北斗の拳」のような育成環境だったんでしょうか……。

また、過去このブログでマイクスジムでの練習を報告してくれた神戸翔太も第1試合に出場します!
アンディ・サワーのようなファイトスタイルが好きという神戸選手の夢への第1歩です。

60キロ王者の卜部(兄)も登場しますし、キックファン・K-1ファンは見逃せないですよねー。

楽しみ一杯のKrush。お近くの方はどうぞ会場で。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-14 18:22 | K-1
プラッシー会長来日!東欧系新興業。ファイトコードとは何か?
いよいよ7月18日、ショータイムの日本初上陸興行が行われますが、サイモン・ルッツ代表とともに来日するのが東欧を中心に興行を行っている「ファイトコード」を主催するカルロ・デ・ブラッシー会長

で、まぁ「ファイトコードってなに?」って話になるんだと思いますが、
ちょっとこちらで解説しましょう。

「ファイトコード」自体は今年初頭からはじまった大会ですので、当然ながら未だ知名度という部分では無きに等しいです。
ですが、5月に佐藤嘉洋がイタリアに遠征した際に出場した大会……と言えば分かる方もいるかもしれませんね。

ルールは映像を見る限り、ムエタイにちょっと近いK-1ルール。
105キロ以下級を「ライノス(サイ)シリーズ」
72.5キロ以下級を「ドラゴン(竜)シリーズ」

と名称付けし、それぞれ別の興業で16人制のトーナメントを行っています。

今日はライノスシリーズをご紹介しましょうか。

このシリーズは2月にスロヴァキアで開幕しました。Round1ではFINAL16の2試合が行われ、オフラメンコとユクセルがFINAL8に勝ち進んでいます。

2月5日 Fightcode Rhinos Series Round1 スロヴァキア・ニトラ
◯ヴィタリー・オフラメンコ(ウクライナ)vsトマス・コホート(スロヴァキア)●
◯ユクセル・アヤディン(トルコ)vsアグロン・プレテニ(クロアチア)●

時間が開いてしまいましたが、先週トルコでRound2が行われ、ここでもFINAL8を賭けて3試合が組まれています。昨年のK-1FINAL16ファイターであるケマイヨもここで勝利しています。一部マニアの間で評価が高かったノスレイフはクロアチアのMMAファイターにTKO負けを喫しています。

7月9日 Fightcode Rhinos Series Round2 トルコ・イスタンブール
◯ザミク・アタキシエフ(アゼルバイジャン) vs シャミール・アバゾフ(ロシア)
● 判定
◯フレディ・ケマイヨ(フランス) vs オルハン・カラリオグル(トルコ)● KO
◯ムラデン"ダイナマイト"クユンジッチ(クロアチア) vs アナトリー・ノスレイフ(ロシア)● TKO

8月にはハンガリーで残り3人を決める大会も行われます。懐かしのボンドラチェックや、日本から参戦するコウイチ・ペタスが注目です。その他はかなりマイナーなメンバーと言えるでしょう。

8月13日 Fightcode Rhinos Series Round3 ハンガリー・デブレツェン
リック・ファン・ソウスト(オランダ)vsピーター・ボンドラチェック(チェコ)
パコム・アシイ(フランス)vsルカ・パント(イタリア)
コウイチ・ペタス(日本)vsヴェコスラフ・ヴァジッチ(クロアチア)

その後、勝ち残った8名で10月にFINAL8が、11月には決勝戦が行われます。

10月22日 Fightcode Rhinos Series Quater-Final ロシア・ブリャンスク
FINAL16を勝った8人が出場

11月26日 Fightcode Rhinos Series Final スイス・ジュネーブ
Quater-Finalを勝った4人が出場。4人制ワンデイトーナメント

105キロ以下級ということですので、スーパーヘビー級の選手は出場できないところがミソでしょうかね。東欧系の新たなる怪物が出てくるのか、楽しみにしたいところです

こういった非常にK-1に近い形を踏襲したトーナメントが開かれるというのは、
うれしいものだなぁと素直に思います。

今回の来日ではプラッシー氏も日本人選手の発掘や、日本開催の検討もしていくでしょう。
国際的な大会としてショータイムジャパンのカウントダウン興業は成功を収めて欲しいと切に願います。

タイミングがあれば、ドラゴンシリーズも紹介していきたいですね。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-12 18:41 | 立ち技全般
公式発表は完全スルー!? スポナビ提携記者の変な記事
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110711-00000008-spnavi-fight.html

えー。今日はさらっと。スポナビの記事の訂正というか、追加情報を。

上記の「It's Showtimeもヘビー級トーナメント開催をめざすとか」という記事についてですが……。

(以下引用)
実はヘビー級グランプリについてルッツ会長は今年年頭より「いずれショウタイムで開催することになるだろう」とその意向を周辺に漏らしてはいた。つまりK-1未払い問題が表面化してきた時から考えていたものである。
(引用おわり)

これねー。

実はIt's Showtimeのヘビー級トーナメント。
今年念頭に関係者に漏らしていた……とかじゃなくても、去年の上半期には公式に発表してるんですよねー……。
まー別にいいんですけど、
スポナビさんも公式に載せるならせめて「かかとおとし」程度よりはいろいろ知ってる人に書かせたほうがいいんじゃないでしょうか。

たしかに海外のキックは多くの格闘マスコミにとっても未知の分野だと思いますが、
http://kakato24.exblog.jp/14493765/
少なくともIt's Showtime自身が公式に発表している情報くらいはキャッチしてて欲しいものです。

昨年の5月、It's Showtimeのサイモン・ルッツ代表はヘビー級トーナメントを開催すると記者会見で明言してますからね。それも今年の2月にね。でも、それはWGPの開催が12月に行われたこともあり、延期ということになっていたのです。

まだまだ私のような素人ブログも必要なのかな、と思ったり。思わなかったり。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-11 19:07 | K-1
橋本宗洋氏が谷川EPに「K-1の悪口書かないでよ」とたしなめられる
記者というのは、叩くこと、批判することには慣れているが、
逆に叩かれる、批判されると対応ができなくなるようです。

アリストテレスさんからツイッター上でいろいろ教えていただきましたので、
その情報を元に以後の文章を展開します。

事の発端はNumberという権威あるスポーツ雑誌に寄稿された以下の記事です。読んでいない方は是非読んでください。
http://number.bunshun.jp/articles/-/140033

6月末のK-1MAXを扱った上記の記事は多分に公平性に欠け、視野も狭く悪意に満ちておりました
(この文章を書いた橋本氏はPRIDEの太鼓持ち記事で知られた有名な御用記者であり、いつも威勢よく谷川氏やK-1を批判しています)

私はこの記事に対して下記リンクで批判しました。こちらも読んでない方は是非リンク先で確認してください。いかに橋本氏の記事が「記事としてレベルが低すぎる」かがわかると思います。Numberもこの程度の記者しか雇えない時代なのかと泣けてくるほどです。
http://kakato24.exblog.jp/16541843/

私はその後、Numberの公式アカウントに今回の橋本氏の記事が公平性を欠き、また批評としても相当酷い。ということをフィードバックしました。理論的に。

かかとおとしをチェックしてくれている皆さんに報告したいのは、
このような活動がちょっとだけ実を結んだことなのです。

先日、久保優太選手をゲストに迎えてUstreamで放送されたトークプログラム内で確認できるのですが、谷川EPが橋本氏に釘を指しました。



上記動画の2:30〜を参照していただけます。
が、せっかくなので以下に文章を起こします。

〜youtube動画、EP Tany's MAX TALK! Kubo's tourney 1より〜

谷P「(ゲスト紹介)カンペによると……『K-1の悪口を書いたらネットで叩かれちゃった男』ハッシー」
橋本「ライターの橋本です。よろしくお願いします」
谷P「何書いたの?
橋本「いや、あの、いつも、普段大会見て、感じたこととかを書いてるだけなんですけどぉ」
谷P「どこに書いたの?
橋本「いやその、紙プロの携帯サイトだったり、Numberのサイトだったりで」
谷P「批判したの?
橋本「批判っちゃぁ、批判なんですかねぇ……」
谷P「批判なんだ何を書いたの?
橋本「いろいろですけどね、っていうか何が話題になって叩かれているのかもわかんないですけどねぇ。なんなんすかっ」
谷P「美男子に対する嫉妬とかそういうの?」
橋本「そういうことは関係ないですかね。例えば、谷川さんがツイッターであのー、ユースト生中継の告知をするときに、ハッシュタグついてなかったなーとか、そういうことはNumberでは書きましたけどねぇ」
谷P「細かい話だねぇ
橋本「ええ! そうするともう少し盛り上がったんじゃないの? とか。でもまぁ最初だから…とかいろいろ書きましたけどねぇ。まぁ
谷P「血液型何型だっけ
橋本「A型です」
谷P「細かい男だねぇ
橋本「基本細かいですね。僕が細かいのか谷川さんが大雑把なのかっていう……」
谷P「これは『かかとおとし』かなんかで書かれてたの?
橋本「『かかとおとし』っていうサイトなんですかねぇ? その辺は叩かれがちみたいですね……見てないからわからないですけど
谷P「K-1の悪口書かないでよ
橋本「(だんだん早口になる)うぁ〜それはでも、ほら、それをやっちゃったらだめじゃないですか。一応ライターなんで。ほら、谷川さんだっていろいろ……ねぇ。でも、悪口は書いてないですよ
谷P「悪口は書いてないの?
橋本「批評はしました。(声が大きくなる)まぁ、僕が批評して、その文章も他の誰かに批評されればいいんです。そう、なんだっていいんですから、はい
(以下略)

ーーーーーーーーーーー

あれだけ紙面上では
“流しているだけ”となってしまった、メッセージのないネット配信
とか
メインは英語? 日本語? 不可解な実況と解説
とか
煽りVが流されなかったことで、選手たちの個性が浸透していなかった
とか
威勢よく「思ったこと」とやらを(笑)書きなぐっていたにも関わらず、
御用記者の悲しさか、谷川EPに直接「悪口書かないでよ」と言われると
ハッシュタグつけろ、とかそういうことは書きました
と、一気にトーンダウン(笑)。


話を流したくてしょうがないのか、
最後は聞かれてもいないことをペラペラしゃべり、
「谷川さんだっていろいろ……」などとあろうことか咄嗟の責任転嫁を目論む始末!!!

そして
なんでもいいんですから、はい
意味不明の締め言葉で勝手に場を収めました(爆笑)。
谷川EPを前にして、巨体を縮こまらせている姿には橋本氏の人間の小ささを改めて思い知らされました。
(そもそも「何が」なんでもいいのか?よくわからない。相当焦っていたようです)

「かかとおとし」については「叩かれがちみたいですね」と言っておきながら「見てないからわからないですけど」と言っていますが……。
見てないなら叩かれてるのかどうかもわかんないはずじゃねーの?

訳知り顔でくすくす笑っているKrushの宮田プロデューサーや、
終始薄笑いを浮かべている谷川EPにも彼のつまらぬ言い訳などとうに見透かされていたことでしょう。

いずれにしても、谷川氏に「直接」釘を刺された彼が今後どのように「いつもK-1の悪口」を展開させていくのか。楽しみです。

まぁ、チキンが信条の橋本氏ですからおそらくはK-1の事についてはほとぼりが冷めるまで文章で触れないでしょうけどね(苦笑)。

「かかとおとし」の次の一手にもご期待ください。

「なんだっていい」んだろ? な。

http://twitter.com/Ebi_Knight←ツイッター

人気ブログランキングに1票

K-1歴代大会のDVDを購入する

【音声ブログ】かかとおとしポッドキャスト公開中

にほんブログ村 格闘技ブログへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2011-07-09 06:58 | K-1
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧