人気ブログランキング |
「煽りV」に対する想いのたけ
この「かかとおとし」は格闘技ブログではなく、K-1ブログなので、より存在意義を明確にするためにDREAMや戦極やUFCのことについてはほとんど触れないんですが、ちょっと気になったことがあったので、書いてみます。

戦極~第2陣~という興行があったようなんですが、そのネット上での評価というのは結構散々で、やれマッチメイクが悪いとか、試合内容について、運営の甘さなども指摘されておりました。
ま、試合を見てないんでなんともいえないんですけど、その中でも最も多かったのが「煽りV」が良くないというものだったように見受けられましたね。

絶対これはおかしいと思う。
……というのは、別に煽りが面白くないと批判しているファンがおかしいんじゃなくて、結局「選手紹介用の試合前VTR」がいつの間にかここまで大きな存在になっていたことが。

「いまさらなんだ」って話ですが、
ディナーにたとえれば、前菜のようなモンじゃないですか。それがどういうわけか、非常に重要な要素になってしまっている現状がおかしいんじゃないのって思うわけです。

格闘技で、今のような「煽りV」ってどこからどうやって始まったものなのかわからんのですが、
映像職人としてブレイクした旧PRIDEの佐藤氏を考えると、彼はもともとフジテレビでK-1の「煽りV」を作っていたわけですので、佐藤風の煽りVのルーツはK-1と言えることは間違えないでしょう。PRIDEが大々的にTV放送で「煽りV」を使い始める以前から、K-1のテレビ中継では試合や、興行の紹介として「煽りV」を流していましたよね。
例えば2000年あたりで、K-1に予選方式が採択されたときには、前年度優勝のホーストも予選から出場しなくてはならないということで「王者とて容赦なし」というフレーズを真っ黒な背後に赤い文字で、ドンと出したりするなど、「おー」と思わされる演出がありました。

そんな例もあるし、そもそもフジテレビ風の煽りVってのはK-1なんですよ。K-1。Are You Right?

だけど、それはあくまで試合前の「前菜」として存在しており、「煽りVそれ自体」を重点に楽しみにしているファンってのは、私の知る限りいなかったんですよね。

確かに、総合格闘技の試合でグラップラー同士の組み合いを20分も見せられる時は苦痛以外の何者でもないし、そういう試合が続いたときには、爽快なVTRが間に入ってくれると助かるってのも理解できますが……。

それはともかく、
「60億分の1の煽りVアーティスト」佐藤氏がPRIDEを専門に受け持ち、自分の作りたい映像を比較的自由に作れる立場になって、彼の映像職人としての才覚が頭角を現したわけですが。

最初は「煽りV」で盛り上がって、メインディッシュ(試合)を乗りやすくする効果があったんですが、最近ではその「煽りV」が凝って作られてきたために、ファンが「煽りV」で乗せてもらえないと試合が楽しめなくなってるわけですよね。しかも、大会規模はPRIDE→DREAM&戦極に移行して下がっているのですから、なおさら演出面で気合を入れてもらえないと、キツイわけです。
でも、大会本編の面白さが下がっていることに気が付かないで、「煽りVの質が悪いから乗れないんだ」なんて言うのは本末転倒も甚だしい。あなた、何を見に来てるの? ってね。

会場で見るのと、テレビで見るのとではやはり違うのでしょうけど、
私は佐藤氏の「煽りV」はそれほどイイとは思わないです。モチベーションがあったPRIDE時代はまだよかったんですけど、もうあの人やる気ない(もしくは引き出しがなくなった)ですよね? 映像見ればそう思わざるおえないです。

DREAMのは長すぎる。とりあえず得意の選曲(BGMを選ぶこと。センスが問われる)で繋いでおけばいっかな~みたいな。時間を引き延ばすためか、間が持ってないし
正直、前回のK-1 MAX FINAL16の「煽りV」のほうがよかったと思います。短くまとめてスッキリしてましたよね。最近のくどいだけの長大な佐藤作品、もしくはその影響を受けたVTRはもう食傷気味ですよ。フジテレビもね、佐藤作品に対抗しようなんて考えるから、シュルトの頭をキリンにするような愚行(!)を犯してしまうわけです。
もう彼のスタイルは過去のものになりつつあることに気が付くべきです。そうでしょ?

でね、評判では、戦極も佐藤風の粗悪模造品で、しかも長ったらしくやって客を盛り下げ、不興を買ったそうじゃないですか。売れたものを使いまわすのは資本主義経済の常ですが、誰かが勇気を持って変えていくことが、業界を発展させるのもまた事実なんですよ。

もう佐藤時代は終わったんだということを、私はDREAM1をテレビ見た後思ったわけですが、
「もう」は「まだ」という言葉もあり、今後格闘技の中継を見るたびにあの長大な映像作品を見せつけられるかと思うと、めんどくさい気持ちになります。いや、佐藤風でもいいんだけど、もうちょっと短く簡単にしてください。私は、選手同士の試合を見たいのであって、映像ディレクターの自己満足ややっつけ仕事を見たいわけじゃないんだ追求すべき部分を間違ってもらっては困る。佐藤氏にギャラを払うくらいなら、もっと安くて若い映像Dに頼んで、その分選手のファイトマネーや運営費にしてくれよと言いたいね(言いすぎか)。

そして、もうひとつイライラするのは、そのことを何故誰も口にしないんだと
特にスポンサーを気にすることなく発言できる無料ブロガーの人たちで、誰も私のようなことを思っている人はいないの?    ……と。
 


ま、


人の作品のこと「長い」とか言って、
この文章もだいぶ長くなりましたが
以上が私の「煽りV」狂想曲に関する感想&意見です。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

やる気のない佐藤作品にNOといえるなら→人気blogランキングへ
by the_kakato_otoshi | 2008-05-19 17:19 | 総合格闘技

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧